« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

【感動】高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」2009

P1060881 ・2009年2月14日13:00~15:15(400席満席)
・2009年2月14日19:00~21:15(400席満席)
・2009年2月15日13:10~15:30(400席超満席)
鹿屋市リナシティかのやにて
・ご依頼:鹿屋市青少年演劇祭実行委員会様
・出演:普通の高校生たち
・音響・照明:株式会社舞研
・演奏:松永太郎&ヒメヒコバンド

 昨年に続いて2回目の高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」の舞台音楽演奏。昨年より公演回数も増え、お客さんも増え、普通の高校生たち(ほとんど女子)とめちゃくちゃ濃い3日間を過ごしました。演出家・松永太郎さんによる脚本と舞台音楽の作詞作曲、そして演出、さらに自らバンドのギター、キーボード、ヴォーカル、パーカッション・・・。。バンドは満田昭人さんのキーボード、 永 志保さんの歌と三線、昨年高校生として参加した菊池光さんのベース。ダンスは松永太郎さんとのコラボレーションが全国P1060884 3位の実力に昇華した国分中央高校ダンス部、合唱は地元鹿屋女子高校合唱部、そして一般公募の普通の高校生達、みんな強力すぎました。

 2/13(金)17:30現地着・・・・通しリハ>>>19:00~21:40
 午後から病院での仕事を終え、そのままフェリーで錦江湾を渡り会場のリナシティかのやに直行。すぐに通しリハ。バンドリハを2回、台本通し読みを2回、譜面及びサントラチェックを数回、車中でのリスニングは数え切れず、自分なりの準備を整えて臨んだのですが、やはり生の現場は準備の通りには行きませんでした。
 舞台上手前方に組んだドラム&パーカッションのセットの右手に台本、左手に譜面。台本見ながら視界内に舞台と下手に陣取るバンマスを。譜面見ながら視界内に客席と同じくバンマスを。通しリハしながら台本にも譜面にも赤ペンでの書き込みが増える増える・・・。P1060925 通しリハが終了したのが21:40。
 この日から3日間、出演者、バンド、音響、照明、舞台総勢100名以上が会場に泊まりこみで集団生活。通しリハ終了後、出演者のお母さん達がつくってくれたハヤシライスをいただき、ボクはいそいそと会場併設のマクスバリュに大人だけの親睦会の買出しに。深夜に及ぶ親睦会では3日間にわたるチームワークの結束が固まりました。宿泊はリハーサル室で雑魚寝zzzzz...

 2/14(土)8:00起床・・・09:00ゲネプロ・・・昼夜2回の本番
 携帯のアラームで自力起床、昨夜の残りのハヤシライスの朝食いただき、早速ゲネプロ(本番どおりに演目実施)。気合でやりぬき、緊張の初回公演へ。初回から素晴らしい演 技、演奏にも魂がこもりました。会場のあちこちですすり泣きが・・・。終了後の舞台挨拶で、この緊張から解き放たれ、舞台も会場もバンドも一緒になって早くも感極まった感じ。初回からこんなで3回目はどんなことになるんだろうか。。そんな思いで初回終了後、夜の公演までしばしお昼寝zzz。
 初回がいい出来だっただけに、気が緩みがちな夜の公演前に松永太郎さんが全員を引P1060887き締めに。このおかげで2回目も会場は感動の渦に。出演者のアドリブがウケル~。
 終了後シャワーを浴びたボクは、単独行動に。会場近くのジャズバーRAGTIMEに出向きギネスとワイン、そしてジャズの音でしばしリセット。これが効いた。その後、焼き鳥屋で盛り上がってる大人チームと合流。その後またまた超深夜まで・・・・・最終日に向け、結束をさらに固めました・・・・・・・。。。

