ドラムサークル

【感性】文化芸術による子どもの育成派遣事業ドラムサークル@水引小

Mizuhiki180210 ・2018年2月10日(土)09:45~11:05
・薩摩川内市立水引小学校体育館にて
・参加者:全校生徒+先生方=約130名強
・ファシリテーター:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様
 先月の阿久根市立脇本小学校に続いて北薩地区、大綱引きで有名な薩摩川内市にある水引小学校での全校生徒約130名によるドラムサークル。前回、水引中学校と合同で200人の対応が2014年の7月だったから、今の4年生以上はドラムサークル経験済。さて、どうなることやら・・・・
 ドラムサークルファシリテーションの流れについては、ボクなりの経験と学習から想定される4つのフェーズがあり、ファシリテーションスキーム的には、場のデザイン>対人関係づくり>構造化>合意形成という流れ(ファシリテーション4つのスキル)。ドラムサークルファシリテーターのモード変化としては、支配者>ディレクター>ファシリテーター>オーケストラコンダクター、という流れ(Learned from Mr.Arthur Hull's VMC method.)をいつも想定して、実践しています。しかし、今回のケースは、その流れを逆行してみる、という子どもたち自身の選択に、ボクたちファシリテーターチームがさらされる、試されるというとてもレアなケースとなりました。
 なんと、そろそろいい感じで音がそろってきたかな?という段階で、いきなり再びカオス(混沌)に突入したり、ボクたちのキュー(合図)とは無関係に、子どもたちは自分たちの意思で、声(リズムボイス)出したり、テンポアップしていきそのままランブルに突入し、自分たちでストップカットしようとしたり、というボクの12年に及ぶ経験ではじめてのことが起きたのです。
 それは、ファシリテーター(場の目的を促進、容易にする人)の上記意図によるアテンションやシークエンスの提示と、それによる子どもたちの選択の関係性を、子どもたちがボクたち大人に教えてくれているかのような、深い示唆に富んだ時間。同時に、時間経過と共に、子どもたちの、音やキュー(合図)に対する感度の変化、個人の積極性の在り方が他に影響を及ぼす伝播力など、この場が「輪(和)であること」の意味を普段のドラムサークル以上に感じました。それらは子どもたち自身が感じとり、選択した行動や表現により導き出された結果であり、一番の大きな成果は、参加者の子どもたちだけでなく、先生方とボクたちファシリテーターチームが、それらを輪(和)の体験として記憶し、共有できたことだと思いました。
 子どもたちの感性って、とてつもない可能性を秘めています。これを体系化して社会に活かすことができないかな・・・!
 

