« 【展開】はたらく大人のためのアフターアワーズドラムサークル♪4 | トップページ | 【晴天】鹿児島市秋の農林水産まつりドラムサークル2012 »

【教示】環境アートフェスティバルドラムサークル2012

121117miraikandc・2012年11月17日(土)11:00~/14:00~/
・鹿児島市城西環境未来館にて
・参加者:午前約20人、午後約30人ぐらいずつ
・スタッフ:あまのっち(福岡)
・ファシリテーター:森田孝一郎

 環境保全に関する啓蒙イベントでのドラムサークル。4回目の対応となりました。屋外の芝生のお庭で実施予定が、あいにくの雨で施設内2階の多目的ホールに変更。1階は段ボールハウスやクリスマスツリーつくったりで盛り上がっていたようですが、2階にはあまり上がって来ないかもなぁ、と、1重の20人用サークルにセッティング。
 そぼ降る雨を横目にスタッフのあまのっちと「参加者、来てくれるかなぁ。」と静かにたたずんでいると、小さな子どもたちを連れた親子連れが数組入ってきて、すぐにほぼイスが埋まってしまいました。
 この手のイベント型のドラムサークルの場合、ドラムサークルの最中も出入り自由なので同じ参加者構成のまますすんでいくことはありえないのですが、なぜかこの午前の回は、定着率が良く、最初入場された数組の親子連れの約20名が1時間弱、最後までいてくれました。美人のお母さんたちもノリがよく、通常のクローズドな親子ドラムサークルの様相を呈し、みんなの一体感づくりからかんたんなアンサンブルづくりまで、コミュニティづくりの要素ですすめることができました。

 一方、午後の部はまだ参加者増えるだろうという予測のもと、2重の36人用サークルに。開始は、午前のように一斉にではなく、最初1組の親子が入られ、まったくの親子だけの世界に没入。単独参加の子どもたち交え、なんとか一緒にドラミングしてもらおうとコンタクトをはかろうとしますがなかなか状況を理解してもらえず、そんな親子連れが次第に数組参入、大人たちに一生懸命「みんなで一緒に!」という無言のサインを送っても、大人たちは自分の子や孫に叩かせようとするばかりでなかなか意を介してくれません。そこで、一斉停止後ことばで「子どもたちに楽しんでもらうために、まず大人が楽しむ姿を見せてあげましょう」と促すと、親子連れの半数が一斉に退場・・・。。

 うぉ!!!コレがボクのファシリテーターとしての実力か!???かなりキビシイ評価だ! 

 その状況のドラムサークルの様相そのままに、残された子どもたちと親子連れ、どんどん混沌と喧噪の色合いを濃くしていき、それならそれでイクしかないとサークル中央に鍋、釜、茶碗皿、をぶちまけ、みんなでしっちゃかめっちゃかキッチンドラミング、おまけにそこにドレミパイプをぶちまけ、さらにドンチャカポンポコ♪すると、子どもたちはサークル中央の床で鍋釜茶碗皿&ドレミパイプにあつまり、大人たちはイスの位置ででタイコ叩きはじめたのです。

 なんだ、コレでいいのだ!

 最後は高揚した気分をみんなで鎮めるため、トーンチャイムをマイナートーンで鳴らし、エンディング。収拾不能な混乱からとても美しいハーモニーが生まれました。

 毎度のことなのですが、今回も参加者の皆さんから教えていただきました。

 コレでいいのだ! 

« 【展開】はたらく大人のためのアフターアワーズドラムサークル♪4 | トップページ | 【晴天】鹿児島市秋の農林水産まつりドラムサークル2012 »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです
中島でお会いしました
高知の東風です

いつも
モリブーさんの
素敵なトライをワクワクしながら拝見させていただいてます

特にこの回のシーンは
素晴らしいと感じコメント致しました

必ずしも
ドラムサークルのベターな形が一通りでない様相が見て取れる内容ですね
また
お邪魔致します
(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【展開】はたらく大人のためのアフターアワーズドラムサークル♪4 | トップページ | 【晴天】鹿児島市秋の農林水産まつりドラムサークル2012 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を