« 【言葉】平成21年度芸術家派遣プロジェクト「マリンバ&パーカッションの響き」 | トップページ | 【大人】こころの日プレイベントドラムサークル »

【発散】西部そら子ども劇場例会「ジャズ for キッズ カゴシマ」

090626jfk ・2009年6月26日(金)19:00~20:05
・ハートピアかごしまにて
・観客:約150名の親子連れ
・出演:ジャズ for キッズ カゴシマ
     尾崎佳奈子(A.Sax,Clarinette & Flute)、塩屋祐典(Piano)、有村譲治(Bass)、森田孝一郎(Drums)
・主催:西部そら子ども劇場様
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様

 ジャズという音楽表現形態は、自由と解放の概念に基づき演奏され、鑑賞されるものという認識のボクは、自由と解放の権化たる子どもたちにこそ、ジャズのエネルギーを感じてもらいたいとの思いがありました。それが、これまでドラムサークルや打楽器ワークショップでお世話になっていた子ども劇場の皆さんから、「次は森田さんの演奏を聴きたい」とのご要望に応じ、子ども向けのジャズコンサートプログラム「ジャズ for キッズ カゴシマ」を提供させていただく機会をつくっていただきました。
 ボクらが選定した曲とリクエストいただいた曲をおりまぜ、童謡「チューリップ」を世界中の様々なリズムに変化させながら、最後はジャズアドリブを展開していくなど、テーマとアドリブからなるジャズのフォーマットを体感してもらうことに重点をおきました。P1080220
 すると、じっくり聴かす系と身体を動かす系で、会場の空気が一変する様を演奏していてビシビシ感じました。やはり子どもたちの反応は鋭すぎました。しかしやはり、自由と解放ですから、じっくり聴かす系より身体を動かす系が、子どもたちの自由な感性を刺激しその楽しさを味わってくれているようでした。
 メンバーも、みんなサービス精神旺盛で、子ども達とのキャッチボールを楽しんでいるようでした。
 来月も、谷山ひがし子ども劇場、北部みらい子ども劇場と、「ジャズ for キッズ カゴシマ」ツアーが続きますので楽しみです。
 ありがとうございます。

« 【言葉】平成21年度芸術家派遣プロジェクト「マリンバ&パーカッションの響き」 | トップページ | 【大人】こころの日プレイベントドラムサークル »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【言葉】平成21年度芸術家派遣プロジェクト「マリンバ&パーカッションの響き」 | トップページ | 【大人】こころの日プレイベントドラムサークル »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を