  2/15(日)07:30起床・・・10:00二部通し・・・13:00最終回
 携帯のアラームで自力起床し、会場周辺をランニング。レトロな飲み屋街から小高い丘の旧家の屋敷、神社などを朝日を浴びながらまわりエネルギーを充填。朝食がうまい!
 最終回前の二部通しリハでも台本と譜面に赤書きが増える。最終回がみんなの心深くにもっともっと染み込む様な、いいものにしたいという思いがいろんなアイディアを湧出さP1060921せました。セリフへ反応する効果音は意外な展開にクラベス、すっとんきょうな展開にカウベル、ショッキングな展開にスプラッシュシンバルをスティックで削り、鳥が飛び立つ歌部分で譜面をバタバタ、ドラマの裏テーマである「白い鳥=ヒメ」登場から死後の霊の言葉亡き言葉にバードコールと、とにかくボクの道具で役に立つであろうことを総動員。とにかくアンテナ大全開で最終回に!
 最終回最中にボクのとこに駆け寄り「もりたさん、マナは?」などと高校生ごときにアドリブをかまされても、こっちはキミたちが生まれる前からジャズの現場でアドリブで生きてきた人間。突然のアドリブ要求、しかも何かセリフを要求している。ボクは瞬時に反応しまし た。

 「まな?・・・・・そけ、ほわ!(そこに、ほら)」

 会場はお客様、出演者、バンド、裏方全体で大爆笑の渦に。ま、プロのアドリブプレイヤーとしての面目躍如しながら、しっかり会場を温めきり、感動のクライマックスへ。。。。そP106093122して終了。

 鹿児島市内に移動し、またまた大人は大反省会。大いに飲み、喰らい、そして大いに語り以降の夢が大きく膨らんでいきました。
 「大隅」に眠っていた熱い魂を起き上がらつつある松永太郎さんという逸材に心から敬 意を表すると共に、出演者やバンドはもちろん、半年間に渡り裏方を支え続けてきたスタッフ(ヒメヒコサポーターズ)の皆さんに心から感謝します。

※掲載している舞台写真はリハーサル中のものです。Uchiage090213

【笑顔と混沌からの学び】子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060843 谷山みなみ子ども劇場ラテンリズムワークショップ
・日時:2009年2月11日(水)10:30~12:15
・場所:谷山市民会館にて
・参加者:約80名の子どもたちと保護者
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・ファシリテーター:森田孝一郎

P1060853 やまびこ響子ども劇場ラテンリズムワークショップ
・日時:2009年2月11日(水)15:00~16:25
・場所:茶山房にて
・参加者:約80名の子どもたちと保護者
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・ファシリテーター:森田孝一郎

 約1ヶ月間で鹿児島市内12会場で行ってきたラテンリズムワークショップの11回目と12回目の最終日でした。
 谷山みなみ子ども劇場の皆さんは、ボクが会場入りした時間にはバッチリ椅子の配置を終えていて気合十分。中央でテンポキープをお願いした高校生女子の明るい笑顔が参加者全員に安心感を与え、場を和ませてくれたおかげで最後までみんなの笑顔が耐えないワークショップでした。
 早々と片付けてやまびこ響子ども劇場の会員お母さんの先導で次の会場、茶山房へ。用意していただいたお弁当を美味しくいただき、準備に取り掛かりましたが、最終回にして最大の難関、椅子ナシ畳敷きという場のデザイン。これまで他の会場のように地域別に楽器を配置することは難しく、ランダムにおいて参加者の様子をみながらすすめました。
 やはり予想通り激烈なるカオス状態がつづき、参加者の意識がまとまりません。休憩時間にどうすべきか考え抜いたあげく、講座形式のワークショップはやめて、畳の中央にギャザリングドラムを置いて子どもたちに叩かせ、ためしにドラムサークルをやってみました。するとみんなの意識がだんだんと中央に向き始め、音と意識がつながっていきました。そこからエンディングのダンス合奏まで一気呵成にダッシュ。
 参加された皆さんもそうであることを願いますが、ボク自身にいろんな示唆を与えてくれたワークショップとなりました。何はダメ、これはダメという否定論ではなく、おかれた状況をいかに活用し、楽しんでもらうか、ワークショップファシリテーションの最大の本質がありました。このような場こそが参加者にとっても運営者にとってもファシリテーターにとっても最大の学びの場になるようなワークショップを今後も提供して行きたいと思いました。

