« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

【楽園】第3回夏休み豊かにする会ドラムサークル

69538538_2496610093959142_33304813096371 ・2019年8月25日(日)14:00~15:00
・鹿児島県蒲生ふるさと交流館
・参加者:障害をもったご家族約50名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか
・主催:豊かにする会

 毎年夏休み恒例の、障害を抱える子どもたちと保護者がつどい、そのコミュニティを豊かにするドラムサークル(DC)、3年目の回。
 DCの場自体が、「自由であること」を認め合い共有する場。でも実際にそれをやるのはいろんな面で難しく、特にいろんな抑制される経験を積んだ大人たちにとって、冒頭の自由はただ統制の無い目茶苦茶なガチャガチャ音だけの混沌の渦の中でただ大きな不安に包まれるものです。
 DCは、そこからの変化(成長)過程を共有することに大きな意義をもちます。その変化過程は、単発のDC1時間のなかでもあらわれるし、継続的に定期実施しているDCでは、その期間によって変化の積み重ねを得られます。
 今回の「夏休み豊かにする会ドラムサークル」は年1回開催の3回目にして3年目の変化が大きく大きく花開いた大変貴重なるDCとなりました。
 主催者様側に伝えたのは、参加者の皆さんそれぞれ受付が済んだら、後は自由に。ただコレだけ。いつものようにガチャガチャ無軌道なカオスがつづくのかと思いきや、ベースにすわった男子とボランティア女子高生へのカンタンなボディランゲージだけで、2拍子のパルス発生。そこから多種多様な特性を持つであろう障がい児たちのフリーダムな反応と、それを温かく見守る保護者たちのハートウォームな反応、それらは一昨年はじまったこのDCから3年の変化を経てできあがった音。まさしくボクが音楽の理想郷とする、一人一人の自由選択が全て尊重されてかつ調和が保たれた「楽園」ができあがりました。Yutakadc190825_2
 通常はじまりから10分ほどのセッションで最初のエンディングをつくり、「あいさつ」ということばによるバーバルコミュニケーションを入れるのですが、今回は冒頭の音によるノンバーバルコミュニケーションとボディランゲージだけでことは足り、全く「あいさつ」を入れる必要性を感じなかったので、緩急織り交ぜながらのオープニングセッションを30分つづけ、給水タイム兼席替え休憩へ。
 休憩後は、経験値の向上から音楽的要素の深まりと、フリーダム集団即興音楽要素がさらに強まり、参加者全員が瞳孔半開き口角泡を飛ばしながらの至上の愛と快楽、夢の楽園を楽しみました。
 そんなノンバーバルな「楽園」を楽しんだ後なだけに、DCから帰還後のティータイムしながらのおしゃべり、バーバルコミュニケーションがえらく新鮮で満足感と共有感の高い時間となりました。ありがとうございます!

 あなたの地域、各種コミュニティでの「音による楽園づくり」お手伝いします。リズムハートまでお問い合わせください。
 

【共在】グッドネイバーズジャンボリー10ドラムサークル

68799523_513993335827554_913013789181555 ・2019年8月24日(土)11:30~12:20
・鹿児島県南九州市川辺町リバーバンク森の学校
・参加者:延べ60人ぐらい+イベント会場全体
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか
・総合プロデューサー:坂口修一郎190824gnj06

 鹿児島市内から車で1時間弱、2010年から森の中の小さな廃校ではじまった複合型野外フェスグッドネイバーズジャンボリー(GNJ)の10回目。リズムハートによるドラムサークルは、その3回目から毎年オープニングをつとめさせてもらって今年で8回目。
 今年は10回記念ということで!?会場ほぼ中央に360°全方向型サークルステージが組まれ、サークル(輪)にはサークル(輪)を!っということで、たぶん世界初のサークルステージ上でのドラムサークルが実現しました。
 360度森に囲まれた会場中央のステージから見渡す風景は壮観!坂口修一郎総合プロデューサーの開会宣言から子ども放送局によるアナウンスで、ドラムサークル開始が告げられると同時にワーと大人たちが子どものようにステージ上のドラムにあつまり、自然発生ドンドコドン!当然、そこから響き渡る太鼓の音は太古の調べ!ドラムサークルに与えられた50分間の間で、ドラム音だけでなく、どしゃ降りが屋根テントを叩くレインドラム音あり、参加者の「晴れろー!!!」コールからのピーカン晴天セミ鳴き声あり、大自然の「音」と共に在る「共在」ドラムサークルセッションとなりました。
68916875_472708490248354_151560462343864  もりぶーのメインF、みわのベースドラムF、しほのサポートF、ゆたかのパシリFとF役割分担も、ノリノリの参加者の皆さんとバックヤードスタッフの皆さんのおかげで強力にハマリまくり、打上げランチ@フェスめしの美味かったこと!190824gnj03
 その後は自由参加マーチングパレード@サンバ風!?で会場内演奏しながら練り歩き~からのラブサンバディーズ、二階堂和美+ラグバッグバンド、オット&オラブ、川辺ヒロシDJ、そしてサイレントイポエツスペシャルダブバンドまで、目白押しなんだけど雨が降ったりやんだりーの中、飲んだり食べたりしながらゆっくりたっぷり「共在」を楽しませていただきました。
 それにしても、GNJ10回記念、おめでとうございました!
 ボクもこの森の学校で、静かにゆっくり過ごすリズムイベントやりたいナ!っと切に思った次第。ココで広がる「共在」の感覚をリズムで、まだこの場を知らない人や、なかなかココまで来ることが困難な人たちと共有したい。
69149202_2436688463282058_90408076615950  リバーバンク森の学校の皆さん、よろしくお願いいたします!

