« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

【余裕】H25年度文化庁芸術体験事業指宿市立丹波小学校ドラムサークル

Img01994s ・2014年1月27日(月)09:40~12:20
・指宿市立丹波小学校体育館にて
・参加者:5年生約100名
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様
 文化庁からの委託、平成25年度次代を担う子どもの文化芸術体験事業によるドラムサークル巡回、指宿市内の比較的大規模校、丹波小学校での5年生約100名によるドラムサークル。
 これまでかなりな数の小学校でのドラムサークルをファシリテーションさせていただいてきましたが、普段1校時分の45分ないし60分、もしくは2校時分の90分での実施が今回特筆すべきは、はじめて3校時分、なんと2時間40分にわたる長時間対応の依頼であったということです。
 その学校側からの依頼内容に対するご期待に応えるべく、オリエンテーションからの座席決め>全体化>部分化>個別化>全体化という、ボクのドラムサークルによるコミュニティづくりの基本フォームをじっくり時間をかけて深めていくことを心掛けてファシリテートしました。
 まずはファシリテーター仲間からリクエストのあった、冒頭の座席決めゲームの動画をご覧ください。
 ここからタイコを叩く道具(マレットなど)を子どもたち一人一人とコンタクトとりながら手渡ししていく過程で、だんだん5分から最大10分ぐらいかけてリズムが整ってくるかと思いきや、音出し開始1分過ぎにはベースドラム中心に一定テンポが共有され、3分後にはかなり楽しい雰囲気の全体リズムが生まれました。
 そこからはとにかく子どもたちの自主性に訴えるべく時間をかけてじっくりと。しかし今回の5年生、学校の吹奏楽部や習い事でピアノ、和太鼓など楽器をやっている児童が多く、驚くべき注意力と観察力、そして洞察力と音楽性を合わせ持ち、普段は後半に持ってくる楽器種別の音色の違いを認識させるシークエンス(音出し方法)は前半に体感させて後半の進展をはかるのが最善と判断、すると見事にバランスの整ったパーカッションアンサンブルを、なんと前半で演奏してくれました。
 その状況を動画でご覧下さい。せっかくなので16分の1セッション全部のっけてみました。
 前半でここまですすんでしまったので、さすがに後半は多少の倦怠感に覆われた時間がありましたが、時間はとにかくたっぷりあるのでその状態をあえて活かし、倦怠感から生まれる喧騒を放出させるだけ放出させ、そのエネルギーをエンディングのリズムパレード&ダンス大会に集約させ、みんなで大笑いしてクールダウン。
 ふりかえりもじっくりたっぷり。みんなで感じたことを言葉でたくさん共有することができました。
 もっと時間があってもよいぐらいに感じました。
 また会おうぜ!家ぇー!!!!!!!

【土着】JAZZ CLUB@HEAVEN27 AFRICAN RHYTHMS TRIO

Jch27art140124 ・2014年1月24日(金)19:40~22:10
・鹿児島市東千石町CAPARVOビル3階LiveHEAVENにて
・お客様:9名!ありがとうございます!
・出演:内薗恵理子(Piano)、小松康(Bass)、森田孝一郎(Drums)
・企画・制作:Rhyhthm Heart & SR Factory
 アフリカの大地に根差したジャズの魂とブルーズのルーツを、ジャズの伝統的表現形態であるピアノトリオで探求してみようではないか、というジャズピアニスト内薗恵理子の発案で活動しているジャズグループのライブでした。
 南国鹿児島ながら寒い日がつづくなか、熱い演奏でメンバー3人とお客さん9人、そして会場スタッフ4名の合計16人でアフリカの大地を旅しました。
 恵理子ちゃんのピアノは、ほんと恵理子ちゃん自身が、こうしたいの!という音を出す動機にあふれていてコレがワタシのジャズよ!とばかりの自己主張が強いようでいてしっかりメンバーとの対話に重きを置きながら自分らしいサウンドを追求、表現していることがとてもジャズを感じます。このジャズ的色合いが好きです。
 小松さんのベースは、高度な技術に裏打ちされた正確さと豊かな表現力にあふれていてまさしく本物!尊敬しています。
 ボクはまぁまぁですが自分のスタイルが好きです。・・・シンプルで熱い演奏、こんなジャズを今後も演奏していきます。

