« 【発散】鹿児島市芸術家派遣プロジェクト「ジャズ for キッズ」松元小学校 | トップページ | 【同志】名古屋・岐阜ドラムサークルツアー@Drum about Japan 2011 »

【促進】鹿児島県精神科病院協会平成23年度レクリエーション研修会

P1160618 ・2011年6月27日(月)13:20~15:00
・鹿児島アリーナにて
・参加者:協会会員約130名
・ファシリテーター:森田孝一郎

 今回、表記の研修会でドラムサークルをとりあげていただきました。精神科医療系は、ドラムサークルで起業した際、いつかお役に立ちたいと願い続けていた分野で、この3年近く鹿児島市内の精神科病院にて月2回のドラムサークルを実施させていただきながら実例を積み重ねてきました。
 それと同時に、毎月の自主運営コミュニティドラムサークルの参加者の社会福祉士さんの勤務先でのお誕生会ドラムサークル実施が実を結び、今回のご依頼につながりましたことなど、そういう意味でも今回のご依頼は、ほんとうにありがたい、身に余る光栄でした。

 しかしながら参加人数が約130名(ほとんどが現場の作業療法士さん)という規模。与えられた時間で、みなさんにどこまでドラムサークルへの理解を深めていただけるか、とても大きな不安でした。しかし、午前中の講演(鹿児島大学助教柳田先生による「効果が見える集団活動~」)で、集団の変化(発達)に関する内容が、とてもドラムサークルにおけるコミュニティの成長と酷似していて、オープニングの混沌状態から最初の一体感づくりまでの変化は、開会セレモニー挿入の関係で、一斉停止させねばならないのが惜しいぐらい、ほんと短い時間でしたが、まさしくドラムサークルそのものを体感してもらえた気がします。

 プログラムは、与えられた時間を大きく3つに分け、1stセッションは通常のドラムサークルのフォーマットを体験していただき、2ndセッションはすぐに現場で活用できそうな大きな楽器をつかわないリズムアクティビティをいくつかご紹介、3rdセッションは実際の精神科病棟で精神科患者さんたちに私が対処しているドラムサークルを模擬体験していただきました。

 かなり駆け足で表層的な部分のみをご紹介したにすぎませんが、現場の作業療法士の皆さんがドラムサークル的な、リズムの輪から生まれるその活用価値に気づいてくれるきっかけになってくれたらと願います。

 また同会におきましては、今回に限らず、継続的なドラムサークルのご検証、評価をいただく機会をいただけるよう、ますます研鑽に励みたいと思いました。

 ありがとうございました。

« 【発散】鹿児島市芸術家派遣プロジェクト「ジャズ for キッズ」松元小学校 | トップページ | 【同志】名古屋・岐阜ドラムサークルツアー@Drum about Japan 2011 »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【発散】鹿児島市芸術家派遣プロジェクト「ジャズ for キッズ」松元小学校 | トップページ | 【同志】名古屋・岐阜ドラムサークルツアー@Drum about Japan 2011 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を