« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

【継承】第3回九州ドラムキャンプ in 福岡

P1070062 ・2009年3月21日(土)22日(日)
・福岡県宗像市グローバルアリーナにて
・全国から30数名の参加者
・ゲストファシリテーター:長坂希望さん、菊池省三さん
・メインファシリテーター:トニーボット、マミータ

 毎年静岡で行われているドラムサークルイベント、ドラムキャンプに九州からは遠くてなかなか行けないから、なら九州でやろうかという単純な動機ではじまった九州ドラムキャンプ(QDC)。第3回目は福岡宗像市の大自然の中のスポーツ施設、グローバルアリーナで行われました。
 今回、ボクは初日どうしてもはずせない仕事(フォーマレッツとの共演>>コレは外せまP1070067 せん!!)があり、いつも鹿児島でのドラムサークルを手伝ってくれるサリーちゃんと一緒に2日目だけの参加となりました。大雨の中(毎年雨だ・・・)高速道路をゆっくり5時間。会場に着いたら、30数名の小さい子どもから若者、そして中高年の男女がワイワイ一緒にドンチャカ。睡眠時間もほとんど無いに等しいであろう状態で、もう完全に全員が溶け合っていて、途中参加のボクらを歓迎してくれているのですが、当然、すぐには追いつけないわけで、初日から参加できなかったことを大いに後悔。。
 午前中の後半の菊池省三さんによるコミュニケーション講座を楽しみ、食事しておしゃべりして、長坂希望さんによるドラムサークルはじめるにあたってのお話をきいたら、もうクロージングドラムサークル。なんだかすげー消化不良。。やはりドラキャンは風呂にも入り、飲み会もして朝っぱらから酒臭いドラムサークルやってこそ満喫できるものであること、痛感しました。
 ほとんど何もできなかった感のまま帰るのは悲しすぎるので、片付け、一生懸命やりました。そして博多に移動しホテルにチェックインして短時間ながらも大浴場で汗を流し、打上げへ!しかし皆さんさすがにお疲れモード。飲み気合入りまくりでテンション高いのはボクとサリーちゃんだけ?みたいな感じでしたが、ほとんど寝てない御大P様、疲れまくりで帰る方向まったく逆なのに打上げ参加したメインFのマミータとトニーの強い感謝の気持ちを感じました。事務局対応してくれたKさんも含め、本当に心からご苦労様でした。昨年の鹿児島からのバトンを継承してくれてほんとにありがとう。

P1070083 1次会終わっても当然飲み足りないボクは、残った県外参加者おのぼりさんたちと中州天神界隈を練り歩き、名物屋台でビール飲んで焼酎飲んでラーメン喰って来年の宮崎、その次の沖縄など、みんなで今後の九州ドラムサークルについて熱く語って解散。 みんなと解散してからそれでもまだ飲み足りなかったボクは、一人で思い出のジャズ喫茶「JAB」に行ったら日曜だったからか休みだった。残念。
 さ、来年は宮崎へ!

【打楽器】フォーマレッツピーナッツコンサート

P107005900 ・2009年3月21日(土)19:00~21:00
・湧水町たねだ皮膚科クリニックにて
・約40名のお客様
・出演:フォーマレッツ:中間貴子、平井あかね、野元麻美(マリンバ)&森田孝一郎(ドラムス)

