« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

【発信と受信】日当山小学校芸術体験授業ドラムサークル

・2018年10月23日(火)
・霧島市立日当山小学校体育館にて
・第1セッション1-2年生 09:30~10:15 約230名
・第2セッション3-4年生 10:30~11:15 約220名
・第3セッション5-6年生 11:25~12:10 約240名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、若ちゃん、みわ、トッスィー
181023hinatayama_001
 神話のふるさと霧島市の大規模校、日当山小学校では6年ぶりのドラムサークル(DC)。6年ぶりなので前回の経験者はおらず、約600名の子どもたち全員がDC初体験。東京から若ちゃんもサポートに来てくれて、いつものみわ、トッスィーを交え4人のチームで2学年づつ200数十人の小学生DCを3コマという、1年に1回あるかないかの大規模かつ重労働DC。学校からのリクエストで、200人分の椅子は無いということだったので、センター1層目を床座りのウッド、ベル、シェイカー小物楽器。2層目に椅子配置してのジェンベ、コンガ、アシーコなどのタイコ、3層目をスタンディングのサウンドシェイプ、パーランク、ドレミパイプというすり鉢型スタジアムサークルにセッティング。どんなDCになるのか・・・?期待と不安の入り混じったウキウキニコニコ気分で、最初の1-2年生の入場を待ちました。
181023hinatayama_002
 結果は・・・混沌と混乱の第1セッション、ゆるやかな統制美の第2セッション、音楽的一体感の第3セッションと、対象者が各セッションで入れ替わるのに、なぜかDCの成長過程が場の氣で継承されていくかのような、不思議な流れを感じる現場となりました。
 その流れの起点となったのは、第1セッション1-2年生の時間をドラムサークルの場として成立させるのに、その場の混沌と混乱ぶりから、私自身これまでにないメンタル状態になり、かなり苦労させられたのですが、その子どもたちが以降の第2セッション、第3セッションの対処法を教えてくれたカタチになったことです。
181023hinatayama_003
 大人たちからの信号を子どもがどうキャッチし、どう反応するかは、大人たちの信号次第だということ。そこには、強制や介入、そして指導という信号の発信方法もありますが、それらの発信が「やらせられる」という子どもの側の受信になったとき、子どもにどういう変化が起き、その個と場の成長にどういう影響をもたらすのか、今回のDCの場において、より深く考えさせられることとなりました。
 是非、このDCでできあがったリズムを、日常の学校生活と教育活動のなかで引き続き育てていただき、毎年の恒例行事、日当山小学校の名物活動にしていただければと思います。先生方のご協力にも心から感謝いたします。
 ありがとうございました。
 またお役にたてますように。44551263_768252480233342_4286304157
※ 同様の教育利活用DCは、音づくりの過程で選択したシークエンスの流れと、その目的と変化の様子を示した報告書をクライエント様に提出しております。DC導入のお問い合わせはリズムハートまで。

【祈願】オープンコミュニティドラムサークルDrumJazz002

Dsc_03604 ・2018年10月7日(日)10:30~11:55
・鹿児島市青年会館そう舎にて
・参加者:子ども~大人まで約30名
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、トッスィー、ゆたか
 2か月に1回のオープンコミュニティドラムサークルDrumJazzは2回目、前身のドラムサークルカゴシマから数えると102回目となりました。
 今回は今年の夏、日本全土と世界を襲った自然災害(集中豪雨、台風、そして地震)からの早期復興を願って、約90分間子どもから大人まで約30人が祈願のリズムを共有しました。
 祈願(祈祷)のリズムは、タイコ(太古)の時代から雨乞いに日照り乞い、豊作願いに疫病退散、そして悪霊払いに様々な大願成就など、まさにリズムは太古(タイコ)の時代から祈りと共にありました。Dsc_0358
 そして、科学理論優位の現代、今、みんなであつまって祈りながらタイコをたたくという行為の願いは、被災地で復興に従事する人々に届き、何かを変えるのでしょうか?
 変えます。この非科学的神聖なタイコ(太古)の力は、何万年にもわたってボクたちワタシたちのDNAに刻まれ、様々な祈願の目的を達成してきました。その力を信じてタイコをたたきつづける限り、タイコの力はそのリズムに包まれる人々をその氣にさせ、その氣は振動という一定の周波数を形成し、微弱な祈りの振動となって被災地に届き、その振動(リズム)が元氣と勇氣をとりもどすのです。
 そんな変化の胎動を、今回のコミュニティドラムサークルでは、ズンズン感じました。休憩明けの後半は、被災地復興と合わせて、ガン冒険中の仲間の自然治癒も願いながらの十二音階即興演奏に興じました。
Dsc_0360  ボクは、ドラムサークルファシリテーターを志事(しごと)に選び、生きている最良の選択を、自画自賛しています。ありがとうございます。
 次回、オープンコミュニティドラムサークルDrumJazz003は、12月2日(日)10:30~場所は同じ鹿児島市青年会館そう舎です。お待ちしております。
 詳しくは、コチラ<<クリック!

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を