« 【晴天】縄文春祭り2011ドラムサークル | トップページ | 【天気】花かごしま2011ドラムサークル3 »

【天国】世界でいちばん幸福な音楽会

110508tengoku ・2011年5月7日(土)10:10~11:50
・鹿児島県霧島市セレモニー国分 天国会館にて
・お客様:約130名
・主催・ご依頼:天国葬祭
・出演:サツマブラジリア
     小原留美子【Flute】、東別府龍真【Guitar】、森田孝一郎【Percussion】

 以前、社員研修でドラムサークルを実施させていただいたご縁で、今回は地域の皆様向けのコンサートを企画していただきました。ご依頼の内容が「初夏らしい明るく陽気な音楽を」ということで、ショーロ、ボサノバ、サンバなどブラジル音楽を主体とする、フルート、ギター、パーカッションのトリオ「サツマブラジリア」。
 このコンサートは、今回ご依頼いただいた天国葬祭様が地域の皆様向けのメセナコミュニケーション事業の一環として開催されている「世界でいちばん幸福な音楽会」というシリーズ。

 で、今回のタイトルがなんと!

 「天国でボサノバ!」

 コンサート会場は、普段は葬儀場です。そして、ステージは、そう、祭壇です。まさに、天国でボサノバ。

 当然、慣れないシチュエーションに、最初はメンバーも緊張気味でしたが、ボクの軽妙なMCでだんだんほぐれてきて、だんだん、会場の皆さんと一緒にリラックスモードに。
 そして最後は、お客さんもほぼ全員、シェイカーやアゴゴ、鍋、釜、鈴、カスタネットなどのパーカッションをかきならし、サンバナンバー、トリステーザを合奏、合唱して一気にみんなで天国気分♪

 最高潮のエンディングでアンコールに突入するも、アンコールは震災復興を会場全員で祈りながらの「見上げてごらん夜の星を」で、しっかりその願いの歌を皆さんの心に刻んで終演。

 我ながらかなりイイ感じの演出で、お帰りの際、たくさんの方から満面の笑顔で好評、握手いただきました。

 いやー、天国コンサート、また次回も出番をいただきますように!

« 【晴天】縄文春祭り2011ドラムサークル | トップページ | 【天気】花かごしま2011ドラムサークル3 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【晴天】縄文春祭り2011ドラムサークル | トップページ | 【天気】花かごしま2011ドラムサークル3 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を