【共有】ドラムサークルファシリテーターズカンファレンス2018@近江八幡

Img_8437 ・2018年2月3日(土)4日(日)
・滋賀県近江八幡ユースホステルにて
・参加者:18名
・主催:ドラムサークルファシリテーターズカンファレンス実行委員会
 ドラムサークル(DC)同志が年に一度「つどう、もちよる、わかちあう」場、ドラムサークルファシリテーターズカンファレンス。起ち上げの2011年2012年は実行委員として参画させていただいていましたが、参加するのは2014年の広島大会以来4年ぶり。今年は折からの積雪で雪国と化した滋賀県近江八幡市で開催され、南国育ちのボクは超厚着してでかけました。
 滋賀県近在の関西地区には思い入れが。一昨年ボクは、和歌山と大阪からドラムサークルとワークショップのご依頼を請けていたのに、ビョーキにたおれ無念のキャンセル。関西地区の仲間たちに多大なるご迷惑とご心配をかけました。だから、今回の出張は、関西の仲間たちへのお詫びと感謝の旅でもありました。
 で、大阪に前日入りして、大阪の仲間たちと通天閣界隈で旧交を温め、当日早目に近江八幡入りした鹿児島大学工学部建築学科歴史意匠ゼミ出身のボクは、豊臣秀次公が興し、近江商人たちが切り拓いた近江八幡の城下町の美しさにみとれ、カンファレンス開始時間を忘れて街歩き。Dsc_4078_2
 遅れて到着したボクを、全国の同志17名が、いたずらに温かく迎えてくれました。(笑)
 今年のテーマは、「鳥の目、虫の目、魚の目~ファシリテーターの3つの目~」と題し、DC初心者からプロフェッショナルまで、様々な視点におけるDCのみかた、とらえかた、ありかたを共有しました。なかでもボク個人的には、宮城のSさんがプレゼンされた、センターインするDCファシリテーターをサポートするサブファシリテーションの視点は、今後のDC普及促進のためのあらたなうねりの到来を感じました。もひとつ、東京のMさんがプレゼンされた、チームビルディング目的における企業DCのビジネス展開については、かつてボク自身が鹿児島市場で挫折した分野だったので、とても興味と関心を持ってきかせていただき、全国同市場の現況がつぶさにわかり、もう一度、鹿児島、九州でチャレンジしようかな、という意欲を再燃させてくれました。
Img_8461_2  
 大阪のKさんのActive Book Dialog、岐阜のMさんのDCところ変われば・・・の各セッションは、ボク的にはとても実のある再読感の大きなもので、参加者の皆さんにとってもそれぞれの立場で感じ方、捉え方が万別だっただろう多様性に富むものでした。
 そんな4つのセッション以上に大きな収穫は、1泊2日にわたり、いい大人の18名の男女が、雪の降り積もった一つ屋根の下で酒食寝食を共にしながら、叩き、うたい、おどり、語り、食べ、飲み・・・・近江八幡の古いお寺跡を再利用したでこの場で、この時間を共有できたこと。この体験と記憶が、ドラムサークルファシリテーターズというコミュニティをより強化し拡大発展させていく推進力になること、確信しました。Dsc_4182
 帰りは、人ごみ少な目の京都宇治の街歩きで4日間の旅を踏みしめて鹿児島へ帰りました。
Moriboo_thanks180204
 実行委員のみなさん、おつかれさまでした!!!
 さて、次はどこかな・・・・?
Img_8466

【意図と反応】文化庁派遣事業ドラムサークル@阿久根市立脇本小

Wakimoto_dc180124 ・2018年1月25日(水)09:50~11:35
・阿久根市立脇本小学校体育館にて
・参加者:4年生~6年生+先生方=約100名強
・ファシリテーター:森田孝一郎、重田みわ、河野しほ、
 鹿児島と熊本の県境に近い、阿久根市。絶品の魚介類を産する海の街。そんな水産資源に恵まれた自然豊かな地の子どもたちは・・・・・実に美しかった!!!!
 冒頭の座先決めゲームを始める前のオリエンテーション時のおとなしさと集中から、ドラミング開始直後のカオスは意外でしたが、そのカオスからテンポキープ、ランブル、各種ピックアップへの反応による場の変化と成長の過程は、他校に無い美しさと独自性がありました。
 でも、その美しさと独自性にとらわれるあまり、前半終了予定を15分もオーバーさせてしまい、そこまでの1時間でドラムサークルとして完成形に近いカタチまで伸張してしまったせいか、休憩をはさんでの後半の集中が散漫になってしまう反応から、あの美しく成長したドラムサークルは単純なドンドンしか出てこないドンドンパラダイス(旧呼称:ドンドン地獄)に変容・・・・。Dsc_4032s
 後半はそこから子どもたちを脱却させることがボクの使命となったわけですが、その窮地を救ったのは、地域に伝わる伝統太鼓演舞「山田楽」。山田楽とドラムサークルのコラボレーションは、山田楽のリズムを共有することによる地域伝統文化の顕彰と、お互いに支え合うという相互支援の継承を感じとってもらう中で、ドンドンパラダイスから抜け出してくれたら・・・というボクの意図のとおりに、子どもたちが見事な反応を示してくれ、ボク自身の前半終了設定不具合を見事にクリアしてくれました。ファシリテーターの意図と参加者の反応の関係性を示してくれた絶好のドラムサークルとなりました。
 ファシリテーターにとって、毎回深い学びに満ちた機会を提供してくださる、NPO法人かごしま子ども芸術センター様に心から感謝します。ありがとうございます。

