« 【技術】パエリアづくりの腕が上がる! | トップページ | 【親子】環境アートフェスティバル真夏のドラムサークル »

【涼風】レモンガスクラブサマーナイトクルージングドラムサークル

P1120168 ・2010年7月30日(金)19:30~20:00
・桜島納涼観光船チェリークイーン号デッキにて
・参加者:約300人?
・主催:(株)レモンガスかごしま様
・ご依頼:KTSクリエイティブ様
・サポートスタッフ:MM
・ファシリテーター:森田孝一郎

 やっぱり鹿児島の夏はコレ!普段は桜島と鹿児島市内を片道13分で結ぶ、桜島フェリーが夏季期間中は納涼観光船となり、錦江湾洋上をナイトクルージング。それを地元のガス会社レモンガスかごしま様が貸しきって、社員とそのご家族や取引業者さんなど(レモンガスクラブ)への福利厚生イベントとして運行されました。
 その中でのイベントアトラクションとして、全員参加型のドラムサークルを、とのご依頼。桜島納涼観光船でのドラムサークルは、以前も経験ありますがそのときは1F車庫で叩きたい人だけがデッキから降りてきて好きに叩く、って手法でした。しかし今回はメイン会場の2Fデッキで開会の役員あいさつのあと、そのままデッキ上で大宴会している数百人(船内に800人、2Fデッキに500人ぐらい)に楽器を配りまくってレモンガスクラブの一体感を演出するという、なかなかハードルの高いご依頼内容でした。

 乗船と同時に各ご家族単位で車座になりお弁当拡げ、ビールがどんどんすすむ状況の中、役員さんのあいさつが終わった頃には完全にデッキ上はデキアガリモード。この状況で果たして楽器を受け取られ、よくわけのわからないドラムサークルなるものに参加してくださるのだろうか・・・?かなりな不安を抱えながらも覚悟を決めて、元気良く声をはりあげ数百人のデッキをひとつにしようとつとめました。
 するとなんと両サイドのジェンベ、コンガ、アシーコなどの太鼓群にすぐに子どもたちが群がりドンチャカたたきはじめ、フロアのご家族連れが「ハイハイ、こっちも、こっちも!」と手を挙げ、小物楽器を要求しはじめたのです!これにはオドロキ!おまけにボクがおどりながら声をはりあげ肩にかけた太鼓叩きだすと、すぐに数百人が同調して同じテンポでドンドン叩きはじめたのです。

 船のエンジン音もうるさいし、なにせ数百人の洋上大宴会ですから、音をまとめるのにかなり苦労するか、もしかしたらまったくまとまらないかもしれない、でも決してあきらめずに最後までやりぬこうと胎をくくってのファシリテーション。でもそんなボクの決死の覚悟なんてすぐに吹き飛び、楽器をすすんで受け取られた約300人の子どもからお母さんお父さんおじちゃんおばちゃんたちが、ボクの動きと声に同調し、自らまとまりひとつの即興音楽を奏でたのです。
 30分強という短い時間で、参加者も約300人規模で一人ひとりに目が行き届きませんでしたが、冷静に場の状況をよく読み解き、その状況に応じた適切な対応を選択しながら参加者の皆さん、ご依頼いただいたKTSクリエイティブ様、そして主催のレモンガスかごしま様にご満足いただけたのではないかと思います。P1120175_2
 ボクとしても、このようななかなかない状況下で参加者の皆さんの好反応にたすけられ、同様の現場対応に自信を深めました。

 ドラムサークルで盛り上がった後は抽選会と洋上花火で、ニッポンの夏~♪

 錦江湾洋上で300人が一緒に太鼓を叩くという非日常空間を共有していただきました、(株)レモンガスかごしま様が、社員、そのご家族、そして取引業者さん、みんながひとつになったリズムで、ますます成長、発展していきますように。

 ありがとうございました。

« 【技術】パエリアづくりの腕が上がる! | トップページ | 【親子】環境アートフェスティバル真夏のドラムサークル »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【技術】パエリアづくりの腕が上がる! | トップページ | 【親子】環境アートフェスティバル真夏のドラムサークル »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を