 鹿児島市内から車で1時間半、湧水町のたねだ皮膚科クリニックにて毎月行われているピーナッツコンサートのなんと55回目!フォーマレッツの皆さんと2回目の共演となりました。
 フォーマレッツは鹿児島にありながら、全国レベルの活動を続けている女性4人のマリンバユニット(今回もう一人のメンバー川田絵里子さんは欠席)。クラシック音楽を基調としながらも、スティーヴ・ライヒの作品群や、ベニヤ板を叩いたりこすったりするテーブルミュージックといった、ボクの前衛気分を大いに刺激してくれる音楽で、誰もやってないことがしたくてたまらないボクと同じ臭いがするので大好きです。
 今回もコンサートの後半でボクは登場。マリンバやドラムといった打楽器のこと、パーカP1070059_2 ッションという楽器群のことなどおしゃべりをはさんでアンコールまで入れて4曲演奏しました。普段、マリンバと演奏する機会はめったにないので、1曲1曲をそれはもう大事に大事に、1音1音で共演者とお客様が通じ合えるような演奏を心がけました。中でも2曲目に演 奏した「スペイン」は、途中からグググッと4人のグルーブがひとまりになってマジックスポットに手が届きかけた時間を感じました。次はきっとそこに手が届くと思います。
 打上げでは、大変おいしいちらし寿司と素朴なお煮しめ、そして大量のイチゴに感動。ありがとうございました!!

【創造】楠学園手づくり楽器ワークショップ

P1070014 ・2009年3月20日(金・春分の日)09:00~12:45
・蒲生町楠学園にて
・参加者18名の親子
・ファシリテーター:森田孝一郎
・ご依頼:NPO法人森の学校楠学園様
・お天気:晴れ!

 高校、大学のボクの後輩で、自分の志に従い自分の理想の学校をつくったさやかさんが代表理事を務めるNPO法P1070019_3  人森の学校楠学園。今日は学園を開放し、学園の生徒や一般参加者も一緒になって手づくり楽器ワークショップのファシリテーター(ガイド役)を務 めました。
 つくったのは、ペットボトルシェイカー、ガムテープドラム、空き缶ドラム、バンブードラムなど。
 春のポカポカ陽気の中、ペットボトルシェイカー、ガムテープドラム、空き缶ドラムまで黙々とつくりつづけ、子ども独自の創造性溢れる楽器がいっぱいできました。そのまま出来上がったペットボトルシェイカーでシェイカーパスゲーム。そしてドラムサークル。家庭の廃材がいろんな楽器に変身し、活き活きと奏でる音が楽しくてP1070020 楽しくて休憩するのも忘れ、一人の子が「つかれた~」と言ったとき、すでに11時過ぎ。。2時間以上の時間があっという間に過ぎていました。
 みんなで冷たいお茶をおいしくいただき、あとは終了予定の12:00までだらだらと残った材料で創作楽器つくったりすればいいな、と思ってたら、ここからが怒涛の1時間半。ボクが孟宗竹でバンブードラム作ろうと竹を切り始めたら、P1070021 みんなやりだして必死に竹を切る切る、音を響かせるスリット(切り込み)がなかなか開かず、ようやく5台のスリットドラムが完成。
 前半でつくった廃材楽器とバンブードラムによるドラムサークル。音の対比がとても面白く、みんなの笑顔がキラキラまぶしい!!
 手づくり楽器ワークショップとドラムサークル。楽しいです!
 P1070024 来てくれた皆さん、さやかさん、ありがとう。またやりましょう。

【自己】ドラムサークルカゴシマ♪=28=

P1070005 ・2009年3月14日(土)13:50~16:00
・鹿児島県青年会館艸舎にて
・参加者:大人13名子ども6名
・スタッフ:こーださん、HAMAちゃん、ダーハ
・ファシリテーター:森田孝一郎