【意図】川上小児童クラブクリスマスドラムサークル

Kawakami171216 ・2017年12月16日(土)13:00~14:05
・鹿児島市立川上小学校体育館
・参加者:子どもたちから大人たち100名以上
・ファシリテーターチーム:もりぶー、しほ、みわ、ゆたか
 
 4年ぶりの川上児童クラブドラムサークル。前回とは子どもたちも全て入れ替わり、規模もほぼ倍増。人数規模にしたら短い時間でしたが、冒頭の混沌から、エンディングまで、子どもも大人も学ばずして学んでいく変化の過程を共有できたのではないかと思います。
 冒頭はあえて統制の無い無軌道な場を味あわせ、音と動き、そしてアイコンタクトやボディランゲージで徐々に気づかせていくという流れ。中盤はことばによるバーバルコミュニケーションをはさみ、不安要素を除去しながら、この場のルールを自然認識させ、音色(属性)の違いを認識、相互に尊重することで、美しい音の世界(真の自由と解放)を自分たちの力でつくりあげていく、という意図びらき。
 そのファシリテーション意図に沿う参加者、沿わない参加者、どちらもファシリテーターにとって、強力な展開要素となります。特に子どもたちのピュアなハートは、その両極の違いが明確で、ある意味、次の選択が容易に対応できます。そんな子どもたちの豊かな感性が成長と共に、失われていくことをなんとか回避し、大人たちがそこから学び、またそんな感性を取り戻していくお手伝いがしたい。ボクは、そんなドラムサークルの価値を拡大させたいのです。
 今回の体験が、川上児童クラブの皆さんの今後の美しい響き合いに活かされることを願っております。ありがとうございます。

【成熟】薩摩川内元気塾ドラムサークル@陽成小学校

171127youzei01 ・2017年11月27日(月)10:50~11:35
・薩摩川内市立陽成小学校体育館
・参加者:高城中央幼稚園児+陽成小全校生徒+先生方約30名
・ファシリテーター:もりぶー、みわ
 昭和レトロ風情で有名な薩摩川内市高城温泉すぐそばの小さな小学校。前回の7年前は、全校生徒23名でやらせていただきましたが、今回は幼稚園児年少から小学生高学年と先生方の約30名。この組み合わせと規模は、私の10年以上の経験ではじめてのことで、全国の事例的にも珍しいもの。
 しかし、子どもたちは短時間のうちにドラムサークルを楽しむ術を自ら選択し、自分たちでみいだし、お互いにフィードバックし合いながら見事なサウンドコミュニティをつくりだしていきました。これぞ、ドラムサークル!!家ぇー!!!
 それを「させる」のではなく、それを「用意し、容易にしてあげる」のがファシリテーター(もしくは大人たち)の役割であることを、子どもたちがドラムサークルを楽しむ様子から、大人たちが学ぶ元気塾となった気がします。
 最上級生の6年生女子が終了後、「中学校に進学してもまたドラムサークルをやりたいです!」と言ってくれたのが、最高の報酬でした。
 リズムハートのドラムサークルは、参加者主体の自立促進を支援します。
 ドラムサークルのご依頼はコチラへ>>リズムハートWEBサイト<<クリック!!

