« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

【貢献】やまびこひかり子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060685 ・日時:2009年1月30日(金)19:00~20:40
・場所:谷山北公民館にて
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・参加者:約70名の子どもたちと保護者
・ファシリテーター:森田孝一郎

 連日続く、子ども劇場ラテンリズムワークショップの第4回目は、やまびこひかり子ども劇場の皆さんと楽しみました。
 今回は十分な準備時間がとれ、スタッフとの打ち合わせもバッチリ。受付後のフリードラミングから、打合せどおりしっかり高学年男子と女子がテンポキープしてくれ、参加者が安心して気持ちよくリズムに入り込むのに貢献してくれました。それにより参加者全員の気持ちがまとまり、その後のラテン音楽の文化と歴史の話にも小さな子どもまでみんなしっかり耳を傾けてくれ、楽器紹介と模範演奏でもいちいち拍手とストップカット(一斉停止)で盛り上がりました。
 そういった雰囲気により、その後の各セッションでも楽器別の役割をしっかり識別してもらいながら、ベースドラムやカウベルによるテンポキープ、シェイカー&鈴によるリズムハーモニー、太鼓類によるメロディックテーマ、そしてメタル類によるアクセントと一人ひとりがみんなのためになんらかの貢献ができている状態をつくれたような気がします。
 おかげで大変充実したワークショップとなりました。十分な準備時間、スタッフとの打合せ、マイクの性能、などがうまくいったことがあげられますが、なんと言っても高学年男子女子による運営協力が一番の功労でした。リズムを通じて一人ひとりがみんなのためになにか貢献する場を、今回だけでなく定常的に設けることで、子どもたちの様々な問題可決の一端になりえる可能性を強く感じるワークショップでした。

 以降もまだまだつづきます。残り8ヶ所!
 詳しい日程はコチラ>>リズムハートホームページ
 子ども劇場会員でなくても参加可能と思われますが、子ども劇場会員向けに会員の会費により運営されている会ですので、参加方法、入会方法など詳細は、鹿児島市子ども劇場連絡会に問い合わせてみてください。
 それでは各会場でお会いしましょう♪

【演出】西☆風子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060667 ・日時:2009年1月29日(木)18:30~20:00
・場所:武中学校体育館にて
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・参加者:約60名の子どもたちと保護者
・ファシリテーター:森田孝一郎

 鹿児島市内12ヶ所の子ども劇場会員の子どもたちにラテン音楽のリズムと楽しさを伝えるワークショップの第3回目は、西☆風子ども劇場の皆さんとラテンリズムを楽しみました。
 通常1時間とる準備時間が会場の都合で45分しかなく、おまけに会場の場所に迷ったり、大雨で搬入に時間がかかったりで、十分な打合せもできずにスタート。
 準備不足のままの見切り発車ではありましたが、体育館に鳴り響く雨音の調べと共に元気よくリズムを刻み、楽しくダンスを踊りました。特に他の会場でもそうですが、お母さん達の盛り上がりが子どもたちをしのぐ状況は、もっと演出してあげてもいいかもと思いましP1060674 た。
 しかし子どもたちと一緒にラテン中心でタイコ叩き、お話は軽めに、ダンス踊って、パレードして、って・・・かなりハードなワークショップ。90分が限度かも。搬入搬出を手伝ってくれた子どもたちに感謝!!
 今日以降もまだまだつづきます。
 詳しい日程はコチラ>>リズムハートホームページ
 子ども劇場会員でなくても参加可能ですので、鹿児島市子ども劇場連絡会に問い合わせてみてください。
 それでは各会場でお会いしましょう♪

【変化】谷山ひがし子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060645 ・2009年1月23日(金)19:00~20:30
・谷山北公民館にて
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会
・参加者:約60名の子どもたちと保護者
・ファシリテーター:森田孝一郎

 2月21日22日に行われる「海賊ラティーナ」コンサートの事前プログラムとして、鹿児島市内12ヶ所の子ども劇場会員の子どもたちにラテン音楽のリズムと楽しさを伝えるワークショップの第2弾、今回は谷山ひがし子ども劇場の皆さんとラテンリズムを楽しみました。
 最初のフリーセッションでは、けっこうおとなしめで、ラテン音楽の文化と歴史に関するお話のコーナーでは小さい子どもたちも礼儀良くきいてくれました。
 最初の変化は、文化歴史の話の後にいろんな楽器解説しながら模範演奏をし、3/2のクラーベを手拍子でみんなで練習した後、クラーベをパルスにフリーセッションしたときでした。なんと最初のセッションからしてリズムのグルーブ、みんなの表情が大きく変化していたのです。恐るべしクラーベ。
P1060652  休憩挟んで、シンプルな日本歌謡曲的ルンバパターンと、サンババトゥカータのスルドと16分音符アクセントのパターンをそれぞれ提示し、みんなで合奏。ここでもみんながどんどんリズムでウズウズしてくるのがわかったので、立ち上がってダンスタイム!!これが盛り上がった。最初のおとなしいみんなとはまったく別人。そのままのノリで楽器を手にとってもらってサンバパレード♪。
 楽しかった!?
 来週は4つの子ども劇場でやります。詳しい日程はコチラ>>リズムハートホームページ
 子ども劇場会員でなくても参加可能ですので、鹿児島市子ども劇場連絡会に問い合わせてみてください。
 それでは各会場でお会いしましょう♪アディオス!ムーチャス・グラシアス!オブリガード!

