« 【興奮】博多ミュージックリボン2013/ドラムサークル | トップページ | 【ケア】霧島市地区合同家庭教育学級ドラムサークル交流会 »

【新年】株式会社丸八様新年会ドラムサークル

140111maruhatidc ・2014年1月11日(土)17:00~18:30
・鹿児島市城山観光ホテルガーデンレストランホルトにて
・参加者:株式会社丸八従業員の皆さま約60名
・ファシリテーター:森田孝一郎
 佃煮、漬物、乾物、煮豆、惣菜を主力商品とする食品企業、株式会社丸八様の社長様自ら「会社の新年会の前にドラムサークルで全社員の一体感をつくりたい」という直接のご依頼。
 企業の新年会前のドラムサークルですから、その従業員の皆さんがお互いに息を合わせ目標に向かって足並みそろえ、各部門間の業務を理解尊重し、社長を盛り立てながら美味しい佃煮、漬物、乾物、惣菜を消費者にお届け、そこには笑顔の花がいっぱい咲いている、というイメージをリズムで体感していただけるようファシリテーションさせていただきました。
 参加者構成は3分の2が40代~50代女性ということで、その中心層が会場入りするなりシェイカー振って踊り出すという新年会らしい様相でしたが、ご多分に漏れず冒頭の時間帯は全体的には「?」の空気と一部冷たい視線でファシリテーションさせていただくには腕が鳴る状況でした。
 ドラムサークル参加経験のある社長の意向で、あえて聴覚に障がいを持たれる女性にベースドラムを担当してもらいました。そして皆さんの視覚と聴覚をその女性参加者のベースドラムに向けるよう促すと、私は何もせずとも自然と全体のリズムが整っていきました。
 後は通常のドラムサークルによるコミュニティ自立のフォームに沿って全体化>部分化>個別化>全体化を音で示しながらすすめましたが、企業という組織にあって楽器の種別による属性と個の認識を感じてもらった後に、製造、加工、包装、営業、事務、配送といった部門別のドラミングと、主力商材への愛をうたったヴォーカルシークエンスも組み込みました。
 佃煮、漬物、乾物、煮豆!そうざい、そうざい、丸八のそうざい♪
 エンディングは徐々にテンポをスローダウンしていきながらも、そのリズムで社業が永遠につづいていくことをあらわし、その中にメロディを加え、新たな可能性にチャレンジしつづけることでそれが可能になることを表現しました。
 そういった時間経過の中で、最後は全従業員の皆さんが自らによる発音と発声を選択、笑顔の輪でいっぱいになりました。
 私自身40歳まで17年間ビジネスの現場でたくさんの同僚、上司、部下たちと共に仕事をしてきたので、このドラムサークルによるビジネススキーム(進行段階)のメタファー(比喩)づくりとその体感で、より実際のビジネスの現場が豊かなリズムにあふれた活力に満ちた場になっていくお手伝いができればなぁ、と感じました。
 株式会社丸八さんが今回のリズムで勢いに乗り、目標達成、昨年比業績アップなりますように!

 株式会社 丸八 様のWEBサイト <<クリック!

« 【興奮】博多ミュージックリボン2013/ドラムサークル | トップページ | 【ケア】霧島市地区合同家庭教育学級ドラムサークル交流会 »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【興奮】博多ミュージックリボン2013/ドラムサークル | トップページ | 【ケア】霧島市地区合同家庭教育学級ドラムサークル交流会 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を