« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

【独創】知覧武双太鼓との一夜でフリージャズソロ「月」

Musou090926d ・2009年9月26日(土)19:00~21:00
・南九州市知覧ふもと公園
・観客:数百名
・主催・ご依頼:知覧武双太鼓inふもと公園実行委員会様
・出演:知覧武双太鼓、あまみ紬人、森田孝一郎

 和太鼓集団「知覧武双太鼓」さんの秋公演にゲスト出演させていただきました。ご依頼内容は「打楽器ソロ」。ボクがソロでできるのはフリージャズだけです。それでもよろしければ・・・。
 本番前数日間、セッティングをどうするか、構成をどうするか、じっくり考えました。タイトルは「月」、ドラムセットを中心とするパーカッション群だけによる全編即興による太鼓独創。セッティングしてたらなにか天空から視線を感じ、見上げたら見事な半三日月が・・・ボクを見てくれていた。
 「知覧武双太鼓」さんの前半演奏の後、ボクの出番。静かにコンガと即興言語からはじまり、風と共に大太鼓(ギャザリングドラムだけどさ・・・)をゆらゆら叩いてたら、独自旋律による「月がとっても青いから」をうたっていた。そしてマレットのままドラムセットに移行し、ドラムソロしながら、声はホーミーもどきから雅楽もどきへ。最後はHM楽器工房特製のBOMGBEで月の彼方へ。ノンストップでご依頼の通り30分の演奏。 「知覧武双太鼓」の皆さんは「凄かったです」と。お客様はよろこんでくれただろうか?P1090459

 その後、奄美大島の島唄デュオあまみ紬人(つむぎんちゅ)さんのステージがあり、「知覧武双太鼓」さんのさらなる勇壮で迫力満点の演奏があり、最後はボクらゲストもお客さんたちも全員で餅つき太鼓で大騒ぎ。
 地域を牽引する若い人たちの熱と思いのこもった秋祭りといった風情で、月夜の元に地域の方々がたくさん集い、唄い踊り叩く。これぞ、音楽の原点。大変感銘を受けました。そして、ボクの独創もさらに磨き上げていかねばならないと思いました。

 ありがとうございました。
 また呼んでください!

【可能性】ふれあい祭り「みんなでパーカッション!」

P1090426 ・2009年9月26日(土)10:50~11:20
・南さつま市ふれあいかせだ野外特設会場
・参加者:約70~80名
・主催:社会福祉法人野の花会
・ご依頼:NPO法人エコリンクアソシエーション
・ファシリテーター:森田孝一郎

 社会福祉法人野の花会様の主催する21周年記念イベントで、「みんなでパーカッション!」というタイトルでドラムサークル的なリズムアトラクションをさせていただきました。
 当初はステージ上のボクのコンガと、客席にアーチ状に設置したパーカッション群とで対話形式でリズムアンサンブルをつくっていくはずでしたが、やはりステージ上と客席とで距離が遠く、その高さの問題もあり、参加者の皆さんへのコンタクトがしっくり行かず、結局ステージを降りて参加者の皆さんと同じ高さでファシリテーションしました。
 秋のリズムの代表選手、運動会の三さん七拍子セッションでは、子ども太鼓の小さな子どもたちから、お父さんお母さん、そしておじいちゃんおばあちゃんたちまで、一緒になって楽しそうに、チャン×3、チャン×3、チャン×7叩きまくってました。
 クライエントさんからの依頼内容や現場の状況では、ドラムサークルの輪になれず、このような対面式の場も考えられます。それを、これはドラムサークルでないから・・・とせずに、どうやって最高の楽しみを感じてもらえるか?もっともっといろんな状況下でのドラミングイベントの可能性を掘り下げていかねばならないと思いました。

【伝達】秋のカジュアルディナー&ジャズライブ

P1090345 ・2009年9月20日(日)21(祝・敬老の日)
・鹿児島市東千石町イタリアンレストラン カーサ・ヨッシ
・お客様:2日間で52名様
・出演:Now's Jazz Trio
     尾崎佳奈子(A.Sax,Clarinet,Flute)、坂口英明(Bass)、森田孝一郎(Drums)

