« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

【仲間】中標津コミュニティドラムサークル

Sdsc_2391 ・2015年9月27日(日)18:00~19:30
・北海道中標津町天徳寺
・参加者:約40名
・メインファシリテーター:高橋ガンダム康二
・主幹:札幌ドラムサークル別海支部の仲間たち
 わが人生初の北海道における、リズムミッション3つ目は、同日午前のきょうされん全道大会ドラムサークルから、パーカッション&リズムセミナー、そして中標津の地域の皆さんのためのコミュニティドラムサークル。
 午前中のドラムサークル同様、メインファシリテーターのガンダムを中心に、札幌ドラムサークルの仲間たちと共に、チームファシリテーションのスタイルですすめました。
 開始時、休憩前、休憩後、そしてクロージング。コミュニティドラムサークルは、時間の経過とともに、参加者個人と、そのコミュニティの成長を促し、変容していきます。その変容に合わせて、事前に打ち合わせしてチームメンバーで役割を分担しました。Sdsc_2392
 冒頭はメインファシリテーターのガンダムが場をあたため、そのあったまった場に対し、ファシリテーションビギナーのあやちゃんとのらさんがシンプルながらも全体の一体感をさらに引き上げるアプローチ。休憩後は、アンジェラが、楽器別の音出しから個人に焦点をあて、東京から来たYOKOさんが一時的に場全体をクールダウン、そこにボクの笛がからみ、YOKOさんの見事なヴォイスシークエンスによって、静からまた徐々に動の場に移行。ボクは、みんなが声の出だした、そのヴォイスと高揚感をさらにメロディアスなものにするべく、ウクレレで「ラララ~♪」合唱をうながし、この体験を地域に根付かせるべく「中標津」「別海」「北海道」「牛乳」などの地域にまつわるキーワードを入れながらの即興歌でコール&レスポンス。その絶頂をクロージング担当にガンダムに引き渡すと、ガンダムは見事なレイヤーアウト&ヴォイススカルプトにより、笑顔笑顔の大団円!!
 ボクは普段、基本的にすべてのドラムサークルを一人でファシリテーションしているため、このようなチームファシリテーション方式は、ほとんど経験がありません。
 今回の北海道リズムミッションで、最も大きな収穫は、このチームメンバーの信頼関係によりファシリテーションの場を組み立てていく手法を体験できたこと。これに尽きます。
Sdsc_2410  特に今回の長旅を共有した、札幌のたろちゃん、東京のYOKOさん、そして別海のガンダムとボク自身、この4人の信頼関係に基づいたドラムサークルファシリテーションは、一緒に長時間語り合い、温泉につかり、最高に美味しい北海道の食を共有したことによる相乗効果の賜物。このファシリテーター同志の信頼の輪をどんどん広げ、日本中、そして世界中がリズムとスマイルの輪でつながっていきますように。
 お役に立ちたい。

【継続】中標津パーカッション&リズムセミナー

12029194_519725561536865_1515622960 ・2015年9月27日(日)15:00~17:00
・北海道中標津町天徳寺
・受講者:13名
・ファシリテーター:森田孝一郎
・主幹:札幌ドラムサークル
 わが人生初の北海道における、リズムミッション2つ目は、同日午前のきょうされん全道大会ドラムサークルにつづいて、午後から場所を天徳時という浄土宗のお寺にうつし、ドラムサークルをより楽しみたい方のためのパーカッション&リズムセミナーのファシリテーターを担当させていただきました。
 まずは参加者の皆さんへの問い「あなたはなぜココにいるのですか?」
 2時間で何を学びたいのかを引き出します。
 いろんな希望がありましたが、集約すると「ハンドドラムの基本的な奏法」「リズムのつくりだし方」ということでしたので、以下のアジェンダですすめました。Sdscn4662
 1.3つの音域(低・中・高)と2つの音色(オープン・クローズ)で6つの音
 2.6つの音をつかったリズムパターン(自己完結型)
 3.分散型リズムパターンによるアンサンブル
 4.世界中のリズムのおおもとハートビートとウォーキングビート
 5.ハートビートとウォーキングビートの融合によるポリリズム体験
 ※もうひとコマあれば、16分音符を分解したリズムフレーズづくりまでやりたかったなぁ・・。
 受講生の皆さん、ふだんドラムサークルを楽しまれていらっしゃる方々でしたが、きちとパーカッション奏法を習われたことが無く、内容に興味津々のご様子。しかしボクが定期的に鹿児島から北海道まで、指導に来ることはかなり困難なため、上記内容を日常的に感じ取り、ふだんのドラムサークルに応用できるようにすすめました。
 どうか、お役に立てますように。
 そして、そのまま3つ目のミッション、中標津コミュニティドラムサークルへとつづきます。

