« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

【調和】姶良市サマースクールドラムサークル遊びの学校

170730dc_2 ・2017年7月30日(日)10:10~11:40
・蒲生ふるさと交流館にて
・参加者:子ども保護者ボランティア合計約100人
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、ゆたか
・主催:障がい児の放課後・長期休暇を豊かにする会
 長い夏休み・・・空調の効いた涼しい交流館にあつまって、みんなでドラムサークルして遊ぼうよ!っというご依頼。
 例によってはじまりは、しっちゃかめっちゃかどんちゃかぐちゃぐ ちゃバチャラドンシャバシャドカどドドカバシャーンじゃだんどだんデバドカーな音のカオスに加えて、タイコ倒す、持って行く、セッティングぐしゃぐしゃーな場のカオスも加わり、こりゃ想像以上にキビシイ現場だぞ!と、ファシリテーターとしては超ウレシクなるわけです。
 普段はどんな現場でも、ベースドラムによるパルスキーパーを置かないボクのドラムサークルですが・・・・今回は、100人の激しいカオスぶりに、途中からサブファシリテーターのみわにベースドラムによるパルスキーパーをお願い。それが功を奏し、周囲と無関係なフリーダムぶりをめいっぱい発揮していた男の子約2名が、一定のパルスの中では、逆に約100名を見事にリズムで先導するリーダーに変貌。その他にも普段とは違う子どもたちの様子に、保護者の皆さんはオドロキ!
 最前列でがんばってる子を賞賛し、途中参加者を大歓迎し、大人も含めてその可能性を信じつづけ、あるがままを受け容れ讃える。そうすれば、大カオス祭りだった場に自然と調和が生まれていきました。その変化を100人で共有できたことが今回の一番の収穫かな、と。また、来年!!
 リズムハートドラムサークルは、九州一円をはじめ、全国津々浦々の人々の集いにリズムで調和をもたらします。お問い合わせは、こちらまで!!<<クリック!

【全開】第45回MBC夏祭り国際交流アジアンブースドラムサークル

170727dc ・2017年7月28日(水)29日(木)18:00ごろ~21:00ごろ
・鹿児島市与次郎MBCグラウンド
・参加者:延べ数百人
・ファシリテーターチーム:もりぶー、みわ、しほ、りえこ
・ご依頼:MBC南日本放送様
・ご協力:鹿児島県国際交流協会様
      鹿児島市国際交流財団様
 鹿児島の真夏の風物詩、MBC夏祭りでの国際交流アジアンブースドラムサークルもすっかり恒例行事となり6年目。今年のテーマは「ゴジラ」でゴジラのかぶりもの用意しましたが、それとはあまり関係なく・・・、小さな子どもから大人までたくさんの通りすがりの方々と2日間大いににわたり盛り上がりました。
 出入り自由で、お祭り開催時間以外は設定時間も無く、お祭りの喧騒の中で、会場内を練り歩く人々を巻き込みながらの通りすがり型ドラムサークルは、数あるドラムサークルジャンルの中でも、最も成立させるのが難しく、何度も心が折れそうな状況を体験してきた困難な現場。しかし、今年は美人サポートスタッフの増員もあり!参加者の皆さんが、安心してあのお祭り騒ぎの中でリズムの輪を共有してくれました。170727dc02
 1日目は猛暑の中しっかり水分補給しながら3時間、テキ屋子どもチームと中学生男子チームが率先して盛り上げ、2日目はアジアの旅先を思わせるスコールでみんなびしょ濡れムシムシのテント雨宿りを共有、雨上がり後の解放感に満ちた集団ドラミングが盛り上がらないワケがありません。
 特に、2日間を通じ子どもたちの反応がバツグンで、2日目の終了間際、小さな女の子がタイコたたきまくりながら「あああ!!!楽しいー!!!」と絶叫していた、あの感覚。あの感覚こそ、ドラムサークル参加者全員に感じてもらいたい快感ゾーン。脳内モルヒネ&セロトニン神経全開です!イベントメインステージのミュージックライブに合わせて叩くのも楽しかったー!
20424991_1412304732151376_226010731  今回もボクの現場復帰を日々支えてくれている美人サポートチームの皆さんにたすけられました。やはりドラムサークルは、チームで支え合って現場は解放全開!
 お祭りだけでなく、会合のキックオフやクロージング、パーティアトラクション、社員研修など、九州一円はじめ、全国で様々なイベント対応が可能です。ご相談は、リズムハートまで。

