« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

【天使】鴨池しらうめ幼稚園年少組ドラムサークル

Shiraume13112901 ・2013年11月29日(金)10:20~11:30
・鹿児島市鴨池しらうめ幼稚園仮設教室にて
・参加者:年小組前半25名、後半25名づつ
・ファシリテーター:森田孝一郎
 今月の各学年別3回にわたる鴨池しらうめ幼稚園リズムエンジェルズドラムサークルの最終回は、最強エンジェルズの年少組さん2クラス。
 前半ではまず最初の音合わせの反応の良さに驚き、しっかり合図やまわりで聴こえる音に対して身体で反応し、また視覚で判断しての反応も特筆すべきものでした。この幼児発達段階でのしっかり「聴く」「見る」ということの重要性を示してくれました。
 後半は前半同様、静かにはじまりを待つ姿勢が印象的。天使たちによる反応の濃淡は個人別にまちまちですが、「自由」に対する抵抗感の希薄さは年少クラス特有のもので、この感覚を持続できるようにするのが、大人の責務であることを感じました。Shiraume13112902
 また今回の幼稚園でのリズムエンジェルズドラムサークルでは、冒頭のオープニングセッションで思いっきり発散させながら、ボクは輪の中央でブレイクダンスを踊り、みんなでゲラゲラ笑って意識を輪の中央にあつめ一斉停止、そして状況に応じたシークエンス提示、最後は立ち上がって飛び跳ね、歩き、歌い、走って、座ってクールダウンという幼稚園ドラムサークルの基本フォームが出来上がってきた感じのする大変実りあるリズムエンジェルズドラムサークルでした。
 帰りにちびっ子たちが、わーっ!(^^)///と言いながらボクの周りに群がるのがとても心地よい感覚。
 ちびっ子たち、ありがとう!
  また会おうなー!!!

【聴く力】平成25年度次代を担う子どもの文化芸術体験事業ドラムサークル@湧水町立栗野小学校

P1220880s ・2013年11月27日(水)14:15~15:45
・湧水町立栗野小学校体育館にて
・参加者:3年生4年生約70名
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様
 毎度、子どもたちのドラムサークルには驚かされること、気づかされることが多いわけですが、今回気づかされたことは、ちょっとドラムサークルファシリテーションを実践しながら学んでいる人にしかわからないことかもしれません。
 それは、前半において、ガチャガチャぐちゃぐちゃの混沌状態からだんだんとリズムが整ってくる統制状態への過程が、場に対する個人の判断による自主的な変化によるものであることに対し、後半のあるシークエンス提示から自由にリズムが展開してく過程は、統制された状態からだんだん(もしくは一気に)解放されていくにあたり、その変化は集団意思的な自主変化によるものであることを感じ、個人の変化(成長/自立)が、集団のそれを確立していく事を、こうもまじまじと実感させられたことでした。
 それぐらいこの子たちは聴く力を持ち、今おかれている場に対してどう判断し行動すべきか自然と対処しているようでした。この輪(和)を他の学年、地域の住民に広げていってほしいなぁ、と願いました。
 ほんと、素晴らしい子どもたちでした。

【明太】ふくおかマルシェふれあい商店街ドラムサークル

Fm1311243_2 ・2013年11月23日(土)24日(日)
・福岡市役所西側ふれあい広場
・ファシリテーターチーム
 森田もりぶー孝一郎、天野あまのっち英樹、前田かおりんかおり
・ご依頼:㈱イーリアス様

 9月に福岡で行った第1回九州沖縄ドラムサークル交流会の場で、持ち上がった当企画、博多の街のど真ん中で最高の秋晴れの下2日間、九州プロレス、ちんどんや、といった楽しい出し物に、焼き牡蠣、田川ホルモン、天神パニーニ、韓国ホットク、塩麹ちゃんぽん、タイ風やきそば、ホルモンおやき、オーガニック珈琲、ハーブティー、角打ちといった美味しい食べ物、飲み物の数々、そして3回にわたるドラムサークルと、内容盛りだくさん、とても個性的なイベントとなりました。

