« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

【自主】薩摩川内元気塾@峰山小学校

P1140094s ・2011年2月23日(水)10:25~11:30
・薩摩川内市峰山小学校体育館にて
・参加者:全校児童約40名+先生方
・ファシリテーター:森田孝一郎

 本年度最後の薩摩川内元気塾は、峰山小学校。近くには武家屋敷や戦国時代の山城など旧跡があり、小春日和の心地よい風が吹いていました。
 いつものようにウェルカムドラムサークルをフリーセッション形式で開始するわけですが、当然のごとく最初はバラバラ、1枚目の写真のごとく、ほぼ全員が椅子にさえ座らず好き勝手に叩き放題。しかし、ベースドラムの男の子2人が、2つのパルス(一定のリズム)を叩き出し、ボクがそれに同調するようにうながすと、すぐに状況を理解し、全体リズムが生まれるのに、ほんの5分もかかりませんでした。そして、なんと、ベースドラムの出すパルスを起点に、どんどんウラのリズムが出てくるではありませんか!これには驚きでした。P1140099s
 また感じたことを素直に言葉にし、それを共有することで、その言葉が次のセッションに反映されていく感じで40数名のコミュニティが成長していく様が、席替えまでの前半で、かなりな部分まで伸張できました。
 しかし後半開始の席替え時のちょっとしたトラブルで、私自身に迷いが生じ、子どもたちの集中力を切らしてしまった感が否めません。
 出てくる音や、子どもたちの表情から、席替えがそのコミュニティレベルを一旦崩壊させてしまったようで、その進展の度合いを巻き戻す必要があると判断し、その対処を行い、次のレベルへとすすみました。
 しかし最後は、波の音や風の音などのアンビエント(効果音)楽器で個人の出す音にフォーカスしはじめると、また音に集中していく感じでエンディングに向けて収束させていくことができました。

 P1140111s 実は、席替えは必ずするものとして実施してしまいました。そうではなく、ファシリテーターとしては、前半の観察結果からでそれを判断すべきで、もしかしたら席替えせず、そのまま進行させたほうが前半で伸張したコミュニティレベルをさらにひきあげることができたのではないか。など、帰りの車中でひとりふりかえりでした。

 来年度も、薩摩川内元気塾ドラムサークルを、よろしくお願いします!

【生活】第1回消費生活エキスポかごしまドラムサークル

110222expo ・2011年2月22日(火)12:30~13:00
・鹿児島市山形屋1号館6階大催場にて
・参加者:ご来場中の約20名様
・主催:鹿児島市消費生活センター
・ファシリテーター:森田孝一郎

 週末をはさんで5日間にわたって開催されました、第1回消費生活エキスポかごしまの最終日を飾るドラムサークルをさせていただきました。
 ボクの担当したドラムサークルの前は、小顔に見せるためのメークアップ講座、後はカッテージチーズをつくろう!講座で、会場にお集まりの皆さんは、ご家庭の主婦が多く集まられており、にぎやかでした。皆さん当然、ドラムサークルははじめての様子でしたが、すぐに状況を理解してくださり、ドンドコシャンシャン♪、ボクの合図にもよく反応してくださりました。
 消費生活に関する暮らしの情報博覧会といった主旨のイベントでしたので、生活のリズムに関する話も交えて、あっという間の30分間でした。参加してくださった皆さんの暮らしの中でのいろんなリズム習慣の場面で、今日のドラムサークルで奏でたリズムを思い出してくれたらなぁ、と思います。

【kirari】YULYライブfeaturing妹尾美穂

Yuly110220mihopower ・2011年2月20日(土)19:30~22:00
・鹿児島市music&cafe 明日の地図にて
・お客様:50名弱満員
・出演:YULY(Vocal)、妹尾美穂(Piano)、小松康(Bass)、森田孝一郎(Drums)
     ウクレレぢぢぃ(Guitar,ukulele)