 7月からサックスの尾崎さんとのデュオで演奏させていただいているイタリアンレストラン「Casa Yossi」でのディナーライブにNow's Jazz Trio (NJT)で出演させていただきました。
 初日は、カップルやお友だち連れなど、若い層が多く、美味しいお食事を楽しんでいただいた後、普段のNJTのレパートリーをたっぷり堪能していただきました。NJTの音楽は、自由と解放をテーマに、その情感に訴える、かなり濃い演奏。おしゃべりしながら聞き流されるオシャレなBGMジャズにはなりえません。それが伝わったか、皆さん、ググーッとNJTの音に引き込まれるように聴いてくださいまして、たくさんのお客様方から、感嘆のお声をいただきました。
 2日目は、敬老の日ということで高年齢層が多く、先輩方への尊敬の念をもってレパートリーを構成し、一層の感謝の気持ちで演奏しました。途中、ご年配の女性のお客様からのリクエストにお応えしたり、ボクの流暢なMCも相まって・・・和やかなジャズナイトとなりました。P1090411

 実は、このイタリアンレストラン「Casa Yossi」のオーナー臼木さんはボクの高校の同級生。ボクが料理好き、ワイン好きなのもあり、大人になってからのほうが仲がいい感じかな。繁華街天文館にあって、美味しいお店の集中する七味小路。その通りに面したガラス張りの明るい開放的な、どちらかというとカフェ的な空間で、気取らずにいただけるイタリアンが人気のお店です。是非、ご利用ください。

 ちなみに10月以降、毎月最終金曜日フリーチャージによるボクと尾崎さんのライブを行っていますので、気軽に遊びに来てください。

【発想】ドラムサークルカゴシマ♪=34=

P1090326 ・2009年9月19日(土)15:00~17:00
・鹿児島県青年会館艸舎にて
・参加者:子ども11人 大人11人 22名
・スタッフ:HAMAちゃん、ガメラ、こうださん
・ファシリテーター:森田孝一郎

 先月に続き大人と子どもが半々の構成。スタッフのドラムコールが続く中、子どもは自由奔放に叩きだしましたが、大人たちは見てるだけの状態。ボクはセンターに入らず、サークルの外側から対角線上の大人にコンタクトし、関係性づくり。するとだんだん恐る恐る大人たちの手と身体が動き始めました。そうなると子どもたちはさらにノリノリ。サークル内に入り、踊りだす子も。
 そんな調子で子どもたちの自由な発想が次から次にドラムサークルの進行に影響を与えてすすみ、気がついたら50分以上ドラムコールが続いてしまいました。そのままノーファシリテーションドラムサークルにでも移行できそうな雰囲気でしたが、ちょっと疲れの表情の大人たちを尊重し、最初のブレイク。P1090330
 そんな調子なので後半は、休憩をはさんでサウンドスケープから小物楽器をドンドン投入し、ブームワッカー、トーンチャイムまで投入しノンストップで1時間演奏し続けました。後半でボクがやったことは、小物楽器やブームワッカー、トーンチャイムを手渡しただけ。なぜかみんな自分自身でどんどん独創的な音を出していきました。それは、前半の子どもたちの自由な発想を活かすことでできあがったドラムサークルが、実際に生きていることを感じさせた、とても幸せな時間でした。そしてさらに成長していくドラムサークルをつくっていきたいと思いました。

 来月は10/17(土)13:30~かごしま県民交流センターです。

【芳醇】ナスとヤリイカのバジルソーススパゲティ

P1090321 冷蔵庫にあるもんでつくるアルモンデパスタシリーズ。今回は、ソルト&ペッパーさん手づくりのバジルペーストつかった、ナスとヤリイカのバジルソーススパゲティ。

【材料】2人分
[ソース]ナスとヤリイカのバジルソース
・オリーブオイル(フライパンに直径15cmほど)
・にんにくスライス(1かけ)
・タカの爪輪切り(2本)
・バジルペースト(大さじ4杯)
・パスタゆで汁

[食材]
・スパゲティ(200g)
・ヤリイカ適量
・ナス1本をサイコロカット

[調味料]
・ハーブ塩
・黒コショウ

スパゲティをゆでながら・・・ソースづくり
フライパンにオリーブオイルを敷き、弱火でにんにくをフライ、じくじく言ってきたらタカの爪を投入し香り付け。中火にしてヤリイカをソテーし、ナスを投入しナスにオイルが染みたら、ハーブ塩と黒コショウで軽く味付けし、バジル投入しよーく混ぜ混ぜ。

茹で上がったスパゲティをゆで汁を切らずにソースフライパンに投入し、ソースに和える。決して火を入れずソテーしない。スパゲティと具材とソースをよく混ぜ合わせ、お皿に盛り付け。
タカの爪をてっぺんに。

