« 【悦び】アフター泡~ズドラムサークル♪26 | トップページ | 【媒体】DCFA2016年4月定例ドラムサークル »

【わざ】枕崎わざをく田の神さぁ祭

Dsc_2833 ・2016年4月9日(土)10(日)
・枕崎市花渡川ビアホール~木口屋広場~枕崎地場産業振興センター
・参加者:数百人
・共演者多数・・・
 わざをぎ、わざをき、わざをく・・・・日本古来の歌や舞、芸事によって神や人を慰め楽しませること、という意味らしく、それら民衆の力による「わざ」で、街(枕崎)を元気にしよう、という2日間にわたるお祭り。企画制作監督を我らが郷土の大スター、ちゃんサネさんが仕切り、数カ月の準備期間を経て実現。そもそも、この祭り、ボクがちゃんさねさんと一緒にやっているフリージャズバンドのライブから着想を得たらしい!さすがフリージャズアーティストらしく、入念な準備を、多くの仲間を巻き込みながら、実に緻密に仕込んで行きながら、当日のイベント自体の進行はコレすべて即興、という、実にあっぱれなすすめかた。
Dsc_2839
 前夜祭は、出演者全員、陶芸家の松元利重さんがこの日のためにつくられた陶製仮面をつけ登場、実に怪しく盛り上がりました。しかし!本祭の朝から雨。天気予報では徐々に晴れていくという予報を信じ、みんなで会場の木口屋広場へ。2時間待っても、雨があがりそうにないので、ちゃんサネ総監督はやむなく、雨天会場での2時間遅れ開始を決定。それでも、雨が上がるのを待っている間、みんなでしずかにテントの中でたたずみ、この日のために搬入設置されたグランドピアノをみんなで囲んでうたったりしたのが、ボク自身はこの2日間で、実はイチバン楽しかったなぁ。だって、雨の降る広大な自然の中で、グランドピアノの音に耳を傾け、みんなでうたうなんてこと、49年生きてきてはじめてのことで、ちょっとこれから先も有り得ないかもしれないし。
 
Dsc_2840  そして、雨天会場に引越しての本祭の盛り上がり!本来4時間の構成が2時間ちょっととなり、どういうふうにすすんでいくかは、そこにいる出演者、スタッフ、お客様方、全員によるまったくのインプロビゼーションワールド。シーゲル小野さんの名調子MC、ちゃんサネ総監督と演出家竪山さんのアドリブ進行、リカ姐さんのお色気三味線&なんこ、薩摩剣士隼人、なんこスイガー、タップダンサー貴丸、世界平和アーティストのひがちゃん、大工の山神さん、ミスター出し汁の中原さん、舞踊家の仙田さんなどなど、そしてちゃんサネさんとピアノの恵理子ちゃんとボクのフリージャズからのドラムサークルという、約2時間のわざをくジェットコースターフルコース!音響のスピキンさんとドレミっちゃんは、息つく暇も無かったことでしょう。飲食ブースの枕崎本枯れ節昆鰹そば、かつおバーガー、とりめし、しんこだんご、どれも最高に美味かった!!12936628_550900118425624_7093299876
 最後のドラムサークルでは、会場全体で、叩いて~うたって~踊って~回って~の大団円!
 子どものように自由に表現する大人たちを見て、子どもたちはそれ以上に自由にその場を楽しみ、そんな姿をおじいちゃん、おばあちゃんたちがニコニコしながら優しく見守るという、ちゃんサネワールドの有り様は、まさしく世界平和のメタファー。
 今回は残念ながら雨にうたれましたが、でもその境遇のおかげで、スタッフの団結感は増し、次回のリベンジへ向けて早速動き出すことでしょう。
12932776_550902628425373_7501410728  また次回もお手伝いできますように。この輪が広がって行きますように。
 ありがとうございました。

« 【悦び】アフター泡~ズドラムサークル♪26 | トップページ | 【媒体】DCFA2016年4月定例ドラムサークル »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【悦び】アフター泡~ズドラムサークル♪26 | トップページ | 【媒体】DCFA2016年4月定例ドラムサークル »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を