 当日のお昼にドラムサークルカゴシマ♪49を終えたばっかりのボクと妹尾美穂さんは、そのまま、その日のライブ会場、music&cafe 明日の地図に移動し、リハーサル。
 2日前もリハしましたが、やはり妹尾さんのオリジナルを演奏するに、ここでも全曲通しでリハしました。リハが終わったとたん、お客さんがぞろぞろご入場され、開演前に立ち見が出る満員御礼状態に。
 お昼のドラムサークル同様、ここでもmihopower全開、笑顔満開のライブがスタート。妹尾さんの作品をピアノトリオで3曲演奏し終わったころには、お客様全員が妹尾美穂ワールドに連れ去られていました。
 それにつづくYULYさんのヴォーカルも、いつもより自分の世界観を深く気持ちをこめたうたになり、急遽出演が決まった、ゲストのウクレレぢぢぃのキャラとはまったく裏腹のギターサウンドが、バンドとしての音楽をより引き締めてくれました。小松さんのベースも、アルコの響きがすばらしく、妹尾作品にマッチしていました。
 後半のステージも妹尾さんの作品とYULYさんのヴォーカルですすみ、アンコール最後の妹尾さんの作品のアルバムタイトル「kirari」で会場は、ドラムサークルさながらのリズム一体感ライブに。
 
 ドラマーとしては、どこまで妹尾作品の世界を描けたかは自信がありませんが、妹尾美穂という魅力あふれるピアニストの音を鹿児島の地でたくさんの方々に聴いていただく機会に、ドラマーとしてお手伝いできたこと大変うれしく思いました。

 4月からは東京に出て腕を磨かれるとのこと。きっと妹尾さんのピアノは、もっともっとたくさんの人々をハッピーにする機会に恵まれることと思います。

 またご一緒させていただく機会がありますように、ボクもがんばります!

【笑顔】ドラムサークルカゴシマ♪=49=

1102220dck49 ・2011年2月20日(土)13:30~15:30
・鹿児島市青年会館艸舎(そうしゃ)にて
・参加者:13人(内1名は生後3ヶ月の赤ちゃん)+アンドレ
・ゲストファシリテーター:妹尾美穂岡山ドラムサークルより)
・ファシリテーター:森田孝一郎

 1月は休んだので2011年最初で、通産49回目のドラムサークルカゴシマ♪は、49回記念(?)ということで、岡山ドラムサークルから、妹尾美穂さんをお迎えしました。
 それに呼応してか!?神奈川県から前日結婚されたばかりの福薗さんご夫妻、宮崎から九州ドラキャン皆勤賞のKさんとアンドレ、そして福ちゃんまで遠方より、来てくれ、そしてまた、ドラムサークルカゴシマスタッフを産休していた、サリーちゃんが産まれたての赤ちゃんと一緒に来てくれ、そこにリズムカルチャークラブ(ボクが指導している太鼓教室)の生徒さんたちが絡み、それはそれはほんとの家族みたいな参加者構成になりました。

前半はボクがウェルカムから休憩までの時間を担当し、十分に場を暖めてから妹尾さんに引渡し。そこからは、笑顔、笑顔、そして笑顔のハッピースマイルドラムサークル。いつもボクのファシリテーションでしかドラムサークル体験したことのない参加者の皆さんにとっては、とっても新鮮な楽しいドラムサークルになったことと思います。
 そんな家族みたいなドラムサークルのリズムの中で、赤ちゃんはみんなに優しく見守られながら幸せなリズムの中を漂い、そのうちお母さんに抱かれたまま熟睡。アンドレも静かなリズムの中では、眼を細め気持ちよさそうにしてました。福薗さんご夫妻の幸せ気分もさらにアップ!

 さ、来月はいよいよ九州ドラキャン5@屋久島です!
 あの人、この人、そしてなんとあの人も来ますよ!
 皆さんでいらしてください!
 春の3連休で現地の予約が立て込み始めています。
 参加予定の方は、今月中のお申込をお願いします。

 青年会館艸舎(そうしゃ)での次回ドラムサークルカゴシマ♪は、50回記念大会。
 4/16(土)13:30~です。
 何が出るか!?
 お楽しみに。

【祝宴】福薗家倉茂家ブライダルドラムサークル

P1140069 ・2011年2月19日(土)13:40~14:25
・鹿児島県姶良市生望バプテスト教会にて
・新郎:福薗昭夫さん 新婦:倉茂美和子さん
・参加者:結婚式ご参列のご両家ご親族ご友人など約40名
・ファシリテーター:森田孝一郎