DC1>>1日目13:30~14:15 参加者延べ約70~80人ぐらい
 みんなで叩こう!ドラムサークルだよー!!!という場内アナウンスとともにタイコに突進する子どもたち、遠めに冷ややかにながめる大人たち、子どもにさせようとし携帯カメラ撮影の親たち、よくある光景。そこにや健康優良老婆が一瞬のスキにスルド(ベースドラム)を占拠、ノリノリで独特のリズムをたたき始めました。そのばあさんに乗せられ、角打ちでほろ酔い加減のじいさんたちもニコニコ笑顔でマイペースドラミング。子どもたちが好き勝手にドンチャカやりながら、対照的にじいさんばあさんたちがそれらを見守るようにゆるやかに音を楽しんでいるドラムサークル、出したキューはテンポキープがほとんど。なので、スタッフのかおりんもあまのっちもテンポキープでセンターイン。終始とてもほのぼのとした雰囲気で、じいさんばあさんたちの満足感漂う笑顔が素敵でした。

DC2>>1日目17:00~17:45 参加者延べ約50~60人ぐらいFm1311242_2
 日中はけっこう暖かかったんですが、夕方になり、さむー!!!ドラムサークルの前にあったプロレスの試合での、めんたいキッド応援でいくぶん暖かくなったんですが、それでもプロレスが終わると気温も会場も一気に冷え込みました。
 そこで、2回目のこのドラムサークルは、手で叩くと痛そうだったので、最初からマレット手渡し、身体動かしながらのムービングドラミングであったまるようすすめました。そして直前に会場みんなで一体になった、ダッダッダダダッダダダめんたい!のリズムに合わせて「めんたい!」と声出すのも寒さ対策として実施、そしたらなんとめんたいキッド選手本人がドラムサークルに登場し、一緒にドラミング&めいたいコール!いやぁ、子どものころ30年前までは大のプロレスファンだったので大感激でした。
 そうしているうちにどんどんあたりは暗くなり、寒くなりながらも心は温かく、そんな気分で即興演歌「博多の夜」をうたっていたら、どんどん寒くなってきて、最後はみんなで立ち上がってジャンピングドラミングして身も心も温まりました。

DC3>>2日目15:00~15:45 参加者延べ約50~60人ぐらい
 イベント2日間でイチバンの人手の多さ。ドラムサークル直前のプロレス試合後に餅投げ大会があり、盛り上がりがピークを向かえ、餅投げが終わったらなんとなく会場はイベント終わった感。そこからのドラムサークル、逆境のファシリテーション。イベントドラムサークル特有の親子出たり入ったりがつづき、持続性のあるグルーブができるまでに30分かかりました。そのうえで、かおりんに次のシークエンス提示をバトンタッチ。かおりんスマイルでそこから一気にエンジンの回転数が上がり、小さい子どもの抜群のリズム合いの手にみんなで大爆笑、それで全体リズムが強力にうごめきだし、最後は超かわいいガールズダンサーたちの登場で、会場全体大爆発!
 かおりんスマイルと子どもたちの天真爛漫ぶりで一気にエンディングが盛り上がり、終了。
 このドラムサークルを楽しんでくれたみんなで片付け。Fm1311244