【道程】ドラムサークルカゴシマ♪97

Dck97all ・2017年11月26日(日)10:20~11:50
・鹿児島市青年会館そう舎
・参加者:子ども7名大人20名
・ファシリテーター:もりぶー、しほ、みわ、ゆたか、りえこ
・主催:リズムハート
 4月に再開して4回目、2006年1月にはじまった鹿児島でのコミュニティドラムサークル(誰でも参加自由のドラムサークル)「ドラムサークルカゴシマ♪」の97回目。いよいよ来年5月、100回目が見えてきました。そんな期待感に包まれながらの今回も、小さな子どもたちを連れたご家族連れ、妊婦さん、身体の不自由な方、タイコ好きのおじさん、おばちゃんなど、約30名で90分間ドンドコ楽しみました。
 流れとしては、オールドラムセッションで場と参加者のココロとカラダをほぐし、スタッフしほが叩いてくれていたベースドラムをキープしたまま、全体をストップカット。参加者が増えてきたのでイスとタイコを追加。残ったベースの音を聴きながら、コトバでインフォメーション。フルグルーブで再開して、しほとみわのカット&ゴー1000本ノックへの道@ビッグスマイル。ひきつづきフルグルーブを楽しみ、輪を半分に分けて演奏交換。開始から40分、同じテンポとボリュームがつづいたので、みわのベースを起点にテンポダウン、ボリュームダウンのハートビートで、妊婦さん(妊娠9か月予定日元旦!)をみんなで応援。そしてシェイカー&ドラムでゆるやかに静かなリズムを共有して前半終了。みんなでお茶をいただき、談笑後、席替え、努力事項はご家族離れ離れ。しほのベースでアップテンポからにぎやかに再開し、しばらく陽気なリズムを楽しみ、金物の音が心地よかったので楽器種別のピックアップ、参加者の皆さんが選択した小物楽器のバリエーションが思ったより少なかったので、そのままトーンチャイムとスズに持ち替えてもらって行き、一足早いクリスマスセッションでクロージング。
 ファシリテーターが場の流れを転換していくのに、参加者の皆さんに示したシークエンス(音出しの仕組み)は、前半4つ、後半2つ。いいぞ!少なくなってきた。ファシリテーターが参加者へなんらかのシークエンスを提示する機会が減れば減るほど、参加者の自立は促進され、ドラムサークルの目的(音による個と集団の自立)に近づいて行く。いいぞ!
 ドラムサークルカゴシマは、100回目を目指して変化と成長をつづけます。次回、ドラムサークルカゴシマ♪98は2018年1月21日(日)10:30~会場は同じく、青年会館そう舎です。
 そして2018年5月19日(土)は、ドラムサークルカゴシマ♪100記念イベント!ドラムサークル&パーカッション界の2大巨匠を鹿児島にお招きしてのワークショップ&ドラムサークル。前日は前夜祭ライブもあります。お楽しみに!!!

