« 【市民】市民ふれあいステージ~音楽の広場~ | トップページ | 【独創】黒豚塩すき焼き »

【瞬発】Orchesta de Cajon "Viva la Musica"初舞台

080830fureaimidori000 ・2008年8月30日(土)18:20~18:30
・鹿児島市緑ヶ丘商店街「きらきら納涼夏祭り」にて

 今年の2月から指導させていただいている緑ヶ丘町のカホンオーケストラ「ビバ・ラ・ムジカ」の初舞台でした。「ビバ・ラ・ムジカ」は、「緑ヶ丘をカホンの街に!」をスローガンに結成された街の活性化のためのカホンドラマー軍団。楽器経験者はほとんどいません。指導の依頼を受けたときは、パルマやカホンの専門的な勉強をボクはしていないので一旦はお断りしました。でも町内会長兼楽団長のかつや番長や、地元カホン工房のHAMAちゃんらと話をするうちに、この人たちの役に立ちたい、という思いに駆られ、関係書籍、DVDなどで独学してみると、案外これまでのボクの経験値で大いに役に立てる部分が見えてきたので、この仕事を引き受けました。
 楽団員は毎週水曜日の夜、緑ヶ丘中学校の武道館に集まり、ボクはグループレッスンにて基本的なハンドドラムのストロークを指導していくうちに、どうしても個人のスキルの差異がでてきます。スキルの差異を受け入れながらみんながカホンを楽しむにはどういう手法がいいか、考え抜きました。で、そのスキル差異を活かした、オリジナルのリズムアンアンブルによるカホンオーケストラを構成すれば、みんなもっと楽しくカホンを叩けるんではないか、と考え、スキルに応じた複数のリズムパターンとメロディックリズムからなるカホンアンサンブル曲をつくっていきました。080830fureaimidori033
 今回の初舞台では、「ビバ・ラ・ムジカ」を生んだ緑ヶ丘の街へのリスペクトの気持ちをうたった「緑ヶ丘商店街」という曲を演奏しました。商店街活性化への推進力をイメージした、アーミートリプレッティブなテーマと、人が棲むに根っこの部分の基盤をイメージした6/8アフリカンリズムを基調としたアンサンブルで、メンバー全員がアドリブソロをとりました。練習ではまったくソロを叩こうともしなかったメンバーが自分の心の扉から開放され、自由奔放にカホンを叩きまくっていました。
 エンディングのユニゾンのあとの静寂。しばらくして拍手、そしてハイタッチ、握手。
 緑ヶ丘の街に新しい音楽の価値が生まれた瞬間でした。
 祭りの最後は、枕崎発メジャースカバンドARTSのBONさん率いるBON-DXと、これまた鹿児島発全国発信アーティスト福井静さんと「ビバ・ラ・ムジカ」のみんなと共に「上を向いて歩こう」を大合唱しながらのジョイント。
 うたってる最中にBONさんが語った「音楽っていいなぁ」という単純なフレーズが妙に心に染みる一夜でした。

080830fureaimidori036  カホンオーケストラ「ビバ・ラ・ムジカ」は、緑ヶ丘の愛をエネルギーにどんどん進化していく。

« 【市民】市民ふれあいステージ~音楽の広場~ | トップページ | 【独創】黒豚塩すき焼き »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【市民】市民ふれあいステージ~音楽の広場~ | トップページ | 【独創】黒豚塩すき焼き »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を