 子ども劇場の皆さん、2/20からのラティーナ参上コンサート、楽しんでください!また会いましょう。

【脱帽】子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060817
桜ヶ丘夢子ども劇場ラテンリズムワークショップ
・日時:2009年2月7日(土)14:00~15:40
・場所:桜丘西小学校体育館にて
・参加者:約60名の子どもたちと保護者
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・ファシリテーター:森田孝一郎


P1060824
紫原子ども劇場ラテンリズムワークショップ
・日時:2009年2月7日(土)17:30~19:10
・場所:紫原小学校体育館にて
・参加者:約80名の子どもたちと保護者
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・ファシリテーター:森田孝一郎

 全12回シリーズ中9回目、そしてついに10回目の子ども劇場ラテンリズムワークショップ。スタッフの皆さん、他の会場でも参加され、段取りをとてもよく理解されていて準備も手際よく、毎回開始までの時間に余裕が出てきました。
 それに2会場ともお母さん達の気合の入ったノリのよさと、女の子たちの積極性と元気のよさが目だったワークショップとなりました。特に桜ヶ丘夢での小学生女子2チームはコンガを自由に叩きまくり、アゴゴベル3台とカウベル2台で見事なメタルパーカッションアンサンブルを勝手気ままにつくって楽しんでいたのには驚き。また紫原ではディスコ世代のお母さん達のダンスのうまさに脱帽でした。
 
 さ、残りは2/11(水・祝)に午前と午後1会場づつ対応して12ヶ所全て終了。その後は楽しい打上げ!!

【継承】西部そら子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060797 ・日時:2009年2月6日(金)19:05~20:45
・場所:玉江小体育館にて
・参加者:約90名の子どもたちと保護者
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・ファシリテーター:森田孝一郎

 全12回シリーズ中8回目の子ども劇場ラテンリズムワークショップは、これまで最多人数の参加者、西部そら子ども劇場の皆さんと大いにラテン音楽を楽しみました。
 準備も大勢のスタッフ(特に青年部)の協力により快調で、すんなりフリードラミングからラテン文化と歴史の話、楽器紹介とデモ演奏、クラーベ講座とすすみました。そして今回は、青年部男女によるバンドとボクのパーカッションによる共演が、青年部の企画した目玉でした。青年部による演奏は・・・もうちょっとしっかり練P10607971 習して来いよ!ってな音でしたが、子どもたちを音楽で盛り上げようと言う強い気持ちのこもった演奏。それを子どもたちもお母さん達もみんな感じてか(ココが音楽のすごいところ!)黙って聴かず身体全体を動かし、手拍子をかきならし、逆にバンドを盛り上げようとさえしていました。
 青年部の年代(17~19歳?)は、たいへんデリケートな年頃ですが、こういう場に出てきて積極的に小さな子どもたちに接していること自体が、彼らの心の優しさをものがたっており、それが地域で受け継がれていることに大変感銘を受けました。

 以降もまだまだつづきます。残り4ヶ所!
 詳しい日程はコチラ>>リズムハートホームページ
 子ども劇場会員でなくても参加可能と思われますが、子ども劇場会員向けに会員の会費により運営されている会ですので、参加方法、入会方法など詳細は、鹿児島市子ども劇場連絡会に問い合わせてみてください。
 それでは各会場でお会いしましょう♪

【余裕】虹子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060784 【余裕】虹子ども劇場ラテンリズムワークショップ
・日時:2009年2月5日(木)18:55~20:40
・場所:鴨池公民館にて
・参加者:約80名の子どもたちと保護者
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・ファシリテーター:森田孝一郎

