« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

【調性】ドラムサークルカゴシマ♪=16=

080126dck16004 ・2008年1月26日(土)14:00~16:00
鹿児島県青年会館艸舎にて
・参加者:大人12名子ども16名合計28名
・ファシリテーター:森田孝一郎
・スタッフ:ストル、サリー

 先月に続いての青年会館艸舎(そうしゃ)での定例コミュニティドラムサークル(誰でも自由参加のドラムサークル)。なんと今回、2名様の大人単独参加を除いて9組のご家族連れという大変得意な構成によるドラムサークルとなりました。
 午後2時の開始前に子ども達がドンチャカたたき始めたので、スタッフのストルにスルド(ブラジルのベースドラム)でのパルス出ししてもらってドラムコール開始。その時点で参加者は10数名(半分以上パルス無視の子ども達による自由演奏・・・)しかいなくてグルーブが出るのなかなか難しかったのですが、次々にご家族連れが参入され、リズムがそろっていきましたが、なかなか生きたグルーブが出てきませんでした。080126dck16009 それで、前日の幼稚園ドラムサークル同様のストップカットの繰り返しでグルーブをつくっていきました。すると見る見る生きたグルーブが出てきました。気付いたらすごい活き活きとしたグルーブが生まれ、5歳ぐらいの男の子のティンパニ奏者ばりのギャザリングドラム連打がグイグイとドラムサークルのノリを引っ張っていきました。気付いたら40分近くのドラムコール。いやー、すごいドラムコールでした。それもそのはず。ご家族連れの半数以上はリピーターさん。ありがたいことです。
080126dck16010 太鼓を叩きまくったので、シェイカーセッションでクールダウン。一人づつ番号をコールして奇数チームと偶数チームに別れ、リズムダイアログ(対話)セッション。そこから子どもの残響により自然とサウンドスケープに移行。その場の状況判断による思いつきのシーケンスでしたが、これを起点に改良すればいろいろできそうな可能性を感じました。
 休憩して、サウンドシェイプで身体動かし温まったところでレイヤーインによるドラムセッション。うまい具合に太鼓、小物パーカッションと楽器が分散したのですが、気持ちのいいボリュームバランスをファシリテーションすることが大変難しいでした。
 そしてラストセッションはヒーリングタイムでサリーちゃんとのフルートとの合奏でエンディング。なんか心地いい疲れがフルートの音で癒されていく感じがしました。080126dck16014
 参加者の皆さんは一様に楽しんでもらえたようですが、ファシリテーターとしてはグルーブに執着するあまり、アテンションの効いていないドラムサークルになった気がします。また、先述のボリュームバランスの問題、そしてご家族の満足と全体満足とのつながりの持たせ方など反省点も多く、これを次回に活かさねばと思いました。
 参加者の皆さん、フィードバックしてくれたスタッフのストル、サリーちゃん、ほんとにありがとうございました。

 参加者の皆さんの声:アンケート抜粋
 080126dck16020 ドラムサークルという目的を持って集い、そこからはじまる音と人との出逢いは、何度経験しても心地よいものです。子供達の感性には原石の光のような何か心にグッとくるものがあって私もそんな音色をかなでたいと必死になっています。(30代母)子供の可能性はすごい!(40代男性)やはりドラムサークルにはいやされます。子供たちと一緒に感性豊かにできたらいいなと思います(40代母)自由に好きなときに好きな楽器をつかえるので楽しい(11歳男子)子どもたちのだす音にひきづりこまれそうだった。(30代母)

【直感】帖佐幼稚園ドラムサークル

080125chousa001 ・2008年1月25日(金)09:20~10:40
・鹿児島県姶良町帖佐幼稚園
・ファシリテーター:森田孝一郎
・第1セッション:年少さん年中さん43名のおともだちと保護者の皆さん
・第2セッション:年長さん33名のおともだちと保護者の皆さん

 寒い寒い幼稚園のリズム室。楽器を放射線状に配置して子ども達を待っているとおそるおそる子ども達も保護者の皆さんも入ってきました。はじめて見る太鼓ちゃんたちに大人も子どもも興味津々の様子。「おはようございまーす!どうぞー、好きな楽器の近くに座ってくーだーさい!太鼓にはまたがっていいよー」と声をかけると、キャッキャッ、ガチャギャチャ、ドンドンパンパコパコパコパコ!!!!!!!はじまりました。
 全員リズム室に入ったことを確認して、ハイッ!みんなでバンザーイ!するとパッと音がやみます。不思議です。

