« 【出会】飯田さつきsings the STANDARDS 南九州ツアー2011 | トップページ | 【至福】ドラムサークルカゴシマ♪53 in 枕崎 »

【熟成】鹿児島市芸術家派遣プロジェクト犬迫小ドラムサークル

P1160816 ・2011年7月14日(木)10:40~12:30
・鹿児島市立犬迫小学校体育館にて
・参加者:全校生徒74名+職員の先生方
・ご依頼:NPO法人かごしまアートネットワーク
・ファシリテーター:森田孝一郎

 鹿児島市犬迫町は、ボクの伊敷1丁目の自宅から車で10分かからないほどの距離ですが、周囲は豊かな自然に囲まれ児童数も全校生徒で74名と小規模。そんな市内近郊山間部の子どもたちの特性はいかに!?冒頭のフリーセッションから、じっくり一人一人の子どもたちとコンタクトとりながら、どういうドラムサークルにしていくか、じっくり考えました。すると、みんなボクのアイコンタクトに躊躇せず、よく目を見てくれること、合図に素直に反応してくれることなどがわかり、時間も十分にあることから、先日名古屋で2年ぶりに教えを乞うた、アーサー・ハル先生方式による、「全体」>「グループ」>「個別」>「全体」という、そのアプローチ視点の変化に応じたシーケンスを選択しながら、コミュニティ全体の変化(成長)の過程をみんなで共有することとしました。

 その結果、全体の音から、楽器や構造の種類別に聴き分け、サウンドスケープでより個人の役割と創造性に焦点を当て、音階のあるブームワッカーとトーンチャイムで音に色彩感を感じさせながら全体を一体化させていくという流れが、自然と引き出された、小学校ドラムサークルでありながら、ある程度熟成されたコミュニティが持つパワーによるドラムサークルとなりました。その間、長時間に渡り低学年から高学年まで概ね集中力が持続され、お互いに助け合いゆずり合いながらドラムサークルを楽しんでくれたようでした。
 そんな中で、これまでそれほどでもなかった音楽や楽器に大いに興味を示してくれた子どももいたり、音楽に限らず、仲間との協調性や一体感、そして全てのことを受け入れる受容性など、学校生活や社会での集団活動概念を少しでも感じ取ってくれたらと思います。

 9月には今回の内容を踏まえて1.2年生にドラムサークル実施予定。次回はどういう変化を見せてくれるか、とても楽しみです!

※ 当ドラムサークルブログでは、参加者様、クライエント様への配慮から表層的な内容しか掲載していません。
※ 学校、福祉施設、病院、企業などドラムサークル事後のフィードバックを必要とされるクライエント様向けには、各セッションスキームごとの各アクティビティ選択の目的と内容、そしてその結果(生徒さん、利用者さん達の変化)など、より詳しい実施報告書を提出しています。 

« 【出会】飯田さつきsings the STANDARDS 南九州ツアー2011 | トップページ | 【至福】ドラムサークルカゴシマ♪53 in 枕崎 »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【出会】飯田さつきsings the STANDARDS 南九州ツアー2011 | トップページ | 【至福】ドラムサークルカゴシマ♪53 in 枕崎 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を