« 【集歓】アフター泡~ズドラムサークル24クリスマス大忘年会 | トップページ | 【自由】Art Scramble Of Kagoshima VOL.001 »

【融合】大根占小学校全校ドラムサークル

Dscn4887s ・2015年12月12日(土)09:25~11:20
・鹿児島県肝属郡錦江町立大根占小学校体育館
・参加者:全校生徒206名+先生方、保護者の皆さん
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様
 NPO法人かごしま子ども芸術センター様と共に取り組ませていただいている、平成27年度文化芸術による子どもの育成事業ドラムサークル。今回は、大隅半島の錦江町立大根占小学校の全校生徒206名と先生方、そして保護者の皆さんにドラムサークルを楽しんでいただきました。
 ファシリテートインテンション(意図)は、「お互いを尊重した音づくりによる一体感を楽しんでもらうこと」。
 1年生から大人たちまで、音やボディランゲージを感じとる幅があること、100名を超えると、ファシリテーターが参加者の状況を読み取り把握することが行き届かず、参加者の体験の到達点が浅いものになる可能性がある、などのリスクから、低学年、高学年別のプログラムを提案しましたが、学校側のご要望は、めったにない機会なので全校一体化を目的に、全校生徒で45分間×2校時=90分をお願いしたい、とのことで、そのご要望にお応えすることにしました。かつ、今回、体育館に参加者全員分のイスが無い、というハードルも加わりました。
 200名超え、300名超えの小学校ドラムサークルは、これまで何度も経験があり、その場合は、ドラム類、イスをつかわず、小物楽器だけで、床に座って、または立っての演奏で構成させました。同じ手法によるドラムサークルも可能でしたが、今回は、あえて1年生から大人たちまで200数十名による「ドラムサークル」を目指しました。それは、参加者200数十名、イスは約100脚をつかう。ボクは、自分に新たなチャレンジを課しました。
 低学年約100名は、大きなイスの輪の中に床すわり、高学年+大人たちは、100脚のイスに。コレは今までやったことのないカタチ。何が起きるのか!?ファシリテテターとして、ワクワクします。
 まず、100名越えの意図のある混沌を生み出すための座席決めでは、ボクの定番となりつつある、イスの外に人間の輪をつくります。そして先生方の力を借りずに、子どもたちが自分たちで協力し合い、「静寂」をつくりあげるのをじっと待ちます。大人たちにとっては、非常に緊張感を伴う、ガマンの時間です。でも、子どもたちはできるんです!そしてできあがった「静寂」の、なんと美しいこと!
 そして、1年生から3年生を順にコールして、イスの輪の内側に招き入れ、高学年はいつもの座席決めゲーム!そこからのビッグカオスワールド!!何の統制も無いドンジャカ、すごい、音圧です。しばし、その混沌の世界をじっくり観察。そして10分後には・・・・・このつながりぶり!
 子どもたちだけでなく、先生方や保護者の方々まで含めて、今回の経験が、日常における生活のリズムの活性化、人間同士の関係性への気づき、など活かされることを願います。
 次回のチャンスをいただけるなら、低学年、高学年別、のドラムサークルも体験してもらいたいと思いました。今回の経験が活かされ、その経験値をさらに深化させてくれるものと思います。
 子どもたち、また会おう!!

« 【集歓】アフター泡~ズドラムサークル24クリスマス大忘年会 | トップページ | 【自由】Art Scramble Of Kagoshima VOL.001 »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【集歓】アフター泡~ズドラムサークル24クリスマス大忘年会 | トップページ | 【自由】Art Scramble Of Kagoshima VOL.001 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を