« 【生活】詩音お散歩日記1月その2 | トップページ | 【食】家めしカレー3種 »

【料理】こだわりのすき焼き

0601222_001 今夜の家めしは、RMOのリハの後、山形屋ストア西田店に買い物に行ってから考えようとしたけど、オニオングラタンスープ喰いたいとか、めんたいスパサラ喰いたいとか、鮭ハラスのレモンムニエル喰いたいとか、そんで冷えた白ワインがぶ飲みしたいなー、とか考えながら食材選んでたら面倒くさくなって、牛肉売り場で急遽、すきやきに決定。

 我家のすきやきは東京風のわりしたを仕込んで焼くスタイル。これじゃなきゃダメね。濃口しょうゆ、みりん、お酒、だしでわりした仕込んで、ごぼうを炒りつけ、鹿児島産黒毛和牛のまず脂の出るロースを投入、牛の脂をごぼうに染み込ませ深ネギの青い部分をぶち込み混ぜ合わせここでわりしたをジュッと入れる。ひたひたに入れたらダメね。あくまですき焼きなんだから煮込みはダメ。ネギがしんなりしてきたら第一陣を喰う。ごぼうとネギと肉のハーモニーをわりしたのリズムが支える絶妙のすきやきコラボ。これを一通り喰うのだ。0601222_002

 そして第二陣で、深ネギの白い部分、白菜、しいたけ、しめじ、えのき、豆腐など野菜系を入れて、またわりしたを追加しあくまで焼きながら喰う。お、ここで目ざとい読者の方はお気づきであろうか?すきやきにはトキタマゴなどもってのほかなのだ!わりしたの薄味で喰うのがこだわりのすき焼き。トキタマゴすき焼きは、砂糖醤油でぎとぎとに味付けし、味が濃すぎてタマゴで薄めるというとても料理とはいえない喰い方であり、身体にも悪い。

 そして、ひととおり肉と野菜を薄味わりしたで堪能した後、しらたきではなく糸こんにゃくを入れ、肉と野菜のだしがしみこんだスープでここいらは煮込みに入る。そしてその糸こんにゃくをとんすいに取り、七味でパンチを効かせて喰うの。美味い!そして締めは冷凍うどん。

0601222_003   焼酎は、最近はまってる瓶壷熟成本格芋焼酎「もりた」を空けました。5合ビンで1500円って高いんですけど、なにせ「もりた」ですからね、美味いですよ。RMOがリハするサンエールかごしまのとなりにある、もりた酒販店でもりたさんがつくってる焼酎で、買うとき、美味い飲み方の説明つき。これもかなりこだわりの焼酎で、これから大ブレイクの予感。すきやきとの相性もバッチリ。

 あ、すき焼きには赤ワイン飲むんだったー!!

« 【生活】詩音お散歩日記1月その2 | トップページ | 【食】家めしカレー3種 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【料理】こだわりのすき焼き:

« 【生活】詩音お散歩日記1月その2 | トップページ | 【食】家めしカレー3種 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を