« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

【対話】ドラム講話「リズムでスマイル(^^)/」薩摩川内元気塾@可愛(えの)小学校

P1210301・2013年2月20日(水)10:45~11:30
・薩摩川内市立可愛小学校体育館にて
・参加者:1年生~4年生約400名と先生方
・ファシリテーター:森田孝一郎

 2009年に3年生だけを対象にした元気塾ドラムサークルを実施させていただいた、薩摩川内市立可愛小学校様からの3年半ぶりのご依頼は、1年生~4年生400名を対象にということで、ドラムサークルでは楽器が足りない(250人分までなら可能)ため、ボク自身のドラム演奏に子どもたちのボディパーカッション参加によるリズムゲームを中心に、お話を挿入したドラム講話とさせていただきました。

、冒頭から子どもたちは目を輝かせ、楽器に興味津々の様子。でも今から何があるのか、また席がなかなか決められず、不安そうな子も。そんな入場時から、人数は多いですが、なるべく一人一人の子どもたちがどういう状況でこの場にいるのかをしっかり観察し、その様子からもっとも適切なプログラムの構成について、そのきっかけを探りながらすすめました。
 予想通り、雑然としていた入場時から、ドラムの音と共に子どもたちの視線はドラムにあつまり、7割がたの児童が状況を理解し、なんとなく最初の手拍子に参加してくれました。
 その様子から、以降、手拍子と足踏みをつかったいくつかのリズムゲームでは、つくりだすリズムに対する自主性を助長し、そこから他者との関係性を感じてもらえるよう、講話では日常生活とリズムの親和性を主題に、その内容を一方的に伝えるのではなく、子どもたちとの対話を軸に私からの問いかけに対する子どもたちの回答からその主題を感じさせるようすすめていきました。
 
 するとその経過の中で、子どもたちは少しずつこの場に対する理解と自主性、積極性が伸長され、冒頭7割がたの理解でなんとなくの参加だったセッションが、最後のフリーセッションでは、ほぼ全員立ち上がってリズムに合わせて飛び跳ね、大きな手拍子と歓声、たくさんの笑顔が咲き乱れる状態にまで自らを変化させることができました。
 これは私が講師として子どもたちにさせたのではなく、私からの子どもたちへの音やことばによる問いかけによって子どもたち自らが選択し、導き出された結果として評価されたらファシリテーターとしてうれしいかな。

 皆さんの今後の参考にしていただけたら幸いです。
 またお役にたてますように。

【独創】JAZZ JAZZ CLUB@HEAVEN23“特別編”藤井郷子(Piano)& 田村夏樹(Trumpet)DUO

Img00914・2013年2月17日(日)19:40~21:50
・鹿児島市東千石町CAPARVOビル3階LiveHEAVENにて
・お客様:約20名
・出演:藤井郷子(Piano)& 田村夏樹(Trumpet)
・企画運営:リズムハート&SRファクトリー

 毎月地元のカゴシマジャズシーンを紹介しているJAZZ CLUB@HEAVENですが、今回は“特別編”として、世界中で独自のフリージャズアートを繰り広げてきたピアノの藤井郷子さんと、トランペットの田村夏樹さんのDUOライヴを行いました。
 幻想的なフリーフォームの中で、ラッパがブクブク・・・、ピアノがギロギロンギロン、普通のライヴではありえない奏法がつづくや突然、バッと美しいテーマに豹変、ヨーロッパの古城を思わせる風景が見えてきたかと思うと、ンガガガガガーン、ビヨヨヨヨーン、ズバッ、ドバッ、ピューン、そしてまた高度な技術による美しい構成美の世界へ。そんな2時間の、美しくもちょっとなんかイケナイ世界に足を踏み込んだかのような、刺激的でアンダーグラウンドな音の旅。

「イッタイ何なんだ!コレは!?」

 ボクがジャズの薫陶を受けた旧パノニカオーナー中山信一郎さんから教えられたジャズの定義、まさにそのもので、ジャズが自由(フリー)であることを極限まで追求されているお二人の姿に感銘を受けました。

