« 【振返】ボクの平成・・・ | トップページ | 【継承】ドラムサークルフェスティバル2019 »

【雨音】栄門パークバザーdeドラムサークル

_20190519_162146s_1 ・2019年5月19日(日)11:0~16:00
・鹿児島市下伊敷栄門公園にて
・参加者:延べ約150人ぐらい?
・ファシリテーターチーム:もりぶー、しほ、ゆたか

 うちからの近所の栄門公園で行われた「つながる、このまち」をテーマにした地域住民手作り感満載のバザーフェスのワークショップブースで、ドラムサークルをさせていただきました。
 お天気が良ければ大きな樹の下にサークル組む予定でしたが、雨・・・。テントの中でやりました。与えられた環境を最大限利活用するのがドラムサークルファシリテーション(DCF)の「場のデザイン」。与えられたテントブースはいにしき幼稚園銘入り紅白テント!何とめでたい!2間3間長方形の標準的な運動会テント。ココにパイプイス15脚で半円のハーフサークルをつくり、もう半分の輪を公園の木々たちが構成。雨音と共に奏でられるリズムで参加者と公園がひとつの輪(和)になれるよう各セッションをすすめました。
 会場内は、雨なのに、わゆるフェスめし的な個性的屋台から、地域の高校生や大学生による学祭的な出店でにぎわい、その脇で盛り上がるドラムのリズムが行き交う人たちの購買意欲を促進し、商売繁盛!
 ドラムサークルは、イベント開始の11:00からイベント終了の16:00前まで適当に休憩はさみながらも5時間のドラムマラソン。行き交う人を巻き込みながらの出入り自由な通りすがり型イベントドラムサークルは、成立させるのが最も難しいスタイル。毎度のことながらその難関を突破させてくれるのは、子どもたちの屈託のない素直な反応。でも、屈託がなく素直なだけに、その場がつまらなければ何の遠慮も無くプイっと出て行かれます。だから子どもたちのその場に対する評価は厳しく、ファシリテーターは鍛えられます。
 そんな中、雨の中で子どもたち生まれながらのプリミティブなリズムスィッチが入りまくり、ほとんど途切れることなく常時満席状態で雨の中のテントdeドラムサークルは盛り上がり続けました。MVPは、太鼓の達人プレイヤーの小学生ドラマーと、タイコ叩いてる笑顔日本一に認定したい幼児、そして奄美島っちゅ芸人トリオのみなさん。_20190519_162209s  
 イベントも雨にも関わらず多くの方々が訪れ、また雨のおかげで出店者、参加者の一体感がグンと増し、その目的「つながる、このまち」に育てていく幸先いいスタートが切れたことと思います。
 来年もお手伝いさせていただけますように。

 リズムハートは、あなたの地域のイベントをドラムサークルで盛り上げます。
 お問い合わせはコチラ<<<クリック!

« 【振返】ボクの平成・・・ | トップページ | 【継承】ドラムサークルフェスティバル2019 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【振返】ボクの平成・・・ | トップページ | 【継承】ドラムサークルフェスティバル2019 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を