【差異】鹿児島大学法文学部政策学特殊講義「リズムで共感・共有する社会環境づくりの可能性」

140123kadai ・2014年1月23日(木)12:50~14:20
・鹿児島大学法文学部1号棟201教室にて
・受講生:文系学生約90名
・講師:森田孝一郎
 昨年に続き2度目の鹿児島大学法文学部政策学特殊講義。就職難の中、安定無難志向に走り、新たな可能性に挑戦しようとしない昨今の学生たちの動向に対し不安を抱く憲法学准教授の発案による、ちょっと変な大人たちを講師に迎えた講義。ボク以外の講師は、出版社起業したての人、イベント仕掛け人美容師、飲み屋の大将、あと昨年同様なら映画館支配人や俳人コピーライターに古本屋店主などもかな。それに、リズムコニュケーターでドラムサークルファシリテーターのボク。名まえだけでみられるとボクの仕事がいちばん意味不明だね、これは。
 で、昨年同様、昼休み後の講義で、例によってかなり冷たい視線の中、楽器を並べているうちに大野准教授が「はい、授業はじめまーす」と軽いノリであっさり開始。
 寒いので腕を振ったりまわしたりリズミカルに動かしながら、一緒にどうぞというボディランゲージも入れていくうちにだんだんと同調してくるかと思いきや、まったく誰も反応しない!あきらめないぞ!ホレホレ!お、女子数名がノリ出した。そうそう、そのノリ、そのノリで楽器、楽器、ガッキ持って音を出そう!うーん、反応鈍い・・・それならコレ(ホイッスル)でどうだ!?ピーピーピーヒャラピー!ピーピーピーヒャラピー!おー、そうそう、だんだんそろってきた!
 ココで「となりや階下で授業してるので・・・・」というやんわり苦情というかクレームというかお願いが・・・・。
 やっとノリかけたリズムがここでボリュームダウン。でも小さい音でオープニングセッションはつづきました。
 この後
 ・深呼吸
 ・挙手による受講生属性確認「楽器やってる人」「音楽好きな人」など
 ・自己紹介「森田孝一郎とは?」
 ・音楽だけではない生活のリズム
 ・規則正しい生活>リズムの乱れによる心身の病気
 ♪リズムコミュニケーションセッション♪楽器種別認識とコール&レスポンスを中心に・・・
 ・宇宙のリズム
 ・生活空間と環境のリズム/ココで建築学科卒を示す
 ・地域文化としてのリズム
 ・全ての人にあるリズム>ハートビート
 ♪ハートビートセッション♪
 ・大爆笑>クールダウン
 昨年の生徒たちに比してなかなか反応を引き出しにくい、起伏の少ない90分間でしたが最後のセッションでは、ほんの少し笑顔のつぼみが・・・。何かおかしい(笑いたい)のだけど、ガマンしてるのかと思って、最後、大爆笑を促しましたが、見事にスベリました。。
 子どもじゃなくて大学生ですから、幼児、小学生のようにはじけまくらない。
 ちょっと大人な大学生ですから、中学、高校生のように露骨に無視(反抗)しない。
 総じてテンション低い。
 しかし!しかしですね!
 講義終わってから、受講生全員の感想文全文を読んで、大感動。
 みんなちゃんと感じてくれてました。ボクの講義。
 ボクのやりたいこと、こうあってほしいこと、見事に理解してくれていて、あのテンションの低さは冷静に講義を受けていたからこその反応だったのか、と深く理解。みんな、すごい!
 読んですぐに准教授に返却しなければならなかったので、すでに手元にないのですが、記憶をもとに書き起こすと・・・
 ・大学生活を通して一番楽しい講義でした。
 ・これこそ社会貢献の在り方だと思った。
 ・はじめてみんなでひとつになれた。
 ・いい意味で特殊講義講師陣のなかで一番ヘンなおっさんだった。
 ・音楽以外にリズムがいかに深く生活と密接にかかわっているかはじめて知った。
 ・最初は無理、と楽器にさわらなかったが、気づいたら自然と楽器を鳴らしている自分がいた。
 ・そろわない音が心地いいとはじめて感じた。
 ・最初は苦手な音楽をさせられるのかといやに思ったが、最後はとても心地よい感じがした。
 ・リズムだけでこんなに気持ちが良くなるとは知らなかった。
 ・音楽は統制されたものと思っていたが、このような自由な音で気持ちよくなれることはじめて知った。
 ・安定した会社員をやめて好きな道で家族を養えるようになるビジネス面の話をもっとききたかった。
 ・どうしてなのかよくわからないんだけど、とにかく楽しかった。
 ・アフリカを起点にしたリズム文化の話がとても興味深かった。
 ・話をしたこともない人たちと楽しくリズムで一体感を感じれたこと、衝撃でした。
 この実際の反応と感想のギャップよ!このギャップを読み取れなかった自分よ!
 学生ら、よくもこんな感想文をよこしてくれました。
 点数稼ぎにしてはできすぎていて、ありえない内容。
 素直に感じてくれたことを感想文にしてくれた受講生たちに大拍手です!!!!
 こんなスバラシイ反応を読み取れなったボクのアンテナは、まだまだ開ききっていないこと、大いに実感。
 もっともっといろんな人たちとリズムによる出会いを通じて、ボクのアンテナとレーダーの感度を磨かないといけません。
 そのことに気づかせてくれた学生たちに心から感謝。
 ありがとう。