 お客様方もフリーな感じの方々があつまられ・・・・
 大人の夜の自由時間は更けていきました。

リズムハートジャズライブ情報>>コチラ 

【単純】ドラムサークルカゴシマ♪69/パーカッションリズム&スキルワークショップ

Dck69_01・2013年2月16日(土)14:00~16:30
・鹿児島市青年会館そう舎にて
・参加者:子どもから大人まで約30人
・スタッフ:HAMAちゃん
・ファシリテーター:森田孝一郎

 ここんとこ何か月か数人というこじんまりした集まりだったドラムサークルカゴシマ♪の69回目は、久しぶりに30人近くの参加者があつまってくれました。
 第1部のパーカッションリズム&スキルワークショップは、ボクを含む9人でリズムゲームの特集。
 1. 1分ゲーム
 2. 100まで叩いて数えるゲーム
 3. 8カウントゲーム
 4. フリーセッション

 1.では子どもと大人の時間感覚の違いがまざまざと。2.では途中、数がわからなくなってもみんなで協力し合うと100打目でピタッと止められること。3.では数字でリズムアンサンブルの美しさを分かち合い、そのまま4.に突入したら第2部のドラムサークル参加者の子どもたちが大挙押し寄せ、そのままドラムサークルに。Dck69_02

 第2部ドラムサークルからの参加者が予想以上にたくさん来てくださり、イス追加して楽器追加して30人のドラムサークルに!いろんな特性を持った子どもたちの自由奔放ぶりに大人たちが振り回されながら、そこから子どもたちによる、この場に対するいろんな変化へのきっかけが表出して、ドラムサークル開始から45分間叩きっぱなしになりました。
 細かいシークエンス(音出しの仕組み)の提示も必要ナシ。子どもたちがどんどん次の変化へのきっかけを示してくれました。
 動く、笑う、うたう、そして叩く。つながり合うのに必要なのは、シンプルに心をひらき、子どもたちのように今、あるがままにまかせることのように感じました。いや、子どもたちが感じさせてくれました。

 ガオー!!ガオー!!
 ワンワンワン!ワンワンワン!
 ケロケロケロ!ケロケロケロ!
 メェ~!メェ~!

 イェー!!!!

 お父さん、お母さん方、おつかれさまでした。
 2/28(木)の大人だけのドラムサークルへ是非どうぞ!

【笑う】第4回わらしのしらべ・ダンス&ドラムサークル!

Img_7575・2013年2月11日(祝・月)13:30~15:00
・鹿児島市南林寺町ダンススタジオスペルバインダーにて
・参加者:子ども~大人約30人以上
・ダンスインストラクター:赤石悠さん(スペルバインダー)
・ファシリテーター:森田孝一郎
・主催:NPO法人童達warashi

 子育て支援活動を展開するNPO法人童達warashi(わらし)によるダンスとドラムサークルのコラボイベント「わらしのしらべ・ダンス&ドラムサークル!」の4回目。参加者は小さな子どもたちから、その保護者であろう大人たちやそのお友だちまで約30名超。
 このような場では、子どもたちはありのままで楽しんでくれますので、まずは大人の皆さんの心を、子どもたちのようにどう解放してあげられるかが冒頭の大きな課題となります。幸いこのイベントは、最初にボクのタイコに合わせてダンスインストラクター赤石悠さんのリードで自由に踊るダンスワークショップがあり、それが大人たちにとっていいアイスブレイクになっているようです。Img_2030

 今回もそのおかげで、大人たちもダンスでしっかり心とからだを温めた後、そのままドラムサークルに入っていきなり子どもたちと一緒になってドンチャカおっぱじめてくれました。そして、一斉停止と再開を繰り返すだけで増幅していく笑い声で笑顔の輪がドンドン拡大。そんな大人たちを見て子どもたちもますますヒートアップ。
 そして最後は自然とドラムサークルの内側にダンスサークルができて、みんなでうたって踊って叩いてのスマイルサークルに。

