« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

【再生】ドラムキャンプ11

P1190685・2012年5月25日(金)~27日(日)
・静岡県御殿場市(財)日本YMCA国際青少年センター 『東山荘』(とうざんそう)にて
・参加者:全国から集まったリズムブラザー&シスター約50名
・主催:ドラムサークルファシリテーター協会(DCFA)

 ボクが理事を務めるDCFA(ドラムサークルファシリテーター協会)主催による、年に一回のドラムサークルのお祭り、ドラムキャンプの11回目。ボクがつたない実行委員長させてもらって3回目、今年も全国からドラムサークルファシリテーターや、それを応援してくれているリズムブラザー&シスター約50名が霊峰富士山の麓にあつまってくれました。で、毎年恒例のドラキャンレビューです!

<<初日:会員勉強会1日目>>P1190699
 初日はDCFA会員勉強会。ひとしきりドラムサークルをやって音で再会やあらたな出会いをよろこびあったあと、座学で情報を共有。各会員の活動報告からは確実に毎年、ドラムサークルがいろんな現場に浸透して行っている事を実感、ボクもさらに自分のドラムサークルを深めていかねばなP1190592
らないな、と気合が入りました。

 夕食後は、手づくり楽器ワークショップ。のんのん三原理事のご指導で、プラ鉢タイコと噴霧器シェケレを作成。タイコの皮になる水にぬらしたクラフト用紙をみんなで必死に伸ばしたり、シェケレの小さいビーズ玉に糸を通すのにめがねをかけたりはずしたりで悪戦苦闘しながら一心不乱の大人たち。楽器の仕上がりとともに、気持ちがどんどんみんなひとつになっていきました。P1190629

 勉強会1日目のプログラム終了後、大浴場で裸のつきあいを確認・・・そして夜のお楽しみ懇親会へ。会場は初日の会員勉強会参加者特典で、男女みんなでひとつ屋根の下で快適なロッジに宿泊、そのロッジの豪華リビング。石川副理事長兼調理長による手料理に舌鼓を打ちながら、語り合い、P1190646


静かに1日目の夜が更けていきました。

 
<<中日午前:会員勉強会2日目>>
 相部屋のペッカー理事長に「もりぶー、富士山!富士山!」と起こされ、朝陽を浴びる富士山の大絶景に二人で「イエェー!!」P1190667

 美しいものを美しいと感じる情緒の大切さ。いつもボクが子どもたちに伝えたいと思っていること、ペッカーさんからはさらにパワーアップして教えられます。
 みんなそろって感謝の祈りの後の朝食で食事のありがたさを再確認、ペッカー理事長が淹れてくれたモーニングコーヒーが、からだに精気を充填してくれるよう。
 そこからごく自然な流れの中でドラムサークルが始まり、P1190590
その途切れのない一体感の中で、ドラムサークルやりながら様々なアイディア共有やお悩み相談が展開。その内容は、参加者の今後のドラムサークルに、とても大きな展開を示してくれるようなもので目からうろこの連続でした。ドンドンパラダイス~♪

 そしてみんなで午後からのドラムキャンプ本編開始準備をして、会員勉強会修了!

<<中日午後:ドラムキャンプ11 本編開始>>P1190724
 約50人分のドラムサークルのセッティングを終え、受付が始まると同時にウェルカムドラムサークルスタート!緊張の初参加者もいれば、のっけからハイテンションハグで再会をよろこびあうリピーター参加の仲間たち、このいろんな背景をもつみんなが時間の経過とともに、年に一回安心してここに集えるドラムキャンプファミリーになってもらいたい。そんな思いを理事全員、そして勉強会参加の会員さんで共有してのウェルカムドラムサークル。昨年のベストファシリテーター賞受賞の黒田さん(札幌)による歓迎ムードいっぱP1190747
いのファシリテーションで例年よりかなり早い段階でみんなの気持ちがひとつになっていった気がしました。静かなシェイカーリズムによるリズミカル自己紹介も、参加者皆さんのもっているものが見えて、その後の和みの輪の増幅に役立ちました。

 妹尾理事のハッピースマイルMCと、事務局佐藤さんによる心のこもったオリエンテーションでさらにこの場へのみなさんの定着化をはかり、それぞれの宿舎にチェックイン。みんな仲良しに!