【躍動】ブロコ・ウルバナ・鹿児島(B.U.K)ゲーリー杉田サンバ道場1

Img01976s ・2014年1月18日(土)16:00~18:00~22:00
・鹿児島市ソウルマスターズカフェにて
・参加者:13名+子ども3名
・講師:ゲーリー杉田
・主催:ブロコ・ウルバナ・鹿児島(B.U.K)
 ワールドカップブラジル大会の2014年、そして鹿児島ユナイテッドFCのJFL入りの2014年、日本サンバ界のカリスマ、ゲーリー杉田さんによる鹿児島サンバ道場、ついにはじまりました。
 その第1回目、あつまった参加者は13名の大人と3人の子ども。90分の予定時間の中で一番時間を割かれたのが、サンバに対する誤解と本物のサンバのリズムのノリ、ウネリに関するお話。やはりココはかなり重要な部分なんですね。気づいたら1時間になろうとしてて、子どもたちはスヤスヤ。しかし、ゲーリーさん曰く「考えるな」のごとく、音を出しはじめたら自然に身体が動いて手拍子してるのは、タイコの音で目覚めた子どもたち。これがサンバ!じっと話を聴いてた大人たちより寝ていた子どもたちがサンバを体現していたの図!コレです!解放です!すべてをオープンにして身も心もさらけ出し、一心不乱に叩きうたい踊る。
 心拍が躍動し、自然と踊りたくなるリズムによる人間同士の交信、神との交信、サンバは深い、楽しい、面白い。結局、お話1時間、叩いてふって音出したのが1時間の2時間コースとなりました。次回も2時間にしたほうがいいかも。1511193_575280135898492_1080983803_
 さらに打上が盛り上がり、おいしいもの食べて飲んでDJボスのDJでみんなで踊り狂い、気付いたら1日の4分の1を会場の中でサンバとともに過ごしてしまいました。
 さ、第1回鹿児島サンバ道場も終わり、いよいよ1/30(木)から鹿児島(たぶん)初のサンババテリア(打楽器)チーム、ブロコ・ウルバナ・鹿児島(B.U.K)の定期練習会がはじまります。ボクもワタシもサンバのリズムでウキウキワクワクしたい!って方は是非、ご参加ください!初回参加費は無料です!
 ブロコ・ウルバナ・鹿児島(B.U.K)定期練習会
 1/30(木)午後7時半~
 鹿児島市青年会館そう舎にて
 以降、第2第4木曜夜で開催予定。