【初体験】きょうされん全道大会ドラムサークル

Sdscn4660 ・2015年9月27日(日)09:15~11:00
・北海道中標津町総合文化会館しるべっと
・参加者:約60名
・メインファシリテーター:高橋ガンダム康二@札幌ドラムサークル別海支部長
・主幹:札幌ドラムサークル
 わが人生初の北海道、ドラムサークルファシリテ―ションを共に学びつづけるリズムブラザー、ガンダムとたろちゃんはじめ、札幌ドラムサークルの仲間たちの尽力により、実現しました。Sdsc_2380
 きょうされんは、全国の福祉施設が加盟する障害者支援団体。その年に一度の全北海道大会における分科会と大会クロージングのドラムサークルを、札幌ドラムサークルのサポート役として対応させていただきました。
 メインファシリテーターは、全国にひろがるボクのリズムブラザーネットワークで、最北端の北海道別海町に住むガンダム。彼は地元の福祉施設ではたらきながら、地域に根付いたドラムサークル活動をつづけています。
 
 大きなホールのステージ上で行われた45分×2回のドラムサークルは、静かにはじまり、しかしその静かなはじまり方が、ガンダムのこれまた静かな笑みの中で、とても居心地のいいリズムコミュニケーション空間をつくりだしていました。
 ボクは後半の途中、楽器紹介を兼ねたシークエンスを、というミッションを授かり、リズムの中からアフリカンや、ラテンなど特定地域の文化になぞらえた楽器とリズムについて、参加者の皆さんの発言や表現をつかいながらファシリテーションさせていただきました。
 クロージングは、閉会あいさつや表彰式の間も、ステージ上と客席とでリズムが奏でられ続けているという、趣向。ボクもこの10年間、いろんなドラムサークルをやってきましたが、このスタイルははじめて。ボクはステージ上のベースドラムを担当させていただきましたが、舞台進行に応じてダイナミクスを変化させる、かつてボクがやっていたミュージカルの舞台音楽のようで、それをファシリテートするガンダムは、ステージ上と客席にいる参加者の皆さんとを音でひとつにしながら、セレモニーの進行に応じて音を演出しつづける、ライブ演出家のようでした。
Sdsc_2378
 北の果ての北海道中標津まで来て、たいへん貴重なドラムサークル体験をさせていただきました。
 そして当日午後は、会場を移してボクの担当するパーカッション&リズムセミナーへとつづきます。Sdsc_2379

【全開】ホッケストックミュージックフェスティバル2015ドラムサークル

12004944_906082216155299_2552832607 ・2015年9月20日(日)21日(祝・敬老の日)
・宮崎県国富町法華嶽公園にて
・参加者:2日間で延べ100人以上
・ファシリテーター:森田孝一郎
・サポート:実行委員の皆さん
 2008年から毎年実施させていただいている、宮崎県国富町での野外フェス、ホッケストックミュージックフェスティバルでのドラムサークル。九州を中心に全国から30組以上のアーティストがあつまる手づくり感満載の野外フェス。
 2日間とも最高のお天気に恵まれ、盛り上がりました。S12032112_939016449504962_248652812
 ドラムサークルは、両日共に11:00の開会から2番手のプログラムとして、ステージ前で実施。初日は、オーソドックスな流れの中から、法華嶽の森に響けとばかりに声によるシークエンスから、自然と法華音頭となり、最後はみんなで「家ぇー!!」。2日目は、急な思い付きで、スルド3台出して、みんなにサンバ体験してもらいました。太陽のもとで、みんなで輪になってタイコ叩いてうたって踊って、ひとつになって、笑顔の共有、セロトニン全開。
 ドラムサークル以外の時間は、池のほとりで子どもたちとフリードラミングしたり、美味いフェスめし喰って、ビール飲んで、ライブを楽しみ、終演後はお宿にもどって、みんなでお風呂入って打ち上げて、食事も最高にうまい!
S12042745_906306962799491_597125548
 来年は20回記念大会。どうなることやら!?
 一緒に行きませんか!?