【暑さ】平成29年度文化芸術による子どもの育成事業ドラムサークル@大軣小学校

Daigou170713 ・2017年7月13日(木)10:40~12:20
・薩摩川内市立大軣小学校体育館
・参加者:全校生徒64名+先生方
・ファシリテーター:もりぶー、みわ、しほ
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様
 例年、薩摩川内元気塾のドラムサークルで多くの小中学校を対応してきましたが、この大軣(だいごう)小学校は初めての現場。芝生の運動場がキレイな素朴感たっぷりの小学校。開始前、児童生徒たちがめいめいばらばら体育館に入ってくるという、子どもたちの自主性が尊重された理想的なウェルカム対応。校長先生、教頭先生との入念な打合せが功を奏しました。
 その後、混沌から統制への自主的変化、合わせられなかったリズムに合わせられるようになるなど個と場の成長が前半の終了時にかけて見事に体現されました。
 梅雨明けした暑さのせいからか、後半は集中力が散漫になりましたが、そのけだるさをNGとせず、大きい輪(和)で受けとめるようにサウンドスケープ、スローテンポでのエンディングとつないでいくと、子どもたちはその変化に見事に応えてくれました。
 機会があれば、今回の経験を踏まえて、その次の段階(音楽的表現からの個の自立、集団の自立)へ連れて行きたいと思いました。
 ありがとうございました。またお役にたてますように。
 学校、教育機関へのドラムサークルお問合せはリズムハートまで。<<クリック!