 また来るよ!ふくおか!次は12/22(日)の博多駅前クリスマスミュージックリボン。

【試練】鴨池しらうめ幼稚園年長組ドラムサークル

131122shiraume_nentyo ・2013年11月22日(金)10:20~11:00
・鹿児島市鴨池しらうめ幼稚園仮設教室にて
・参加者:年長組2クラス約70名
・ファシリテーター:森田孝一郎
 火曜日に年中組さんを実施した幼稚園の年長組児童対象のドラムサークル。今回は前回のように2クラス別々では無くて2クラス一緒の実施。2つの教室を仕切っているパーテーションを開いてみんなで輪になると・・・・細ながーい伸びきった輪ゴムのようなサークルに。いつも幼稚園保育園でドラムサークルに利用するリズム室のある本来の園舎は、今改築工事中で、今回の会場である仮設教室の形がこうなのでコレでやるしかない!今おかれている状況を最大限活かすのがドラムサークルスピリットでもありますから!
 なので、細長い輪の中を常に行ったり来たりしながら子どもたちの注意をひこうと考え、子どもたちとの距離感が一定しないしっちゃかめっちゃかの輪の中を走る、飛ぶ、しゃがむ、の47歳。それでもリズムエンジェルズたちの手は緩まない。ようやく1つ打ち~3つ打ちの同時打ち反復リズムで調子が出てきたら、なんと自然とそのまままねっこリズムの心地よいグルーブが生まれてきました。しかもその反応がすこぶる鋭く、たいへん強力なリズム空間ができあがりました。
 しかしピークはそこまでで、だんだん倦怠感が支配しはじめたため、もう一回テンションをあげるためにドレミパイプ投入し、パレードを提案。ドレミパイプまでは元気に叩きまくってくれましたが、パレードではちょっともうおつかれの様子でした。
 それでも全体のリズムエネルギーは十分に発揮され、新装なった広いリズム室で今回の経験を活かしたドラムサークルをこの子たちにできればと思いました。
 ありがとうございます。
 さ、来週は総仕上げ?の年少さん組です。超楽しみ!!

【楽園】鴨池しらうめ幼稚園年中組ドラムサークル

131119shiraumenetyu02 ・2013年11月19日(火)10:20~11:30
・鹿児島市鴨池しらうめ幼稚園仮設教室にて
・参加者:年中組前半28名、後半28名づつ
・ファシリテーター:森田孝一郎
 人間が成長するに従い、だんだんと失っていく素直な感情表現をまだまだ十分に持ち合わせ、ドラムサークルでもしようもんならもうそれはそれはまさしく感じるがままに動きまわる幼稚園児を、我々ドラムサークルファシリテーターは「ドラムサークルの先生」とか「リズムの悪魔」と呼んでいました。それだけ幼稚園保育園現場は、ファシリテーターにとって大きな大きな修練と試練の場となります。
 以前は幼稚園保育園でのドラムサークルは、そのあまりの混沌と喧騒のなかで、心が折れそうになること、途方に暮れそうになることがよくありましたが、最近はそうでもなく、一緒になって童心にかえれることがなんかとても楽しみになり、ボクは幼稚園児たちを「リズムの天使」と呼びはじめました。131119shiraumenetyu03
 今月はこの鴨池しらうめ幼稚園、園舎が改築工事中で、仮設園舎での毎日に刺激をとのご依頼でのドラムサークル、学年別に3日間実施。その第1回目として年中さんの2クラス別にドラムサークルを行いました。
 子どもたちと一緒になって自由に叩きまくり、転げまわり、うたい、おどりしてるとココがドラムサークルの楽園のような気がしてきました。そうすると豊かなリズムの中で園児が本当に天使たちに見えてきて、ボクはそんなリズムエンジェルズ達と一緒にふわふわ~っと宙を漂い、とっても幸せな気分に浸ることができました。子どもたちも大喜び。
 次の年長学年が楽しみです。

