« 【真価】第43回MBC夏まつりアジアンブース国際交流ドラムサークル | トップページ | 【交流】西紫原校区異世代間絆交流会ドラムサークル »

【感激】ブロコ・ウルバナ・カゴシマ名古屋遠征@大須夏祭りサンバパレード

S11225740_890210701067794_206496428 ・2015年8月1日(土)14:30~16:30
・愛知県名古屋市大須観音境内~大須商店街
・全国のゲーリー杉田サンバ道場門下生約100人
 昨年2014年1月に結成してから1年半、練習を重ねてきた鹿児島初の本格的サンバチーム、ブロコ・ウルバナ・カゴシマ(BUK)、初の県外遠征は、気温38度の灼熱の地、名古屋大須夏祭りサンバパレード。バテリア(打楽器隊)60人、ダンサー40人からなる、全国のゲーリー杉田サンバ道場門下生約100人による壮大なパレードに参加せていただきました。S11825154_861982913879000_856687500
 
 ボクらBUKからは、とーちゃん、ゆうな、みわ、あじさかさん、CANA、そしてボクの6人が参加。普段、鹿児島でゲーリー杉田師匠からキビシイ教えを請い、昨年のおはら祭りでのサンバパレード含めて何度か本番を経験させていただいているものの、本格的なパレードに参加するのはボクもみんなもはじめてのこと。何もワカラナイことだらけ、不安だらけで灼熱の大須観音入り。気温は38度。しかし、全国のウルバナの皆さんが、ボクらを快く迎え入れてくれ、不安を和らげてくれました。やはり、音楽する人はみんなやさしいです。音でつながる上で大切な、人と人とのつながり、信頼関係づくりが自然に言動にあらわれます。
S11796309_861982973878994_805852760  ダンサーもバテリアも小さい子どもたちから、結構ご年配の方まで、予定の時刻ごろみんなが境内に集まると、綿密なのか適当なのかさえワカラナイ・・・打合せを経て、いよいよパレードスタート地点へ。全国からあつまったウルバナ同志、写真を撮ったり気勢をあげて各担当楽器別に意気を高めます。自然と場のエネルギーが高揚しはじめます。群衆もすんごい数。そして、ゲーリー師匠の一言で100人が一気に集中!「さー、目で聴いて、耳で観て、みんなでスィングして行くよー!」すると、スルド(サンバのリズムの骨格になる低音ドラム)の音からぐんぐんスイングしはじめ、他の打楽器が重なって行って、いつのまにかすんげー音圧のサンバに!!!!
 何じゃコリャ―!?ヤバい!ヤバすぎる!気持ち良すぎて飛んでいきそう!ドラムサークルではゼッタイに味わうことのできない、鍛え上げられたパーカッショニスト60人の大音量アンサンブル!!こりゃたまらん!!気持ち良すぎ・・・。Sdsc_2116_2
 ダンサー集団の後に打楽器軍団がつづき、その後方にカバキーニョ(ブラジルの小さなギター)奏者とヴォーカリストを乗せたPAトラック(これが本場のカーニバルでは飾り立てられた山車になるのかな?)が商店街をゆっくりすすんでいく。それらを群衆がとりかこみ、声援を送り、うちわでパタパタ仰いでくれる。
 パレードの中でも、楽器別にはじめて会った人同士が笑い合い、音を共有し、リズムがどんどんどんどん強力にスィングしていく。打楽器隊の前方、中央、後方から合図を送り続ける3人のジレトール(指揮者)に対し、60人のパーカッショニストが、ゲーリー師匠曰くまさしく目で聴いて、耳で観ながら強力なサンバのリズムをスィングさせていく。ダンサーたちは華やかな衣装と最高のスマイルで、大群衆と共にこの幸福感を分かち合おうと舞いつづける。中でも打楽器隊の前で、ずっと最高のスマイルで、ボクらを鼓舞し続けてたバテリア盛り上げ担当?のダンサーさん、超可愛いかったなぁ。。

Sdsc_2122  鹿児島から来たBUKメンバーは、その強力なスィング感と、心やさしいサンバ人たちの中で、この場に来れたことを心からよろこんでいる。38度の暑さなんかどうでもいい、この恍惚感、幸福感、まさしくエクスタシー。地球上の全人類が、リズムと音の中でつながり合い、尊重し合い、平和を享受しつづけてほしい。
 音楽生活40年、こんな感激的な経験は最大にしてはじめて。ボクはやはり、こんなよろこびに満ちあふれたリズムと音の中で死にたいと、心から思いました。
 途中2回の給水休憩をはさんで2時間のパレードから大須観音境内に帰ってくると、大きなポリバケツに氷ごと冷やされた缶ビール!これが超冷えてて、うまいのなんのって、あー!!!!最高!!!
 打ち上げはゲーリー師匠の店、GARY'Sで。あれだけサンバやりまくってへとへとだったのに、サンバ人たちはまだまだ歌い、叩き、踊りつづけました。でも、それはなぜか不思議と疲れないのです。おかげでまたまた大量の汗かいて、二次会は名古屋名物「味仙」でまたまたビール!台湾ラーメンでしめて、BUK初の県外遠征は、メンバー一同、大満足、大感激の真夏旅になりました。Sdsc_2134
 この経験は、おカネや仕事や家族のことはさておき、っていうかなんとしてでも!とにかくBUKのメンバー全員に来年は、どうにかして、とにかく全員経験してもらいたいので、さぁ、今から来年の大須夏祭りに向けて準備と練習開始!!

« 【真価】第43回MBC夏まつりアジアンブース国際交流ドラムサークル | トップページ | 【交流】西紫原校区異世代間絆交流会ドラムサークル »

サンバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【真価】第43回MBC夏まつりアジアンブース国際交流ドラムサークル | トップページ | 【交流】西紫原校区異世代間絆交流会ドラムサークル »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を