« 【料理】チャレンジ家めし創作5種餃子 | トップページ | 【生活】詩音お散歩日記1月その2 »

【癒し】海辺の小さなペンション坊津ソルトアンドペッパー

06011415_003 年末年始ほとんど休まず、たまの休暇もいろいろ忙しく、頭脳が飽和状態なとき、田舎に引っ込むに限る。ということで昨年の夏以来、義姉夫婦が営む坊津のペンションに、ボーっと本読んだりドラム叩いたり美味いもの喰ったり飲んだりしに行ってきた。独りでね。家から鹿児島北インターに飛び乗ってちょうど90分で到着。予約は1日1組ということで、ボクだけのはずが・・・待ち伏せしていたかのように、県産業界の重鎮、この人の一声で知事も動くというSさんがペンション裏手の畑仕事しながら「ヨッ!」って・・・。ということで、到着するなりSさんの持込んだ黒豚とんかつの昼食をいただく。これが美味くってごはんよりビールがすすむ。(っていうか着いたらビールと思ってたので・・・)06011415_010

ご飯食べたら昼寝と思ってたけど、やはりここの海のさざなみの音聴いてたらいてもたってもいれなくてドラム抱えて海辺へ。冬の海は重たい。海に向かって海と波とコミュニケーション図ろうとするが全然しっくりこない。そそくさとペンションにもどりお義姉さんにコーヒーもらって2階のテラスで本読んだりディジリドゥ吹いたり・・・・

06011415_012 持って行った本は、エマニュエル・ドンガラ「世界が生まれた朝に」とハワード・ゴールドマン「すごい考え方」、そしてロバート・ローレンス・フリードマン「リズムで癒す心とからだ」。「世界が生まれた朝に」を読みながらうとうとしてきたので一旦お部屋に入ってちょっと寝たかな?覚えてない・・・。夕方からディジリデゥをブゥーっと吹き吹き。06011415_015 ぶぅー・・ぶゅーーー・・・あー、面白ぃ~・・・日が暮れて寒くなってきたので、お部屋に入ってゆっくり読書。で、また寝てたかも。。だってほんと気持ちいいんだもーん。

Sさんが畑仕事終えて、お風呂上がられてボクもお湯いただいてリビングでビールいただきながらまたまたゆっくり読書。そしてようやく晩御飯。お義姉さんはお料理を順に出してくれる。ここのペンションのご主人、小園さんはボクとSさんと一緒に飲んだり喰ったりおしゃべりしたり。

06011415_018 まずは、あさひ蟹と貝(名前忘れた)のゆでたの。そしてシメジとほうれん草の胡麻和え。当然のごとく冷えた白ワインが出ました!シアワセ。。あさひ蟹美味すぎ。Sさん、ボクと話したくてウズウズしてたのに、ボクはあさひ蟹が美味すぎて「はぁ、はい。美味い・・」としか言わない。でも、このSさんはビジネスの世界では知らない人はいない超VIP。ボクはまだ2.3回しか会ったことないんだけど、すごいお互いのかなり強力な共通人脈でつながってて、Sさんの念願かなって今回はじめてゆっくりお話できる機会に。しかも坊津でサシで。でも、目の前の料理のほうが・・・・オマケに次でたのが大好物、サバ!06011415_019 今まで喰ってきたサバのなかでイチニを争う、強力なサバ。これでボクはもっともっと「うまい、うまい、これ、マジでうまい」しか言わなくなって。でも、途中、Sさんがボクの母校G龍高校の大先輩(9期生)であることが判明し、ペンションオーナー(14期生)とともにG龍校歌や野球部が甲子園に行けるかどうかでかなり話し込んだ。(ボクは35期生)この間に数種類の酒、料理を飲み食いしかなりよか気分に。あー、おなかいっぱいと思ってたらステーキが来た。さすが、US仕込みの小園家。