 叩くだけでなく、踊る、そしてうたう。ドラムサークルファシリテーターとして、この三つの要素をいかに参加者から引き出すか、少しづつ見えてきた感じがしました。

 それにしても最高にノリノリの子どもたちと大人たちでした。
 ありがとうございます。

【対話】♪JAZZ CLUB@HEVEN22/HONGO SONGS

Img00892・2013年2月8日(金)19:40~22:00
・鹿児島市東千石町CAPARVOビル3階LiveHEVENにて
・お客様:約20名
・出演:ほんごさとこ(Vocal)、和田雄二郎(Guitar)、森田孝一郎(Percussions)

 鹿児島県大隅半島大崎町出身のジャズシンガーほんごさとこさん。現在、横浜に在住、東京都内を中心に全国、海外でも活躍されてるのですが、ときどきふらっと鹿児島に里帰りされる際にちょこちょこっと一緒にライブをさせてもらってます。
 今回は最近ご一緒させていただく機会の多い、ギターの和田雄二郎さんとほんごさんとの初顔合わせで、ボクはパーカッションで参加、お二人のメロディーとハーモニーをリズムでプッシュしていこうと、音楽三要素一人一役のシンプルながらその分音の対話の濃度が濃いライブとなりました。

 ほんごさんのピュアな性格そのままの柔らかい歌声に、和田さんは緻密なハーモニーを絡め、ボクのパーカッションは、そのメロディーとハーモニーの変化に常に反応して変化していく感じ。
 最近トリオでの演奏で感じていることは、メロディーとハーモニーは小節ごとに常に変わって行っているのに、リズムだけが同じリズムパターンで変わらない頻度が高い手法より、リズムもメロディーとハーモニー同様にその小節ごとの変化に応じて変わって行くことが音の対話として楽しいのではと。その手法にはドラムセットよりいろんなパーカッション群をつかったほうがいいかもと思っての今回のセットでしたが、お二人の音楽がボクのその対話手法を引き出してくれ、とても楽しかったです。

 打上@武味も盛り上がり、気づいたら午前2時。。

 おつかれさまでした!

【JAZZ】尾崎佳奈子カルテットmeets柴田健一

Dsc_4139・2013年2月2日(土)19:30~22:00
・鹿児島市天文館music&cafe明日の地図にて
・お客様:約50名!
・出演:尾崎佳奈子(A.sax)、和田雄二郎(Guitar)、小松康(Bass)、森田孝一郎(Drums)
      柴田健一(Trombone)

 サックスの尾崎さんが熊本のジャズイベントで知り合った長崎在住のトロンボーン奏者、柴田さんをお迎えしてのライブでした。もちろんこの5人編成で演奏するのははじめてです。本番の2時間前にあつまり、尾崎さんと柴田さんの2管によるアレンジ、オリジナル作品としっかりつくりこまれた部分のみの必要最小限のリハーサル。アドリブパートはリハではまったく合わせませんでした。
 おかげさまでお客さんもほぼ満員。メンバーもお客さんも期待に満ちたオープニング。アドリブパートをまったくしなかった必要最小限のリハと、満員のお客さんの熱気で、実に新鮮な音の語り合いがつぎつぎに飛び出す、これぞジャズ!というにふさわしい演奏ができた気がします。18484_4855891288668_8728227

 バンドのカラーは尾崎さんと柴田さんの2管によるハーモニーを核に、和田さんの変幻自在のギターサウンドが輪郭をつくり、小松さんのベースが全体を支え、森田のドラムが全員のアドリブに反応しまくるといった趣向。60年代風なハードバップなテイストに今のモダニズムを重ね合わせたジャズとでも言いましょうか、ま、ボクの一番やりたいジャズに一番近いスタイルなので、とても楽しかったわけです。

 おかげさまで打上も大いに盛り上がり、珍しく2軒もはしごし、なんと最終のミッドナイトバスなんか乗らず、シータクで帰還するという贅沢も味わえました。
 
 柴田さん、和田さん、小松さん、柴田さん、そして尾崎さん、おつかれさまでした。
 会場の明日の地図さん、おいでいただいたお客様方、ステキな写真をたくさん撮っていただいた西川さん、ありがとうございました。

 次の森田ジャズライブは2/8(金)HONGOSONGS@HEAVENです。
 天文館をジャズで盛り上げ中、ぜひいらしてください!!!!

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を