バジルの芳醇な香りが最高でした。

【恒例】ホッケストックミュージックフェスティバル2009ドラムサークル

P1090290 ・2009年9月6日(日)11:05~17:30
・宮崎県国富町法華嶽公園にて
・参加者:延べ50~60人
・ファシリテーター:森田孝一郎

 毎年秋、3回目の参加にして昨年に続き2回目となりました、ホッケストックミュージックフェスティバルでのドラムサークル。昨年の評判がよく、ステージ前で行ったオープニングデモンストレーションから盛り上がりましたが、池のほとりのドラムサークル会場に移動してからは、なんとなーくゆるゆると開始。しかし、お昼ごろになるとミュージックフェス本編に出演終わったミュージシャンやその仲間たちがぞろぞろ来ては叩いて出て行き、また叩きに来てはワイワイドンドコ。ずっと好き勝手に叩いてても音楽好きな若者たちなので、ほとんどノーファシリテーションで楽しんでました。やったのは一斉停止ぐらい。中には、夕方までほぼ終日叩きっぱなしの参加者も。

">

 夕方までドラムサークルやったら、とっとと片付けてあとはミュージックフェス本編を思いっきり堪能。そしてお風呂入って打上げて・・・ガニさんはじめ実行委員会のみなさん、本当にお世話になりました。
 こんな音楽好きな若者たち向けのドラムサークルも定常的にやっていきたいなぁ、などと考えながらの帰路でした。
 また来年、お会いしましょう♪

【研修】社会福祉士会ドラムサークル研修

P1090281s ・2009年9月5日(土)10:00~12:00
デイサービスセンターみなと様にて
・参加者:10名の社会福祉士の皆様
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:鹿児島県社会福祉士会

 毎月利用者さん向けに月例のドラムサークルを実施させていただいている、デイサービスセンターみなと様のフロアにて、社会福祉士の皆様向けのドラムサークル研修を行わせていただきました。
 通常のドラムコールからフリードラミングしてはじめましたが、ドラムサークルを楽しむだけではなく、以降、その場における進展に沿ったアクティビティを選択して実施、間になぜそのアクティビティを選択したのか、その目的は何なのか、そしてそこから期待できる効果は何なのか?といったことなど解説をはさみながらすすめていきました。
 ドラムの力強い音色から、アンビエント楽器による自然界の音の再現、そしてメロディック系パーカッションによる美しい調べまで、2時間で一気に到達、最初は戸惑いの表情からだんだんと笑顔と笑い声が吹きだしはじめ、最後は全体が穏やかな笑みに包まれました。そのなかでボクを含めて11人のコミュニティが、音と共に成長していく過程を共有してもらえてのではないかと思います。

 本日参加していただいた社会福祉士の皆さんの現場で、ドラムサークルが活用されますように、心から願っております。よろしくお願いします。

【変化】新世代ライフサイズジャズ

Lifesizejazz090903 ・2009年9月3日(木)19:40~22:30
・鹿児島市天文館muisc & cafe 明日の地図にて
・お客様:33名
・出演:かみむら泰一(Sax)、工藤隆(Paino)、小松康(Bass)、森田孝一郎(Drums)

 かみむらさんは東京を拠点に活躍するサックス奏者。工藤さんは福岡を拠点に活躍するピアニスト。小松さんは鹿児島在住ですが、国内外で活躍されてきたベーシスト。皆さん、バークリー音大を卒業されたジャズマスター。ボクみたいな地方のローカルドラマーがこんなジャズ最前線の方々と共演させていただけることにまず感謝。また予想を上回るお客様においでいただいたことにも感謝。
 リハーサルやって4人のコミュニケーション度数もバッチリ。明日の地図のマスターにアイスコーヒーいただいて、辰己亭の美味しいおにぎり食べて、本番やって、打上げで美味しいおつまみと焼酎たっぷりいただいて、ずーっと楽しい楽しいジャズナイトでした。お客様もはじめてきく新しい世界のジャズをたっぷり堪能されておいでの様子でした。
 4人で演奏した6曲中、5曲がかみむらさんのオリジナル。オーソドックスなメインストリームジャズ的な曲あり、フリーフォームあり、ラテンあり、ファンクあり、全てがオリジナリティに溢れ一音一音への瞬時の反応が要求される、ボクにとっては大好きな世界ながら、一瞬たりとて気を抜けない大変緊張感を伴う演奏。やはりボクはジャズミュージシャン。こんな場をもっともっとたくさん味わいたいなぁ、と思いながら深夜バスにゆられて帰路についたのでした。
 ステキな夜をいただいた、明日の地図さんとおいでいただいたお客様方、そしてメンバーの皆さんに心から感謝です。

 ピアニスト工藤さんのブログにも注目!

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を