« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

【言葉】志布志市田之浦中学校ドラムサークル&パーカッショントリオ

P1170498 ・2010年10月27日(木)14:25~16:00
・志布志市立田之浦中学校体育館にて
・参加者:全校生徒20人と先生方
・ファシリテーター:森田孝一郎
・出演:川田絵里子(マリンバ)、貴丸(タップダンス)、森田(ドラム)
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様

 人気プログラム(?)となりつつある「ドラムサークル&パーカッショントリオ」、前回の栗野中学校全校生徒200人から今回はその10分の1の全校生徒20人の志布志市立田之浦中学校にて行わせていただきました。
 前半はドラムサークル、後半はパーカッショントリオの演奏、最後はトリオとドラムサークルの融合という構成。ドラムサークルでは、予想に反して、生徒たちは大変大人しく静かで、じっと指示待ちの状態。身振り手振りで自由な音出しをうながすと、なんと!3拍子のパルスが・・・しかも、みんな同じリズム・・・ドラムサークル歴510回目にして、未体験のはじめてのケースからの開始となりました。
 生徒たちの様子は「?」だらけで、かなり不安げな表情。この状況からなんとか抜け出させてあげるべく、いろいろ試行錯誤しながら身振り手振りとアイコンタクトで、生徒たちにコンタクトをはかり、より自由な音出しを促しましたが、音は小さく画一的で、ボクがサークルから出ると、音が止まりそうになり、これは時間をかけて音で感じてもらうより、しっかり言葉で説明したほうが、短時間でこの子たちの自由度を高められる、と判断、言語系、非言語系おりまぜながら、非言語系のパフォーマンスを高める選択をしました。
 すると、生徒たちは見事に変身してくれました。隣の人とは違うリズムで音を重ねていくレイヤーインゲームを、しっかり言葉で説明しての開始。すると、一人一人が悩み考えながら、自分の音をつくっていくようになり、画一的でなく各人がお互いの音を支え合い、音のスペースを活かした、ドラムサークルらしい全体の音がようやく生きてきました。ここが今回のドラムサークルの着火点となりました。「みんなが主人公」という学校スローガンが現出した瞬間でした。P1170510

 後半は、パーカッショントリオ3人の気合の入った白熱の演奏に刺激され、最後は全員で大マンボセッション。すっかり盛り上がったドラムサークルは、大きな音で思い思いにリズムに身を任せ、解放された音の中でこの場を楽しんでいるようでした。

 生徒たちの反応から、紡ぎだされた今回のキーワードは「言葉」でした。それを全員で再度、しっかり腑に落とす意味で最後に「一言の言葉」によるふりかえりを実施することを選択しました。
 おもな言葉「楽しかった」「面白かった」「友情」「キレイだった」「つながり」「チョー気持ちよかった」「最強気持ちよかった」「スッキリした」などなど。ナルホド・・・・・。

 ドラムサークルは言葉をつかわない、という先入観や固定概念に支配されず、言葉をつかってしっかりファシリテーターの意図を伝えることも忘れてはならないよ。と、生徒たちから教えてもらいました。

 うむ。やはりドラムサークルは、深いなぁ。

【経験】指宿市聖亜幼稚園家庭教育学級ドラムサークル

P1170492 ・2011年10月26日(水)10:00~11:00
・場所:指宿市聖亜幼稚園内教会にて
・参加者:園児約30人+保護者約20名+職員の先生方
・ファシリテーター:森田孝一郎

 2年ぶりの聖亜幼稚園さんでの親子ドラムサークル。前回は、親子が並んでの2重の輪で、親子が密着、冒頭の一体感づくりにかなり苦労したことを思い出しました。そこで、今回は1列目に子どもたち、2列目に大人たちとしてみました。そしたら、2年前にも参加されたお母さん方がその経験値を見事に発揮、ブレの無い見事なリズムキープで全体を包み込んでくれ、冒頭のウェルカムドラムサークルから、ほとんど混沌状態の無い、すばらしい一体感のある全体リズムが生まれました。幼稚園で、こんな混沌状態の無いドラムサークルははじめてでした。
 またその全体リズムがとても心地よく、保護者の皆さんの普段の中の良さを感じるリズム。そんな大人たちの温かいリズムに包まれて、子どもたちは、お母さんのお腹の中にいてお母さんの心音のリズムでやすらぎ、ときにはしゃいでいるかのように、自由闊達に音に反応していました。
 また場所が幼稚園併設の教会で、私がドラムサークルファシリテーションを学んだアーサー・ハル先生が提唱するまさしくリズムチャーチの場。こんな場で、素晴らしいドラムサークル体験を皆さんと共有できたこと、とても幸せに感じました。

 また来年もお役にたてますように!