【伝播】平成29年度文化芸術による子どもの育成派遣事業ドラムサークル@鶴丸小学校

・2017年11月21日(火)14:30~16:00
・場所:日置市立鶴丸小学校体育館
・参加者:4年生~6年生+先生方=約100名
・ファシリテーター:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様
Dsc_3844s
 この10年間に渡り、鹿児島県内、相当数の小学校でドラムサークル実施させていただいてきましたが、はじめての対応校にして、多くの示唆に富んだ内容のドラムサークルとなりました。
 まず、同規模他校での同様のドラムサークル開始時は、混沌の渦の中からの規則的リズム抽出が最初のハードルなのですが、座席決めゲームのカウントを最後まで数えずとも、ものの30秒ほどですでに規則的リズムが鳴り響きはじめたのは、かつてないパターンでした。
 それにより、提示するシークエンスもシンプルなものだけで十分自分たちで音によるコミュニケーションを楽しんでおり、聴こえてくるリズムも呼応する多様性に満ちた躍動感あふれるもの。普段の学校生活での豊かなリズムが現出しているようでした。Dsc_3848s
 それを象徴したのが休憩時間に女子生徒から言われた「せっかく楽しんでるんだから、あんまりおしつけないで!」という一言。ウレシイ!超ウレシイ!この言葉に、ボクは深い、実に深ぁ~い意味を感じとりました。ボクたちのリードが彼女にはオーバーファシリテーションと感じとられたのであろうこと。同時に、この場が自由に音を出していい場なんだと、短時間に彼女に伝わったのであろうこと。そして、それを私に告げてもいいと判断させた要因についてです。その要因は、彼女たちがつくりあげた音の輪(ドラムサークル)が、ボクにそのことを告げさせたということです!!うわ!ヤバイ!こんなところまで来てしまった。
 そして、最後に「また会いましょう」と子どもたちに、今までどおり普通に投げかけた自分の言葉に、違和感を感じました。その言葉は、自分が主体であり、ドラムサークルの主体である参加者からしたら、矢印が逆。また会いたいかどうかを決めるのは、ボク(ファシリテーター)ではなく子どもたち(クライエント)ではないか!?と。
 衝撃の一言を伝えてくれた女子生徒に、終わってから「ありがとうね。後半どうだった?」と声をかけたら笑ってました。
 
 しほとみわの美肌コンビも、センターインの動作が少しづつ経験値が上積みされていっているようで、今後たのしみ。
 ボクは、自分のファシリテーターマインドがまた変化(成長)したのを感じました。
 ありがとうございます。

【声力】平成29年度文化芸術による子どもの育成派遣事業ドラムサークル@柳田小学校

171005yanakita ・2017年10月5日(木)09:45~11:30
・指宿市立柳田小学校体育館
・参加者:3年生約80名+先生方
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか
 アロハな温泉街、指宿の柳田小はヤナキタショウと読みます。3年前も同事業で3年生にドラムサークルを実施。さ、今回はどんな展開になるか・・・・
 3年生80名は、元気よすぎることを想定。自由着席は収拾のつかない混沌を生み出すリスク高いと判断し、統制感強めの座席決めゲームを選択しました。みんな数を数えるテンポに合わせて手拍子しながらのウォーキング移動、そのままのテンポでタイコ叩きだすかと思ったら、そうはいかないのがドラムサークルの面白さ。それまで調子よく叩いてた手拍子のテンポとは全く無関係の大混沌まつり。その音の状態は、この道10年の私でもそれをまとめていくのは、今回かなり難易度の高いもので、逆にとてもウキウキワクワクしました。でも、子どもたちはそこからドラムサークルのルールや、まわりの音を聴くことを自然と感じとると、終了までつづくボーカル(声出し)大好き傾向で、各所にそのボーカルをつかったシークエンスをおりまぜた、指宿の菜の花のような笑顔の音の輪(和)が咲き乱れました。帰宅して3年前のビデオを見ると、3年前もボーカルにフォーカスしたドラムサークル。ココには、そんな声の力がみなぎっているのかも・・・。Dsc_3755
 それと今回、ファシリテーターチームのしほさんとみわさんが、研修の場ではないリアル現場でのセンターインデビューを果たしてくれました。2人とも今年の4月から取り組みはじめたばかりですが、しほさんはマリンバプレイヤーで小学校音楽非常勤講師、みわさんはボーカリストでサンバプレイヤーというバックグラウンドがあり、それなりにパニクりながらも・・・・(笑)、その経験値を活かした見事なデビューぶりでした。Dsc_3754 今後の展開が楽しみです。
 今回ご依頼いただいた、NPO法人かごしま子ども芸術センター様には心より御礼申し上げます。ありがとうございます。
 

【適当】ドラムサークルカゴシマ♪96

Dck96_170923 ・2017年9月23日(土)10:30~11:50
・鹿児島市青年会館そう舎にて
・参加者:子ども3名+大人17名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか
 
