« 【仕事】CM撮影の現場 | トップページ | 【古典芸能】南九州神楽まつり@霧島神宮 »

【本】大東亜戦争の実相@瀬島龍三

050827_008 戦後60年、憲法を変えて戦争に行こうとする人たちと、憲法はゼッタイ変えずに世界のどこで戦争が起きようと日本は知らんもんねー、というある意味典型的な今の日本人の思想像それぞれに対し、著者瀬島龍三さんは何を語られるだろうか。

 それにしても戦争遂行機関、帝国大本営の中枢(陸海軍参謀)に居た瀬島さんが本誌で語る戦史は、冷静沈着で客観的事実として今まで見聞きしたそれとだいぶイメージが違いすぎていることに驚く。「大東亜戦争」という名称は、戦争の大義名分を表す大東亜共栄圏建設を目指すための戦争という名称ではなく、単に当時の地域呼称に基づいて大東亜地区で行う戦争、ということで決めたのだという。決めた機関に居た人が語ってるのだからそうなのだろう。きっと。あと、アメリカとの開戦にいたる経緯は、あらゆる平和解決のためのオプションを実行していった過程について私たちはほとんど何も知らされていないことを改めを実感する。特に戦時内閣首班であった東条首相兼陸軍相でさえ、開戦直前「まだだ!外交5、戦争5で行け」と最後まで外交解決の可能性を探っていたことなど意外だった。

 著者瀬島龍三さんは、戦後、日本の経済界にも尽力された方のようだが今もご存命なのだろうか。本書の最後で語られている7つの教訓など、歴史認識を改めさせるだけでなく国家が戦争を回避するためのエッセンスが凝縮されており示唆に富んだ内容。途中、あまりに淡々と戦争遂行中の史実を語られる部分は興味をそがれる部分もあったが、アメリカとの開戦経緯については圧巻、最後まで読んでよかった。

 最後に、もっと日本人が日本人の誇りと世界平和のために語り継がなければならないこととして、1853年のペリー来航から明治維新の頃までの国際情勢、そして日清日露戦争、支那事変、満州事変、日米戦争までの国際緊張関係を軸にした戦争史観があり、それを東アジア全体で共有しなければならないと思ったりもするが・・・難しいよなぁ。特に日本の大陸政策の必要性とか。。

« 【仕事】CM撮影の現場 | トップページ | 【古典芸能】南九州神楽まつり@霧島神宮 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

戦後60年ということで先日は知覧の特攻隊をテーマにしたドラマが放送されました。昨年は日露戦争100年でしたね。
ひとつの節目の時なのかもしれません。
NHKの大河ドラマで「坂の上の雲」がオンエアされるとも聞きましたが、まだまだ先のようです。「日露戦争明治人物烈伝」という本を読みました。「坂の上の雲を101倍堪能する」というキャッチでしたが、明治の人物を紹介しながら日露戦争を語るもので、ひとつの群像劇になっています。鹿児島の先人たちも多数登場しています。以前ここで紹介された「仁義本」のスタッフの手によるものでしょうか。とすれば笠原和夫の足跡を追っているようでもあり、興味津々です。もし、読む機会があったら御感想などお聞かせください。

戦後60年ということで先日は知覧の特攻隊をテーマにしたドラマが放送されました。昨年は日露戦争100年でしたね。
ひとつの節目の時なのかもしれません。
NHKの大河ドラマで「坂の上の雲」がオンエアされるとも聞きましたが、まだまだ先のようです。「日露戦争明治人物烈伝」という本を読みました。「坂の上の雲を101倍堪能する」というキャッチでしたが、明治の人物を紹介しながら日露戦争を語るもので、ひとつの群像劇になっています。鹿児島の先人たちも多数登場しています。以前ここで紹介された「仁義本」のスタッフの手によるものでしょうか。とすれば笠原和夫の足跡を追っているようでもあり、興味津々です。もし、読む機会があったら御感想などお聞かせください。

憲法思想史というと
国体論とかそういうやつなのかしら?
穂積八束とか上杉慎吉とかの憲法論とか?

現憲法だとその正当性の議論とかなのでしょうか。

それにしても近現代史は面白いです。

dubbrockフジカワさんは反応してくれると思ってました。そのまま続けて「日本国憲法思想史」に没入中。明治憲法、かなりキレてますなぁ!

昭和史マニアのボクとしても、瀬島龍三については興味津々なのです。
山崎豊子の『不毛地帯』壱岐正のモデルともいわれてますね。
戦前のスーパーエリートとして教育を受け、大本営作戦課で大東亜戦争を企画立案といった部分と、戦後に伊藤忠商事の会長として中曽根政権のブレーンなどで活躍した人物。
一方で保坂正康の著作による指摘などの責任を取らない参謀…評価は二分されますね。
辻政信や服部卓四郎よりも長生きし、成功しただけに評価は分かれるのでしょう。
まだご存命なのではないかと…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】大東亜戦争の実相@瀬島龍三:

» 「太平洋戦争」か「大東亜戦争」か? [武士道の哀しみ]
昨日は、チャンネル桜の名越先生の番組に生徒として参加させてもらった。 史上三つある「太平洋戦争」についてのお話から始まり、村山・小泉談話の虚妄についてお話された。 まず一つ目の「太平洋戦争」は1879年から1884年にかけて、ボリビア、ペルー同盟とチリの間で行..... [続きを読む]

» 「太平洋戦争」か「大東亜戦争」か? [武士道の哀しみ]
昨日は、チャンネル桜の名越先生の番組に生徒として参加させてもらった。 史上三つある「太平洋戦争」についてのお話から始まり、村山・小泉談話の虚妄についてお話された。 まず一つ目の「太平洋戦争」は1879年から1884年にかけて、ボリビア、ペルー同盟とチリの間で行..... [続きを読む]

» 「太平洋戦争」か「大東亜戦争」か? [武士道の哀しみ]
昨日は、チャンネル桜の名越先生の番組に生徒として参加させてもらった。 史上三つある「太平洋戦争」についてのお話から始まり、村山・小泉談話の虚妄についてお話された。 まず一つ目の「太平洋戦争」は1879年から1884年にかけて、ボリビア、ペルー同盟とチリの間で行..... [続きを読む]

« 【仕事】CM撮影の現場 | トップページ | 【古典芸能】南九州神楽まつり@霧島神宮 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を