« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

【仏の輪から和へ】揖宿組子どもの集いドラムサークル

Dsc_0859 ・2019年7月30日(火)13:50~15:10
・指宿市開門総合体育館 サブアリーナ
・参加者:子どもたちと大人たち約50名
・ご依頼:揖宿組様
・ファシリテーターチーム:もりぶー、しほ、なつ、ゆたか

 指宿のお寺さんお声掛けによる3年半ぶりのドラムサークルのご依頼でした。前回はお寺の本堂での開催でしたが、今回はご近所のキレイな体育館。
 会は、お寺の行事らしく正座で仏さまに向き合う仏参ではじまり、紙芝居を見て、ドラムサークル、そしてレクリエーションゲームまでつづく夏休みの午後の思い出。
 はじまる前は、体育館中を走り回っていた子どもたちが、会がはじまると自然と体育館の固い板の上に正座。私もこの子たちと同じ仏の子、お坊さんのお経に静かに耳を傾け、氣の引き締まる思いでした。
 ドラムサークルも小学生中心のドラムサークルにしてはなんだか神妙な雰囲気、テンポが出てきてもみんな「ドン・ドン・ドンドンドン」という同じリズムではじまり、ボクの最初のミッションは、冒頭の状態をOK!イイね!で受け容れ、そこから「自分のリズムを見つけて自由に楽しんでイイんだよ!」を感じて氣付いてもらうことに。Dsc_08590
 すると、普段からお話やお経を「聞く・聴く」ことで何か感じ、学ぶことが習慣化されているこの仏の子たちは、実によく音を聴いて、音楽をつくりだしてくれました。
 途中、耳休めに挿入した即興曲「指宿の自然」からのスローテンポ展開から聴こえてきたのは「なーもーあーみーだーああんーぶーつー」のお念仏。この八拍を4つに分かれているサークルのブロック別に唱えると・・・・「南無阿弥陀仏」の魂がグルグルとその場をゆっくり、子どもたちの声と共にまわりはじめ、サークル中央に極楽浄土への光がさしているのが見えました。
 最後は子どもも大人もない、みんなが自由に楽しむ音の場ができあがり、次のプログラム(レクリエーションゲーム)につなぐことができました。と、思いながら楽器を車に積み込んでいると!そのレクリエーションゲームがキレイな輪になって、そこに大きな和ができあがっていました。その「和」づくりにドラムサークルがお役に立てたこと、仏の子としてウレシイかぎりでした。
Dsc_0860  南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。ありがとうございました。またお役に立てますように。

薩摩川内元気塾ドラムサークル@樋脇小

66854656_919045568441019_572050177372717 ・2019年7月13日(土)08:35~09:25
・薩摩川内市立樋脇小学校体育館にて
・参加者:全校生徒と先生方約150名
・ファシリテーションチーム:もりぶー、みわ、エリカ、りえこ

 11年ぶりの樋脇小。11年前は全校生徒30人ほどの小規模校でしたが、周辺校との統合で140名規模に。っということは、校区が市街地校とは比べ物にならないくらいめっちゃ広く、登下校にも遠くから通う児童も多い。そんな距離感をリズムで縮めたい。そんな氣分で早朝移動でした。


 ドラムサークルは、1.2年生床で小物楽器、3.4年生イス席でドラム、5.6年生立ってサウンドシェイプスというスタジアムサークルにセッティング。子どもたちが入場と同時に「****しちゃダメ!」が極力無い、いつもの学校活動とはなんだかちがう、最初のカタチに戸惑う児童と先生方の混沌の様子が、音と共にだんだん変化(成長)していく時間を、児童と先生方が一緒に共有・共感してもらえるようすすめました。
 その大きな枠組みは3つ「混沌」と「自由な一体感」そして「静寂」です。その過程で見事な「静寂」を生み出せたのは、約30分のドラムサークルでの経験値が引き出した、どこの児童たちでももともと持っている能力ですが、他校の児童たちと大きく違ったのは、「静寂」後のフィナーレセッションで再び「混沌」に還ったことです。これには正直オドロキ、オノノキましたが、今回のテーマであった「和(輪)>輪の循環性」を見事に子どもたちが自然に体現してくれたもの、とふりかえり最大の氣付きをいただきました。
 先生方による積極的な参加からも児童たちの「音の和」が引き出され、見事な樋脇の「音の輪」が生み出されました。
 学校でのドラムサークル活用、お手伝いいたします。ご相談ください
 

Sound Of Now 2@神雅乃調(カムサビノシラベ)

66519266_2220353611427421_59984613454758 ・2019年7月12日(金)19:30~21:30
・鹿児島市天文館music cafe 明日の地図にて
・お客様:約40名様満員御礼
・出演:アートスクランブルオブカゴシマ
  喇叭 ちゃんサネ
  洋琴 鈴木シナモン
  太鼓 森田孝一郎
​  客演・三味線 中島リカ

 ボクがドラマー復帰後の「今の音」を「今出したい人」と奏でるジャズライブイベント、Sound Of Nowの2回目は、神話とフリージャズのコラボレーション。1980年代の新宿を疾走したニュージャズシンジケートの元メンバー實吉國盛ことちゃんサネさんとボクとで以前からやっていたフリージャズ原人というユニットに、鈴木シナモン前世を加え、温めていたフリージャズグループ「アートスクランブルオブカゴシマ」の第1回ライブをやろうとしていた2016年はじめにシナモン前世が宇宙へ飛んでいき、同じ年の夏にもりぶーが地底に潜った。そして3年の時を超え、再結成をもくろんだ今、時代は「令和」となり、その音は神代の時代からリカ姐さんを呼び覚まし、ボクらの音は交わった。66454326_2391922607748288_82770854804874
 長い梅雨は未だあけず、退廃と自堕落な毎日を送る40人の市民を、もりぶー隊長がメガホンでアジり、ちゃんサネはちゃん麻呂となり、伝統的な大祓詞を読み上げる。そこに絡む原始ドラムと電子ピアノ、そして三味線の調べ。松田優作曰く「なんじゃこりゃ!」と岡本太郎曰く「ゲイジュツはバクハツだ!」が入り乱れ、山下洋輔トリオのダンシング古事記でもマイルス・ディビスのビッチェズブリューにもない、まったく世界に類を見ないフリージャズサウンドが生まれた瞬間である。
 あっけにとられる40人の市民と明日の地図の末永夫妻は、開いた口が塞がらず、過呼吸寸前。1曲30分の1st終了でやっと我に返る40人乗りのトランスジェットコースター。
 2ndは宇宙の創生からアフリカでの人類の誕生、アジアンモンゴロイドの祖先が旅路の果てに「和(輪)」を紡ぎ、最後は大切な人、モノ、すなわちそれぞれの「八百万神」に思いを寄せた音の旅。
 実はココに至る過程、入念な合宿リハーサルを積み、本番前も普段のジャズライブではありえない90分にわたるリハーサル。この積み上げがあってこその大成功!!
 当企画、ライブ翌日から大反響を巻き起こし、来年初頭、そして夏までオファー殺到中!
66812950_693796887732892_276408372583779  この神雅乃調(カムサビノシラベ)をあなたの街でも!
 お問い合わせは森田まで。。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を