 保護者代表の方があいさつして、ボクを紹介してもらい、すぐにドンドコドンドコはじめました。1セッション30分しかないので、到達点をファシリテーターへの注意力集中と、そうすることによる全体の一体感づくりに徹しました。080125chousa003
 第1セッションの年少さん(4歳児)年中さん(5歳児)は、バラバラバラバラ散漫なドンドコドンの中からボディアクションでパルスを示していきました。不思議とだんだんとそろってきます。そして、アテンション(ファシリテーターへの注意力)が行き渡ろうが行かまいが、かまうことなくストップカット&ゴー!4.3.2.1降順カウントで全体の音を止め、1.2.3.4昇順カウントでリズムを再開させます。最初は半分ぐらいの子どもが止まってくれたかな。そしてストップカット&ゴー!ストップカット&ゴー!ストップカット&ゴー!を狂ったかのようにリピート。ストップで音が止まらない子どもに対し、決して注意したりせず、徐々にみんが一緒に止まってるんだよ、ということを感じさせて行きます。何回繰り返したでしょうか。一斉にドン!と止まって一瞬の静寂が。保護者の皆さんから「おおおおぉぉぉ・・・」と感嘆に浸る間にすぐにリズムを再開させると、強力なキッズグルーブができていました。それに保護者の皆さんのシェイカーの音が重なり愛のドラムサークル。そうなるとボクもセンターから出てしばらくキッズグルーブを楽しみました。ランブルによるボリュームダウンアップも何回か繰り返すことで最後にはよくできました。

080125chousa006  第2セッションは、年長さん(6歳児)のおともだち。流れは第1セッションとほぼ同じでしたが理解速度が速く、音のまとまり方も1.2年分の長を感じました。子どもの成長はすごいです。まったくボクのほうを見てくれない(サークルの外側を見ている)男の子がいましたが、でも背後にリズムを感じながら、止まったりはじめたり、しっかりOne for All, All for Oneしてくれてました。

 今回もたくさんのことを学びました。30分という短時間のセッションでしたので、アーサー・ハルのアドバンスコースで受講した直感力によるファシリテーションが要求されたことをとても感じました。自分の背後で起きていること。これを実体験できた貴重なドラムサークルでした。
 幼稚園の皆さん、保護者会の皆さん、そしてたくさんのおともだち、ありがとうございました!

 保護者の皆さんの感想:アンケートより抜粋
演奏中、奏者の方(編者注:ボクのことか?)が子供の成長に応じた対応をしていたので見ていて気持ちが良かった。子供たちがみんな笑顔だったのでそれを見ていて私も楽しくとても良かったです。ジェスチャーでリズムをとることを教えてくださっていましたが、とてもわかりやすかったです。定期的にあるといいなと思いました。短い時間でしたが同じ楽器ばかりであきていたようです。多人数なのに言葉じゃなくても子供たちに意思伝達できるのがとても良かった。周りに合わせる、場の空気を読む、本当にそれがよいのか考えます。子供たちの目がとても輝いて見えました。はじめはバラバラだったのが、一体感が出てきて子供ながらに共鳴を体で感じているのがわかりました。私も大きなたいこをたたきたかった。言葉で説明しなくてもリズムをかなでながらしだいにそろっていくのがすごいなぁと感心しました。次第に子供の音の大きさやリズムがそろってくるのが印象的でした。強制でなく音遊びをするなかでの協調性を感じました。楽器をたたいたとき、聞いたときの温かさと情熱にはじめは感動しましたが、皆と音があったときの一体感もよかった。森田さんの演奏を聴きたかった。子供たちの目が一心に森田さんに注がれ一つに音がまとまり言葉ではなくリズムで結ばれている、すばらしかった! 

【連帯】子ども劇場リズムワークショップ

080115kodomo_ws007 ・日時:2008年1月15日(火)19:00~20:50
・名称:リズムワークショップ「世界のリズムを楽しもう」
・場所:鹿児島県青少年会館にて
・主催:鹿児島市子ども劇場連絡会
・参加者:小学4年生以上約120名の子どもたちと大人
・ファシリテーター:森田孝一郎
・スタッフ:MAMITA(DC福岡)

 子どもたちが様々な芸術文化に触れる機会をつくる、子ども劇場でのリズムワークショップ。高学年部の小学4年生から中学生、高校生、大学生、そしてお母さん達120名というたくさんの皆さんが参加してくださいました。
 当初100名ぐらいとお聞きしていたので、それでもボク一人では目が行き届かないと思い、楽器もたくさんあったほうがいいので、福岡ドラムサークルのファシリテーター、MAMITA(マミータ)にサポートスタッフをお願いしました。080115kodomo_ws009
 今回の依頼は、1月28日29日に行われる国際理解プログラムのアサンテプラン「アフリカンドリーム~アフリカの熱い風~」のプレイベントとして、アフリカに起源を持ついろんな打楽器をつかい、リズムのことを学び楽しむワークショップをしてほしい、とのことで承りました。
 打楽器やリズムの起源と歴史、種類、そしてリズムの基本3要素(ON, OFF, BACK)の講座をからめながら実際に音を出す構成にしましたので、半円状にイスを並べた場のデザインをつくりました。

