« 【解放】薩摩川内元気塾ドラムサークル@入来小 | トップページ | REMO アシーコのヘッド張替え »

【萌芽】芸術家派遣プロジェクトドラムサークル@清水小

P1130937s ・2011年1月25日(火)13:20~14:50
・清水小学校体育館にて
・参加者:6年生110名
・ご依頼:NPO法人かごしまアートネットワーク
・ファシリテーター:森田孝一郎

 鹿児島市からの委託事業「芸術家派遣プロジェクト」は、それを受託するNPO法人かごしまアートネットワークが、芸術家である音楽家や美術家などを、鹿児島市内の小中学校に派遣し、子どもたちに本物の芸術に触れてもらおうというアウトリーチ活動。しかし、ボクのドラムサークルでは、芸術家は現場にいる子どもたち。
 鹿児島城下の伝統ある地域に育まれた清水小学校の子どもたちは、それは見事に統制がとれ、しつけが行き届いたすばらしい子どもたちでした。子どもたちが体育館に入場しはじめてからものの5分ですぐに全体の統一リズムが生まれ、ボクからのアイコンタクトもしっかり受け止めてくれました。最初の一斉停止こそ、110人の大サークルですから3度目で止まりましたが、そこからの開会あいさつは圧巻。見事にボクの小さい声(集中力の度合いをみるため、あえて小声で)に眼と耳を集中してきいてくれました。

 それだけに、この見事な統制感を維持したまま、どうやって個人の自由を解放させてあげられるかという命題をいただいたかたちになりました。
 全体へのアプローチからサークルを2分割、4分割、楽器の属性と意識を小分けにしていき、だんだんとその意識を個人へフォーカスしていく段階で、最初画一的だったリズムがだんだんとその多様性の萌芽を見せてくれはじめ、「おー、イケる!」と思って、席替えを実施。

 そしたら、なんと、それまで積み上げていった経験値がリセットされたかのごとく、またリズムが画一化されてしまったのです。そこからはその修復とエンディングへ向けた収斂で時間は過ぎていきました。しかし子どもたちは屈託無く、まだまだ叩き足りない様子で、片づけまで名残惜しそうに手伝ってくれました。
 ふりかえってみると、最初の一斉停止の後の開会あいさつの時間、そして席替え直前の状態、ここが今回のドラムサークルのエネルギー値最高の地点だったような気がします。しかし、なぜ席替えで経験値がリセットされたのか、これは今後要研究です。

 そういったそれぞれの時間経過に応じ、子どもたち自身が何を感じていたか、早く感想を読みたいところです。

※ 当ドラムサークルブログでは、参加者様、クライエント様への配慮から表層的な内容しか掲載していません。
※ 学校、福祉施設、病院、企業などドラムサークル事後のフィードバックを必要とされるクライエント様向けには、各セッションスキームごとの各アクティビティ選択の目的と内容、そしてその結果(生徒さん、利用者さん達の変化)など、より詳しい実施報告書を提出しています。

« 【解放】薩摩川内元気塾ドラムサークル@入来小 | トップページ | REMO アシーコのヘッド張替え »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【解放】薩摩川内元気塾ドラムサークル@入来小 | トップページ | REMO アシーコのヘッド張替え »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を