« 【集中】薩摩川内元気塾ドラムサークル@樋脇小&倉野小 | トップページ | 【創夢】Now's Jazz on Christmas »

【復帰】Gコープかごしまレスパイト・ドラムサークル

P1060232 日時:2008年12月10日(水)09:55~11:51
場所:霧島市隼人町サン・あもり体育館
参加者30名の会員の皆様
ご依頼:グリーンコープかごしま様
ファシリテーター:森田孝一郎

 レスパイトとは・・・休息、一時的に楽になるなどの意味らしく、今回、普段は子育てや介護に忙しい女性の皆さん(Gコープかごしまの会員様方)に、それらの日常対応を離れ、一時的に楽になっていただくためのドラムサークルと相成りました。
 しかしお集まりの皆さん、さすがに「さぁ、好きなように叩いてください」と言われても大人としてのプライドや恥ずかしさが先行し、ドラミングよりおしゃべりに夢中でなかなか音に集中しきれない時間が10分ほど経過しました。ボクは参加者全員の意識に届きやすい低音ドラムを根気強く叩きながら、皆さんの意識がその場の音に集まってくるのを待ちました。すると、さすがにおしゃべりし続けられなくなった皆さんの意識が、音と場の状況に集まりだすのを感じ、音もひとつのテンポにまとまってきました。その時点で私は、参加者全員にアイコンタクトし、今日の私の役割を目と身振りで伝え、最初のストップカット(一斉停止)。通常、合図を見落としたり、合図の意味を理解しかねて止まり損ねる参加者もいて数回ストップカットを繰り返すのですが、1回で一人残らず一定停止して静寂へ。「すご~い」という歓声。その時点で私が何も語らずともドラムサークルの楽しさとルールを理解して(感じ取って)いたようでした。
 その後、参加者の皆さんの様子をじーっと観察しながらサウンドリレー、シェイカーパス、サウンドスケープなどを行いましたが、時間の経過と共に最初のペチャクチャおしゃべりはまったく影を潜め、特に目を閉じてのサウンドリレーの見事な集中力から、同じく目を閉じてのシェイカーパスでは、なんと1個もシェイカーを落とさないという、なんとも異常な集中力を発揮しました。
 最後にトーンチャイムと鈴でクリスマスセッションして、音が消えた瞬間は、まだやりたーい、という聴こえない声が体育館にこだましているようでした。そこで沈黙と瞑想のふりかえりを行い、現実に復帰させてあげる時間をとりました。
 目を開けた瞬間、とても充実感のあるさわやかな笑顔が咲き乱れていました。
 いろんな精神的負担を抱える女性の皆さんに、時々レスパイトドラムサークルやっていただき、また充実した、家事、育児、介護の日常に戻ってもらえたら幸せです。

※ 当ドラムサークルブログでは、参加者様、クライエント様への配慮から表層的な内容しか掲載していません。
※ 学校、福祉施設、病院、企業などドラムサークル事後のフィードバックを必要とされるクライエント様向けには、各セッションスキームごとの各アクティビティ選択の目的と内容、そしてその結果(生徒さん、利用者さん達の変化)など、より詳しい実施報告書を提出しています。

« 【集中】薩摩川内元気塾ドラムサークル@樋脇小&倉野小 | トップページ | 【創夢】Now's Jazz on Christmas »

ドラムサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【集中】薩摩川内元気塾ドラムサークル@樋脇小&倉野小 | トップページ | 【創夢】Now's Jazz on Christmas »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を