« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

【初舞台】BUKサンバデモンストレーション@2015春節in KAGOSHIMA

S10991304_799027036860818_866378270 ・2015年2月21日(土)22日(日)
・鹿児島市天文館ベルグ広場にて
・出演:ブロコ・ウルバナ・カゴシマ(B.U.K)9名
・ご依頼:GSE南薩観光様
 昨年1月に「サンバで鹿児島を盛り上げよう!」という主旨で起ち上げた鹿児島初のサンバチーム、ブロコ・ウルバナ・カゴシマ(B.U.K)にとってはじめての出演依頼!は、観光鹿児島のイメージアップのために中国の旧正月を祝う春節祭。2日間にわたり、サンバで会場をあたためさせていただきました。
 
 今回は急な依頼でメンバーも新メンバー含む少数精鋭となり、ご来場のお客様方を巻き込んでのワークショップ形式を選択、会場の皆さんと一緒にサンバのリズムでお祭りを盛り上げることができました。S11006170_798540386909483_183517524
 初日は地元アイドルグループ、セブンカラーズの後の出番で、相当な人だかりの中、十分にBUKをPR、2日目は会場全体をつかったよさこいパフォーマンスの後で、会場内に来場者の皆さんを再度引き寄せることができ、主催者の皆さんにもよろこんでいただけました。
 先述のとおり、今回は小学生のジュニアメンバー2人を含む新人メンバーの参加が、その功績とても大で、まだまだ不慣れなサンバのノリながら、2日間にわたり一生懸命がんばってくれました!今後の活躍が楽しみです。また従来のメンバーもはじめてのステージパフォーマンスながら、自分の演奏とともにチームとしての一体感、会場全体のもりあがりをしっかりサポート。われながらたのもしいメンバーに恵まれ、これに今回残念ながら参加できなかったメンバーを加えると、さらにBUKサンバによる鹿児島盛り上げプロジェクト加速していくな、いや、加速させねばな!と肝に銘じ方でした。
 ご依頼いただきましたGSE南薩観光様、2日間楽器配りなど手伝っていただきながらダンスで盛り上げてくれた黒いベストのマイケルジャクソン風のおじさん、ありがとうございました!
 またお役にたてますように。

【機会】ぺちゃくちゃナイトKAGOSHIMA vol.08

10984672_776975609060825_1606563221 ・2015年2月19日(木)20:00~23:30(打上含む)
・鹿児島市天文館ダックビルにて
・スピーカー:森田孝一郎含む8名
・オーディエンス:約60名
 世界的なプレゼンテーションイベントTEDに出て、リズムの社会資源化について世に問いたい!というここ数年の思いが、その関係者に届き、その縮小版ともいえるぺちゃくちゃナイトKAGOSHIMAでプレゼンさせていただきました。
 テーマは「リズムの持つ社会資本としての価値とその拡大」。20枚のスライド×20秒=400秒というのが唯一のルール。20秒で自動的にスライドが切り替わっていきます。久しぶりにしゃべる練習しました。
 20枚のスライドの流れ・・・・・アジェンダ
 1. 拍手によるちょっとしたリズムアクティビティ(ツカミ)
 2. 今のはいったいナニ??
 3. タイトル「リズムの持つ社会資本としての価値とその拡大」
 4. 生活のリズム
 5. それを規定する時間というリズム
 6. 時間を支配する宇宙のリズムから育まれる自然環境のリズム
 7. 自然環境のリズムから生まれ出でた生命のリズム
 8. 命という字
 9. 命が刻み続ける鼓動と言うリズム
 10. 鼓動の同調化による「意気を合わせる」「阿吽の呼吸」「ツーカーの仲」
 11. それらを楽器で体感する「ドラムサークル」
 12. ファシリテートされたドラムサークル
 13. 医療福祉
 14. 学校教育
 15. 企業・団体研修
 16. 野外イベント
 17. 冠婚葬祭・各種パーティ
 18. コミュニティドラムサークル
 19. 屋久島イベント/ワールドリズム&ダンスフェスの告知
 20. 4月下旬出版予定「リズムdeスマイル(^^)/」
 ゆっくりはっきり、一方的にしゃべらずときおり質問とか気をつけながらも、終わってしまえばかなり詰め込みすぎた感、あっという間の400秒でした。しかし、終わった後、たくさんの人から「面白かったです」と声をかけられ、またあつまられていた人たちは普段のボクの活動のエリアでは遭遇しない人たちだったので、今後の展開にけっこう手ごたえを感じました。
 
 ボク以外のプレゼンターの皆さんも、楽しいプレゼン内容で、このイベント自体がとても楽しいものでした。当然、その後の打上も盛り上がりました。次回はオーディエンスとして楽しみたいと思います。
 そして、こんな楽しくも実のあるイベントでプレゼンさせていただいたこと、実行委員の皆さんに心から感謝です。ありがとうございました。
 さぁ、次はTEDだ!がんばろう!!

