« 【循環】高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」鹿屋公演2010 | トップページ | 【衝撃】蒲生町音楽部会3小学校合同ドラムサークル »

【自然】薩摩川内元気塾ドラムサークル@野下小学校

P1110138・2010年2月17日(水)10:30~11:50
・薩摩川内市立野下小学校体育館にて
・参加者:野下小生徒5名+藤本小生徒11名+地域の方々と先生方
・ファシリテーター:森田孝一郎

 本年度最後の薩摩川内元気塾ドラムサークルは、鹿児島市といちき串木野市と薩摩川内市の丁度中間あたりにある山中の2校(野下小、藤本小)の全校生徒16名と地域の方々を対象に、全校生徒5名の野下小学校体育館にて実施させていただきました。
 周辺はほとんど民家もなく、車もまったくといっていいほど通らない山中の環境で、しかし子どもたちは元気な笑顔でボクを迎えてくれました。
 でも、みんなで丸く輪になって太鼓にすわったのはいいけど、何の説明もなく、ただみんなでドンドコドンドコ。赤いセーターのへんなオジさん(ボク)が一生懸命、目を合わせようとしたり手をふったり踊ったり輪の中や外を行ったり来たり・・・子どもたちだけじゃなく、参加してくれた地域の皆さんもいったいコレは何?な、雰囲気が冒頭の10分ほどを支配。
 それでも根気強く一人ひとりとコンタクトとりながらその場の音に耳を傾け、みんなの様子に目を向けるよう促していくとだんだんとみんながつながっていきはじめました。

 全体リズムが動き出し、ボクがサークルからはなれたとき、自然とテンポが速くなっていくことが多々ありました。でもこれは間違いではなく、とっても素敵な現象。だってこの速くなっていくテンポにみんなが合わせてどんどん一緒に速くなっていったときのみんなの不思議そうな顔!

 そして休憩をはさんで90分後には・・・

 子どもたちの自ら発する自由な音が、地域の大人たちの音に支えられ、お互いを尊重しあいながら、とっても自然な笑顔の輪になっていました。

 毎回のことですが、子どもたちから「また来てね!」と言わるのがとってもうれしいです。

 また来るよ(行くよ)!

 来年度もたくさんの薩摩川内元気塾ドラムサークルで、たくさんの子どもたちと出会うことができますように!

 ありがとうございました。

※ 当ドラムサークルブログでは、参加者様、クライエント様への配慮から表層的な内容しか掲載していません。
※ 学校、福祉施設、病院、企業などドラムサークル事後のフィードバックを必要とされるクライエント様向けには、各セッションスキームごとの各アクティビティ選択の目的と内容、そしてその結果(生徒さん、利用者さん達の変化)など、より詳しい実施報告書を提出しています。

« 【循環】高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」鹿屋公演2010 | トップページ | 【衝撃】蒲生町音楽部会3小学校合同ドラムサークル »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【循環】高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」鹿屋公演2010 | トップページ | 【衝撃】蒲生町音楽部会3小学校合同ドラムサークル »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を