 そしてサルサダンサーKENさんのファシリテーションによる楽しい楽しいドラムサークル。P1190794
初参加の方やドラムサークルファシリテーション初心者の方に配慮したいろんな意味で「普通」のドラムサークル。KENさん得意のダンサブルなファシリテーションを封印してのその参加者目線のすすめかたに脱帽!

 早めの夕食を済ませ、昨年は雨でできなかった念願のキャンプファイヤードラムサークルへ!森の精、火の精が太鼓の音とともに目を覚まし、一緒になってお祭り騒ぎ。フォP1190844
ークダンス踊ってマシュマロあぶって、みんなが子どもに!

 夜のプログラムはまだまだ盛りだくさん。会場を、YMCAの歴史と由緒を感じさせる本館講堂に移し、まずは今回のゲスト、ボディパーカッションの開発者であり教育者でもある山田俊之さんによるボディパーカッションワークショップ。P1190867


手拍子と身体を手で叩くだけのことが、こんなにも変化に富んだ表現を可能にするものなのか、できあがった曲は「花火」。その美しさに一同大感動。
 その後は関西で大活躍のドラムサークルファシリテーターユニットぽむるーじゅのお二人によるヒーリングドラムサークル。P1190881
深呼吸からはじまり、照明を落とし、キャンドルの灯りのゆらめきと静かなトーンチャイムの音色に心と身体が、みんなで一緒に沈静化されていくのを静かに愉しんでいると、大きな窓の向こうに、なんと本物の花火が!この偶然!今、ドラムキャンプ!ここにしかない!ここにいるみんなで共有しているリズム、空気、音、ゆったりと静かに朗読される詩によるイメージ、みんなで一緒にいるドラムキャンプ。ドラキャン本編初日が終了。

 満員御礼の大浴場で汗を流した後は、大懇親会。またまた石川副理事長兼調理長による創意工夫の手料理や、全国から集まった銘酒、珍味がズラーっと並び、飲む、語る、食べる、飲む、語る、飲む、語る、食べる・・・・ZZZZZzzzzzz....。

<<最終日>>
 またしても快晴の空に大絶景の富士山の霊が、みんなを揺り起こすように最終日の朝。P1190927
朝食をいただいた後、みんなで楽器を小脇に抱え、富士山の絶景が美しすぎる丘でモーニングドラムサークル。タイコ、小物楽器、笛、ギター、うた、ダンス、パレード、そしてたーくさんの笑顔とまっ晴れ富士山。P1190957
いったいここで何枚の写真が撮られたことでしょうか・・・。

 メイン会場にもどりボディパーカッションワークショップの2回目は、3つのチームによる創作を加味。各チームの、美しく、楽しく、カワイク、そしてアホな表現、すべてがすばらしかった!P1190966ボクは数年前にも前日の「花火」とこの「花束」による研修を2日間受けましたが、まったく印象がちがいました。そのもっていきかた、山田先生のアプローチ手法はとてもドラムサークル的で、数年前との印象の違いは、参加者の違いにもよるものかもしれませんが、さらにバージョンアップされた感と、ボク自身もドラムサークルファシリテーションを学ぶ中で受信度の変化によるものかな、と思ったり。P1190982
いずれにしてもとても勉強になるものでした。

 そしてドラキャン名物ともいえる、分科会セミナー。飯田理事、妹尾理事によるドラムサークルをファシリテーションするのに必要な基本的なキュー(合図)について学びあえるドラムサークルファシリテーション初級編、P1190998
ペッカー理事長によるいろんなドラムサークルファシリテーションのありかたを試すドラムサークルトライアル、P1200009
そして石川副理事長によるパーカッション奏法の基礎を学びあうパーカッションベーシック。どれも昨日からの充実したドラキャン体験が、各セミナーをより深く充実した内容に引き上げているようでした。P1200035