06011415_022 もー食べられん、と思ってたけど、バジルとにんにく、ラディッシュ(お料理の野菜は全て自家製)の風味が食欲をそそり、きれいにカルフォルニアワインで胃に流し込んでしまった。そして、この後、焼きおにぎりも出て、もー喰えんと思ってたが、獲れたて海苔のすまし汁と出てきて2個も食ってしまった。そして、その後、Sさんの一声「もりたさん・・・ドラム、あれ、叩いてよ」で、宴会が狂乱の宴に変貌するのである。どうせやるなら、一緒にやりましょうってことで、06011415_030 車からドラム運び込んで小園ご夫妻も交え4人でリビングドラムサークル!これに、Sさんも小園さんご夫妻も短時間で「ゾーン」に入り込み、ノリノリ状態に。これにはボクもビックリ。外はキレイな満月で明るいこと。ビールがグビグビ空く空く。叩け唄え、唄え叩けの連続。でも日付が変わらないうちに寝たね。みんなエライ。

06011415_031 こんなべッドでね、もったいなくってね。なかなか寝れんのよねー。音楽聴いたり、本読んだり、ビール飲んだりしてね。でも、いつのまにか、いい夢見させていただきました。

06011415_034 7時半に目が覚めてしばらくテラスでディジリデゥ吹いてると朝日が昇ってきて、この瞬間の悦びに大感謝。大自然よ。母よ。あなたはなんてすばらしいのでしょう。ところで朝ご飯はナンデスカ?06011415_035

ブリの照り焼きと貝汁、その他いろいろです。

朝食をいただいて、美味しいコーヒーいただいて二度寝をむさぼり、Sさんと小園さんの畑仕事をドラムで鼓舞し、読書してさぁ、最後の食事です。

06011415_045 豆とひき肉とチーズのトルティーヤとレモングラスのスープ(これが超絶美味!)をいただいた後、自家製イカスミのスパゲティ、あーんなんでコレ喰ったら帰らなあかんの?飲めないの?飲めないよ!苦しい・・・。でもほんとコレ美味かった。ワインぐびぐび飲みたかったー!06011415_039

犬のジンジャーもほんとカワイイ美人犬。Sさんってば、まだ1週間ぐらい居るって・・・・

06011415_041 あ、でもでも非常に大事なコトに気付いた。ドラムって海に向かって叩くより森や山に向かって叩くほうがよく鳴るしよく響く。海はなんか跳ね返されるって感じだけど、森と山はやさしく受け止めてさらにエンパワーメントしてくれる感じ。なんか不思議。

さ、次ココ来るのは夏だな。1泊4食で*****円。1日1組最大4名様まで。場所は南さつま市坊津町久志8501-1電話0993-68-0188海辺のちいちゃなペンション、ソルトアンドペッパー。どなかたご一緒しませんか?

« 【料理】チャレンジ家めし創作5種餃子 | トップページ | 【生活】詩音お散歩日記1月その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

玉龍八期です2000年にはラスベガスにて小園さんにお世話になりました。10年目のお礼です。2010.3.20は、あの時のメンバーも加わり27名で台湾浪漫旅行をしてまいりました。とても、楽しい感動的な台湾の旅でした。
鹿児島の大石君に小園さんの事を聞いていました。5/9に指宿の白水館にとまりますのでこの機会に是非、坊津(5/10)に寄りたいと思います。妹達も一緒です。その節は宜しくお願い致します。
千葉県我孫子市 柴田

あの晩はとても楽しかったですネ。
S氏とゆかいな仲間たちでいつも話題になっていますよ!ありがとうございました。
太鼓のおかげで春野菜も立派に育ち大収穫,次の夏野菜は一生懸命芽を伸ばして命という命が活気付いています。
草も負けじと困ったものですが私は朝日を浴び植物たちが出すきれいな酸素を思い切り吸い込んで脳を目覚めさせています。
夏のご来訪お待ちしております。

dubbrockフジカワさん
Sさんは官の方で。弟さんは鹿児島から全国に日本の家を発信するS社の社長さんです。また個別に。

玉龍9期のSさんって、
家具とか建設資材会社のSさん?
それともファミマのSさん?
どっちも違うのかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【癒し】海辺の小さなペンション坊津ソルトアンドペッパー:

« 【料理】チャレンジ家めし創作5種餃子 | トップページ | 【生活】詩音お散歩日記1月その2 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を