« 【伝統】JAZZ CLUB@HEAVEN15/尾崎佳奈子&松本圭使 THE SESSION Plays MONK & BIRD | トップページ | 【自由】志布志市立伊崎田小学校ドラムサークル&パーカッショントリオ »

【微変】鹿児島市芸術家派遣プロジェクトドラムサークル@武小学校

P1200244・2012年6月20日(木)10:35~12:15
・鹿児島市立武小学校体育館にて
・参加者:5年生と6年生各学年約100名ずつ合計約200名の生徒たち
・ご依頼:NPO法人かごしまアートネットワーク
・ファシリテーター:森田孝一郎

 100名規模の小学生によるドラムサークル、時間は各コマ45分。参加者多い、無統制型自由度高し、時間短い。この場合、いかに冒頭の一体感を短時間でつくりだせるかにかかっているように感じます。最近のマイブームは、開始前に輪の外で生徒たちを待機させ、一定の統制感の中から最初のグルーブをつくりだしてもらうこと。
 今回もその手法を選択し、5年生も6年生もすぐにドラムサークルの要領を得、短時間で最初の一体感を味わってもらえ、以降も短い時間ながら双方変化に富んだドラムサークルとなりました。P1200251

 意外だったのは、6年生に比して5年生の集中度が高く、自ら即興演奏自体を楽しんでいた時間が長かったように感じたことです。事後に書き出したシークエンス(音出しの仕組み)の流れを見ても、6年生がより多くのシークエンスを組んでいます。実際、ほんの少しですが6年生にはすぐ飽きる状況が見られ、次々に私が次のシークエンスを提示していく必要性が感じられ、これは、私のセンターイン(ある意味の介入)を6年生のほうが必要とし、5年生は逆に私のセンターインを必要とする回数が少なかった、すなわち自分たちの意思で演奏を展開していた時間が長かったことをあらわしています。
 たった1歳の違い、この1年の時間で若干ながら、ある意味6年生が、恥をかくことを避け自由な創造性が剥落していく大人になったことではないかと推測され、これもある意味の成長と見てとれなくもありません。
 それでもなるべくいつまでも幼少時の純粋な創造性を維持しながら、大人へ成長していくことを、ドラムサークル活動によって支援していけたらと思いました。

« 【伝統】JAZZ CLUB@HEAVEN15/尾崎佳奈子&松本圭使 THE SESSION Plays MONK & BIRD | トップページ | 【自由】志布志市立伊崎田小学校ドラムサークル&パーカッショントリオ »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【伝統】JAZZ CLUB@HEAVEN15/尾崎佳奈子&松本圭使 THE SESSION Plays MONK & BIRD | トップページ | 【自由】志布志市立伊崎田小学校ドラムサークル&パーカッショントリオ »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を