【世代】平成25年度次代を担う子どもの文化芸術体験事業東原小学校全校ドラムサークル

P1220802s ・2013年11月18日(月)10:40~12:20
・鹿屋市立東原小学校体育館にて
・参加者:全校生徒約120数名+先生方
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様
 今月より来年2月までにかけて県内の小学校を巡回する文化庁の事業の第1回目、大隅半島の鹿屋市内東原小学校での全校生徒120数名によるドラムサークル。
 1年生から6年生まで感じ方、反応は様々。その異なる感受性による混乱を避け、逆にそれを活かすためにとったふたつの対策。
 1. ドラムサークルに入る前に輪の周りに子どもたちを並ばせオリエンテーションした後、自分たちで譲り合いによる座席決め。
 2. マレットを最初から楽器におかず、座席決め後の混沌の中で一人一人に配ってさるきながら一人一人とコミュニケーションをはかる。
 これらが功を奏し、座席決め後の混沌とマレット配り終わった後に整った全体リズムとの対比を十分に全員で共有することができました。
 また1つのセッションが終わった後、次のセッションに移る際に、静寂をみんなで協力し合ってつくりだすこと、お互いに促しあい短時間で静寂が生まれたこと、これも下級生から上級生が一堂に会しているからこそお互いの学年差異をしっかり認識してうまれた状況としてありました。
 
 後半にちょっと倦怠感が生まれかけたのでドレミパイプを投入したらそれはそれはテンションアップ!パイプを持てなかった子たちのためにパレードをしかけましたが、そこまでは必要なかった感・・・。その後のトーンチャイムセッションでは、静かに全校調和のサウンドを味わうかのような世界があらわれました。
 ボクはドラムサークルの時間帯でしか子どもたちの様子を知ることができませんが、日々の学校生活の様子があらわれていたドラムサークルであったように感じました。またこのドラムサークルで起きた変化を子どもたちがどうとらえ、次世代を担うに活かせるのか、頼もしく思いました。

【発見】ISP研修IN鹿児島ドラムサークル

Wrap_isp_dc131117 ・2013年11月17日(日)15:30~16:30
・鹿児島市ベイサイド錦江3階会議室にて
・参加者:26名
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:WRAP STEP かごっま様
 今回のご依頼は、WRAP(WELLNESS RECOVERY ACTION PLAN =元気回復行動プラン)という活動を展開している「WRAP STEP かごっま」様からのご依頼で、インテンショナル・ピアサポート(IPS)研修と呼ばれるプログラムの中で、その名も「ドラムセッション」という、ボクにとってはかなり身近な名称のコミュニケ-ションプログラムに付随してドラムサークルをファシリテートさせていただきました。
 「ドラム」も「セッション」も毎日のように関わり合っていながら、この「ドラムセッション」という手法は初体験で、ドラムサークルと目指す方向性は似ているのですが、まったく違う視点からのアプローチもあり、とても学びに満ちたものでした。
 
 ボクはドラムサークルを午後に控え、午前中からのドラムセッションプログラムから参加させていただき、参加者の皆さんそれぞれの個性とドラムサークルにいたるまでのセッション経験を踏まえ、そして翌日以降もつづくIPS研修にうまくつなげられるようなドラムサークルファシリテーションを意図しました。
 
 ドラムサークルが目指す方向はコミュニティづくり。その場にいる参加者個人の変化が、この場のコミュニティの成長を促せるよう、全体>部分>個人>全体と、そのフォーカス(参加者の意識方向)を変化させながら、そこで起きていることに対する気づきを深められるようすすめました。
 午前の部から午後のドラムセッションのなかで議論された「合わす」「合わさ(せ)ない」のそれぞれの感じ方の違いから、ドラムサークルで展開されるその一体感に、はじめは違和感を感じた方もいらっしゃったようですが、その感じ方の違いのすべてを受け入れてすすめていくドラムサークルの手法に、だんだんと時間経過と共に理解もすすみ、言葉に依らない「音の対話」がひとつの輪(和)をつくりだすこと、感じていただけたのではないかな、と感じました。
 今後WRAPやIPSのプログラムとしてドラムサークルがまたお役にたてますように。
 ありがとうございました。

