« 【響き】伊敷台中学校「社会人に学ぶ」 | トップページ | 【躍動】いにしき幼稚園ドラムサークル »

【感動】高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」舞台演奏

08021617himehiko014 ・2008年2月16日(土)19:00~
・2008年2月17日(日)14:00~
・鹿屋リナシティホールにて

高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」
松永タロウバンドでのドラム&パーカッション演奏
・2日間で600名強のお客様

 タロウが動いた。土地を歩き原作を書き、脚本を友人と共作し、音楽を作曲・アレンジし、企画書を書きいくつもの団体にプレゼンし、いくつもの学校のダンス部、演劇部、合唱部の顧問先生に会いに行き、この舞台に対する思いを語り、高校生を集め、音響、照明、舞台、音楽などのスタッフを集め、演出し、公演では自らうたい、ギターを弾いた。
 ボクのこれまでの音楽活動の中で、ひとつのイベントに対しここまで動いた人を知らない。しかもタロウは鹿児島での活動を開始して1年に満たないのである。08021617himehiko029

 タロウから依頼されたのは、ミュージカルの舞台演奏でのドラム&パーカッション。これもボクの30年近い楽歴のなかではじめての経験。本番1ヶ月ぐらい前に台本もらって、3回ぐらい通しで読み、物語の流れをつかみ、バンドリハも重ねたけど、本番やってみて舞台進行に合わせて音を出すという作業自体が、こんなにも全神経と五感をフル動員しながら大変ながらもものすごい楽しいものであること、思い知った。

 公演初日の前日午後から会場入りし、セッティング。バンドはせり出し舞台はさんで、舞台仕込み終えてバンド部分、芝居部分、合唱部分、個別にステージリハし、夜はとおしリハ。出演する高校生ばかりでなく、バンドも舞台スタッフも緊張感がみなぎる。15分の休憩はさんでみっちり2時間でヘトヘトに。その夜はタロウの鹿屋実家にお世話になった。ありがとう、お母さん。

08021617himehiko042  公演初日、午前中は国分中央高校ダンス部が到着し、ダンス部分中心に、休憩ナシで3時間ぶっとおしでリハ。急いでお弁当かきこみ、すぐにゲネプロ。5ヶ月に渡って準備してきた舞台のようやく全貌があきらかになった。台本と譜面と舞台と、そそてせり出し舞台はさんだ10m先にいるタロウのサインを見ながらほぼ2時間、演奏しっぱなしの感じ。疲れた~・・・。その疲れが、かなりなハイテンションに同化し、夜の本番は、出演者もバンドもスタッフも感情入りまくり。エンディングのコーラスとうたとダンスのシーンでは、泣きながら演奏した。本番前に控え室で食べた、まかないのカレーが美味しかった!
 片付けてその日の宿舎、国立大隈青少年自然の家へ移動。時間制限越えてしまったお風呂をそそくさといただき、バンドと照明さんの大人チームは、地下の談話室で反省会(ハイ、飲み会です)。でも、この反省会(飲み会・・)やったことが、翌日公演最終日のバンドと照明さんのハイタッチパフォーマンスにつながった。

 公演最終日の朝、なにせ青少年自然の家ですから、真っ暗な6時前に高校生に起こさ08021617himehiko043 れ、ちょこっとランニングしてお布団たたんでお部屋の掃除して朝の集いでラジオ体操。しっかり朝食摂って会場に8:45入り。10時からダンス部分とラストシーンをおさらいするのに、またまた休憩ナシの3時間で、1時間後には最終公演本番。ボク自身は、初日より冷静に、主役はあくまで舞台の役者、演奏は脇役という気持ちで演奏しようと心がけたら、本番開始後、なんか舞台も客席もバンドも会場全体の雰囲気が淡白な様子。ここで気持ちを切り替え、不慣れな舞台演奏で中途半端に脇役に徹するより、いつものようにライブ感覚で会場を盛り上げようと。そこから気分的に前日のスイッチON状態に。

08021617himehiko055 それにしても舞台上の高校生達のキラキラ輝いた顔を見ていると、それだけで胸が熱くなる。そしてドラム演奏しながら一緒にうたうことで、ガーっとその熱いものがこみ上げてきてしまいには目からこぼれあふれ出る涙。こんな楽しくも熱い演奏をしたのははじめて。子どもと大人の中間的な彼女たち、彼らの純真さに触れながら3日間過ごしたことはとても大きな財産になったなぁ。

 鹿児島に戻って、疲れ果てた身体にムチ打ちながらも、バンドと照明さんたちとで打上げ。語らい笑い、そして次につながるいろんなことを感じた意味ある打ち上げ。打上げを言い出しっぺしてくれた、照明チームのチーフ、舞研のNさんに心から感謝。08021617himehiko061

 そして多くの高校生、照明さん、舞台さん、バンド、リナシティ鹿屋さん、主催のNPOカゴシマライフネットさんなどを見事にまとめあげ、ボクに声かけしてくれた松永太郎さんに感謝。
 今回、たぶん200人以上からなる松永組に参加できたことを心から誇りに思うし、今後も力になって行きたい。
 ありがとう。

« 【響き】伊敷台中学校「社会人に学ぶ」 | トップページ | 【躍動】いにしき幼稚園ドラムサークル »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

じゅんさん
高校生ミュージカルは今後も続くようですのできっと次回は参加申込みされるとよいでしょう。そのとき、高校生でなくても何らかの形でサポートできるんじゃないかと思います。。
きっといつかまたお会いしましょう。

お疲れ様でした
16日に行って見ました!

感動と笑いばかりでとても素敵でした
僕も高校生なので一緒にやりたかったです
やりたいやりたいって思っているうちに締め切りが過ぎてむちゃくちゃ心残りなどがありました
音楽もとても良くて好きになりました
あの曲が欲しいくらいです
本当に良かったです
お疲れ様でした

reirinnさん
ご来場及びコメントありがとうございます。
さつまっ娘のステージ、パーカッションでボクを使ってください!

はじめまして おはようございます。
感動的な舞台でした。そして・・森田さんのパーカッションには吸い込まれました。ありがとうございました。
終わった後、舞台の感動に酔いしれていた所、娘たちのとっておそらく結一『歌の先生』と呼べる方にお会いする事が出来ました。
森田さんからのご紹介でいらしたという事でした。
ご縁をいただいた森田さんにはま何処かでご縁があるのかもしれませんね。
これからのご活躍心からお祈りいたしております。

ゆかさん!
一緒に感動してくれて、ありがとう。
3/7のパフォーミングアーツ・ダンスコラボレーション@宝山ホールもよろしく!
チケットあります。
連絡ください。
info@rizha.jp

森田さん、お疲れ様でした!
ドラム・パーカッション、素晴らしかったです。
両日とも、泣きっぱなしで私も観劇しておりました。
裏話聞くと・・舞台作りの大変さがわかりますよね。
そうして出来上がった舞台だからこそ~余計、気持ちも入っちゃうんでしょうね。
これからも素敵なステージ・舞台での活躍楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【感動】高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」舞台演奏:

« 【響き】伊敷台中学校「社会人に学ぶ」 | トップページ | 【躍動】いにしき幼稚園ドラムサークル »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を