【言葉】薩摩川内元気塾ドラムサークル@南瀬小学校(&山田小)

P1170486 ・2011年10月24日(月)10:40~12:05
・薩摩川内市立南瀬小学校体育館にて
・参加者:山田小児童16名/先生方5名+南瀬小児童32名/先生方6名=58名
・ファシリテーター:森田孝一郎

 とにかく元気で自由闊達な薩摩川内市の子供たち。もう30数校、元気塾ドラムサークル対応してきて、あらゆる状況に応じて楽しみながら学びの場を共有できるよう積み重ねてきました。
 しかし!今回の南瀬小、山田小の子どもたちは、さらにその発展形態を示す状況となり、もうかなり必死のファシリテーション80分間でした。
 まず、冒頭のフリーセッション(ドラムコール)で、音をまとめることができず収拾がつけられない状態に。これには私自身の対応に原因があるわけですが、久しぶりにハードなファシリテーション現場におかれ、気を引き締め、子どもたちの意識を音に集約していこうと必死にもがきますが、仕方なくその音の渦の中に強制介入、一斉停止!さすがにこれにはキレイに反応してくれてひと安心。
 しかしこの強制介入が最後まで子どもたちの意識下に介在し、子どもたちの自主性発揮に対する抵抗要因になったきらいが否めません。それでも、ときおり子どもたちの中にある自由で創造性豊かなリズムが垣間見られ、それらを称賛しながらすすめました。
 最後に、これは初の試みとして、上記状況を子どもたちはどう受け取ったのかその時、すぐに知りたくなり、ファシリテーター研修ではよくやることですが、一言ずつ感じたことを単語で表してもらいました。「わからない」と「楽しかった」が大体を占めるわけですが、それら以外を抜粋。

 「気持ちよかった」「スッキリした」「キレイだった」「自然を感じた」「一緒になれた」「合わせられた」「一体感」「つかれた」「肩がイタクなった」「優しさ」「ストレス発散」などなど。

 ドラムサークルには原則、言葉は不要なわけですが、この最後のふりかえりセッションで子どもたちの感じ方の多様性を、言葉で子どもたち、先生方と共有できたことがとてもうれしく、次につながっていくことと思えました。

 気づくともうこの4年間で薩摩川内市内の小中学校の半数以上の学校でドラムサークルを実施させてきたことになります。ドラムサークルを体験した子どもたちが、その体験を活かして健やかに成長してくれますように!

【竹結】竹竹たたけ!竹灯篭ドラムサークル

P1170474・2011年10月22日(土)16:15~18:00
・福岡市博多区ヤマハ九州支店
・参加者:約30数名
・ファシリテーター:森田孝一郎
・主催:博多まちづくり協議会様
・ご依頼:ヤマハ音楽の街づくりプロジェクト様

 博多の街中で繰り広げられる「第17回博多灯明ウォッチング」の一環として、オリジナル竹灯篭をつくり、それをパーカッションにしてドラムサークルしてしまおう!という斬新な企画。しかし、あいにくの雨模様で予定されていた屋外会場から、ヤマハさんの九州支店者屋内ホールに会場をうつし、行われました。
 参加者は親子連れ中心でしたが、ボクの声かけで福岡、沖縄、そして韓国からもドラムサークル仲間がかけつけてくれました。

 ワークショップは、あらかじめ切り出され研磨された竹に好き好き思い思いにペイントし、乾かす間にドラムサークルセッティングした後、竹灯篭ドラムだけでなく、ボクが持参した小物パーカッションも交えて竹竹たたけ!ドラムサークル開始。いつものように自由にガチャガチャやってもらいながらリズムを整えていき、最初の一斉停止で「ほおー!!!」の歓声。
 そこから、せっかくつくった竹灯篭ドラムについて、楽器としての民族文化的背景と、楽しい叩き方について説明。節を挟んで筒の長いほうと短いほうの2音階(音色)をつかいわけ、4つのリズムパターンを提示、それらを自由につかいながら他の小物楽器も重ねてアンサンブルをつくっていきました。そして、各楽器別、ご家族別、座席グループ別とかに演奏を集約させていきながら一体感を高めていきました。
 小さなお子さん、お母さん、お父さん、おばあちゃん、京都から迷い込んだ?女子旅人、そして福岡、沖縄、韓国のドラムサークル経験者たち、今更ながら当然のことですが、ドラムサークルって、どんな人でも誰とでもすぐに楽しめる、ってことに、あらためて気づかされました。
 特に子どものあの「ありのまま」の楽器に対する接し方は、大人をそうさせたい!と願うボクの希求性向をさらに高めてくれ発奮させられます。

 博多は温故知新でふるきとあたらしきが同居する古都であり、多くの外国人を受容する国際都市でもあります。少しづつですが、そんな九州の一大都市博多で、ドラムサークルによるコミュニティづくりが役に立っていければ、と願っています。

 関係者の皆さん、よろしくお願いします!!