【豊穣】ドラムサークル@錦江町2015

150214kinkou_dc ・2015年2月14日(土)16:00~17:15
・鹿児島県大隅半島肝属郡錦江町アースウハウスにて
・参加者:子ども~大人まで=20何人
・主催:アースウハウス内薗様
・ファシリテーター:森田孝一郎
 午前中、鹿児島市内でのコミュニティドラムサークルを終えて、一路大隅半島へ渡り、一気に南下。なんとお天気が良くて、海がキレイで気持ちのいいことよ!!
 ジャズピアノストの盟友、内薗恵理子さんが古民家を再生されたご自宅を解放して行っている音楽イベントの一環でコミュニティドラムサークルを主催してくださいました。
 会場は畳の間なので、子どもも大人も床に座ってできるスモールタンバードラムサークルに。楽器のおもちゃ箱をひっくり返したような会場の様子に、大人がどんどん童心にかえっていくようでした。そんな大人の様子の変化に、最初は引っ込んでいた子どもたちもだんだんとのせられて・・・・午前中の鹿児島市とは逆のパターンです。
 最後は、ボクのネイティブアメリカンフルートのスケールに合わせたドレミパイプ、トーンチャイム、そして声によるとても美しい即興音楽ができあがりました。
 そして片づけて、近所の温泉で疲れをいやし、ドラムサークル参加者の皆さんが一品づつ持ち寄っての打上パーティ!!内薗さんご主人は農業を営んでおられ、近所の農家の方も来られ、野菜がうまいうまい!その食に関する話も面白い!いやー、みんなで音楽やって温泉入って飲んで食べておしゃべりするのって、ほんと楽しい。
 美しい大自然、美味しい食事、そして楽しい仲間たちと楽しい音楽。やっぱり、鹿児島はとても豊かです。
 また行きたい、肝属郡錦江町!

【自由】ドラムサークルカゴシマ♪85

Dscn2109s ・2015年2月14日(土)10:30~11:45
・鹿児島市青年会館そう舎にて
・参加者:子ども8人+大人18人=26名!
・ファシリテーター:森田孝一郎
 今年最初のコミュニティドラムサークル(ドラムサークルカゴシマ♪)は、久しぶりに20名を超える参加者でにぎわいました。
 子どものため、自分のため、友だちのため、会社のため、地域のため、参加する目的はそれぞれ違えど、ドンドコはじめたらみんな同じ。とことん、楽しむ!
 はじまりはいつものようにとりあえず叩く、案内する、安心させる、緊張を解きほぐす、だんだんノってきた、楽しそうなのでこのままほっとこう、でもだんだん最初のエネルギーレベルが落ちてきた、トランジションポイントか?よし!ここでアテンションかけてみんなの気持ちをひとつにして、最初の一斉停止だな、と考えはじめた瞬間、しっかりリズムをキープしてくれてた子どもたちが立ち上がってトイレに・・・それが気になってついていく親御さん。。トイレに行くのも自由、それについていくのも自由だけど、最初のとてもこの重要な時間帯に突然の輪の崩壊・・・うーん、とりあえず、崩れかけたテンポを取戻し、どうしたもんか、子どもたちが戻ってきてもう1回全員揃ったところで、最初の一斉停止か・・・・・。待つ、待つ、待っても子どもたちが戻ってこない・・・もう飽きたのか・・・。。それならそれでいいのだ。また叩きたくなったら叩けばいいのだ!
 まったく自由な子どもたち、大人たちももっと自由に!そんな場でありたいと念じながらみんなと一緒に叩いていると、だんだんとそうなってくる気がします。
 いつもの常連さんたちにカホン仲間やサンバ仲間、そして今回は福岡からもリズムブラザーがブラザーを連れて来てくれました。また、ドラムサークルを社員研修に活かしたいという方も!そんな大人たちの中にあって子どもたちの自由なこと!それに大人たちも触発されて、自由に!自由に!もっと自由に!
 最後は、福岡から来たリズムブラザーによるアフリカの親指ピアノ、カリンバとトーンチャイムの即興音楽づくりを楽しみました。
 大人たちよ!もっと自由に!!
 次回は4/4(土)10:30~場所は同じく青年会館そう舎です。
 また来てねー!!