 ランチをはさんで午後も分科会セミナーで学びとよろこびをみんなで深めあった後、いよいよ感動のファイナルドラムサークルへ!毎年この時間は、こんな楽しいことが終わり、みんなとお別れなのかと思うととても寂しくなります。そんなみんなの思いを包み込むようにペッカー理事長が場をあたためると、ファシリテーター初級者がどんどんジャンプイン(ドラムサークルのセンターに入りファシリテーションキューを出す)していくのに大感動!P1200057
 その流れのままボリュームが落ち、テンポもゆるやかになり、トーンチャイムが渡されクロージングセレモニーへ。ペッカー理事長からひとりひとり名前が呼ばれ、美しいトーンチャイムの響きに祝福されながら修了証を授与。みんな素敵な笑顔!P1200060
 オープニングドラムサークルを、みんなの音で見事な歓迎行事にしてくれた黒田さんと、参加者目線によるオーソドックスなドラムサークルで、この場の安心感をかもし出してくれたKENさんには特別賞が贈られ、聴覚にハンディを持ちながら、笑顔のアップビートでみんなをもりあげてくれたあきちゃんには、参加者みんなによる選出でベスト参加者賞が贈られました。
 そして、今年のベストファシリテーター賞は、静岡で地道に医療福祉の現場で療法的ドラムサークル活動を展開、確実に成果をあげている鈴木知子さんに贈られました。P1200103

 なんどやっても別れがつらいドラムキャンプ。それだけに次回が楽しみなドラムキャンプ。
 今回は、11回目という新たな展開を模索しはじめねばならないフェーズに。それが、今回、ボディパーカッションという身近な題材でドラムサークルのなにかが動き出し、DCFAの会員がこの場を守り立て、いろんな人みんながそれぞれの立場や環境を尊重し合いながら、安心してまたここに戻ってこれる場づくり、参加してくれたみんなのおかげでそんな場がつくれた感じがします。

 ハッピースマイルMCで場を和ませつづけた妹尾理事、手づくり楽器ワークショップで豊かな経験をおしげもなく提供してくれたのんのん三原理事、直前の人数変更などに面倒で膨大な会計作業に労を惜しまず提供してくれた飯田理事、申し込みから受付業務など煩雑な事務作業全てをこなしてくれた事務局佐藤さん、DCFAの理念を語り、懇親会に精魂傾けた石川副理事長、そしてみんなをあの地点に連れて行き、どんどん盛り上げてくれながらも、常に冷静な視点で全体への注意力を欠かさず、つたない実行委員長をサポート、イベントを成功に導いてくれたペッカー理事長。最高のチームでこの活動をさせていただいていることはボクの誇りであり、そこに対するリスペクトを次回への強力なモチベーションにし、みんなの期待に応えねば、と心底思いました。P1200113

 さぁ、来年のドラムキャンプ12、どこでいったい何が起こるやら!?
 お楽しみに~!♪ 

【眼鱗】平成24年度鹿児島県高等学校教育研究会音楽部会打楽器研修(ドラムサークル)

P1190573・2012年5月23日(水)14:00.~16:20
・鹿児島県立松陽高等学校音楽室にて
・参加者:県内公立高校音楽教師約50名
・ファシリテーター:森田孝一郎

 高校の音楽の先生たちへ打楽器研修を、とのご依頼。いただいたリクエストは、いろんな打楽器の特性や奏法を知りたい、クラスでつかえるリズムゲームを知りたい、みんなで盛り上がる曲を知りたい、打楽器のチューニングを知りたい、参考になる書籍を知りたい、などなど。これらのご依頼にお応えするに、座学ではなく、あくまでドラムサークルを楽しんでもらいながら、それらのリクエストに先生方が自ら学び合えるような進行を意図しました。
 なにせ音楽の先生方なので、みなさんピアノやフルートにサックスやトランペット、そしてパーカッションの演奏経験豊富な方々。それは普段のドラムサークルとはかなり違った緊張感。
 皆さんが音楽室に入場されてくる間、ボクはタイコの音で皆さんを迎えるわけですが、ただボクがタイコ叩いても皆さん、まだ何も教わってないのにそれに合わせて自分も叩くなんてほとんどの方が思っても無いご様子。ご自分が座られた席の前にあるタイコを「邪魔だ」と言わんばかりにばかりに横にどかす先生の行動が、ボクのファシリテータースピリットに火をつけ、自分だけですが、俄然ノッテきました。それにより皆さんに拍子を示すように大きく手を振ることに。そして一人一人の先生方にアイコンタクトと身振り手振りでフリードラミングを促していきました。そうしたら、さすがです!すぐにボクの意図を察してくれ、見事なドラムサークルサウンドに♪
 