 全12回シリーズ中7回目の子ども劇場ラテンリズムワークショップは、虹子ども劇場の皆さんと大いにラテン音楽を楽しみました。
 今回は、関係者のお母さん方が事前に他の子ども劇場ラテンリズムワークショップに参加され、勝手をよく知っておられたからか、会場設営、セッティング、打合せなどがかなり快調に進行し、開始までかなり余裕をもって参加者をお迎えすることが出来ました。
 例によって高学年男女にテンポキープを任せ、ボクは次々に会場に入ってこられる参加P1060791 者の子どもたちやお母さん方を空いた席に案内し、楽器を簡単に演奏してみせて鳴ってるリズムに沿って演奏するよう促していくことに専念できたため、席が埋まる頃には、かなり進行したドラムサークル的なリズムグルーブがうねっている状態になっていました。
 そこでもうみんながその場に集中し、一緒に音楽を楽しむ空気にしっかり支配されたので、その後のラテン文化と歴史の話やクラーベ講座やリズム実践など快調に進展、ダンスで思いっきりはじけてパレードではしゃぎまくり、最後にみんなで輪になってニコニコしながらふりかえり~♪
 やはり入念な事前準備による余裕がワークショップの成否を決めること、実感したワークショップでした。
 皆さん、ありがとうございました。
 以降もまだまだつづきます。残り5ヶ所!
 詳しい日程はコチラ>>リズムハートホームページ
 子ども劇場会員でなくても参加可能と思われますが、子ども劇場会員向けに会員の会費により運営されている会ですので、参加方法、入会方法など詳細は、鹿児島市子ども劇場連絡会に問い合わせてみてください。
 それでは各会場でお会いしましょう♪

【一体】湯田小&西方小薩摩川内元気塾ドラムサークル

P1060780s ・日時:2009年2月3日(水)10:25~11:30
・場所:湯田小学校体育館
・参加者:湯田小・西方小児童42名+幼稚園生と先生方総勢約50名
・ファシリテーター:森田孝一郎

 本年度8会場16校に渡り実施してきた薩摩川内元気塾ドラムサークルの最終回、湯田小&西方小の42名の子どもたちや先生方とドラムサークルを楽しみました。
 その中でみんなとの一体感づくりやチームワークの醸成、リーダーシップの発揮と協力につながるような音の場をみんなで共有しました。とにかくみんなおとなしくて素直。タイコ叩いて喜ぶ純粋な笑顔に癒されました。全体42名の参加者のうち湯田小と西方小とそれぞれ半分づつだったのですが、同じ学校の子ども達かのようにしっかり音でつながりあっていました。
 また、外は大雨だったのですが、雨音が体育館の天井を叩く音もみんなのリズムとシンクロしていい感じ。ストップカットでみんなの音が一斉に止まったとき、じっとみんなで雨音に耳を澄ますと、そんな単純な体験の新鮮さにあらためてみんなで驚きかたでした。ありがとうございました。

 来年度もたくさんの薩摩川内元気塾ドラムサークルができるといいなぁ。よろしくお願いします。。

※ 当ドラムサークルブログでは、参加者様、クライエント様への配慮から表層的な内容しか掲載していません。
※ 学校、福祉施設、病院、企業などドラムサークル事後のフィードバックを必要とされるクライエント様向けには、各セッションスキームごとの各アクティビティ選択の目的と内容、そしてその結果(生徒さん、利用者さん達の変化)など、より詳しい実施報告書を提出しています。

【感度】ドラムサークルカゴシマ♪=27=

P1060762 ・日時:2009年2月1日(日)14:00~16:00
・場所:サンエールかごしまにて
・参加者:26名
・スタッフ:HAMAちゃん、サリーちゃん、みこちゃん
・ファシリテーター:森田孝一郎

 毎月実施している自主運営のコミュニティドラムサークル、ドラムサークルカゴシマ♪ですが、今回は鹿児島市による男女参画フェスティバル内の市民企画として申請、実施採用されました。
 スタッフ含め久しぶりに30名規模のコミュニティドラムサークルとなり、ここ数ヶ月、学校や病院、福祉施設などでのドラムサークルでしか数十名規模のドラムサークルをやっていなかったので、なんのつながりもなく集まったはじめて会う人たち同士30名によるコミュニティドラムサークルをうまくファシリテートできるか、きてくださった皆さんに楽しんで帰ってもらえるか、ちょっと不安がよぎりました。
 P10607588 そんな不安をかきけしてくれたのは、スタッフの強力なサブファシリテーションぶりでした。初期ドラキャン経験者のみこちゃんによるスルドでのテンポキープ、HAMAちゃんの謹製HMカホンによる適切かつシンプルなリズムアクセント、サリーちゃんの心優しい気遣い溢れる受付対応などなど、これらのスタッフ対応のおかげで参加者一人ひとりが何を欲しているかの感度がビンビン反応しまくり、参加者の満足度が時間と共にどんどん増幅していくのがわかりました。
 ドラムコールで一人ひとりの状態を読みながら目いっぱい発散させ、一旦沈静化させたあと、一人づつレイヤーインさせて再発散して休憩。休憩後はサウンドスケープからはじまる楽園セッションがなんとノンストップで50分間も続きました。今回の様子に感化されたか、また一人強力なスタッフ候補が現れたことも大きな収穫。DCスタッフのみんなに感謝。打上げも盛り上がりました!
 来月は3/14(土)14:00~鹿児島県青年会館艸舎(そうしゃ)で開催。
 皆さん、また来月お会いしましょう!!