【低音】JAZZ CLUB@HEAVEN8藤原清登スペシャルジャズトリオ

111021jch8・2011年10月21日(金)19:40~22:00
・鹿児島市東千石町CAPARVOビル3階LiveHEAVENにて
・お客様:30数名
・出演:藤原清登(Bass)、Davide Santorsola(Piano)、森田孝一郎(Drums)
・企画制作:リズムハート/SRファクトリー

 ベースの藤原さんはその楽歴は無論、人気、実力も含め確実に国内トップクラスの超一流ミュージシャンで、2年前の中村誠一さん(T.Sax)との鹿児島3か所ツアーでご一緒させていただいて以来の共演。ピアノのダビデさんは、イタリア人で、ライヴ前日にイタリアから着いたばかり。こちらもこれまでフィル・ウッズ(A.Sax)やチャーリー・マリアーノ(A.Sax)ら伝説のジャズジャイアンツらと共演されてきた名手。ボクはというと・・・・薩摩ドラムバカ!

 あいにくの大雨で、客足が伸びませんでしたが、内容はというと、それはスバラシイものでした!
 藤原さんのベースは、18世紀のナポリでつくられたガリアーノという名器で、そのふくよかで深い響きは同じベースでもこれは確実に別物と感じさせ、ピチカート奏法、ボーイング奏法、どちらも普通のベースよりも何倍もの豊かな音色を聴かせてくれました。ダビデのピアノは、美しい繊細なタッチでリズムテンションを効かせたテーマ部からアドリブが進行していくにつれてどんどんサウンドが熱(厚)くなり、こちらもかなりそのサウンドに触発されました。
 
 それにしても一流のミュージシャンと共演させていただくのは、かなり緊張もしますが、こんな楽しい刺激的なことはありません。藤原さんは尊敬すべき素晴らしい芸術家としての個性をお持ちで、いつも勉強になります。ダビデさんはオドケたキャラクターと繊細かつ熱いサウンドとのギャップが楽しい南イタリア人、市街地を一緒に歩きながら「ウァオ!ナポリみたいだ!」を連発していました。

 しかし藤原さんのオリジナル作品は美しいなぁ。

 来月のJAZZ CLUB@HEAVEN9は、11/17(木)伝説の名ドラマー小山彰太トリオです!

 詳細はコチラ!>>リズムハートライヴ情報

【併用】ドラムサークルカゴシマ♪55

P1170410・2011年10月15日(土)
・鹿児島市青年会館そう舎にて
・パーカッションリズム&スキルワークショップ
 13:30~14:35
 男性2名+女性5名
・ドラムサークルカゴシマ♪
 14:45~16:15
 大人7名+子ども3名
・スタッフ:HAMAちゃん
・ファシリテーター:森田孝一郎

 4か月ぶりのホームグラウンド青年会館そう舎でのドラムサークルカゴシマ♪55は、初の試みとしてコンガ、ジェンベなどのハンドドラムの基本奏法を学べる新企画「パーカッションリズム&スキルワークショップ」との併用開催としてみました。
 すると両方参加する方、ワークショップだけ参加する方、ドラムサークルだけ参加する方、けっこう予想以上にバラつきが出て、参加者それぞれのニーズについて知ることができました。

 ワークショップは初心者、経験者どちらの「叩き方を知りたい」というニーズに対しても応えられるよう、低音、中音、高音、オープン、クローズ、の音の出し方、それらをつかったカンタンなリズムパターン、それらが低音と中音、高音による対話によるものであるということ、そして最後はトゥンバオとクラーベのアンサンブルまで、たどり着くことができました。
 同様の太鼓教室として「リズムカルチャークラブ(RCC)」を主宰していますが、RCCはボクのオリジナルアンサンブル曲を練習、演奏していく会として、このパーカッションリズム&スキルワークショップは、純粋にパーカッションのリズム&スキルを共有していく場としてすみわけしてイケル!と確信しました。しばらくこのスタイルの延長線上でやってみて、参加者層の枠組みが見えてきたら、「アフリカン特集」「ラテン特集」「ブラジリアン特集」「アラビアン特集」「カホン特集」などでシリーズ化していきたいです。人気が出てきたら、その専門分野の専門家の講師もお招きできたらいいなぁ。などと、夢はふくらみます。