 全国の野外フェス、イベント、ドラムサークルで盛り上げます!お問い合わせはリズムハートまで。
68916246_2249756052004236_13890792119305

【多様性】オープンコミュニティドラムサークル Drum Jazz 007

Dsc_0914
・2019年8月11日(日)10:30~11:50
・鹿児島市青年会館そう舎
・参加者:子どもから大人まで約40名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、エリカ、ゆたか
・主催:リズムハート

 100回続けた「ドラムサークルカゴシマ♪」を継承したオープンコミュニティドラムサークル「Drum Jazz」シリーズの7回目は、夏休みということもあり、子ども連れお孫さん連れのファミリー層の多い、アットホームなドラムサークルとなりました。
 その中には身体や知的に障害を持つ方、ご高齢な方々、Tシャツをジャージのズボンの中に入れている方など多種多様な属性を持つ方があつまり、一緒になって息を合わし、目を合わせ、ココに今いる、今ココにある、そのままでイイ、音を楽しみました。
 タイコの音は人間同士の対話の源。お母さんの鼓動を感じ、出した音と音の間に人の音が氣持ちよく入ると人間同士、笑い合い、つながり合える。
 バリアフリーが床や手すりなど少しづつその設備環境が整っていく今、まず人のココロから発する行動がバリアフリーかどうかが、益々重要になっていく。ドラムサークルは、そのココロのバリアフリー化を容易に体現できる場。ドラムサークルは、多様性の楽園。ダイバーシティパラダイス!!
 次回、オープンコミュニティドラムサークル Drum Jazz 008は10/13(日)10:30~青年会館そう舎です。

【多様性】オープンコミュニティドラムサークル Drum Jazz 007

Dsc_0914 ・2019年8月11日(日)10:30~11:50
・鹿児島市青年会館そう舎
・参加者:子どもから大人まで約40名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、エリカ、ゆたか
・主催:リズムハート

 100回続けた「ドラムサークルカゴシマ♪」を継承したオープンコミュニティドラムサークル「Drum Jazz」シリーズの7回目は、夏休みということもあり、子ども連れお孫さん連れのファミリー層の多い、アットホームなドラムサークルとなりました。
 その中には身体や知的に障害を持つ方、ご高齢な方々、Tシャツをジャージのズボンの中に入れている方など多種多様な属性を持つ方があつまり、一緒になって息を合わし、目を合わせ、ココに今いる、今ココにある、そのままでイイ、音を楽しみました。
 タイコの音は人間同士の対話の源。お母さんの鼓動を感じ、出した音と音の間に人の音が氣持ちよく入ると人間同士、笑い合い、つながり合える。
 バリアフリーが床や手すりなど少しづつその設備環境が整っていく今、まず人のココロから発する行動がバリアフリーかどうかが、益々重要になっていく。ドラムサークルは、そのココロのバリアフリー化を容易に体現できる場。ドラムサークルは、多様性の楽園。ダイバーシティパラダイス!!
 次回、オープンコミュニティドラムサークル Drum Jazz 008は10/13(日)10:30~青年会館そう舎です。

【仏の輪(和)】西本願寺鴨池出張所サマースクールドラムサークル

Dsc_0881 ・2019年8月2日(金)10:30~12:00
・西本願寺鹿児島別院鴨池出張所本堂にて
・参加者:子どもたちと大人たち約100名
・ファシリテーター:もりぶー、しほ

 お寺の本堂は、そこにいる、そこにあるもの、人全てが受け入れられ尊重され、そして歓迎されている安心と安全の場所。そんな場所でのドラムサークルは、子どもたちの自由な選択が全て尊重され、大人たちが長年の英知をもってその選択を信じて待つと、「輪」が「和」を生み、そこに現出するのは本堂内の全ての人のお顔がキラキラ輝いた実に美しい音による現実の極楽浄土。
 お寺の本堂に自然にあつまり、自然に「らいはいのうた」をうたい、「ちかいのことば」を自然に唱え、そしてみんなでドラムサークルのセッティング。参加者自らが全員でドラムサークルのセッティングからはじめるパターンは大変レアなケースなのだけれど、実に自然な流れの中で、おかげ様で、生かされている、というお釈迦様の教えのとおりに事が自然に運ばれていくのを感じました。Dsc_0878
 後半のスローテンポ展開から自然に聴こえてきたのは「なーもーあーみーだああんぶー」の念仏輪唱。タイコのドンドンという響きとともに、人の声が、人のココロとカラダを癒す音になってきた歴史、数万年の人類の叡智の確信、ずっとこのままでいたい、「輪」が「和」を生む時間でした。そして、本堂で解放されたドラムサークルから生まれた即興音楽は、シンプルなパターンが輪の中を廻り巡る、それはまさしく仏教の教えである「輪廻」のサウンドメタファー。ドラムサークルが終わると、またみんなで楽器をかたづけて、その場でみんなでカレーをおいしくいただきました。このカレーライスも浄土真宗同様、インドで生まれ日本の風土文化のなかで変化成長を遂げた伝統文化の輪廻転生。そしてマジックショーから工作時間、おやつまで・・・
67418377_858439977861909_228692334756233  今回の西本願寺鴨池出張所サマースクールドラムサークルは、おかげ様でそんな仏の輪(和)の場の中でできあがりました。
 私も幼少のみぎり、西本願寺鹿児島別院で育てられた「仏の子」。この仏の輪(和)の場づくりに、ドラムサークルでお役にたちつづけたいと思いました。
 なもあみだぶつ、なもあみだぶつ、なもあみだぶつ、なもあみだぶつ、らいはい。
  ありがとうございます。Dsc_0882

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を