« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

【祝詞】神雅乃調(カムサビノシラベ)音楽会@枕崎南溟館

82529420_681030519098616_290325248597819
・2020年1月12日(日)15:00~17:00
・枕崎市文化資料館南溟館にて
・お客様:約140名超満員!
・出演:Art Scramble Of Kagoshima
 實吉國盛ちゃん麻呂の守(管楽器、祝詞)
 鈴木シナモンの守(洋琴、編曲)
 森田孝一郎もりぶーの守(太鼓、演説)
 客演 中島リカ姐さんの守(三味線、をどり)
 スピードキング小城の守(音響照明、音いろどり)

 ボクが大好きなフリージャズグループ「アート・アンサンブル・オブ・シカゴ(AAOC)」へのオマージュとして4年前に結成した「アート・スクランブル・オブ・カゴシマ(ASOK)」は、1980年代のAAOC全盛期に新宿アンダーグラウンド界を席捲していたニュージャズシンジケート出身のちゃんサネさんのパフォーマンススキルがバンド結成をキメた。1578869225

 しかし、結成ライブを前に当時のピアノUEがビョーキ離脱、トラ(代役/エキストラ)を入れてライブするためリハーサルするも、リーダーのもりぶーまでライブ直前UEの後を追うようにビョーキ離脱。それから3年半の時は過ぎ・・・・UEは、鈴木シナモンに生まれ変わり、もりぶーもドラマー復帰した2019年の夏、ようやくASOK初ライブが実現。その演目がこの「神雅乃調(カムサビノシラベ)」。

 コレは、AAOCが人類の故郷アフリカへの原点回帰を目指すのと同様、我がASOKが目指すのは「和の精神」。ちゃんサネ扮する實吉國盛ちゃん麻呂の守が唱える和の言霊が宿る祝詞にASOKの即興演奏(フリージャズ)をからめるという、前代未聞の独創的音と言葉のフリーダムアートフォーム。このアイディアを育て、音と言葉で自由と平和を奏で広げていく、昨夏からの第2回公演が今回の神雅乃調音楽会@枕崎南溟館。

82954034_2871692612951500_59198286332491
 枕崎は、日本本土最南端の港町にして、風の芸術展を主導する世界有数のモダンアートのまち。そして、ちゃんサネこと實吉國盛ちゃん麻呂の守のふるさとでもありますので、ちゃん麻呂の守が唱える祝詞には、ふるさと枕崎への思いがたっぷりちりばめられました。
 でも開演するまでは、この祝詞とフリージャズという独創的なコンセプトが、枕崎市民の皆さんに受け容れられるのか、それよりもお客さんは観にいらっしゃるのだろうか!?という大きな不安がぬぐえぬまま・・・それが、開場前から長蛇の列、直前集客予想90数名を大きく超え、イスが足りず、高齢者多い過疎の町、屋外のベンチまで総動員の140名超満員。
 そんな満席の会場で繰り広げられた演奏は、途中飛び入りも入り、宇宙の成り立ちから生命の誕生、そして枕崎の四季、まつりからの世界の安寧まで。この神雅乃調は、開演前の不安を軽く吹き飛ばして枕崎の皆様に熱く受け入れられ、演奏後は多くの高齢者のお客様方が泣いて出演者に握手を求めるという感動のフィナーレで幕を閉じることができました。ありがとうございました。1578869222

 ASOKによる祝詞とフリージャズという独創的なコンセプト公演、全国各地の地域起こしにお役にたてるよう精進いたします。演奏依頼のお問い合わせは、リズムハート森田まで。

写真提供:すし匠五条様のブログと、fb友だち2名様より許可いただき転載
1578869230_20200114051801

【復活】Now's Jazz Quartet再始動

Njq200104_01 ・2020年1月4日(土)16:30~19:00
・鹿児島市天文館music & cafe 明日の地図にて
・お客様:40数名のご来場満席
・出演:尾崎佳奈子(A.sax)、鈴木シナモン(Piano)
    坂口英明(Bass)、​森田孝一郎(Drums)

 カラダのことなどいろいろあって・・・しばらくドラマーとしての活動をお休みしていたNJQ(Now's Jazz Quartet)、数年ぶりの復活ライブは2020年お正月明けのリスタート!
 何曜日だかワカラナイ正月明けの夕方、予想を大きく上回る40名超え超満員のお客様にあつまっていただき、会場内すべての音に対する演奏者と聴衆一人一人の自由な反応から発せられる音、その全てを受け容れ合える4人だからできる最高の演奏ができました。
 正直、今のボクは右半身麻痺により、右腕手指の細かいスティックコントロールができないため、ジャズドラム伝統と最前線の演奏はもうできません。でも、動くカラダでできることはまだまだたくさんあります。それは、音に対する自由な発想からのあるがままの反応を、ドラムに渡してあげること。するとドラムはボクから渡された音で鳴ってくれます。その音すべてを全身で受け容れ、これまたあるがままの反応を自らの楽器に渡し紡がれる4人の音から成り立つこのジャズは、今のボク、今の4人の今、まさしくNow's Jazzなんです。Njq200104_02
 何よりも自由な音の交換の中で、全ての選択が尊重されることの安心感と幸福感たるや!ハレルヤ!フリージャズバンザイ!
 演奏したレパートリーは・・・・・・
 カーラ・ブレイ、オーネット・コールマン、チャーリー・ヘイデン、ジミ・ヘンドリクス、パット・メセニー、渋谷毅、そしてメンバー尾崎佳奈子のオリジナル。この選曲、作曲者ラインナップを並べただけでその美しい世界観が・・・・。

 このバンドのライブは以降、定期開催の予定。次回は4月か・・・お楽しみに!

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を