 ストルこと福薗昭夫さんがボクの主催するコミュニティドラムサークル(ドラムサークルカゴシマ♪)に通うようになったのは、ドラムサークルカゴシマ♪がスタートした5年ほど前でしょうか。毎回来てくれるので、スタッフになってもらい、以降、いろいろ手伝ってくれるようになりました。そして、2年ほど前、彼は東京へ転勤。そこで関東地区のドラムサークル仲間とつながり、ドラムサークルで倉茂美和子さんと知り合い、このたびのご結婚と。
 人と人をつなげるのがドラムサークルの役割のひとつなら、そこでつながった結果、結婚されてしまう、というのは、これ以上無いつながりの結果であり、これはドラムサークルファシリテーターとして、至上のよろこびなわけです。
 その結婚式後のドラムサークルを依頼され、とても誇らしく晴れがましい気分ながら、ドラムサークル初体験のご両家ご親族の皆さんが、どうやってお二人を祝福するリズムを奏でることのお手伝いができるものか、いろいろなシュミレーションを行い、当日の瞬間的な状況に即対応ができるよう準備して望みました。
 おりしも新郎新婦の友人で岡山から同じくドラムサークルファシリテーターの妹尾美穂さんが、結婚式のピアノ演奏者としていらしていて、これ幸いとベースドラムでのパルスキープをお願いしました。参加者の皆さんは、最初、当然ながら、自分が演奏するなんて、とてもとても・・・という感じでしたが、妹尾美穂さんのキラキラした笑顔と優しいベースドラムのリズムが、皆さんの気持ちをドラムサークルの中に引き込んでいってくれ、だんだんと新郎新婦の入場を歓迎するお祝いのリズムができあがっていきました。

 冒頭のセッションが最高潮に達した時点で最初の一斉停止、そして再開し、ボリュームダウン。そこに、リンリンリンリン♪と手に鈴を持った新郎新婦が登場。お花で飾ったマイドラムの座席に着席して、約1時間のドラムサークル祝宴。

 いろいろシュミレーションしたイメージのほんの一部しかできませんでしたが、最初戸惑いの様子だった参加者の皆さんの表情が、納得と喜びの笑顔に変化していく様をみるのは、ドラムサークルファシリテーターとして、とても自分の役割を認識することができる瞬間です。Bridal110219stol

 しかし、いくつか反省点がありながらも、この機会を与えてくれたことに感謝し、新しい出会いを創造するドラムサークルの価値の大きさを思い知らされたドラムサークルとなりました。

 お幸せに♪

【変化】高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」鹿屋公演2011

P114005811回:2011年2月12日(土)13:00~15:30(400席満席)
12回:2011年2月12日(土)19:00~21:30(400席満席)
13回:2011年2月13日(日)13:00~15:30(400席満席)
・鹿屋市リナシティかのやにて
・出演:鹿屋、国分、奄美の普通の高校生たち
・音響・照明・舞台:株式会社舞研
・作・演出:松永太郎
・演奏:松永太郎&ヒメヒコバンド
 松永太郎(Vo,Gt,Key,Per)、永志保(唄,三味線,Key)、了徳寺洋(Gt)、斎之平美和(Vln)芳田聡子(Key)、上谷耕平(B)、森田孝一郎(Dr,Per)

 高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」鹿屋公演2011が終わりました。
 関係者の皆さん、大変おつかれさまでした。
 毎回恒例(?)のドラマーからみたヒメヒコの記録をお伝えいたします。