 その後は簡単なドラムサークルについての説明をはさみ、ドラムサークルやりながらアフリカンドラム、ラテンパーカッション、ブラジルサンバ系、南米系、アジア系と地域文化別に音をピックアップ、それらの打楽器の特性とその奏法に焦点をあてるパーカッションワークショップの様相を呈しながら、実はそれらを同僚、先輩の先生方に見守られながら一生懸命演奏してくださった先生方への賞賛も加味するというドラムサークルの方向性もはずさないようすすめました。

 後半は先生方のインナーチャイルドを刺激し、創造(想像)性に訴えるサウンドスケープによるリズムトリップからはじまり、メロディックセッションまでノンストップの50分間。
 先生方、開始冒頭の打楽器に関する知識を得ようという姿勢から、タイコ叩きを楽しもうという意識変化に気づきはじめ、打楽器講座よりもドラムサークルによる笑顔の増幅に大満足のご様子でした。

 
 一言ふりかえり:スキッとした。一体感。笑顔。癒し。ぬくもり。明日からやりたい。コカコーラ。目からうろこ。対話。気づき。よろこび。発散。いやなことが吹っ飛んだ。などなど。。

 夜の懇親会でも様々なご感想をいただき、音楽や打楽器のテクニカルなことよりも、ドラムサークルの楽しさとその手法について、それが生徒たちの指導にも生かされそうなことに気づいてくださったことがドラムサークルファシリテーター冥利に尽きるものでした。早速第2回目をと、リクエストもいただき、次につながる本当にありがたい1日となりました。

 この輪がさらに広がっていきますように。

【変更】かのやばら祭り2012春ドラムサークル(その1)

P1190568・2012年5月13日(日)11:30~/14:00~/
・鹿屋市かのやばら園にて
・参加者:前半ご家族連れ2組/後半約80名
・ご協力:鹿屋市職員の皆さん、高校生ボランティアスタッフの皆さん
・ファシリテーター:森田孝一郎

 昨年の花かごしま2011でのドラムサークルが好評だったため、今年は、かのやばら祭りでお花に囲まれながらのドラムサークル。
 4/30(祝)の予定が雨天順延でこの日に実施させていただきました。薄曇りで心地よい風が、ばら鑑賞にもドラムサークルにも絶好の環境。午前の部は、イングリッシュローズに囲まれた最高のお花畑ドラムサークルになりそうでしたが、場所が園内深遠部でなかなか人通りが少なく、園の職員の方の提案で人通りの多い温室前に場所変更。P1190563

 これが大正解で、高校生ボランティアスタッフの4人がたたき出す軽快なリズムに、自然と子どもたちが寄ってきて、大人たちも遊びはじめました。最後にはかのやばら園のゆるキャラばららちゃんとばらおくんも一緒にみんなと叩いてくれて盛り上がりました。

 職員の方々の機転の利いた判断と、ずっとみんなを誘い込むためのベースドラムを叩いてくれた高校生たちに感謝です!

 P1190548
次回は6/3(日)、ばら祭りの最終日に行きます。
 珍しい綺麗なバラがいっぱい!
 皆さんでかのやばら園にどうぞ!P1190546

P1190551

【安心】ドラムサークルカゴシマ♪62とパーカッションリズム&スキルワークショップ

P1190536・2012年5月12日(土)14:00~16:30
・鹿児島県青年会館そう舎にて
・参加者:大人12人子ども4人
・ファシリテーター:森田孝一郎

 前半のパーカッションリズム&スキルワークショップはサンバ&ボサノバのブラジル特集。タンボリン、サウンドシェイプつかって拍子のオモテとウラをしっかりおさえ、スルド、シェイカー、ヘピニキ、チンバウ、アゴゴとリズムを重ねていきインスタントサンババツカータがなんとなく完成。うたもうたいました。
 後半のドラムサークルでは、ボクも極力参加者の一人として、あまりいろんなキューださず、なるべくゆるやかな変化を湧出できるようにすすめてみました。オープニングセッションのあと、簡単にあいさつしただけで、後は全然しゃべらず、みんなで1時間叩きっぱなし。