【発散】たいよう子ども劇場ラテンリズムワークショップ

P1060630 【発散】たいよう子ども劇場ラテンリズムワークショップ
・2009年1月18日(日)17:00~18:40
・鹿児島市立南中学校体育館にて
・ご依頼:鹿児島市子ども劇場連絡会様
・参加者:約60名の子どもたちと保護者
・ファシリテーター:森田孝一郎

 2月21日22日に行われる「海賊ラティーナ」コンサートの事前プログラムとして、鹿児島市内12ヶ所の子ども劇場会員の子どもたちにラテン音楽のリズムと楽しさを伝えるワークショップ。その第一弾をたいよう子ども劇場の皆さんと楽しみました。
 ボンゴにコンガ、ティンバレスにギロ、マラカスなどキューバ音楽に使うパーカッション、スルドにタンタン、チンバウ、パンディエロ、タンボリンなどブラジル音楽に使うパーカッション、そしてそれらの起源たるアフリカンパーカッションなどを使い、自由に音を出して楽しんだ後、楽器紹介とデモ演奏、クラーベを軸としたラテンリズム講座、ラテン音楽の文化と歴P1060629 史に関するお話、コンサート当日に演奏されるであろうラテン音楽の参考音源を聴きながらの解説、そしてマンボとサンバの簡単なリズムをつかって全員で合奏。最後はみんなで立ち上がってサンバで叩き、踊り、うたいながら体育館内を練り歩くと言う内容満載の楽しいワークショップとなりました。
 今月から来月にかけて、12回という回数を重ねながら1000人近くの子ども達とのラテン音楽を通じた出会いと交流が深まるのがとても楽しみです。
 次回は1月23日(金)谷山ひがし子ども劇場の皆さんです。以降のスケジュールはリズムハートホームページにて。

【4人】Now's Jazz Live at Ragtime

P1060625 ・2009年1月17日(土)18:30~20:50
・伊集院町ジャズ喫茶ラグタイムにて
・お客様:27名
・出演:Now's Jazz
坂口英明(Bass)、松本圭使(Piano)、尾崎佳奈子(Sax)、森田孝一郎(Drums)
 昨年大変お世話になった伊集院町のジャズ喫茶、ラグタイムさんでの2009年初めてのライブは、NJ4人による「今のボクたちのジャズ=Now's Jazz」を聴いていただきました。マスターやお客様方が期待されているであろうスタンダードナンバーや名曲を織り交ぜながらも、ジャズの自由な表現形態であるアドリブ(即興演奏)と言う手法で、どこまで自己を解放できるかという、今までのラグタイムさんでのライブではあまり踏み込むなかった、よりアーティスティックな音を聴いてもらいたいと言う意図も盛り込んだ演奏となりました。
 とかく難解と思われがちなジャズですが、精神誠意、おいでくださったお客様方に感謝の気持ちを込め一音一音に魂を込めて音を出せば、その気持ちは、音楽としてきっと届くものと思っています。
 これからも、NJという活動の中で、ジャズという伝統の流れから継承される新しい音を追及していきたいです。

【丑年】KTSつぼチャンネル生出演

Tsubo090116 昨年8月よりたまにゲストコメンテーターとして出演させていただいている地元鹿児島の地域情報バラエティ番組「つぼチャンネル」に3回目の出演してきました。今回のテーマは「焼肉」と「鹿児島市内の温泉銭湯」。どちらも大の得意分野。それに毎度の出演でボクの衣装が好評(1回目は真夏だったので金魚のアロハ、2回目はおはら祭りの前日だったので祭り装束)なため、今回はテーマに合わせて写真の通り「牛さん」で決めてみました。

写真は左手からキャスターの松尾さん、メインキャスターの坪内さん、そしてボク、レポーターのみえさん、同じくレポーターのタマリさん。坪内さんがかぶってるカブリモノの角は、番組中ではボクがかぶっていました。今回の衣装も大ウケ。また次回への期待を強く感じましたが、楽しいプレッシャーであります。

 番組内容はやはり「焼肉」と「温泉」、盛り上がりました。「焼肉」のコーナーでは、なんとスタジオ内で名店ヨコムラさんのロースを焼いて食べるという、試食に興奮。「温泉」では、以前住んでいた近所の霧島温泉や、学生時代に授業をサボって行ってた竹迫温泉の話題でからむことができました。

 しかし番組の流れの中で、瞬時に短い時間で気の利いたツボをおさえるようなコメントを語るの、かなり難しい作業ですが、楽しい仕事です。

 次回もがんばります!

【自由】Now's Jazz Orchestra + 国生裕子(piano)

P1060599 ・2009年1月12日(月・祝)18:40~21:00
・ジャズスポット リレットにて
・お客様:91名超満員
・出演:Now's Jazz Orchestra+ 国生裕子(piano)

 構想10年、リハーサル4ヶ月を要し、満を持して登場したNow's Jazz Orchestra(NJO)が遂にそのベールを脱ぎました。鹿児島ジャズ界から5人、同クラシック界から3人、両刀使いが1人、そして東京ジャズ界から1人の合計10人が、チャーリー・ヘイデン作品を中心に、クラシック作品、ゴスペル作品、スィングジャズ作品をモチーフにした、まったく自由な音楽の場に解放された強烈な演奏を繰り広げました。
 会場のジャズスポットリレットは通常キャパ50程度ですが、テーブルを全て撤去し、なんと開店創業以来第2位となる91名(第1位92名?)の超満員のお客様に聴いていただきました。
P1060603  リハーサルも重ね、譜面も一応ありますが、そのとおりやるも自由、そのとおりやらないのが面白ければそれも自由、音を外すのも、リズムを飛ばすのも全て自由。あらゆる制約から解放されながらも「曲」という素材を基にした「音楽」を10人で創る作業の面白さ、楽しさが凝縮したライブになりました。
 次回はもっと広い会場でやることになると思います。
 そのときは、皆さん、聴きにきてくださいね。一緒に自由な音に解放されましょう。P1060613

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を