 2006年1月からはじめたドラムサークル活動、今回が通算150回目になりました。また当日はホワイトデーだったので、これまでボクのドラムサークル活動を支え続けて来てくださった女性の参加者の皆様に感謝、感謝のドラムサークルでした。
 今回、ホワイトデー狙いで女性参加者先着10名様に豪華プレゼント(YANAGIMURA製クッキー)付だったため、ボクが受付、スタッフの3人に受付後のウェルカム対応をお願いしました。そしたら通常20~30分以内で終わるドラムコールがなんと50分も続いたのです。ドラムコールが30分を過ぎても一向に終わろうとしない雰囲気、それは何を意味するのか、参加者の皆さんと一緒にタイコ叩きながら一生懸命考えました。もしかしたら私が極力センターインしないことで、参加者が何かをつかみ始めているような気がしたのです。
 それは、今回大きなテストケースが2つあらわれたことにもよると思います。ひとつは冒頭のドラムコール時にアイコンタクトに応じず、つまらなさそうにしている女の子がどのように変化していくか、大人たちが音で見守っているかのように感じたこと。もうひとつは、障害を持つ男の子がセンタースポット含め会場内をうろうろしながら、時折タイコを叩くのを参加者全員が受け止め、これもドラムサークル、と許容していたことが感じられたことです。
 それにより、参加者自体がセルフファシリテーションしていくような状態をつくれるようファシリテートしました。その結果かどうかはわかりませんが、途中参加してきた親子に座席をつくってあげたのはボクでもスタッフではなく、先述のつまらなさそうにしている女の子のお母さん、つまり参加者でした。 
 休憩時間にはみんなでお茶をいただき、クッキーやキャンディーをほうばりながらあたたかい時間を過ごし、後半も極力ボクがセンターインせず、参加者一人ひとりが自ら音でつながっていけるようなドラムサークルができた気がします。つまらなさそうにしていた女の子はノリノリで叩くようになり、障害を持つ男の子はマイペースでうろうろ。でも自分の場所のタイコを、センターに背中を向けて叩くのはダメ、ちゃんとセンター(参加者の皆さん)を向いて叩いてね、というのを促すと、いっときはセンターを向いて叩いていました。でもすぐにまたうろうろしましたが・・・
 参加者の皆さんをお見送りする際、つまらなさそうにしていた女の子に「実は楽しかったでしょ?」と問いかけるとニコッと笑顔になり、障害を持つ男の子は終わってからもずっと名残惜しそうにタイコを叩いていました。
 今回も参加者の皆さんからいろんなことを教わりました。
 お茶とキャンディーの差し入れをいただきました、会場の青年会館艸舎さんに感謝。

【創出】アルモンデパスタ<<洋風>>

P1060998 今日もお昼は、冷蔵庫に有るもんでパスタ(スパゲティ)を創る、アルモンデパスタシリーズ、今日は<<洋風>>です。男の料理なので分量は全て適宜です。。
【材料】2人分
[ソース]アーリオオーリオペペロンチーノクリーミー
・オリーブオイル(フライパンに直径15cmほど)
・にんにくスライス(1かけ)
・タカの爪(2本)
・牛乳(上記オリーブオイルと同量)
・パスタゆで汁
(麺を湯がくお湯1リットルに対し塩小さじ1杯、パスタを鍋からフライパンに移す際、ゆで汁を切らない)
・ハーブ塩(少々)

[食材]
・スパゲティ(普通160g/大盛200g)
・ブロッコリー(適量)>>冷蔵庫にある緑系野菜なんでもOK
・キャベツ(適量を野菜炒めみたいなザクザク切りに)
・ベーコン(適量)

スパゲティをゆでながら・・・ソースづくり
フライパンにオリーブオイルを敷き、弱火でにんにくをフライ、じくじく言ってきたらタカの爪を投入し香り付け。そこにベーコンを投入し、カリカリの直前までフライする。ベーコンに火が通ったら牛乳(生クリームなんて普通の家庭の冷蔵庫にはない!っつーの)を投入し、沸騰させずに消火してソースをよく混ぜ合わせる。ここでハーブ塩少々を投入し、味を調える。

スパゲティが茹で上がる60秒前にブロッコリーを、45秒前にキャベツをスパゲティを茹でている鍋に投入。スパゲティが茹で上がったら、野菜共々、ソースのフライパンに投入し、ソースに和える。決して火を入れずソテーしない。パスタとソースをよく混ぜ合わせ、お皿に盛り付け。
お好みでブラックペッパーをガリガリしながらいただきましょう。

美味い!!!!!!