【再生】DCFAドラムキャンプ16

Dc16mo ・DCFA会員勉強会
  2017年6月30日~7月1日
・ドラムキャンプ16本編
  2017年7月1日~2日
・千葉県リソル生命の森にて
・参加者:北海道~沖縄・宮古島まで全国50名超の仲間たち
 ボクは2009年にDCFAの理事となり、翌年、静岡県御殿場で開かれたドラムキャンプ9から、昨年同じく静岡県つま恋で開かれたドラムキャンプ15まで6年6回に渡り実行委員長をつとめてまいりました。しかし、昨年のドラキャンの翌月、病(脳卒中)にたおれ、長期入院、今もリハビリの過程にあります。同時に、昨年までの会場、ヤマハリゾートつま恋の営業終了。
 そんななか、DCFAは、新たな事務局スタッフ(若林さん)を迎え、事務局、理事、総出で今回の新たに生まれ変わったドラキャン16を準備してくれました。まず、そのこと自体、ボクはDCFAの仲間たちと、全国から来てくれた参加者の皆さんに感謝です。ありがとうございます。
 昨年までは、実行委員長としてイベント内の全催事をレビューしていましたが、今回は印象深かったことをかいつまんで・・・
<<DCFA会員勉強会「ドラムサークル、その時、脳では何が起こっているか」>>19642390_1377261002351186_480760236
 ドラミングと脳の変化について、理化学研究所の医学博士にしてハウスミュージックDJのレコード屋さん宮崎敦子先生を講師に、みんなでお勉強。っつーか、めっちゃ刺激的な時間でした。
 脳活動測定機を4人の参加者の頭部にあてて、その変化をモニターで見ながらのドラムサークル。左脳と右脳の波形がゆるやかにシンクロしてるときが楽しんでるとき、左脳と右脳の波形が激しくかい離しながら動いているときが緊張(楽しめていない)のとき、と理解しました。ファシリテーターは、参加者の緊張状態(トランジションポイント)を読み解き、楽しんでいる状態につれていけるファシリテーションを目指すことは、わかってはいましたが、今回のようにドラミングの状態に応じてリアルタイムに映像化された脳の変化を「見える化」、目の当たりにできたことは、大きな大きな収穫でした。ファシリテーターが、ドラムサークルの場で何をすべきか、またひとつ得られた感あり。
19732112_1224679060993169_624785578 <<ドラキャン16本編「ドラムサークルアラカルト」>>
 今回のドラキャンは16回目にして新しく生まれ変わり再スタートということで、毎年やっていたセレクトワークショップはやめにして、ドラムサークル自体を掘り下げる流れをつくりました。
1.ウェルカムドラムサークル(F>SF(DCFA認定ステュミレイティブファシリテーター)カズ)
2.ドラムサークルアラカルト1(F>ペッカー理事長)
3.ドラムサークルアラカルト2(F>飯田、三原、森田の各理事)
4.ドラムサークルアラカルト3(F>野田理事)
5.クロージングドラムサークル(F>石川副理事)
 ウェルカムとクロージングのドラムサークルは、催事名称の通りその目的が明確で、イベントの中身は2.3.4.のドラムサークルアラカルト1~3に集約されました。昨年のベストファシリテーター賞受賞者カズによるF(ファシリテーション)でウェルカムドラムサークルはひとしきり盛り上がり、休憩後のペッカー理事長Fによるアイスブレイクとドレミパイプで、参加者の一体感はさらに緊密に。夜のファンカッションショーからのDCコラボ、そして部屋飲み宴会で、参加者の多幸感は最高潮に。
 最終日朝食後は、今年のイイね!大賞受賞者で沖縄県宮古島からの参加者マッキー直伝の気功で森の中でココロもカラダもスッキリ!その後のドラムサークルアラカルト2では、飯田理事Fによるサウンドスケープ、三原理事Fによるキッチン小物ドラムサークルで、DCの可能性の広がりを共有。そしてボク(森田理事)が今一度、ドラムサークルの楽器と音色に意識を向ける音楽的なピックアップを。その上で、昼食後は野田理事Fによるよりアクティブでエクストリームな!DCの可能性を極限まで追求するチャレンジ。みんなでエンパワーメント出しまくりでしたね!そして参加者交流会で別れを惜しみつつ石川副理事長とペッカー理事長のコ・ファシリテーションによる感動のクロージングDCへ。
 はじまり、体験の積み重ね、その順番、そしてたどり着く場所、イベント全体の流れがドラムサークルがすすんでいくチームビルディングの過程そのものであること、強く感じました。
<<ファンカッションショー&DCコラボ>>
 予想以上に素晴らしいパフォーマンスで、カラダが不自由であることを忘れてはしゃぎまくってしまいました。参加者の皆さんも、パフォーマーの方々がひいてしまうほどの異常な盛り上がりでしたね。
 DCでもおなじみのドレミパイプを
<<モーニングアクティビティ:気功(香功/シャンゴン)>>19665377_1377260702351216_864919294
 個人的にもっとも大きな収穫は、宮古島からの参加者マッキーによるコレ。ボクが今、「病気は気から」の「気」に着目して、後遺症をやめるリハビリをつづけているわけなのだけれど、その「気」の総本山たる「気功」による健康体操的な・・・・。これはつづける価値ありそう。ありがとう、マッキー。
<<食事>>とにかく豪華で美味い!・・・確認できただけで・・・・・
朝食バイキング:いろんなパン、いろんなジャム、いろんな野菜、いろんなフルーツ、いろんなシリアル、いろんなおかず、ごはん、味噌汁、いろんなスィーツ、いろんなドリンク・・・・。。
昼食バイキング:牛しゃぶ、豚しゃぶ、寿司、天ぷら、うどん、カレー、中華、洋食・・・・。
夕食バイキング:ステーキ、あーもーいろいろ!!!!
勉強会夕食和食懐石:北野武映画ロケでもつかわれたスイス大使館移築スイス亭にて・・・。
<<部屋>>各部屋に豪華リビングありの贅沢仕様・・・・
<<会場>> 森のホール、DCでエンパワーメントするには最適な環境でした。
19665289_1377260779017875_738902053 また、来年、皆さんと豊かなリズムで楽しい笑顔を共有できますように。
※写真は、参加者の皆さんが撮影されたものをつかわせていただきました。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を