 ワークショップ終了後、2名の女性参加者は満足されてお帰りになり、新たに1組のご家族、2名のお友だち同士がドラムサークルから参加。ボクとスタッフのHAMAちゃん入れて12名のドラムサークルとなりました。15分ほどのウェルカムドラムサークルの後、あいさつして、後はノンストップで70分強の楽しいドラムサークル。
 1音共有(マーキング)から、音の空間を感じながら、だんだんと分散化、フリーセッションに突入してボリュームダウン&アップしたり、テンポアップ&ダウンしたり、ランブルしてリセットしてカット&ゴー、途中1人1音を回しながら音色とタイミングの変化を堪能、それを活かしてフルグルーブに戻ると、参加者一人一人を全員が認め合う状況が深まっていったので、一気にブームワッカーとトーンチャイムをつかったメロディックセッションまで、あっという間の70分間、叩き鳴らしっぱなし。
 リピーターの方も、初参加の方も、参加者全員、充実の笑顔。

 来月以降もこのワークショップ&ドラムサークルの組み合わせで行きます。
 来月は11/24(木)会場は同じ、青年会館そう舎にて、午後6時半からドラムサークル、午後7時40分からワークショップです。

 たくさんのご参加、お待ちしています!

【新人】栗野中学校ドラムサークル&パーカッショントリオアートコラボ

P1170368・2010年10月7日(金)13:50~15:30
・湧水町立栗野中学校体育館にて
・参加者:全校生徒200人と先生方
・出演:川田絵里子(マリンバ)、貴丸(タップダンス)、森田(ドラム)
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:NPO法人かごしま子ども芸術センター様

 昨年から企画し、県内各学校で展開中のドラムサークル&パーカッショントリオアートコラボ。今回は、新メンバーとしてタップダンスの貴丸さんに入ってもらい、また全校生徒200人でのドラムサークル、ボクが用意できるドラムサークル楽器最大200人分を全てつかい、当企画は新境地へと進んで行きました。

 ドラムサークルの冒頭、いつものように自由気まま好き勝手にドンチャカガチャガチャ♪、何も統制されない混沌の集団状況と相成るわけですが、今回はなにせ200人ですから、真ん中でボクが手をあげようが、声をあげようが、生徒たちは知ったこっちゃありません。そうなることを予測して、今回は秘密兵器をつくりました。プラカードです。
 「次の合図でみんなで一緒に止まります」「他は止まるけど、あなたは止めないで続けてください」「1年生」「2年生」「3年生」「男子」「女子」「先生方」と8枚つくりました。コレは効きました。手を掲げてボディランゲージでコンタクトしようとしても200人の中では、それが自分に対してなのかどうか、感度が薄まるようで、コンタクトに対する反応が期待できませんでしたが、なぜかプラカード掲げると、みんな「ん?何?」みたいな感じで見てくれ、200人の一斉停止が、なんと1回のキューで超キレイにキマったのです!

 思わず200人が「イイェー!!!」でした。P1170392

 そんなプラカード効果で、200人の一体感はいやがおうにも盛り上がり、第2部のパーカッショントリオの演奏では、そんな生徒たちに負けじと我々演奏家も気合が入り、その迫力の演奏に生徒たちはみんな釘付けの様子。自ら見えやすい位置に移動してみていました。演奏を聴くというより、まさしく「見る」という楽しみ方で、我々はさらに気合が入りました。
 中でも新メンバー貴丸さんの激しいタップダンスの動きとリズムに、生徒たちはその足元を間近で見て狂喜乱舞、そしてマリンバ川田さんのふくよかで素敵な音色に、生徒たちがどんどんひきつけられていくようでした。
 
 1部のドラムサークル、2部のトリオ演奏鑑賞という体験で得られた経験値を、最後のドラムサークル&パーカッショントリオアートコラボで発散!
 演奏者と鑑賞者という枠組みの無い全員演奏参加型音楽は、まだまだいろんな可能性を秘めているようで、追求したいテーマ。今月もう1回、このプログラムで大隅半島の中学校に行くので楽しみです。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を