【創出】アルモンデパスタ<<和風>>

P1060996 今日のお昼は、冷蔵庫に有るもんでパスタ(スパゲティ)を創る、アルモンデパスタシリーズ<<和風>>です。男の料理なので分量は全て適宜です。。
【材料】2人分
[ソース]アーリオオーリオペペロンチーノしょうゆ味
・オリーブオイル(フライパンに直径15cmほど)
・にんにくスライス(1かけ)
・タカの爪(2本)
・めんつゆ(上記オリーブオイルの半量)
・パスタゆで汁
(麺を湯がくお湯1リットルに対し塩小さじ1杯、パスタを鍋からフライパンに移す際、ゆで汁を切らない)

[食材]
・スパゲティ(普通160g/大盛200g)
・白菜(適量を短冊に)>>冷蔵庫にある葉物野菜なんでもOK
・ちりめんじゃこ(好きなだけ)
・すりごま(好きなだけタップリ)
・削り節(好きなだけ適量)
・海苔(好きなだけ適量)
・わさび(好きなだけ適量)

スパゲティをゆでながら・・・ソースづくり
フライパンにオリーブオイルを敷き、弱火でにんにくをフライ、じくじく言ってきたらタカの爪を投入し香り付け。そこにめんつゆを投入し火が回ったら消火してソースをよく混ぜ合わせる。

スパゲティが茹で上がる45秒前に白菜をスパゲティを茹でている鍋に投入。スパゲティが茹で上がったら、白菜共々、ソースのフライパンに投入し、ソースに和える。決して火を入れずソテーしない。同時に、すりごまを投入し、よく混ぜ合わせ、お皿に盛り付け。
削り節と刻んだ海苔を盛り付け、お好みでわさびをとりながらいただきましょう。

美味い!!!!!!

【ご案内】2009年3月のリズムハートと森田孝一郎関連イベント

いつもご覧いただきありがとうございます。
2009年3月のリズムハート及び森田孝一郎が関連する音楽イベントをご案内します。春の訪れと共に気分がウキウキワクワクするイベントばかりです。どうぞ、お気軽に足をお運びください。
 詳しい情報は各リンク先をご確認ください。

・3/8(日)14:00~music&café 明日の地図にて
 中尾浩一(Vo)+ Now’s Jazz
 カリスマ吉田拓郎の音楽をジャズでうたいあげる特異なジャズライブです。

・3/14(土)14:00~鹿児島県青年会館艸舎にて
 ドラムサークルカゴシマ♪=28=@SOSYA
 毎月自主運営している自由参加のコミュニティドラムサークルです。

・3/14(土)19:30~music&café 明日の地図にて
 Now’s Jazz featuring 田島良一(Piano)
 鹿児島の代表的なジャズピアニストの一人、田島良一さんをゲストにバラードとフリージャズ中心の美しいジャズワールドをお届けします。

・3/15(日)10:00~18:00 リズムハートスタジオにて
 オヤジ復活ドラム塾無料体験会
 初心者から元経験者まで、ドラムでもう一度音楽の楽しみを見出したい中高年男性向け、ドラムの奏法基礎から応用までの体験講座です。

・3/21(日)22(土)
  第3回九州ドラムキャンプ in 福岡
  ドラムサークルを合宿しながら楽しむ、学ぶ2日間です!

・3/21(日)19:00~たねだ皮膚科クリニック(湧水町)にて
 ぴーなっつコンサート「フォーマレッツ&森田孝一郎」
 人気マリンバユニット、フォーマレッツの皆さんとの共演。

・3/30(月)~4/1(水)19:30~鹿児島県内3ヵ所
 中村誠一トリオ/プレイズエリントン鹿児島ツアー2009
 日本ジャズ界の超一流プレイヤーと森田によるエリントントリビュート。

各会場でお待ちしています!