 地道につづけてきたコミュニティドラムサークルも96回目となりました。昨年夏からのビョーキで中断があり、4月に再開して3回目。でも、ボクのカラダは依然不自由なため、同時にもりぶー、みわ、しほ、ゆたかの4人でDC(ドラムサークル)の場をファシリテートするようになりました。その間に多数のDC現場をみんなで経験し、半年。この4人でファシリテーション4つのスキルのうち「場のデザイン」が「適当」にできるようになったなぁ、と。要はボクからの指示が「適当に」で「適当に」通じるようになってきたのです。実に「適当な」4人になってきました。これはリーダーとして正直、ウレシイ。楽ですから。(笑)・・・・楽である、ということは文字通り楽しいワケです。ボクが楽しいと、みんな楽しい!?
 今回は、参加者の予約状況からイスセットは7×3=21で一重の輪を選択。あとは適当に。これがイスとイスの感覚、ベースの位置、楽器の種類による配置など、実は「適当」にできるようになるまで経験が必要です。うん、それが半年かけてできてきたなぁ!さぁ、次は「対人関係づくり」、「構造化」、そして「合意形成」へとすすみますよー!!
 ビョーキ以降のボクのDCは、自分のカラダのこともありますが、音のきこえ方も変わり、ボクはビョーキ以前のようにあまりうごき回りません。それが、スタッフの思考を刺激し、より参加者主体のDCの音をひきだすことに好結果を生んでいる気がしています。今回もセッティングを適当に終えたら、ゆたかは駐車場整理に走り、ボクとみわとしほは適当に参加者をウェルカムし、後は適当にみんなとドラミングを楽しみました。
 そんなドラムサークルカゴシマ、次回第97回目は、11月26日、いいフロの日です。みんなでタイコ叩いて、温泉行こう!

【志事】福平平川地区子育てサロン楽しいリズム遊びドラムサークルドラムサークル7

_20170921_130404 ・2017年9月21日(木)10:00~11:30
・鹿児島市福平福祉館
・参加者:おともだち~お母さんたち~大先輩方まで約50名
・ファシリテーター:もりぶー

 
 2010年から毎年この時期にご依頼いただいている地域の子育て活動でのドラムサークル。昨年はボクが7月に病にたおれ入院してしまったので、キャンセル。2年ぶりの開催で、7回目になりました。参加者は、地域の未就学児とママたち、幼稚園のおともだち、その職員の皆さん、そして大先輩方です。
 4月にドラムサークル活動に復帰してからというもの、ビョーキのビフォーアフターで変化したこととして大きく感じていることのひとつ、それは「音のきこえ方」です。今回も、4世代にわたる参加者の皆さんの、自由な音の広がりがとてつもなく美しく感じとれました。それはビョーキ以前は感じとれなかったきこえ方です。当然ながら最初その音は、散らかりまくっているのですが、だんだんとまとまっていきます。ビョーキ以前もそれはやってましたが、それはボク自身のキューやコールに、参加者の音をまきとっていくやり方が主流だったように思います。そのためのきこえ方だった、
 でも、ビョーキ以後の今は、参加者の音にみんなの音を寄り添わせていく、そのためのきこえ方を感じ、そのためにボク自身が動く。どっちがよりファシリティブか!?当然ながら「今」なわけで、この点だけとっても、ビョーキしてほんと良かった!と感じるのです。
 正直、小さな子どもたちから高齢者の皆さんまで、ジェネレーションギャップの広すぎる50人に対する90分という枠組みは、以前はキツかった。小さな子どもに対するアプローチと高齢者に対するアプローチはまったく違うので、それを同時に90分つづけなければならないという、要は間が持たない。しかし、今回は実に心地よいフロー現象が起こり、あっというまの90分。やはり自由な音の場にいるのはボク自身が心地よく、みんなが楽しそう。そんな場づくりをしたい人たちのやりたいことを容易にすることが、ボクのファシリテーターとしての志事。
 もりぶーへのお志事のご依頼は、リズムハートまで!

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を