 楽器の配置については、参加者側から中央にアフリカン系、右翼側にアジアンエスニック系、左翼側にラテン、ブラジリアン系と3地域文化に分け、講座内のリズムの歴史と文化で説明する世界地図(アフリカ大西洋中心)に模して楽器を配置しました。さらに1列目に低音ドラム、2列目に中音ドラム、3列目に高音ドラムや小物パーカッションという構成要素で配置し、リズムの3要素、地域文化の3要素、音域の3要素でプログラムマトリクスをかけるという手法をとりました。
 しかし実際には、120人という人数に対し各地域要素別の楽器の数や会場の広さから、半円の扇形のイス配置形状や列数、イス前後左右の間隔、そして楽器の配置についてもっと十分に余裕のある検討が必要でした。ドラムサークルの場のデザインには90分あれば十分ですが、100人を超えるワークショップの場合、120分は必要のようです。

 しかし参加してくれた子どもたちは、はじめて見る世界中のドラム&パーカッションに興味しんしんで、その目の輝きで、ボクが子どもたちに磨かれている感覚を受けました。
 
 080115kodomo_ws014 最終プログラムのアンサンブルづくりまでの段階で、全体のリズムグルーブも出ていたし、ファシリテーターへのアテンションも効いていたので、その場の判断で、参加者に立ってもらってイスを輪の形状(サークル状)に配置しなおし、20分ほどでしたが予定に無かったドラムサークルをしました。
 しかし120人を相手に20分だけのドラムサークルは、ちょっと欲張りすぎた感が否めません。ドラムサークル的に、参加者にセルフファシリテーションを促すべく、ファシリテーターがオーケストレーションスポットからいなくなることは、参加者にファシリテーター(参加者の認識は指揮者)不在という不安感を起こしてしまっていた、とMAMITAからフィードバックを受けました。
 ワークショップもドラムサークルも毎回ですが、一番学ばせていただいているのはファシリテーター自身であること、今回も強く感じました。
 子ども劇場の皆さん、福岡から来てくれたMAMITA、ほんとにありがとうございました。

【参加者の声】アンケート抜粋:
音を出すことにも出さないことにも気を配り、みんながひとつになれた。
打楽器やリズムの起源がわかって勉強になりました。
「まわりを感じる」って演奏でも人生でも大切で、気持ちいいと感じました。
たいこをたたいてヘタといわれたことがトラウマでしたが、たのしかったです。
わかりやすい説明で楽しく活動できました。
音楽って最高!!
気分そうかい
手が痛くなった。また叩きたい♪
パーカッションのことがよくわかって楽しかった。
いろんな自然の音が出せてびっくりした。
これまで打楽器にあまり興味が無かったが、今回のワークショップでいっきに楽しめました。ありがとう!
指示されなくても先生のゼスチャーでリズムオーケストラができたこと心が解放され、ストレス発散できました。
最後の合奏がおもしろかった。
打楽器がこんなに楽しいとは思わなかった。

【煮込】ハッシュドビーフ

※ たまにココは、森田孝一郎の料理ブログと化します。080102001 (ほぼ1年ぶりの更新)

年末年始のお料理にあまった材料でハッシュドビーフ。

材料(5人分):たまねぎ1個、にんじん1本、にんにく5個、トマト2個、マッシュルームかしめじ1房、牛もも肉300g、小麦粉、コンソメ、トマト水煮缶、岩塩、コショウ、砂糖、ローリエ2枚、オリーブオイル、バター、お湯。080102004_2

平鍋にオリーブオイルとバターを入れ、にんにくスライスとたまねぎスライスをソテーします。最初は強火で焦がさないようにヘラでまんべんなくかきまぜながらソテー。たまねぎがあめ色になったら乱切りにしたにんじん投入し引き続きソテーします。にんじんがてかってきたら弱火にして小麦粉が素材に絡む程度投入し、やさしくソテーします。 080102005_2 パサパサ感が出てきたらお湯600ml程度とコンソメブロック2個を投入し、強火にしてよくかきまぜ、煮立ってきたら中火にしてローリエの葉っぱ投入して煮込みます。この間に今日の赤ワインをテイスティングしながら、あくをとりつつ水分が半分ぐらいになるまで煮詰めます。 いい感じになってきたらトマトの水煮缶とトマト乱切りを加えて強火に。そして底からよくまぜて、塩コショウ、砂糖少々で味を調え、弱火にして再び煮込みます。本来はこのソースを濾したりするんだけど、家ではそんな面倒なことしなくても十分OK。 080102006_2

肉は岩塩とコショウで下味を付け、小麦粉をまぶし、フライパンで強火でソテー、肉に色が完全に着く前にしめじ(本来はマッシュルームがベスト)を入れ、肉の油をしめじに回したあと、バーボン(本来はブランデーがベスト)をブワっと投入し、アルコールを飛ばしながら肉汁をあぶりだす。 080102009_2 そして、それをソース鍋に投入。ヘラでフライパンの底にへばりついたうまみエキスをよくこそぎながら入れてね。 080102011_2

全ての素材が鍋に入ったら飲みかけの赤ワインをドボドボ投入して、またよく底から静かにかきまぜて、付け合せのジャガイモのガーリックソテーやバケットの段取りしながらコトコト煮込んで完成。080102012_2

バケットにもライスにもよく合います。

赤ワインがウマイ~♪080102013

080102015

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を