子どもたちは自由奔放に叩いたり走り回ったり、大騒ぎしたり、それがドラムサークル自体とあたかも融合しているかのような安心感。ずっとお父さんにつきっきりだった小さな女の子も途中から自分なりにリズムに乗って叩きだし、保護者の付添ナシでたった一人で参加してくれた小さな男の子は、終始にぎやかにノリノリでみんなを盛り上げてくれました。
 そして参加者全員で後片付け。音で語り合った仲間たちが、今度はワイワイ言葉を交わしながらの共同作業。これもみんなが安心して参加してくれたからこそなのかなぁ、と思ったり。
 このようなそれぞれが違っててもそれが受け入れられる安心のドラムサークルを極めていきたいな、と思った62回目のコミュニティドラムサークルでした。

 おつかれさまでした!
 来月は6/14(木)場所は同じ青年会館そう舎にて、18:30~ドラムサークル、19:45~リズムトレーニングです。
 皆さんで、どうぞ!

【若さ】JAZZ CLUB@HEAVEN14キイロイトリカルテット

Img00003・2012年5月11日(金)19:40~21:45
・鹿児島市CAPARVOビル3階LiveHEAVENにて
・出演者:キイロイトリカルテット
  濱田静香(Ts、Cl)、川路亮介(Pf)、内田脩平(Ba)、手塚大介(Dr)
・お客さん:35名

 ボクが5年間にわたり青春の炎を燃やし続けた創部50年の歴史を誇る名門鹿児島大学ジャズバンド部。その後輩たちの現役学生2年生と3年生によるジャズカルテットのライヴをダンドリしました。
 サウンドチェック、リハーサルからバンドメンバーは慣れない状況に緊張の面持ち、PA&照明のオペレーターも新人さんで、ボクやハコのオジサンたちが彼らのサウンドチェック、リハーサルを温かく見守るという状況。ハコ全体に、こ慣れたもの同士では出せない、なんとも新鮮な緊張感が生まれていました。
 お客さんもほぼ9割方学生で、いつものJAZZ CLUB@HEAVENの雰囲気とは大違い。演奏はスタンダードナンバーを自分たちなりにアレンジした曲で構成。曲中にMCを入れたり、古い歌ものに楽しいオリジナルの歌詞をのせたりと独創的なアイディアも見られました。
 リズムのノリやフレーズづくりはまだまだですが、若いうちは勢いでどんどんジャズ聴いて練習していろんな人と演奏してほしいものです。
 カゴシマジャズシーンの灯が、ずっとともしつづけていけるように、そういった場づくりをしていきたいと思います。

【風音】上野原縄文の森春祭り2012縄文ドラムサークル

P1190526・2012年5月3日(祝)12:00~13:00
・霧島市上野原縄文の森にて
・参加者:約50名
・サポートスタッフ:HAMAちゃん
・ファシリテーター:森田孝一郎

 春祭りや秋祭りなどで、ほぼ毎年実施させていただいている縄文ドラムサークル。縄文時代の人々が生活した遺跡群の中でみんなでドラム叩いていると、縄文時代の人たちもきっとこんなして楽しんでたのかなぁ、と想像が膨らみます。
 今回も積極的女子中学生の団体が、「ドン♪」とみんなで音が揃っただけで大騒ぎ。何がそんなにおかしいのか次の「ドン♪」でも大笑い。それだけでみんな楽しくなってきました。そして自然とタイコだけでなく声も出てきて、ドンドコドン♪とオーオッ♪の縄文音楽が出来上がり!

 後半は縄文の森の職員さんたちも参加していただき、タイコの音、人の声、そして風の音、全てが縄文時代にタイムスリップ。五月晴れの空の下、とてもさわやかなドラムサークルとなりました。

 いつかまたみなさんとドラムサークル!

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を