【急転】北部みどり子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060746_2 ・日時:2009年1月31日(土)16:20~18:00
・場所:鹿児島市教育総合センターにて
・参加者:約80名の子どもたちと保護者
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・ファシリテーター:森田孝一郎

 鹿児島市内12ヶ所での子ども劇場ラテンリズムワークショップの折り返し点第6回目は、北部みどり子ども劇場の皆さんとラテンリズムを楽しみました。
 しかし、私としたことが会場の「教育総合センター」を「総合教育センター」と読み違えてしまい、車で30分以上かかる全然違う会場に着いてしまうという大失態。。本来なら1時間前に会場入りするのが常なのですが、ワークショップ開始予定時刻の5分前に会場到着、しかも会場は3階。ワークショップは突然のトラブルやアクシデントを楽しみながらどうやってみんなで協力して問題解決を図るかという学びの場でもあることを自分に言い聞かせながら、一心不乱にスタッフも参加者も総出で搬入とセッティングを行うと、なんと15分で準備完了。私の確認不足からとはいえ、通常1時間かかる準備をみんなで力を出し合って15分で終えられたことはとても素晴らしいワークショップの醍醐味でした。 
 P1060750 その後は、短い時間ながら確実な打合せができ、高学年男女のリズムキープも功を奏し、一連のメニューがみんなの歓声と笑顔と共に進行、とても充実したワークショップでした。
 最後にみんなで手をつないで目をつむり、準備含めた2時間を振り返り、あらためてみんなが力を合わせてできあがったことに、深い感謝の気持ちを共有しました。するとその後のあと片づけまですばやく完了。ほんとみんなで何かする、って楽しいだけでなくたくさんの学びがある場だなぁ、と思いました。

 以降もまだまだつづきます。残り6ヶ所!
 詳しい日程はコチラ>>リズムハートホームページ
 子ども劇場会員でなくても参加可能と思われますが、子ども劇場会員向けに会員の会費により運営されている会ですので、参加方法、入会方法など詳細は、鹿児島市子ども劇場連絡会に問い合わせてみてください。
 それでは各会場でお会いしましょう♪

【一緒】北部みらい子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060688・日時:2009年1月31日(土)10:30~12:00
・場所:北部みらい子ども劇場事務所にて
・参加者:約50名の子どもたちと保護者
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・ファシリテーター:森田孝一郎

 連日続く、子ども劇場ラテンリズムワークショップの第5回目は、北部みらい子ども劇場の皆さんとラテンのリズムを楽しみました。
 会場が2回ということを現場に着いてから知り、ちょっとあせりましたが皆さんの協力で準備も打合せもスムースに運び、リズム遊びからラテン音楽の文化と歴史、楽器紹介、ラテンリズム講座、ラテンダンス、そしてサンバパレードと一連のメニューを楽しみました。最後はみんなで手をつないで輪になり、一人ひとりジャンプ!そしてみんなでジャンプ!子どもたちの笑顔、お母さん達の笑顔がたくさん咲きました。

P1060743 以降もまだまだつづきます。残り7ヶ所!
 詳しい日程はコチラ>>リズムハートホームページ
 子ども劇場会員でなくても参加可能と思われますが、子ども劇場会員向けに会員の会費により運営されている会ですので、参加方法、入会方法など詳細は、鹿児島市子ども劇場連絡会に問い合わせてみてください。
 それでは各会場でお会いしましょう♪

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を