【資質】鹿屋市立大姶良小学校ドラムサークル

140117kanoya_ooaira ・2014年1月17日(金)13:50~15:20
・鹿屋市立大姶良小学校体育館にて
・参加者:5年生53名
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様
 文化庁からの委託、平成25年度次代を担う子どもの文化芸術体験事業によるドラムサークル巡回、大隅半島鹿屋市の中規模校、大姶良小学校での5年生53名によるドラムサークルでした。
 最近、小学校でのドラムサークルでの定番になりつつある、冒頭のドラムサークルを囲んでのオリエンテーションからの座席決めゲーム。数を数えながらそのテンポで結構早く全体リズムが生まれるのですが、今回はなかなか一筋縄ではいかず、混沌と無秩序状態が結構長くつづきました。
 ようやく統一テンポが出てきて場がひとつになりかけ、ボクは最初の一斉停止をかけるべくセンターインし、一人一人とアイコンタクト。そのボディランゲージに目をむいて面白がる男子、恥ずかしそうに目をそむける女子。5年生という学年にあって、まだ低学年的な幼児性を持つ男子、ちょっぴり思春期入りかけの女子という特性がドラミングの中で随所に見られ、各児童ごとの反応の違いも全て受け入れ、最終的に全ての違いをみんなが分かち合いながら全員で一緒に成長していく流れを感じてもらえるようすすめました。
 この男女別ドラミングの動画でその様子をご覧ください。センターイン2分30秒のシークエンスです。
 ボクは今回のドラムサークルの時間帯でしか子どもたちの様子を知ることができませんが、日々の学校生活の様子があらわれていたドラムサークルでもあったように感じました。
 特に冒頭の長い混沌無秩序状態に対し場に影響を強く与えるリーダーの不在を感じたこと、それにより導入した指揮者ゲームで児童たちが何かを感じていてくれたらなぁ、と思います。
 その指揮者ゲームで真っ先に挙手希望し、名まえをきいたら「イケメンくん」を名乗った男子児童、あの場では自分の指揮にみんながなかなか反応してくれませんでしたが、くさらずに根気強くみんなに合図を出し続けたこと、そして最後まで片付けを手伝ってくれたことで、彼にはリーダーの資質があるも、その資質を活かし、みんなの気持ちをとらえて率いていく方法を今回の体験を通して学んでほしいものと強く思いました。
 またドラムサークルで起きた変化をどう子どもたちがとらえ、次世代を担ってくれるにどう活かせるのか、私自身の課題として子どもたちが感じさせてくれました。
 またお役にたてますように。

【ケア】霧島市地区合同家庭教育学級ドラムサークル交流会

140115aira_dc01 ・2014年1月15日(水)09:30~10:50
・霧島市サンあもり体育館にて
・参加者:女性80名!
・ファシリテーター:森田孝一郎
 冬の体育館は寒い!それに80人の美魔女たちに囲まれボクは緊張気味。なので叩く前にボクも含めて皆さんの心と身体をあたためる目的で体操から開始しました。腕、肩、首をハイ、ハイっと声出しながらグルグル回してるだけで身体はポカポカ、顔もニコニコ。そのリズムでベースドラム担当の方にドラミングを促すと、すぐに皆さんがその音に寄り添いはじめ、冒頭の混沌状態が無くすぐに自然なすぐにテンポの整った全体リズムが生まれました。しかし、会場使用時間の関係でイス並べ含む準備開始からドラムサークル開始まで30分しか時間が無かったので、マレットやスティックなど叩く道具の配布はドラミングしながら、お一人お一人とのコミュニケーション兼ねて丁寧に配布、また小物楽器の扱いに困ってる方へのサポートもこの時間の重要な仕事。そんなしてるとあんなに寒かったの忘れてすっかり身も心もポカポカ~♪
 そこからのアテンション(注意喚起)、一人一人とアイコンタクト確認してのストップカット(一斉停止)、ランブルからイス配置によるセクション認識のための部分別ランブルを経て再度ストップカットの流れを動画でご覧ください。
 ここまでで温まりきってしまい、ノリノリのママたちは楽器をとっかえひっかえしはじめたので席替え、その後十分にヒートアップしたかと思い全員に小物楽器を配布して音量をカワイク抑え、トーンチャイムでクールダウンしようかと思いましたが動きがとまるとやはり寒い!ってことでみんなで小物楽器もって立ち上がり、パレード&ダンスタイムへ。若いころディスコ、クラブでならしたママたちがはじける!やはり冬の体育館では身体を動かすに限る!
 そしてようやくクールダウンへ。そのスマイルダウンぶりを動画でご覧ください。
 日常的に子育て、家事、介護など家庭での重労働に従事しているママたち、独身時代は好きだったライブやクラブ通いはできず、エアロビやテニスへも行けず悶々としている中、ときどきみんなであつまりドラムサークルでみんなで輪になって笑い合い、ストレスケアするのはとても有効な手段だと思いました。
 さ、あなたの街でもやってみましょう!
 お問い合わせはリズムハートへ>>WEBサイト<<クリック!!