【浄化】ドラムサークルカゴシマ♪78

Img01717 ・2013年11月9日(土)10:30~11:30
・鹿児島市青年会館そう舎
・参加者:女性1名
・ファシリテーター:森田孝一郎
 久しぶり2回目の参加者1名のコミュニティドラムサークル!!!!
 どうする!?どうやってこのご婦人を楽しませる!?そんで来月以降、どうする!?
 この崖っぷち感、好きー!!
 とりあえず、今おかれた状況としては、ボクと参加者1名では輪はつくれないけど、和はつくれる。
 うん、ソレでいいのだ!とにかく「来なきゃよかった」と思わせてはならない。「来てよかった」と思わせなきゃ、と。
 結局2人で無言のまま叩きつづけながら、即興歌をうたい、呪文を唱え、奇声を発し、変な踊りをおどっていたら、あっと言う間の1時間。いつものドラムサークルのような笑顔はなかったけど、なんか不思議な爽快感。
 それでもボクは、たった1人で参加してくれたご婦人が楽しんでくださっているか、常に観察しながらいろいろやってみたんですがさすがに1人では素直に楽しさやつまらなさをあらわせないのか、なかなか反応が読み取れないまま時間が過ぎてしまいました。
 しかし2人でタイコ片づけて帰り際に、うつむき加減にポツリ・・・
 「とっても楽しいでした」
 うん、コレでいいのだ!!!
 しかし来月以降はたくさん来てほしい!そのためには何か手を打たねば。
 来月は12/14(土)10:30~場所は同じく青年会館そう舎です。
 来てね!!

【初来鹿】ゲーリー杉田ブラジル音楽の世界

Img01702s ・2013年11月3日(日)11:00~14:15
・鹿児島市SOUL MASTER'S CAFEにて
・参加者:14名
・ゲストファシリテーター:ゲーリー杉田
・主催:リズムハート
・協力:SOUL MASTER'S CAFE
 鹿児島県は三島村ジェンベスクールがあり、アフリカンカルチャーが盛んですが、実は鹿児島県人がブラジルに移住し出して100年を超え、ブラジル現地では最古の歴史を誇る県人会があるそうで、実は結びつきは古く、もっと音楽面でブラジルの風を感じられたらなぁ、と思うだけにとどまっていたこれまででした。
 そんななかひょんなことからボクとはドラムサークルファシリテーター協会(DCFA)で旧知のゲーリーさんが、ゲーリーさんの親友で鹿児島音楽界のボス、DJBOSSに呼び出されついに来鹿、イベント開催の運びとなり、巷は文化の日で界隈はおはら祭りで盛り上がっている最中、14名もの音楽好きがあつまってくれました!
 まずはサンバ、ボサノバ、その原典たるショーロなどのブラジルの音楽と文化についてゲーリーさんの軽妙なおしゃべりとパンディエロを駆使したデモ演奏によるレクチャー、次はみんな立ち上がりサンバステップの練習、そしてスルド、タンボリン、シェイカー、アゴゴベルなどブラジリアンパーカッションつかい、サンバアンサンブルの体験。
 その中で学び共有したこと!
 ・サンバのリズムは♪タクシカ|タクシカ|タクシカ|タクシカ♪をイーブンで4つ刻まず、クシを短くし、タシカの3連っぽくうたってスピード感(パレードの推進力、身体を押し出す力)を出す。>このスピード感でサッカー選手はドリブルで敵を抜き去る。
 ・1.3.はダウンビートではなくアップビートでノル。
 ・4.1.(心臓/ハートビート)を起点に4.でひざを曲げ準備し1.でひざの裏を伸ばし、後頭部でリズムをとる。Img01706s
 身体動かしてリズムにノッタ後は、お楽しみDJボス特製のブラジリアンランチ。
 ・サラダ
 ・オニオンスープ
 ・トルティーヤ包み揚げ
 ・豆と肉の煮込みをごはんにかけて
 ・コーヒー
 美味かった!!!!
 最後は、ボサノバギターのヨッシー、アルトサックスのドゥシーを交えてセッションライブ。
 イパネマの娘、ウェイブ、おいしい水、と定番名曲が並び、そして最後はみんなで踊りながらうたいながらトリステーザ!
 1391882_575348199202892_1072493363_ さぁ、鹿児島サンバカ計画、始動します!!!
 再来年はおはら祭りか、浅草カーニバルか!?
 年内に団員募集開始予定。お楽しみに!!!

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を