« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

【自主性】薩摩川内元気塾ドラムサークル@八幡小学校

P1110777s ・2010年6月25日(金)10:35~11:30
・薩摩川内市立八幡小学校体育館にて
・参加者:八幡小生徒約60名弱+八幡幼稚園児童10数名=70数名
・ファシリテーター:森田孝一郎

 薩摩川内元気塾でドラムサークルをファシリテートさせていただくようになって3年目、本年度最初の元気塾ドラムサークルでした。
 今回、会場の八幡小学校に隣接する八幡幼稚園の子どもたちも入り、子どもたちだけながら、ある意味参加者層の広い70数名によるドラムサークル。冒頭のドラムコールで一人ひとりと根気強くコンタクトをとり続けましたが、なかなかリズムがまとまっていきませんでした。ちょっとどうしたもんかと、途方にくれかけているとき、そんな窮状を救ったのは、なんど「キミが中心だよ」と耳元でささやいても我関せずでガンガンベースドラムを叩き散らかしていた男子の「ニッポン!」コールでした。
 その「ニッポン!」コールに続いてみんなが「ドンドン♪」。そのうち全員一丸となって「ニッポン!ドンドン♪」で見事な一体感。ボクは何もしていないのに、見事なコール&レスポンスを彼はファシリテートしていました。
 しかし「ニッポン!ドンドン♪」も永遠には続きません。そこに「飽き」や「倦怠」の状況が見られ、参加者の多くに次の段階への欲求感がみられたそのとき(トランジションポイント)を逃さずボクはセンターイン、「ニッポン!ドンドン♪」をだんだん速くしていってランブルにつなげストップカットで一斉停止。
 70数名の幼児から小学生が同時に参加するドラムサークルで、時間も予定枠45分間だったため、高い精度での一体感づくりまでがボクの目標でしたが、開始から15分で子どもたちの自主性のみでそれが達成できた感がありました。
 でもボクがなんらファシリテーションしていないんだけど・・・、と思いながらも、その参加者の自主性を出せた場がドラムサークルであったこと、それがドラムサークルファシリテーションなのかもな、とも思ったり。
 だとすると、「ニッポン!ドンドン♪」になるまでにボクは子どもたちになにをしたのか、しなかったのか。もっとよくふりかえる必要がありそうです。
 いろいろ気付かせ、考えさせてくれた子どもたち、そして協力してくださった校長先生、教頭先生、職員の皆さんに感謝します。

【祈り】ドラムサークルカゴシマ♪=42=

Dck42 ・2010年6月19日(土)13:30~15:40
・鹿児島市下伊敷鹿児島県青年会館艸舎にて
・参加者:5名
・スタッフ:HAMAちゃん、カラミ
・ファシリテーター:森田孝一郎

 最近、こじんまりとした傾向の強いドラムサークルカゴシマですが・・・・今回は大雨警報発令中?の中、全て初参加の5名の方が集まり、スタッフ2名とボクと合わせて8名で2時間みっちりドラムサークル。
 事前に告知してたように、先月に続いて、世界的ガンチャリティドラムサークルイベント、drumSTRONGの一環として、また宮崎県で発生、鹿児島県にも忍び寄る家畜伝染病口てい疫被害の早期終息を祈りながらのドラムサークルとさせていただきました。
 少人数ながら8人が集まってのドラミングは文句無く楽しいわけで、それに「祈り」という共通の思いを抱くことで、音により深みが出てくるから、ドラムの力は不思議です。

 最後は、ひとつのタイコをみんなで叩きました。

 集まった寄付金は、宮崎県口蹄疫被害義捐金として宮崎県共同募金会と、drumSTRONGの基金を通じて、NPO法人がんサポートセンターに寄付させていただきたいと思います。集まった額はわずかですが、今回のドラムの祈りの音と共にこの思いが少しでもお役に立ちますように。

 来月は、7月11日(日)13:30~姶良市蒲生町のおおくすアリーナ多目的屋内運動場で行います。多数のご参加をお待ちしています。

【挑戦】食べる具入りラー油をつくってみた!

