« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

【発進】Now's Jazz Orchestra @ LiveHEAVEN

P1110642 ・2010年4月29日(祝・木)16:00~18:30
・鹿児島市CAPARVOビル3階LiveHEAVENにて
・お客様:約60名(ほぼ満員)
・出演:Now's Jazz Orchestra
坂口英明(Bass)、尾崎佳奈子(A.sax)、丸木哲哉(T.sax)、篠原弘行(T.sax)
宇都誠二(Trombone)、今別府誠(Bass.Tb)、宮川宏之(Trumpet)、窪田聡美(Horn)
林田恵理子(Piano)、森田孝一郎(Drums)

 鹿児島の音楽シーンをリードし続けているCAPARVOビルに3つめのライブハウスが登場。そのこけら落としのライブ、Now's Jazz Orchestra(NJO)で出演させていただきました。
 イス席で60席が満席の中規模ライブハウスですが、高さ200mmの広々としたステージにグランドピアノが入り、そして音響、照明設備がそろった本格的ライブハウス。もちろんカウンターバーもしっかり設置されていて生音楽を愉しみながら生ビールや本格焼酎が飲めますよ。これぞライブハウス!
 こんな好環境のライブハウスのこけら落としにライブできる10人編成のNJOは気合十分。美しいアンサンブルと熱いアドリブソロとのコントラストは、NJOならではの真骨頂。 アンサンブルに徹する、アドリブでぶっ飛びまくる、10人のメンバーそれぞれが変態性マニアックぶりを大いに発揮、お客さん方のアルコールもすすみ、大いに盛り上がり、幸先よい新しいライブハウスのスタートとなりました。
 今後、様々なミュージシャンとお客さんたちにより、鹿児島の音楽シーンの新たな潮流がココで生まれてくるものと思われます。期待したいです。
 NJOもそのサウンドが大いに進化、変態ぶりにも磨きがかかり、次のライブが楽しみ。NJのジャズは、ジャズがジャズたる「自由と解放」を一番大切にしています。
 また皆さんと一緒に「自由と解放」を愉しみ、味わい、感じあい、響きあいましょう♪

【家族】ドラムサークルカゴシマ♪=40=

P1110618 ・2010年4月17日(土)13:30~15:35
・鹿児島県青年会館艸舎(そうしゃ)にて
・参加者:大人6名と子ども3名
・スタッフ:こーださんとこーださんの奥さん、ストル、ダーハ、Kさん@東京
・ファシリテーター:森田孝一郎

 3ヶ月ぶりの艸舎でのドラムサークルカゴシマ♪は、40回目となりました。今回、スタッフ参加が多く、楽器の搬入搬出がとてもラクでした。ありがとう。
 さて、ボクとスタッフ含み15名でのドラムサークルでしたが、冒頭のドラムコールから、初参加の方々をリピーター参加者やスタッフがうまくフォローしてくれて、みんなが安心感のもとにひとつになっていきました。セカンドセッションは、よりひとりひとりの存在をみんなで分かち合えるようすすめましたら、もうみんな仲良しに。休憩時間は、おいしいお水と、スタッフや参加者の方からの差し入れをいただきながら和やかに談笑。いい感じの時間が過ぎていきました。
 
 後半は前半から休憩時間のハイテンションそのままの状態ではじまりましたが、徐々にクールダウン、サウンドスケープ(音の風景)要素を入れながら、トーンチャイムつかったヒーリングセッションまで、ノンストップの1時間。あっという間でした。もうみんながすっかり家族のように。

 終了後、いつもより多いスタッフに加えて参加者もみんな楽器運んでくれたので片づけが超早っ。 とても和やかで心地よいドラムサークルでした。
 ありがとうございました。

 来月のドラムサークルカゴシマ♪=41=は、初の地方開催、鹿屋市リナシティかのやで開催です。 鹿屋市民の皆さん、5/9(日)13:30~リナシティかのやでお会いしましょう♪

【環境】竹製手作り楽器講座

P1110598 ・2010年4月3日(土)10:00~12:30
・鹿児島市かごしま環境未来館にて
・参加者:14名
・ご依頼:かごしま環境未来館様
・ファシリテーター:森田孝一郎

 これまで何度かドラムサークルさせていただいてきた、かごしま環境未来館様、今回は、手づくり楽器講座の講師としてお招きいただきましたが、ボクはいつもどおり、ワークショップファシリテーターとして、参加者の皆さんが楽しい時間を過ごせるようお手伝いさせていただきました。お題は、「竹製楽器」。つい2週間前に第4回九州ドラムキャンプin宮崎の中でのワークショップでも竹打楽器のテポナストリづくりを体験させていただいたばかりで、そこでの経験が大変役立ちました。
 春休みで親子連れが多いかとおもいきや、親子連れは2組、あとはボクよりも相当人生経験豊かであろう大先輩方。しかし、みんなして童心にかえって楽器づくりに集中すると、休憩も取らずにあっという間の2時間、皆さんそれぞれ大変個性的な音色のテポナストリができあがりました。P1110599
 お天気もよかったので、つくった楽器をお外に持ち出して芝生の上で、テポナストリドラムサークル。テポナストリだけでドラムサークルが行われるのは、ボクの知りえる限りでは世界初!?最初は皆さん、一緒に叩くことに要領を得ませんでしたが、不思議とだんだんと揃ってくると「こりゃ楽しい!」。みんなで止まって、みんなではじめて、1人ずつ、1組ずつの音をみんなできいて、さらに一体感が高まって竹林から生まれた自然のリズムが躍動しました。

 このようなすばらしい音色を産む自然環境に感謝し、知らない人同士が一緒に楽器を叩くことで生まれるコミュニティの力を育み続けたい、とあらためて感じた春の1日でした。
 ありがとうございます。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を