« 【祝宴】N家K家ブライダルドラムサークル | トップページ | 【選択】加世田子ども劇場秋例会ドラムサークル »

【原点】松永太郎バンドライブ@縄文の森秋祭り

Tarouband101023 ・2010年10月23日(土)24日(日)
・霧島市上野原縄文の森にて
・共演:国分中央高校ダンス部の皆さん
・出演:松永太郎バンド
 松永太郎(Vo,G)、永志保(Vo,三味線)、満田昭人(Key)、了徳寺洋(Gt)、上谷耕平(B)、リトルM(Dr,Per)、森田孝一郎(Dr,Per)

 2007年5月の春祭りにさかのぼる縄文の森でのイベント対応。全ては、演出家松永太郎さんとの出会いにはじまり、バンドメンバーや国分中央高校ダンス部の皆さん、そして高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」関係者の皆さんとの出会いにつながり、今や大隅、奄美、国分など多くの人たちを巻き込んでの大プロジェクトとなりました。
 その初心にかえらせてくれるのが、このバンドと国分中央高校ダンス部の皆さんとの共演によるココ上野原縄文の森での縄文パフォーマンスです。今回も松永さんの作詞作曲、奄美民謡の編曲によるオリジナル作品を我々松永バンドが演奏し、全国トップクラスの国分中央高校ダンス部が曲に合わせて見事な演技を披露してくれました。Tarouband1010232

 特に2日目は雨が降りながらもイベントは予定通り開催。バンドはテントの中でなんとか演奏できますが、ダンスは・・・。開演時間前に行った雨よやめやめドラムサークルのおかげ?で、雨がちょっと小降りになり、ダンス部の女子高生らは衣装に着替えてスタンバイ。松永太郎バンマスがバンドにキュー(音出しのサイン)出す直前、轟音と共にバケツをひっくり返したような土砂降りの大雨。でも、今更引き返すわけにいきません。ズブ濡れの女子高生達によるダンスパフォーマンスははじまりました。しかし当の女子高生たちは嬉々とした笑顔で、そんな状況を愉しんでいる様子。そんなけなげな女子高生達の演技に、ボクら大人のバンドが発奮しないわけがありません。熱く冷静に、純粋無垢なダンサーたちの迫真の演技をサポートしましたよ!

 雨で来場者は少なかったですが、テントの中のお客様たちは大満足だったことでしょう。この一体感や感動は、きっとつながっていき、地域にその力が還元されていくことと思います。

 また、ヒメヒコ舞台での演技はもちろん、バンド演奏でのうたから多種にわたる楽器演奏、そして地元FMかのやでのプロデユースからエンジニアまで多彩な才能を発揮しているマルチ高校生、リトルMのバンドデビューも今回のトピックでした。大人顔負けのステージ度胸に、今後どこまでその才能が伸び、どのように開花させていくのか、楽しみであると同時に、丁度同じぐらいのトシのウチの長男の成長ぶりと比較してみて、自らの指導ぶりをふりかえってみたり・・・なんかいろいろ面白いわけです。

 松永太郎バンドは、11月13日に志布志市松山町やっちくふれあいセンターでの高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」本番を控え、当日夜は、やっちく祭り前夜祭にてライブをします。
 高校生と大人が一緒になってつくりあげる、松永太郎バンド、そしてヒメヒコに足を運んでいただき、何かを持ち帰っていただければと思います。

« 【祝宴】N家K家ブライダルドラムサークル | トップページ | 【選択】加世田子ども劇場秋例会ドラムサークル »

演奏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【祝宴】N家K家ブライダルドラムサークル | トップページ | 【選択】加世田子ども劇場秋例会ドラムサークル »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を