【制限】ドラムサークルin奄美2

10355384_925376767494854_3124706140 ・2015年1月31日(土)11:00~12:00
・奄美市AiAi広場にて
・参加者:子どもから大人まで約20名
・ファシリテーター:森田孝一郎
・サポート:こっしー(奄美ガイド)
 昨年秋以来2回目になる奄美市内でのコミュニティドラムサークル。小物楽器を約50人分スポーツバッグに詰め込んで、飛行機積荷制限ギリギリの20kg未満。そしてお借りした会場のスペースがキッズ広場だったため、それに即したセッティングに。
 予想通り、子どもを中心にそれを大人たちがとりまきながらのドラムサークル。前回から連続で参加してくれたのはサポートのこっしーだけで、あつまってくれた全員みんなドラムサークルははじめて。当然みんな最初はどうしてよいかわからず、なんとも言えないあのビミョーな空気感が場を支配。
 子どもに必死にやらせようとする親、やらされるのつまんねーという表情の子どもたち、サークルに飛び込んできたはいいけど、すぐに場を離れる子どもたち、じっと座ってる大人たち、いろんな反応を受け止めながら、こっしーとリズムを出し続けていると、だんだん音がつながりはじめました。Img03043s
 最初やらされ感満タンだった子どもが笑いながら叩きはじめ、途中参加の子どもたちや親子連れも増えていきました。やっと普段のドラムサークルらしくなるまで約45分。
 以前はこの45分を長いと思っていました。しかし、今は短いと感じます。このどうしようもなくまとまらないドラムサークルの感じ方がとても楽しく、なんか好きになってきました。
 参加者を信頼しながらその場にいれば、ほっといていても人間は必ずつながりはじめる、ということを最近なんかやっと分かってきた気がします。しかし、ファシリテーションの現場には時間制限や会場の条件など様々な制約があります。それらの制約のもとにプロセス管理することがファシリテーターの役目。あ、なんかわかってきた感じ。。ウレシイ・・・。
 参加者は思ったより少なかったのですが、子どもたちと大人の様子をじっくり観察する中で、とても気づかされたドラムサークルとなりました。
 奄美の皆さんに感謝。

【継続決定】アブナイ男女のためのアフター泡~ズドラムサークル第19回記念大会

Dscn2043s ・2015年1月28日(水)20:00~23:30
・鹿児島市西千石町ライブバーシノアクアにて
・参加者:19回記念にして19名!!!
・特別ゲスト:妹尾美穂
・ファシリテーター:森田孝一郎
 実は昨年11月の第18回でもうやめようと思っていたアフター泡~ズドラムサークル。しかし、もともと何のつながりもなかった大人の男女たちが、ココに集いリズムを分かち合い、酒を酌み交わすうち、いつの間にかみんなが気のおけない親しい友だち同士になり、なにやらみんながこの場をとても楽しみにしているんだということに前回気づかされ、やっぱりつづけるか!と思い直した矢先、ドラムサークルファシリテーター仲間でジャズピアニストの妹尾美穂ちゃんが、「アフター泡~ズ参加したーい!」とのラブコール。
 コレは「つづけろ!」というお告げだな、と。
 
そうこうしてたら、facebookイベントでの事前登録の参加者が16名となりこの時点で過去最高参加者数に。さらに当日飛び込みが2名、それに会場のシノアクアのマスターも参加しての第19回記念にまったくふさわしい19名で、叩いてうたって踊って飲んで食べて騒いで演奏してうたって飲んでのほっとけばきりのない3時間半。19名の中には初参加の方1名、前回はじめての方2名もいて、大歓迎ムードの中で場が初々しくなりつつも、みんながそれぞれ好き勝手に楽しんでるエネルギーがものすごく、ほんとボクの仕事はセッティングするだけという感じ。そしてゲストの妹尾美穂ちゃんの大ハッピースマイルにもみんながノせられ、いつも以上にはじけたアブナイ男女19人。
Dscn2048s
 この魔訶不思議な大人のコミュニティ、この先いったいどうなっていくのでしょうか。
 次回は3月19日(木)20:00~場所は同じくシノアクアです。
 どうぞ!! 

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を