« 【胎動】JAZZ CLUB@HEAVEN16/和田明(Vo) with 松本圭使トリオ | トップページ | 【最幸】夢塾@熊本「最幸のチームのつくりかた」ドラムサークル »

【対話】祁答院地区人権保護同和教育研究会講話&ドラムサークル

P1200565・2012年8月1日(水)14:15~15:45
・薩摩川内市祁答院公民館にて
・参加者:地区の教員の皆さんや地域の皆さん約80名
・講師&ファシリテーター:森田孝一郎

 昨年、人権保護同和教育研究会の全国大会でドラムサークルさせていただいたご縁で、今回祁答院地区の担当の小学校先生からのご依頼。
 参加者はドラムサークルのことはじめて見聞きする先生がほとんどでしたが、薩摩川内市では4年前から毎年各小学校で薩摩川内元気塾ドラムサークルを実施させていただいているので、顔見知りの先生もちらほら。
 講話の演題は「人とつながる喜び」。
 会の冒頭でボクを紹介していただいて、その拍手のまま手拍子使ったリズムシークエンスをいくつかやってアイスブレイク。その後、ボクが普段おこなっているドラムサークル活動についての紹介や、リズムが人間の生活に密着にむすびついている役割、そして人と人同士の対話とリズムの関係などについて話しながらそのメタファーとしてのリズムシークエンスを手拍子使って体感してもらいました。
 そしてイスの下にあらかじめ置いておいた小物楽器つかってのドラムサークル。講話は対面形式だったのですが、楽器で音を出してもらうと、それまでの対話のリズムを基調にすぐにいろんな自由なリズムで皆さん音を出し始められ、気を良くしたボクが両翼の皆さんに中央部の座席の皆さんを囲むように促すと、皆さん自らの選択で次々に席を立ち始め、気づいたら全員が座席を立って大きな輪になってくれました。
 ドラムサークルの輪としては大きすぎましたが、人権保護や同和教育につながる、みんなが平等でそれぞれに役割がある、というテーマに沿ったシークエンスを提示しながらあっという間の60分。最初は仏頂面だった参加者の皆さんがだんだんと緊張がほぐれ安心感に包まれ笑顔でフライパン叩いたりシェイカーを振っているのを見て、ボクも安心。 
 近づいている台風の影響で時間短縮しましたが、ドラムサークルはじめての方にはその可能性を少しでも知っていただき、経験者の方にはその中身について知っていただいた貴重な時間となりました。
 こういったドラムサークルの中身を知っていただくワークショップ、学校の先生方や、いろんなコミュニティリーダーの皆さんに提供していければ、ドラムサークルの輪がもっと広がる可能性を感じました。

 ありがとうございます。

« 【胎動】JAZZ CLUB@HEAVEN16/和田明(Vo) with 松本圭使トリオ | トップページ | 【最幸】夢塾@熊本「最幸のチームのつくりかた」ドラムサークル »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【胎動】JAZZ CLUB@HEAVEN16/和田明(Vo) with 松本圭使トリオ | トップページ | 【最幸】夢塾@熊本「最幸のチームのつくりかた」ドラムサークル »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を