« 【鹿児島】AMUデイライトパークサンバパフォーマンス | トップページ | 【濃厚】VMCジャパンプレイショップメンターシップトレーニング2015 »

【確認】リズムハート・ドラム教室発表会ライブ「春まつり2015」

Rhsf150426_07 ・2015年4月26日(日)午後3時半~6時
・鹿児島市東千石町キャパルボビル3階ライブヘブンにて
・参加者:超満員約80名
・出演生徒さん:10名
・サポートバンド:ウクレレぢぢぃ&YULYバンドfeat有川尚伸
・サポートスタッフ:CANA
・総合司会進行:森田孝一郎
 毎年恒例、ボクがドラムスを教えている生徒たちの発表会ライブ春まつり。今年も下は小学2年生、上は65歳まで、10名の生徒さんが日頃の練習の成果を思う存分発揮してくれました。サポートバンドは、このイベントに無くてはならない、ウクレレぢぢぃ&YULYバンド、そして今年はサックスにボクの鹿大ジャズ部後輩、有川くんに参加してもらいました。Rhsf150426_04
 リハーサルは本番前1回のみ。生徒さんは慣れないことですから当然緊張しますが、ベテランのバンドメンバーも事前に楽譜は渡されたとはいえ、合わすのははじめてですから、それはいつも以上の緊張感と集中力を要求されます。そんな非日常な雰囲気の緊張感の中で、生徒さんたちはいつもと違うドラムセットに座り、CD音源とは違う音環境に戸惑い、いつもできることができなかったりして、それはそれは大いなる不安にさいなまれることになります。
 しかし!!!そんな生徒さんたちとバンド、そしてご家族の不安をスパーッと払拭し、今回のイベント全体の盛り上がりを象徴してくれたのが、トップバッターの小学2年生ふみや(初参加)!演奏中にいつも途中で止まってしまう癖があり、前日のレッスンまでできなくて泣いていたのに、そのドラミングはレッスン、リハを通して今まで最高のもの。その小さい男の子の気合の入った素晴らしいドラミングは、会場を感動の渦に巻き込んだのはもちろん、その後につづく生徒さんたちを勇気づかせ、バンドをサポートではなく、ガチの共演者にしてしまいました。
Rhsf150426_03  長年音楽の現場に携わっていると、本番で音楽の神様が舞い降りてきて、その神様に演奏させられているかのような、素晴らしい演奏に包まれること、何度か体験していますが、今回のふみやの演奏はまさしくその状態で、間違いなく彼が今回の最高殊勲選手賞でした!デビューおめでとう、ふみや!
 そうやって、小さい子どもたちが、バンドマンのような一風変わった大人たちと真剣に音で対峙するこの場は、子どもはもちろん大人たちをも、大きな共有と共感の愛で成長機会をつくりだしはじめているのだなぁ、と我ながら感心してしまいました。Rhsf150426_06
 さらに今回は、生徒さんのご家族によるファミリーバンド出演という、はじめての試みもあり、超盛り上がりました。生徒である三男がドラム、父と長男がギター、次男がボーカル、ご家族ではないけれど、家族同然のような、その男子3兄弟の家庭教師の先生がベース。そのご家族によるサウンド、演目はハードロックながら会場を大きな音楽家族愛で包み込んでくれました。
 そんな愛と笑顔に包まれた会場で、その他の生徒さんたちも、存分に力を発揮、小さいミスにはまったく動じず!終始笑顔で、とても楽しそうに演奏してくれ、音楽がその名の通り、音を楽しむものであり、そこに子どももいて大人もいて、みんなが笑顔でその感動を分かち合い、さらにみんなの成長や変化をも共有できるものであること、確認させてもらった気がします。演奏後のコメントでは、その達成感による爽快感からか、とてもいつもの本人とは思えないキャラをも発揮。そんな大いなる感動の渦に、こみあげるものが抑えきれず涙を流す大人たちも多数いたそう。
 Rhsf150426_02_2 そんな生徒さんたちの演奏に負けまいと、ゲストミュージシャン
たちによるミニライブでは、ボクがドラムを演奏し、ブレッカー・ブラザースの難曲に挑戦、生徒さんたちの素晴らしいパフォーマンスのおかげで、ボクらも我ながらいい演奏
ができた気がします。
 そして、打上げは例年、ほとんど一部の大人の生徒とバンドだけでしめやかに行われてきましたが、今年はライブ会場でそのまま打上と言うこともあり、はじめてほとんどの生徒さんとそのご家族が参加してくれ、充実したライブの内容のおかげもあり、それはそれはライブ以上に超盛り上がりました。
 生徒同士、そのご家族同士、そしてミュージシャンたちみんながみんなで杯を酌み交わし、笑顔でつながり、次に進んで行く。我ながら、ほんといいイベントに成長してきたな、っと!Rhsf150426_05_2
 このドラムレッスン事業は、生徒さんたちとミュージシャンたちと一緒に、1年がかりで時間をかけて音楽とその場をつくりあげていくもので、ドラムサークル事業とはその趣を異にするものですが、ボク自身の音楽体験の根幹は、中学2年からのバンド活動にはじまるので、その大いなる愛に包まれた音楽の価値を、今後も育てて行きたいと強く思いました。
 Rhsf150426_08_2 関係者の皆さん、おつかれさまでした。ありがとうございました!また、来年!

« 【鹿児島】AMUデイライトパークサンバパフォーマンス | トップページ | 【濃厚】VMCジャパンプレイショップメンターシップトレーニング2015 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【鹿児島】AMUデイライトパークサンバパフォーマンス | トップページ | 【濃厚】VMCジャパンプレイショップメンターシップトレーニング2015 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を