 このプロジェクトが動き出して4年、今回が都合11回、12回、13回目の公演。その全てにドラマーとして参加させていただいてきました。1000年前の大隅と奄美の交流が、今も息づいていることを高校生の不思議なタイムスリップ体験を通して描き出すストーリーはずっと同じですが、毎回、その公演環境は変化してきました。P1140020
 舞台に立つキャスト、ダンサー、歌い手たちが全て高校生ですから「卒業」があることはもちろん、その高校生たちのキャラクターの変化に応じた脚本の進行や挿入歌や演出の変更、追加、修正、そして会場もホームグラウンドのリナシティかのやだけでなく、奄美市や志布志市へも巡業し、それに伴う「松永組」スタッフの変更など、とにかく毎回いろんな変化への対応が求められるロングラン公演なのです。しかし、その変化があるからこそ、ロングランとしてプロジェクトの生命が脈動し続けてきているのだと思います。
 
P1140032  しかし今回は、ボクの認識ではバンドメンバーの一部変更と2日目に大島高校の高校生たちが出演者に加わるということがあったぐらいで、キャスト、脚本、挿入曲ともに目立った大きな変化は無かったようですが、実は極めて個人的に「変えよう」と決意して望んだ公演だったのです。
 それはボクのドラム自体です。今までも、もちろん舞台に立つ高校生たちを鼓舞し、お客様に感動してもらうためのサポート演奏に徹してきたつもりでしたが、その根底にあったのは、やはりバンド演奏も聴いていただく「ライブ」でした。今回、公演に先立ち、そうではないのではないかと自問自答したわけです。

 本番2週間前の舞台リハのときに、演出家の松永さんから前回昨年11月の志布志公P1140029 演のDVDをいただきました。早速自宅で観てみて愕然としたのです。極論すると「このままではダメだ!」と思ったのです。演奏は、満員のお客様の雰囲気の中、多少突込み気味ですがイイ感じで盛り上がっています。しかし、コレではせっかくの高校生たちの迫真の演技が台無しではないか!?と。もしかして、うたうときに声を張り上げねばならなかったのではないか!?と。それを思うととても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
 もっと音量を抑えて、リズムのノリは崩さず、ここぞというときだけスパイスを効かすような演奏で舞台にメリハリをつけると、もっと演技が映えるのではないか。もっとうたいやすくなるのではないか。
 このことをバンドメンバー間のメールで伝えました。演出家でバンマスでもある松永さんも同調してくれ、現場に入ってからもベースの上谷さん、音響の田中さん(舞研)、てっぺいさん(同)も「ライブとしてのノリは落とさずにうたをいかす」という共通認識で一緒に試行錯誤したのです。
 P1140057 映像音声記録を見直さないと客観的に評価はできないですが、そういったスタッフ間の共通認識が、ボクのドラミングを変える勇気を後押ししてくれるようで、とても心強く、自信をもって、そして安心してその変化へ対応できた気がします。毎回のことですが、本当にこのチームはすごいのです。

 これまでアンサンブルを主体として演奏するバンドでも同じような変化は求められました。自分でもそうしないと(音を抑えないと)と、常に自問自答してきました。しかし、そこには常に大きな不安と葛藤が横たわり安心とは程遠い精神状態での演奏に終始してきました。それはそれで貴重な経験なのですが、音だけでなく、高校生のうたやダンス、そして舞台を照らす照明や舞台セットまで含めての、ミュージカルという総合芸術をつくりあげるチームの中にいて、自分自身の変化の必要性とその手法を探しあてられたことが、この舞台づくりに関わる一人として、とても大きな満足感を得られた公演となりました。P1140052

 そんなボク自身の変化など単なるココだけの記録であって、舞台に立った高校生たちの変化ぶり、光りぶりは、それはそれは毎回、眼を見晴らされます。まったくのゼロからのチャレンジに対し、大きな不安と苦しみのトンネルを抜け、大きな大きな成果を成し遂げつつある高校生たちの舞台上での表情には、ボクたち大人がだんだんと忘れていってしまう「熱」が充満しており、自分のあり方を問い直させるに十分すぎます。今回の、ボク自身の変化への対応も、そんな高校生たちの「熱」伝導から引き出された気がしています。

 Himehikoband2011 また次回もこのチームに召集されるべく、そして高校生たちの「熱」に負けないよう修練を重ねねば、と気持ちを新たにした今回のヒメヒコドラマー記録でした。

