« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

【成人】串木野養護学校成人式ドラムサークル

P1100852 ・2010年1月24日(日)10:30~11:30
・鹿児島県立串木野養護学校にて
・参加者:約80名(新成人20名)
・ファシリテーター:森田孝一郎

 毎月、ドラムサークル対応させていただいている、知的障害者施設の利用者さん(新成人)の母校出身者の成人式ドラムサークルでした。
 新成人の皆さん20名にサークルの内側(1列目)に座っていただき、2列目にご家族の皆さん、3列目に先生方という配置で、みんなで新成人の皆さんをお祝いするリズム音楽を奏でました。

 新成人の何人かは毎月の施設でのドラムサークルによる経験者。しかし施設利用者さんだけのいつものドラムサークルとはちょっと違った雰囲気に戸惑い気味ながら、しっかり経験者として周囲をリードしてくれていたようでした。P1100847

 その他の参加者の皆さんもはじめてのドラムサークルながら、ボクが言葉を交わさずとも、輪の中心の新成人の皆さんの無心に太鼓を叩く様子や音に触発されて、すぐにドラムサークルを楽しみはじめられ、その様子にボクもほとんど間を空けることなく緩急をつけながら、あっというまの1時間でした。

 その後、校長先生の三味線&島唄を聴きながら、みんなで大変おいしいお食事をいただき、新成人の皆さんやご家族、先生方と交流をはからせていただきました。

 今後も皆さんのお役に立てたらと思います。
 ありがとうございました。

【ひと息】認知症の人と家族の会テーブルドラムサークル

100123ninchi ・2010年1月23日(土)11:15~12:00
・ジェードガーデンパレスにて
・参加者:約30名様
・ご依頼:(社)認知症の人と家族の会鹿児島県支部様
・ファシリテーター:森田孝一郎

 毎月、ドラムサークル対応させていただいているデイサービスの施設長さんからのご紹介で、今回のご依頼。日頃、認知症のご家族の介護等でお忙しくしていらっしゃる方々へのレスパイトケア(ほっとひと息・・・)的なドラムサークルと、ドラムサークルの福祉現場での活用事例についての講話をさせていただきました。
 会場に着いて、ジェンベやアシーコ、コンガなど太鼓類を会場に搬入していたら、会場の隣のお部屋が、同時間に俳句の会を開催していることが判明。急遽、シェイカー&サウンドシェイプのみのテーブルドラムサークルに方向転換。それでもシェイカーのシャカシャカ♪リズムとサウンドシェイプのトントンコンコン♪だけで、みなさんのお顔がどんどん笑顔に、身体も前後左右に揺れてきて、短い時間ながらも、大変楽しんでいただけたようでした。
 心配された俳句の会への影響も無く、こちらの優しい音色のリズムでさぞリズム良く句を詠まれたことと思います。
 ドラムサークル&講話終了後は、皆さんと美味しい中国料理をいただき、たくさんの方と交流をはからせていただきました。
 このご縁を大切に育てながら、引き続き皆様のお役に立てたらと思いながら会場を後にしました。
 ありがとうございました。

【相互】ドラムサークルカゴシマ♪=38=

P1100641 ・2010年1月16日(土)13:30~15:30
・鹿児島県青年会館艸舎(そうしゃ)にて
・参加者:大人5名と子ども6名
・スタッフ:HAMAちゃん、ストル
・ファシリテーター:森田孝一郎

 最初にご来場された親子連れの子どもたちによる、ドラムサークルの内側を走り回りながらのドラム乱れ打ちからはじまりました。使えるフレーズやパターンが無いか、じーっと聴き入っていましたが、その乱れ打ちには一定のリズムは見出せませんでしたので、その乱れ打ちには無関係に、ボクとスタッフのHAMAちゃんとでパルス(リズムの一定周期)を叩き始めました。すると、乱れ打ちの音が、そのパルスのどこかしこ(16分音符の2つ目や6連符の5打目とか・・・)にはまっていくのが聴こえてきました。そんなして楽しんでいるうちに、参加者が増えてきて、横浜からDC仲間のストル氏も登場。
 子どもと大人、初参加者とリピーターのバランスもよく、お互いがサポートし合いながら、ドラムコールでまったく時間の長さを感じない50分、沈静化のスロードラミングで15分、休憩でお茶を楽しんで15分、後半はサウンドスケープからメロディックセッションまでノンストップで45分間、緩急つけながらほとんど言葉をつかうことなく、音に身を任せっぱなしの2時間。最後はHAMAちゃん製作のHMボンベとトーンチャイムが見事なハーモニーを奏でていました。
 子どもたちは自由に、大人たちも自由に、みんなが安心して音を出すことを総勢14人で2時間、めいっぱい楽しみました。

 来月は、2/21(日)17:00より、ドラムサークルカゴシマスタッフで、カホンを中心とする民族楽器づくり職人HAMAちゃんの工房(HMギャラリー)で、夕闇に包まれながらのサンセットヒーリングドラムサークルです。

 たくさんのご参加お待ちしています。

【新春】日本ガス青焔倶楽部様新年会アトラクション

・2010年1月8日(金)18:00~21:00
・ホテルウェルビューかごしまにて
・ご依頼:日本ガス株式会社青焔倶楽部様
・ご依頼内容
 ☆ウェルカムドラムサークル
   ファシリテーター:森田孝一郎
 ☆Swing Time ジャズライブ
   出演:尾崎佳奈子(A.Sax,Flute)、田島良一(Piano)、有村譲治(Bass)、森田孝一郎(Drums)

 2010年最初のイベント対応は、日本ガス株式会社青焔倶楽部様からのご依頼による、新年会のウェルカムドラムサークルと、Swing Timeによるジャズ演奏でした。

P1100518  ウェルカムドラムサークルは、参加者150名様分のパーカッション小物楽器を受付に配し、ご入場の際にお一人様1組ずつ受け取って会場に、そして着席されるなり、楽器を演奏開始するという、開会までの30分間をウェルカムドラムサークルとしてファシリテートさせていただきました。
 丸テーブル7.8名のチームが音(リズム)で結束し、その結束がだんだんつながり合い150名のミュージックコミュニティが出来上がっていく様を、今年1年の日本ガス様の成長過程のメタファー(比喩)と感じられるよう促していきました。すると、最初はほぼ全員「???」状態だったのが、時間と共にだんだんと150人のパーカッションオーケストラへと変容して行きました。発散系というより、沈静系のサウンドでしたが、かえってそれが2010年の企業成長に対する静かなる闘志を感じたウェルカムドラムサークルとなりました。

 そして宴会がはじまって、Swing Timeでジャズを演奏させていただきました。お食事を楽P1100523 しんでいただきながらの演奏と、抽選会の合間にたっぷりジャズを堪能していただく2本立て。いつも気の合った4人でスタンダードナンバーをたっぷりと聴いていただきました。

 ありがとうございました。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を