« 2020年1月 | トップページ | 2020年6月 »

【意図】よか余暇サロン「リズムでスマイル♪」ドラムサークル

Dc200216edit ・2020年2月16日(日)09:30~12:00
・鹿児島市ハートピア多目的ホールにて
・参加者:就労障がい者と職員約40名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、いずみ
・主催:かごしま障害者就業生活支援センター様

 障がい者の就労支援の一環として年4回行われている交流イベントで、ドラムサークルから学ぶノンバーバルコミュニケーションについて体験していただきました。参加者は、主催者様の就労支援により一般企業に就労している障害を持つ方々。
 普段、リズムハートで対応している知的障がい者施設の利用者様や精神科患者様方とは、その特性はまた違うので、それらより踏み込んだコミュニケーションによる音楽づくりが求められました。

<<ファシリテーションの意図と結果の流れ>>
 ・安心>受付から座席へのウェルカム対応
 ・不安解消>自然な音出し促進>ガチャがちゃドカすかポン
 ・一体化>音を感じ、全体をまとめる>ドン!
 ・理論化>ことばによる説明>ウケル!
 ・分散化>音の種類をわける>属性認識と融合>調和のはじまり
 ・関係認識>全体の中でのチームと個のつながり>役割を共有
 ・独立化>個の選択承認と賞賛>自由な場
 ・音楽化>即興演奏手法の提示>自主的演奏
 ・楽園化>笑い合う

 ボクの一挙一到足に素早く反応してくれる2人のサポートスタッフのはたらきで、だいたい上記意図のとおりの流れで推移しました。しかし!一人だけ輪の中には居るんだけど、最後まで演奏に参加しないという選択をされた女性の氣持ち、本意は一体何だったのだろうか!?知りたい、知りたい、ああ・・・知りたい。DCF探求の旅がつづきます。

【根元】Now's Jazz Orchestra 寿限無2020

Njo200211omote_s ・2020年2月11日(建国記念の日)
・鹿児島市中央公民館にて
・お客様:約350名
・出演:Now's Jazz Orchestra
    ゲスト 高橋知己(T.sax)、園田智子(Piano)

 ジャズの成り立ちは、奴隷貿易の悲しい歴史の中からアフリカのリズムと西洋音楽の伝統が融合し・・・幕末の日本に迷い込んだアフロアメリカンが映画「ジャズ大名」で殿さまにスイングを伝え・・・日本初の西洋楽器楽隊が薩摩に興り・・・ながくておおくの旅の途中にNJO(Now's Jazz Orchestra)がある!?
 
 どんな道にもそのルーツがあり、そのルーツ(根元)たる伝統と文化への敬意を欠いた道に、未来は期待できません。
 今回、ボクがドラマーとして久しぶりに参加したこのコンサートは、「日本人のつくったうた」をテーマに、その曲に込められた氣持ちをフリージャズという手法で表現しました。86291434_2621404657977106_92032561795668
 作曲は本居長世、奄美民謡、山下洋輔、林栄一、そしてNJOメンバーの尾崎佳奈子。全曲のアレンジも尾崎佳奈子によります。
 
 その音は、美しさの中の狂氣と粗忽の混沌の渦にブルースとサウダージが飛込み、そこから音の郷愁と哀愁が生まれ、最後は静かなほほ笑みに包まれた大団円。数回のリハーサルを重ねながら、そんな音のイメージを育てていきました。
 結果は・・・そんな意図以上の感動的なステージができた。氣がします。

 みんながいろんな音(表現)を自由に出し合い、その氣持ちを受け容れ合う、そんな音楽で笑い合えたら、と願いつづけながら、これからも音をつないでいこうと思います。

84170406_1065882820454835_70997036432086  今回、このコンサートに参加させていただいたことに心から感謝します。
 ありがとうございました。

【自然】オープンコミュニティドラムサークルDrum Jazz010

200209dj010 ・2020年2月9日(日)10:30~11:58
・鹿児島市青年会館そう舎
・参加者:大人20+子ども10=約30人以上・・・
・ファシリテーターチーム:もりぶー、しほ、ゆたか

 ドラムサークルカゴシマ時代から数えて110回目のオープンコミュニティドラムサークルDrum Jazz010は、いろんな都合や条件が重なり、もりぶー、しほ、ゆたかの3人でガンバッタ!!エライ!!
 参加者の皆さんも、初参加、リピーター、数年ぶりの再会、東京から、そして北欧に行ったらそこでもりぶーの友だちと会った人などバラエティに富んだ人たちの中で、音をつくっていったのは、今回も子どもたちの自由あるがまま反応でした。
 そこから聴こえてくるのはなんかアフリカン!アフリカンリズムを専門的に学んでるジェンベドラマーはいないのに!やはりアフリカのリズムは人間の自然反応からつむがれていること再確認。
 
 ファシリテーションの流れとしては、輪という場のデザインから放出される音の混沌から、だんだんとその音でお互いの関係性を認識しはじめると場の集約が起こり、集約された音は役割の認識により構造化を示し、音楽的進化(深化)に向けて合意が形成されていく。
 こんな流れを意図していますと・・・・楽器のセッティングさえすれば、このDrum Jazzの場は、自然とそんな流れに乗って行く。そんな氣がしてきました。ありがたいです。

 次回Drum Jazz011は、4/5(日)春の恒例桜の木の下でお花見ドラムサークルして世界遺産散策から帰ってきたら花かごランチというピクニックです。要予約、お早めに!

« 2020年1月 | トップページ | 2020年6月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を