« 【試練】鴨池しらうめ幼稚園年長組ドラムサークル | トップページ | 【聴く力】平成25年度次代を担う子どもの文化芸術体験事業ドラムサークル@湧水町立栗野小学校 »

【明太】ふくおかマルシェふれあい商店街ドラムサークル

Fm1311243_2 ・2013年11月23日(土)24日(日)
・福岡市役所西側ふれあい広場
・ファシリテーターチーム
 森田もりぶー孝一郎、天野あまのっち英樹、前田かおりんかおり
・ご依頼:㈱イーリアス様

 9月に福岡で行った第1回九州沖縄ドラムサークル交流会の場で、持ち上がった当企画、博多の街のど真ん中で最高の秋晴れの下2日間、九州プロレス、ちんどんや、といった楽しい出し物に、焼き牡蠣、田川ホルモン、天神パニーニ、韓国ホットク、塩麹ちゃんぽん、タイ風やきそば、ホルモンおやき、オーガニック珈琲、ハーブティー、角打ちといった美味しい食べ物、飲み物の数々、そして3回にわたるドラムサークルと、内容盛りだくさん、とても個性的なイベントとなりました。

DC1>>1日目13:30~14:15 参加者延べ約70~80人ぐらい
 みんなで叩こう!ドラムサークルだよー!!!という場内アナウンスとともにタイコに突進する子どもたち、遠めに冷ややかにながめる大人たち、子どもにさせようとし携帯カメラ撮影の親たち、よくある光景。そこにや健康優良老婆が一瞬のスキにスルド(ベースドラム)を占拠、ノリノリで独特のリズムをたたき始めました。そのばあさんに乗せられ、角打ちでほろ酔い加減のじいさんたちもニコニコ笑顔でマイペースドラミング。子どもたちが好き勝手にドンチャカやりながら、対照的にじいさんばあさんたちがそれらを見守るようにゆるやかに音を楽しんでいるドラムサークル、出したキューはテンポキープがほとんど。なので、スタッフのかおりんもあまのっちもテンポキープでセンターイン。終始とてもほのぼのとした雰囲気で、じいさんばあさんたちの満足感漂う笑顔が素敵でした。

DC2>>1日目17:00~17:45 参加者延べ約50~60人ぐらいFm1311242_2
 日中はけっこう暖かかったんですが、夕方になり、さむー!!!ドラムサークルの前にあったプロレスの試合での、めんたいキッド応援でいくぶん暖かくなったんですが、それでもプロレスが終わると気温も会場も一気に冷え込みました。
 そこで、2回目のこのドラムサークルは、手で叩くと痛そうだったので、最初からマレット手渡し、身体動かしながらのムービングドラミングであったまるようすすめました。そして直前に会場みんなで一体になった、ダッダッダダダッダダダめんたい!のリズムに合わせて「めんたい!」と声出すのも寒さ対策として実施、そしたらなんとめんたいキッド選手本人がドラムサークルに登場し、一緒にドラミング&めいたいコール!いやぁ、子どものころ30年前までは大のプロレスファンだったので大感激でした。
 そうしているうちにどんどんあたりは暗くなり、寒くなりながらも心は温かく、そんな気分で即興演歌「博多の夜」をうたっていたら、どんどん寒くなってきて、最後はみんなで立ち上がってジャンピングドラミングして身も心も温まりました。

DC3>>2日目15:00~15:45 参加者延べ約50~60人ぐらい
 イベント2日間でイチバンの人手の多さ。ドラムサークル直前のプロレス試合後に餅投げ大会があり、盛り上がりがピークを向かえ、餅投げが終わったらなんとなく会場はイベント終わった感。そこからのドラムサークル、逆境のファシリテーション。イベントドラムサークル特有の親子出たり入ったりがつづき、持続性のあるグルーブができるまでに30分かかりました。そのうえで、かおりんに次のシークエンス提示をバトンタッチ。かおりんスマイルでそこから一気にエンジンの回転数が上がり、小さい子どもの抜群のリズム合いの手にみんなで大爆笑、それで全体リズムが強力にうごめきだし、最後は超かわいいガールズダンサーたちの登場で、会場全体大爆発!
 かおりんスマイルと子どもたちの天真爛漫ぶりで一気にエンディングが盛り上がり、終了。
 このドラムサークルを楽しんでくれたみんなで片付け。Fm1311244

 また来るよ!ふくおか!次は12/22(日)の博多駅前クリスマスミュージックリボン。

« 【試練】鴨池しらうめ幼稚園年長組ドラムサークル | トップページ | 【聴く力】平成25年度次代を担う子どもの文化芸術体験事業ドラムサークル@湧水町立栗野小学校 »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【試練】鴨池しらうめ幼稚園年長組ドラムサークル | トップページ | 【聴く力】平成25年度次代を担う子どもの文化芸術体験事業ドラムサークル@湧水町立栗野小学校 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を