※掲載している舞台写真はリハーサル中のものです。

松永組長から動画掲載の許可をいただきましたので、本番前の気合入れの様子をご覧ください。

鹿児島中央駅AMU広場九州新幹線全線開業イベントステージ

P1090777 ・2011年1月15日~3月30日
・鹿児島中央駅前AMU広場
・1月は14:00と16:00
・2月3月は16:00と18:00
・出演:鹿児島のアーティストたち23組
・ご依頼:JR九州エージェンシー様
・ブッキング担当:リズムハート

 昨年の11月から続いているAMUステージ。事後ではなく、事前に内容を知りたいとのお声があり、1月は済んでしまいましたが、2月、3月のスケジュールをアップします。
 お目当てのアーティストの応援に駆けつけ、AMUプラザ、鹿児島中央駅を楽しんでください!

【1月】終了しました。
1/15(土)
 14:00 masayan(弾き語り)
 16:00 ALY TORAORE ジェンベソロP1130410
1/16(日)
 14:00 ムーシカ(ギリシャ民族音楽)
 16:00 kilakila(ポップバンド)
1/22(土)
 14:00 fan(ポップバンド)
 16:00 胡留音(二胡グループ)
1/29(土)
 14:00 YOKO(弾き語り)
 16:00 MUSIC AFRICAN

【2月】
2/9(水)
 16:00 さつまっ娘(ポップデュオ)
 18:00 BON DX(アコースティックスカバンド)
2/14(月)
 16:00 RENS(ポップバンド)
 18:00 少年ラヂオ(ポップバンド)
2/15(火)
 16:00 masayan(弾き語り)
 18:00 聖音(弾き語り)
2/16(水)
 16:00 ALY TORAORE ジェンベソロP1130513
 18:00 MUSIC AFRICAN
2/17(木)
 16:00 YOKO(弾き語り)
 18:00 マサヤン&ジュンコ(ポップデュオ)
2/25(金)
 16:00 & 18:00
 JAZZ MENS 4(ジャズクアルテット)
  増田與八郎(sax)/田島良一(piano)/有村譲治(bass)/森田孝一郎(drums)
2/28(月)
 16:00 & 18:00
  ココムーンペリ(コカリナ&パーカッションデュオ)

【3月】
3/1(火)
 16:00 & 18:00
 すんくじら Brothers Band
3/2(水)
 16:00 fan(ポップバンド)
 18:00 MUSIC AFRICAN
3/3(木)
 16:00 ムーシカ(ギリシャ民族音楽)
 18:00 さんグラス(アコースティックロック)
3/4(金)
 16:00 & 18:00
 松本圭使Group(ジャズヴォーカル&Pianoトリオ)P1130375_2
3/7(月)
 16:00 少年ラヂオ(ポップバンド)
 18:00 アンチバンド(ロックバンド)
3/8(火)
 16:00 聖音(弾き語り)
 18:00 そよ風
3/9(水)
 16:00 胡留音(二胡グループ)
 18:00 鹿児島ベリーダンサーズ&トライバルベリーダンススタジオ Tribalesque
3/10(木)
 16:00 KAGOSHIMA FUNK ORGANIZATION(ファンクバンド)
 18:00 Oh ! Love (ゴスペル)
3/31(木)
 16:00 & 18:00
 JAZZ MENS 4(ジャズクアルテット)
  増田與八郎(sax)/田島良一(piano)/有村譲治(bass)/森田孝一郎(drums)

【3/6追加分】

3/23
 14:00 アリ・トラオレ ジェンベソロ
 16:00 ミュージックアフリカン  18:00 SAMS (ギター弾き語り&コーラス) 3/24  14:00 聖音(Piano弾き語り)  16:00 なかはたはるなり (ブルース弾き語り)NEW!  18:00 いしづえ (ポップ演歌)NEW! 3/25  14:00 ミュージックアフリカン  16:00 アリ・トラオレ ジェンベソロ
 18:00 聖音(Piano弾き語り) 3/29  16:00 すんくじらブラザースバンド(ブルーズ&ジャズ)      18:00 すんくじらブラザースバンド(ブルーズ&ジャズ)  ※3/1の出演が大盛り上がりだったようです。 3/30  16:00 ミュージックアフリカン  18:00 ヤマト&ジュンコ (ポップデュオ)NEW!