P1110744 材料:赤唐辛子、ねぎ、しょうが、にんにく、ごま、サラダ油、ごま油
スパイス・調味料:塩、砂糖、黒胡椒、クミン、コリアンダー

 最近ネット上で売切れだ品薄だと騒がれている具入りラー油、食べるラー油をつくってみました。レシピは市販のものを食べた味の記憶です。

 まず赤唐辛子15本、ねぎ1本、しょうがピンポン大、にんP1110742 にく5かけをみじん切りにし、熱したサラダ油(それらの具材を炒めるだけの分量)にそれらを一気に投入し、強火でこげ茶色になるまでまんべんなく炒めます。

 火を弱火にして、粗くすりつぶした白ゴマを大量に投入し、ごま油をダラダラーと具財が浸かるぐらいまで流し込み、塩で味付けし、少量の砂糖を隠し味に。そして黒胡椒、クミン、コリアンダーなど、キッチンにあった適当なスパP1110743 イスを放り込み、混ぜ混ぜ。

 試食。

 美味い!おいしい!おやつに食べたい!

 このラー油を食べたいがために、餃子を焼きました。P1110746
 激美味。

 冷奴にも合いましたよ。

 P1110751 皆さんもどうぞ。

【前進】Now's Jazz featuring 山下洋輔ジャズコンサート2010

P1110740 ・2010年5月29日(土)18:30~20:35
・かごしま県民交流センター県民ホールにて
・お客様:約600名満員
・出演:山下洋輔(Piano)、坂口英明(Bass)、尾崎佳奈子(A.Sax)、森田孝一郎(Drums)
・主催:山下洋輔ジャズコンサート実行委員会(坂口、尾崎、森田)

 最初の山下さんとの出会いは24年前、山下さんの祖父啓次郎が設計した旧鹿児島刑務所(現在の鹿児島アリーナの場所にあった)の取り壊し直前に、その門前で一緒に演奏させていただいたことにはじまります。そのときの山下さんが今のボクと同じ歳。何か因縁を感じます。
 それから時は経ち、一昨年の暮れ、種子島で共演、そして今回は、我がNow's Jazzのホームグラウンド、鹿児島市での念願のコンサートでした。

 主催する山下洋輔ジャズコンサート実行委員会のメンバーは、実はNow's Jazz の3人(坂口、尾崎、森田)だけ。コンサート当日まで企画と運営とチケット販売、そして練習にと、めまぐるしい毎日でした。
 そしてコンサート前日、山下さんをお迎えし、大緊張のリハーサルと直前のチケット販売枚数の集約。頭と身体がどうかなりそうでした。しかし前日時点で、おかげさまで前売チケット完売!皆様のおかげです!

 コンサート当日も早朝から段取りに抜かりはないか事務所でチェックリストとにらめっこしては、音楽室で昨夜のリハの修正点を練習、そしてチェックリスト、また練習。会場入りしてからも、落ち着きなく慌しく時間が過ぎ、本番前のリハーサル。突然、予定になかった、Now's Jazz 3人だけでオープニングの1曲目を演奏することに!もうやるしかない!よーし、こうなったらガツンと1曲目だけで会場全体を持っていく演奏をしようと、胎を括りました。

 その覚悟が音に出ました。1曲目、今の3人の全身全霊の音を出しました。まさしくNow's Jazz!そして山下さんを紹介し、ピアノソロ。この展開、お客様方、さぞや鳥肌ものだったことでしょう。その後は、4人で終演まで、ずーっと音の中を走りぬきました。その猛烈な音の渦の中でドラムを演奏している、その幸福感、疾走感たるや、何ものにも変えがたい強烈な充実感でした。

 演奏者の笑顔、お客様方の笑顔、そして圧倒的なジャズの音。本当に至福の時間でした。しかし、課題もたくさん見えました。それらがまた、次のジャズの音の場にボクを前進させて行ってくれるものと思います。
 今後もご期待ください。

 出演にご快諾いただいた山下さん、ご来場くださったお客様方、コンサートの運営にご協力いただいた皆様、当日のバイトスタッフの皆さん、そしてNJに心から感謝します。

 ありがとうございました。

 さ、次に行きましょう!

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を