【新年】株式会社丸八様新年会ドラムサークル

140111maruhatidc ・2014年1月11日(土)17:00~18:30
・鹿児島市城山観光ホテルガーデンレストランホルトにて
・参加者:株式会社丸八従業員の皆さま約60名
・ファシリテーター:森田孝一郎
 佃煮、漬物、乾物、煮豆、惣菜を主力商品とする食品企業、株式会社丸八様の社長様自ら「会社の新年会の前にドラムサークルで全社員の一体感をつくりたい」という直接のご依頼。
 企業の新年会前のドラムサークルですから、その従業員の皆さんがお互いに息を合わせ目標に向かって足並みそろえ、各部門間の業務を理解尊重し、社長を盛り立てながら美味しい佃煮、漬物、乾物、惣菜を消費者にお届け、そこには笑顔の花がいっぱい咲いている、というイメージをリズムで体感していただけるようファシリテーションさせていただきました。
 参加者構成は3分の2が40代~50代女性ということで、その中心層が会場入りするなりシェイカー振って踊り出すという新年会らしい様相でしたが、ご多分に漏れず冒頭の時間帯は全体的には「?」の空気と一部冷たい視線でファシリテーションさせていただくには腕が鳴る状況でした。
 ドラムサークル参加経験のある社長の意向で、あえて聴覚に障がいを持たれる女性にベースドラムを担当してもらいました。そして皆さんの視覚と聴覚をその女性参加者のベースドラムに向けるよう促すと、私は何もせずとも自然と全体のリズムが整っていきました。
 後は通常のドラムサークルによるコミュニティ自立のフォームに沿って全体化>部分化>個別化>全体化を音で示しながらすすめましたが、企業という組織にあって楽器の種別による属性と個の認識を感じてもらった後に、製造、加工、包装、営業、事務、配送といった部門別のドラミングと、主力商材への愛をうたったヴォーカルシークエンスも組み込みました。
 佃煮、漬物、乾物、煮豆!そうざい、そうざい、丸八のそうざい♪
 エンディングは徐々にテンポをスローダウンしていきながらも、そのリズムで社業が永遠につづいていくことをあらわし、その中にメロディを加え、新たな可能性にチャレンジしつづけることでそれが可能になることを表現しました。
 そういった時間経過の中で、最後は全従業員の皆さんが自らによる発音と発声を選択、笑顔の輪でいっぱいになりました。
 私自身40歳まで17年間ビジネスの現場でたくさんの同僚、上司、部下たちと共に仕事をしてきたので、このドラムサークルによるビジネススキーム(進行段階)のメタファー(比喩)づくりとその体感で、より実際のビジネスの現場が豊かなリズムにあふれた活力に満ちた場になっていくお手伝いができればなぁ、と感じました。
 株式会社丸八さんが今回のリズムで勢いに乗り、目標達成、昨年比業績アップなりますように!

 株式会社 丸八 様のWEBサイト <<クリック!

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を