※まだ追加がある予定。順次アップします。

【濃密】ご近所 de JAZZ第2弾郡山町

P1140005 ・2011年2月6日(日)16:00~17:30
・鹿児島市郡山公民館にて
・お客様:300数十名(ほぼ満員)
・出演:SwingTime
         尾崎佳奈子(A.Sax)、内薗恵理子(Piano)、有村譲治(Bass)、森田孝一郎(Drums)
・主催:鹿児島市民文化ホール

 鹿児島市民文化ホールによるアウトリーチ(お出かけ)活動の一環として、企画から参加させていただいた「ご近所 de JAZZ」の第2弾、鹿児島市郊外にある郡山公民館にて、ボクがリーダーをつとめるSwingTimeの4人で出演させていただきました。
 昨年12月の松元町公民館での前回に続き、小さい子どもからお年寄りまで会場は超満員のお客様。「ご近所 de JAZZ」は、ジャズという、とかく排他的なイメージのある難解な音楽を、いかに身近に、これがいかに自由で楽しい音楽であるかを知ってもらい、気軽に地域の施設で音楽を楽しんでもらおうという趣旨のコンサート事業。
 それに沿って、プログラムもおなじみのスタンダードナンバーを中心にしながらも、アレンジの妙を聴かせたり、原曲に忠実に演奏したり、ジャズの根源たるアドリブをじっくり聴いてもらったりと、とても守備範囲の広いプログラムにしています。P1130997
 そのせいか、会場は終始歓声とどよめきに満ち、途中の質問コーナー、体験コーナーでは、さらにお客さんたちと演奏者とのコミュニケーションが深まり、90分のプログラムとして、とても濃密なSwingTimeを楽しんでいただけたことと思います。

 世の中にはいろんな音楽、いろんなジャズがあるわけですが、ボクはジャズファン以外にこのようなジャズの楽しさを伝えて行きながら、ジャズファンを増やしたいという気持ちが強く、またこんな幅広い層の人同士が一緒にジャズを楽しめるコンサートが大好きです。
 今後も、気の知れた演奏家たちと、いろんなお客さんたちの笑顔の中でジャズが演奏し続けられるようにがんばってまいります。

 また皆さんのご近所でお会いしたいと思います。
 ありがとうございました。

【原始】土笛づくりワークショップ

P1130968 ・2011年2月6日(日)09:00~12:00
・姶良市蒲生町森の学校楠学園にて
・参加者:子ども10人ぐらいと大人5人(内外国人3人)
・ファシリテーター:森田孝一郎

 2009年に行った手づくりタイコワークショップ、カリンバづくりワークショップにつづく手づくり楽器ワークショップ@楠学園の第3弾は、土笛づくり!
 ご依頼をうけたのが1年ほど前。それ以来、どんな土笛づくりをファシリテーションするか、いろいろ試行錯誤してきました。しかし参加者のほとんどが子どもと外国人!ってんで、言葉よりも、やって示すしかない感じ。でも、単純に土をコネコネするのって楽しい!P1130969

 手順は以前、第1回九州ドラムキャンプin阿蘇で土笛つくった経験をもとに、コネコネ、カタチを整えて一心不乱にみんなで土に向き合います。
 カタチが整ったら、タコ糸で半分に切り、空洞部分をスプーンでこさぎ、切断面に爪楊枝で切り傷を入れて接着面同士がなじむように。そんで、ふたつの土笛本体を重ね、接着面をスリスリ。吹き口、指穴を空けてフーフー♪鳴った!?鳴らない?いろいろです。

P1130974  土笛としての機能をつくりあげたら、アートです。いろんな模様を描きます。
 それぞれが好き勝手にいろんな模様を描きました。
 縄文模様、秘密の呪文、単なる線、中には吹き口のそばにウ○チの絵が・・・。
 かなりいろんな土笛ができて、あまった粘土で子どもたちはいろんなのをつくってました。