【ジャズ宴】九州ジャズユニオン例会ジャズパーティ

P1060961 ・2009年3月1日(日)19:30~23:00~・・・
串木野ジャズ喫茶パラゴンにて
・出演:Now's Jazz Orchestra & 飛び入り・・・
・約40名の九州各地域のジャズ関係者の皆さん

 九州の各県のジャズ喫茶のマスターや、ジャズ系ライブブッカー、イベンターなど、ジャズの場を支え続ける方々の会「九州ジャズユニオン(KJU)」。その例会が毎年この時期に各県持ち回り開催されていて、ボクが旧パノニカのマネージャーしていた頃(1995~2000)、2回ほど参加しました。とにかくジャズ人間ばかりなので、大変な会なのですが、それが今年は我が串木野ジャズ喫茶パラゴンにて行われ、永年のよしみでオープニングバンドに声かけていただき、九州全域にこの音届けよ!とばかりにNow's Jazz Orchestra(NJO)で出演させていただきました。
P1060975  NJOは、チャーリー・ヘイデンの楽曲を中心に、クラシックやジャズスタンダードを素材にした、どちらかというとちょっとヘンなバンド。一応、例会らしく会合が終わり、早く飲みたくい衝動から開放された宴会開始の乾杯後に演奏。そんななか、めっちゃシリアスなフリージャズ演ってて「いいのだろうか?もっとみんながノレる、ハッピーなスィングジャズやノリノリのビ・バップしなくて・・・」とかちょっと頭をよぎりましたが、そんな心配はまったく不要でした。皆さん、飲み食い、おしゃべりしながら、さすがジャズ人間、しっかり耳は演奏に向いていらっしゃり、演奏中も演奏後もかなり盛りあがり、九州にこの音を届けるに、大きな手ごたえを感じました。
 NJOライブを十分に堪能していただいた後は・・・KJUの皆さんも交えての大ジャムセッション大会。これがまた強力で、いつ果てるとも無く延々続き・・・・こりゃきりがないと判断して、再度NJOのブルースで一旦中締め。しかし、その後どうなったのか。。
 皆さん、またお会いしましょう。
P1060980_2  パラゴンSさんご一家、はいからSさんご夫婦、ありがとうございました。
 次回、3月31日中村誠一トリオ@パラゴン、がんばります!

【さよなら】南日本新聞「最後の夕刊」お別れイベント

P106094900 ・2009年2月28日(土)16:45~17:15
・南日本新聞社ロビーにて
・出演:森田孝一郎と約40名の参加者の皆様
・ご依頼:南日本新聞社様

 南日本新聞は、鹿児島の地元紙です。その夕刊は、極めて身内ノリ的な地域ネタや芸能、スポーツネタなど、どちらかというとゆるい記事で県民から永年愛されてきました。ボクの家も子どものときから夕刊が届けられ、中学校時代は夕刊の配達をして、最初の楽器(YAMAHAのドラムセット)を買いました。そんな思い入れのある夕刊が、この2月でオシマイになり、そのお別れイベントへの出演を打診されたのです。
 せっかくならお客様方皆さんと一緒に夕刊への感謝の気持ちを込めてお別れのリズムを刻もうと思い、たくさんのタイコをお客さん方に配り、ボクの叩くコンガのリズムに合わせて、好きに叩いてもらいました。壁にはたくさんのこれまでの夕刊の記事が掲示されていました。それでボクは、皆さんが奏でるリズムに乗せて、その記事の見出しを見ながら即興でうたをうたいました。「新幹線開通♪」「鹿実、優勝♪」「夕刊ありがとう♪」などなど。
 リズムが人と人をつないでいくように、新聞も情報と言うリソースをつかい人と人をつないでいく媒体のひとつであろうかと思います。これまでボクの活動もたくさん記事にしてもらいましたし、日々のイベントも告知してもらっています。
 これまでの夕刊のゆるいネタを、より幅広い読者層を持つ朝刊がどこまで取り込めるかわかりませんが、鹿児島をもっともっと楽しめる紙面づくりに今後も期待したいと思います。
P1060949  永年、ありがとう。>>夕刊
 これからもよろしく。>>朝刊

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を