« 【表現】夏休み子どもミュージカルワークショップ(音楽編) | トップページ | 【進出】Now's Jazz Orchestra Live@出水 »

【進化】ビバ・ラ・ムジカ@緑ヶ丘町きらきら納涼夏祭り

Midori100828 ・2010年8月28日(土)夕方~夜
・緑ヶ丘町商店街にて
・お客様:数千人の町民
・出演:ビバ・ラ・ムジカ
・ゲスト:KAWAI音楽教室鹿児島校講師カホン軍団&COZY井上

 ボクが月に3回指導に行っている、緑ヶ丘町のカホンオーケストラ「ビバ・ラ・ムジカ」による緑ヶ丘町夏祭りへの3回目の出演でした。今回は、福岡のCOZY井上さん率いるKAWAI音楽教室鹿児島校講師(美人揃い)カホン軍団がボクらビバの前座!?をつとめてくださるとのことで・・・ビバ全員、緊張の面持ちでした。Midori1008282_2
 KAWAIカホン軍団のパフォーマンスは、COZY井上さんのうたとKAWAI自慢のエレクトーン(ドリマトーン)、そしてエイサーの手法もからめとても楽しく、さすが音楽講師の皆さんたち、高度な音楽性を感じました。でもビバのやっている手法とはまったく異なるアプローチ(ある意味、当然か・・・)だったので、比較のしようが無く・・・メンバーはちょっと安堵の表情。

 KAWAIカホン軍団の後、ビバが登場。演奏 したのは「焼酎ルンバ」と「みどりのサンバ(原曲:サツマブラジリア)」。みどりのサンバでは、COZY井上さんの爆裂ソロパフォーマンスで盛り上がりました。ビバメンバーの演奏も、ハプニングを楽しみながらの余裕で個人の上達と楽団としての進化を感じました。
P1120367  ビバのカホンアンサンブル曲は全てボクが書いていますが、一人ひとりにリズムアンサンブルパートが割り振られ、アンサンブルとユニゾンによるブレイクやリフ、そしてアドリブソロなどにより構成されているもので、カホンだけでこういったスタイルを演奏している楽団はそうないと思われるのです。でも両団体のメンバーにとっては、カホンを団体で演奏する他のスタイルは自分たちの演奏以外、想像のつかない世界で、今回の共演はとてもお互い刺激になったと思います。

 緑ヶ丘を中心にカホンで音楽を楽しむ文化がますます広がっていくことを願います。

« 【表現】夏休み子どもミュージカルワークショップ(音楽編) | トップページ | 【進出】Now's Jazz Orchestra Live@出水 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【表現】夏休み子どもミュージカルワークショップ(音楽編) | トップページ | 【進出】Now's Jazz Orchestra Live@出水 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を