 つくった土笛をストーブの前で乾かしながら、ボクが持ってきた小物楽器でスモールタンバードラムサークル。ドンチャカガチャガチャ♪やった後に、半渇きの土笛をピヨー♪
 うむ。なんか、ヘンな世界観だけど、不思議な楽しさ。
 またドラムサークルに戻って、みんなで即興のうたをうたってお開きでした。P1130977

 つくった土笛は近所の釜で焼いてくれるそう。
 焼けあがった土笛がまたどんな音がするか楽しみです。

REMO アシーコのヘッド張替え

P1130885_2 ドラムサークル活動を始めて5年が経過、これまで400回以上のドラムサークルで大活躍してきたREMOドラムちゃんたち。そんな中でもアシーコというジェンベに似た5台のドラムちゃんたちは、大変重宝され、ヘッドの痛みがかなり激しく、応急処置の連続で写真のような状態に。
 そこで、この5台のヘッドを馴染みの楽器店(十字屋クロスさん)に注文。しかし、このドラムサークル用のドラムヘッドの在庫確認と注文、納品というフローがなかなか一筋縄ではいかず、REMOカタログで品番確認し、お互い迷いが無いように注文。P1130886

アシーコ用
LREMAK0010AH用ファイバースキン10”  LREMMO2510FA/N11403273   1
LREMAK0012AH用ファイバースキン12”  LREMMO2512FA/N11408915    1
LREMAK0014AH用ファイバースキン14”  LREMMO2514FA/N11408917    1

LREMAK2410AH用アーサーロゴファイバースキン10”  LREMMM2011FA/N11424606    1
LREMAK2412AH用アーサーロゴファイバースキン12”  LREMMM2013FA/N11424607    1 

トゥバーノ用
LREMTU051209用ファイバースキン12”    LREMMM2012F4/N11420288   1 

 P1130945P1130895ウワサによると注文から納品まで半年かかるということだったけど、品番と仕様に関するやりとりを数回経て、アーサーロゴファイバースキン10”を除く5枚が2週間程度で納品されました。アーサーロゴファイバースキン10”用はやはり在庫が無く、受注生産とのことで納品が3ヵ月後とのこと。。ロープチューン用の10”でもよさげですが、今回はずしてみてエッジの形状がキーチューンとロープチューンでは明らかに違うため、万全を期したほうがよいと判断しました。

P1130891  さっそく張り替え作業。
 キーチューンモデルから張り替えていったわけだけど、張ってあるヘッドと張り替えるヘッドでエッジの形状が違う気が。。しかし!張り替えてみてそのなぞが解決。張る前は水平の角張ったエッジが、テンションを張っていくとタイコのエッジの形状に沿ってテーパー(勾配)が出てきた。ナルホド!やってみてはじめてわかった。P1130898_2
 キーチューンモデルは3台を張り替えるのに要した時間は1時間。
 ロープチューンモデルは1台張り替えるのに1時間かかりP1130948 ました。

また、キーチューンタイプのタイコのエッジは材質(アコースティコン?)の削ったまんまな感じでけっこうガサついているのに対し、ロープチューンタイプは、硬質ラバー状のツンツルした感じで、仕事の仕上がりとしてはこっちがヘッドに優しい感じがしました。
 
 

さ、肝心の音ですが!?
 キーチューンのビフォー

 ん?結構イイ音じゃないけ?

 キーチューンのアフター

 あ、やっぱり新しいヘッドのほうが音抜けがいいですね。
 音だけなら張替え前も捨てたもんじゃないけど、やっぱり見た目がね。。

 続いてロープチューンのビフォー

 うむ。これもまだ使えそうだが・・・
 ロープチューンのアフター

 あー、やっぱキレイだね。

 また、張り替える前のアシーコヘッドは、それ単体でフレームドラムとして使えることも判明。
 しかし、張り替えた後のアシーコヘッドは、ベコベコでつかえませんな。。

 でも、一心不乱にもくもくとヘッドを張り替える作業は、ドラムセットのヘッド交換作業とは何か違う、その先に新しい音と出会える期待感にワクワクするなんかとっても楽しい作業で、実際いろいろ知らなかったことがわかる楽しさも味わえました。

 みなさんもどうぞ!どんどん張り替えちゃいましょう!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を