【信じる】福平平川ふれあい子育てサロンドラムサークル2015

Dsc_2307s ・2015年9月15日(火)10:00~11:15
・鹿児島市福平福祉館にて
・参加者:小さなお友だち約30人とお母さんたち地域の大人たち合わせて約60人
・ファシリテーター:森田孝一郎
 毎年9月の第3火曜日に呼んでいただいて6年目。ありがたいことです。0歳1歳の子たちから来るので、最初の赤ちゃんたちはもう小学生なのか・・・。
 この現場の最大のミッションは「時間」。幼稚園、保育園の現場では各セッション、お友だちたちの集中力を維持するのに、どこも30分が限界。しかし、毎年この子育てサロンは1時間15分と言う長丁場で、0~6歳児たちをリズムにひきつけ続けなくてはなりません。
 でもま、子どもたちはあるがままでいいのだ、と自分にいいきかせれば、不思議とお友だちたちは、30分を超えてもぐずることなく、適当にボクに付き合ってくれる感じ。
 なので、来てくれたお母さんたち、幼稚園保育園の職員の先生たち、地域の大先輩方など、大人たちを楽しませることを主眼に、異世代間リズム交流をファシリテートしました。
 大人たち向けにリズムのお話も交えながら、後半はボクのウクレレでみんなで「ラララー」うたって、ネイティブアメリカンフルートに合わせて祭囃子叩いて、トーンチャイムでクールダウン。
 お友だちたち、気持ちよすぎて寝てしまった子が4.5人。あとはみんな最後まで一緒に、リズムdeスマイル(^^)/を共有してくれました。
 この後すぐ、この楽しさを地元のラジオ番組に投稿してくれたお母さんがいらっしゃったこと、ラジオパーソナリティの友人からメッセージもらい、ウレシイ!!!!
 お友だちたち、また会おう!

【再起】みんなで育てるカゴシマジャズフェスSweet Potato Jam2015最終回

Spj2015_12030377_742963609170049_63 ・2015年9月13日(日)17:00~21:20
・鹿児島市CAPARVOホール
・出演:木下航志 KAGOSHIMA SP
     TIME EXPERIENCE
     Don De Don
     SPJオールスターズ
・参加者:バンドとお客様方、そしてスタッフ合わせて約200名
・主催:SPJ実行委員会
 5年前の2010年、たけちゃんの一言からそれははじまった。
「もりぶー、ジャズフェスせーへん?」
 それから2011年の9月に第1回目を開催し、毎年9月の恒例行事となってきたものの、今回5回目にして、思うところあり最終回。
 最後を飾るのは、鹿児島から飛び出し、世界で勝負する3組と、過去4回にわたってSPJを盛り上げてくれたカゴシマミュージシャンたち。
 
 トップバッターにふさわしい圧倒的な歌唱力で、会場を一気にSPJワールドに引き込んでくれた木下航志 KAGOSHIMA SP。
 際立った高度な演奏技術により、緊張感と解放感が微妙なバランスで交錯しつづける魅惑のTIME EXPERIENCEサウンド。
 常夏のトロピカルラテンジャズ、Don De Donの圧巻の演奏にはみんな度肝を抜かれた。
 そして、そんな素晴らしい、鹿児島から世界へ発信している音たちに、トリのSPJオールスターズが触発されないわけがない。
 なんと1曲目からオールスタンディング。
 あ、SPJってコレだったんだ・・・・。
 鹿児島のミュージシャンやお客さんたちって地味だけど、こんなすごい力があるんだよな。
 
 もったいないな。
 なんかおもしろいことしたいな。みんながあっとオドロク、誰もやってないこと。
 それにしても、これまで皆さん、ほんとうにありがとうございました。
 5年間にわたるSPJプロジェクトは終わりましたが、この灯は消えることはないと思います。
 カゴシマジャズシーンは、地味ながら永久に不滅です。

【秋風】ドラムサークルカゴシマ♪88

150912dck88 ・2015年9月12日(土)10:30~11:45
・鹿児島県青年会館そう舎にて
・参加者:大人9人子ども4人合計13人
・ファシリテーター:森田孝一郎
 都合により3か月ぶりとなったドラムサークルカゴシマ♪の88回目。外はまだまだ夏の日差しで気温32℃なんだけど、外から吹き込んでくる風がとても心地よく、そんな秋風に包まれながら楽しいリズムの輪。会場1階の展覧会を見に来た女性お2人をナンパ!?して、大人はボク以外みんな女性、そして子どもたち。子どもたち4人はみんな初参加。中には人見知りで最初はゴキゲンななめな子もいたけど、リズムの中でだんだんと解放され、子どもたち同志すぐに仲良くなり、自由奔放にあそびはじめました。
 心地よい秋風と共に、大人な女性たちの奏でる優しいリズムの中で駆けずり回る子どもたちの様子に、みんなでほくそ笑みながらの、ゆるやかな土曜の朝ドラでした。
 大人たちの一言ふりかえり。
 癒された/気持ちいい/スッキリした/解放された/心地よかった/おだやか/ゆるやか/落ち着いた/・・・・・・最後にみなさんの素敵な笑顔と共に素敵なことばを共有できました。
 忙しい中で参加者の皆さんのリズムに、ボク自身が癒されました。
 ありがとうございます。
 次回ドラムサークルカゴシマ♪89は、11/14(土)鹿児島市下田町の田園カフェ稲音館にて、近所にある世界文化遺産を巡り、田園風景の中でドラムサークルやって、美味しいランチをいただきます。お早目にご予約ください。

【ジオ】潮風フェスタ錦江湾ファミリークルージングドラムサークル

11954718_895997590448762_1049257813 ・2015年9月5日(土)10:45~11:15
・錦江湾洋上桜島フェリーにて
・参加者:約300人
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:株式会社KCR様
 昨年台風の影響で中止となった同イベント。2年ぶりにボクの大好きな桜島に見守られながら、たくさんのご家族連れにつかのまのリズムセッションを楽しんでいただきました。
 与えられた時間は30分。持ち込んだ楽器は、サウンドシェイプ30枚、パーランク21台、金物20個、シェイカー類50個、フレームドラム13台、ドレミパイプ52本、ウクレレ、ネイティブアメリカンフルート、トーンチャイム、などなど。
 スタッフの皆さんが楽器を配る間にあいさつし、「家ぇー!!」の連呼で会場を盛り上げ、ご挨拶がわりにウクレレで即興ソング。
 みんな大好き、桜島~♪
 みんな大好き、錦江湾~♪
 青い海、空~♪
 あとは忘れた・・・
 そしてドンチャカドンチャカ、ドンチャカ、家ぇー!
 ストップして潮風の音にみんなで耳を澄ます。
 またまたドンチャカドンチャカ、ドンチャカ、家ぇー!
 「この楽器(ドレミパイプ)だけ続けて演奏してー!!」方式で金物、シェイカーと音色の違いをみんなで聴き合う。
 そろそろ飽きてきたかな~っというところでストップ!ネイティブアメリカンフルートのルバート演奏、雄大な桜島の風景に溶け込むフルートの音色。そして、フルートと会場との祭囃子セッション、家ぇー!!
 盛り上がったところで、トーンチャイム渡し、風の音の中で美しい響き合い。
 あ、ウクレレとうたでしめくくるの時間切れ~あっという間に30分でした。
 そんな楽しい響き合いが桜島にも聴こえたのか、久しぶりに桜島賀爆発、実に美しい噴煙を上げてくれました。11951232_895998253782029_2370491381
 さすが桜島・錦江湾ジオパークのど真ん中!
 県観光業界の皆様
 大地のエネルギーを感じるジオパークに、ドラムサークルをお役立てください!

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を