« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

【生活】詩音の夏休み絵日記その2ついでに家めし

050723_019  みなさーん、こんばんわー。M家の長女詩音(しおん)ちゃんでーす。なんか、今週末、ひどい雨でしたけどみなさん大丈夫でしたかー?おかげで詩音はお父さんと散歩も行けず 、写真のようにハウス!でおとなしくしてるしかなかったんだけど、バリバリバリーッていう雷、怖かったー・・・。

 今週もお父さんハードスケジュールだったみたいねー。毎晩帰り遅かったからねー。水曜の夜はなぜかうげつでスペースシャトルの打上げ見てたみたいだし、木曜の夜はBARAKAっていうプログレのライブで変拍子で焼酎が脳天をぐちゃぐちゃにかき回したみたいで気がついたら警察に起こされて金曜は会社の仲間の壮行会で仕切りに仕切って1次会で帰っちゃって・・・でも昨日の土曜は家でキムチラーメン鍋作ってみんなでワイワイ喰ってた。で、今日ももちろん家めしでお好み焼きの予定だったけど、お母さんがお昼お好み焼き喰ったとかで、突然アドリブイタリアンに。どっちがマグロでどっちがトマトかわかんないサラダと、カンパチとアサリの白ワイン蒸し水菜蓋、ガーリックブレッドブロックベーコンとナスとしめじのトマトソースパスタ。そしてスペイン産白ワイン1本980円。

 なんか家めしネタまで被ってしまって、ごめんね。では、また来週~。バイバイー♪

【本】ベトナム戦記@開高健

050730_002 「すさまじい」の一言に尽きる。小説家開高健が亡くなってもう17年になるらしいが、1964年11月から4ヶ月間、ベトナム戦争の現場で取材したルポルタージュである。日常的なテロ、デモ、クーデター、今の中東イラクの騒ぎどころでない現場の戦争状態が痛いほど伝わってくる。いや、イラクの場合、情報を知らされていないだけかもしれないが。
 当時のベトナムの極限的貧しさ、アメリカの非道さ、迫るベトコンの恐怖、無意味な戦いに身をやつす米兵とベトナム政府軍兵士の憂い。
 命を懸けて戦争取材を敢行した開高健が生きていたら、昨今のイラクにおける日本人殺害をどう見、どう語るであろうか。
 時に夏休み、終戦記念日が近い。長崎で被爆したお義母さんを交え子供たちと戦争と平和について語るため、DVD「昭和と戦争」8巻を注文、この「ベトナム戦記」読み終えてそのまま「亡国のイージス」を読み始めた。非戦の誓いがじわじわと崩れつつある気がする。

【本】パフォーマンス・マネジメント

050730_003 月イチのビジネス書評。島宗理(しまむねさとる)という大学の先生が書いた、要は行動分析学の教科書のようなもの。***ができない。***の問題が解決できない。***が改善されない。これら、自分の周囲で発生するナイナイづくしの問題、とかく「***さんが***だから」とか「社長が***ないから」とか自分以外の他者にその原因を着せ、自分の行動は一切省みないことに、それらが改善されない根本原因が潜んでいることは日ごろ感じているところ。
 で、この「パフォーマンス・マネジメント」はそういった問題解決の足を引っ張る「個人攻撃のわな」を一切排除。行動原理一つ一つにプラス要因である好子とマイナス要因である嫌子を見出し、さらにそれらから先行条件(A)、行動(B)、そして結果(C)を抽出、チェックシートや物理的仕組みを用いて嫌子を摘み取り、好子を導き出すことで死者にできないことは全て出来るようになる、と説く。
 ま、そうなのよ。書いてあるとおりなのよね。それはわかるさ。でもさ、それが出来ないのよね。まったくの教科書でげんなり。久々に読んでて辛くなったビジネス書でした。

【生活】詩音の夏休み絵日記その1

050724_011  皆さーん、暑いですねー。夏本番って感じかなー?今日は、念願かなって、お父さんとお兄ちゃんたちと坊津のY子ちゃんちのプライベートビーチ(っつってもビーチの前にお家があるってだけで、外部の家族連れも来るんだけどね・・・)に海水浴に行きました!初めての海、最初は緊張したけど、Y子ちゃんちのジンジャー(犬)が手ほどきしてくれてすぐに慣れたよ。でも犬かきはまだできないの。水辺でバシャバシャ遊ぶだけなんだけど、リードも外してもらって走りまくったんだ。楽しかったー。050724_015
 午前中は詩音が遊べるように堤防内の内海でみんなで遊んだの。お兄ちゃんたちもはしゃぎまくり。お父さんは海でプカプカ浮いたりビール飲んだり本読んだり相変わらずマイペース。でも詩音は途中でもう飽きちゃってY子ちゃんちでジンジャーと遊んでた。
 お昼だよー、ってY子ちゃんからトランシーバーでお知らせがあって、お昼ご飯。詩音はおやつだけだけど、お父さんたちのメニューはメキシカン料理。獲れたてムール貝のドライトマトスープ、自家製黒豚の燻製バルサミコサラダ、チリビーンズタコス、そして締めにオクラのカルボナーラ。お父さん、ビール飲みすぎ。ワインが欲しい!って心の中で叫んでたみたい。詩音にはちゃんと聞こえましたよ。特に今朝、獲って来たばかりの小ぶりなムール貝、美味しすぎてお父さんおかわりしちゃって30枚以上喰ってたよ。
050724_022  お昼ごはん喰ったあとは2階のテラスで読書しながら、その後当然お昼寝ね。でも目が覚めたら、お父さんたち今度は外海のほうに行ったみたい。そこは、これぞ坊津の海!って感じでひざ下ぐらいの浅瀬でキレイな熱帯魚がキラキラ泳いでるんだって。お父さんもお兄ちゃんたちもそしてY子ちゃんもシュノーケリングでお魚ウォッチングに没頭。お父さんは結構沖まで行って素もぐりしながらたーくさんのお魚さんたちと遊んできたみたい。で、お父さん曰く「これぞ究極の癒し」なんだって。
050724_023  ここでY子ちゃんちご紹介しときまーす。坊津の有名な丸木浜からだいぶ離れたところにある小ちゃな海辺のペンションでY子ちゃんご夫婦が今年から営まれてるなんだけど、今はまだ一般営業してなくってお友達だけ1組づつ利用できるまったくのプライベートペンション。お父さんやお母さんのお友達たちがこれからたくさん利用しそうな気配。こんなとこで暮らすのスローライフって言うのかな。
 また行きたいなー。でもお父さんきっとこの夏あと何回か行くはず。
050724_031  
 あ、でね、お知らせ。今夜の家めしは、海でできなかったバーベキューをお家の庭でするはずだったんだけど、帰ってきたらお父さんはもちろん、みんな疲れ果ててさー、おばあちゃんが材料にって買い込んでたお野菜と地鶏のステーキとニラともやしの台湾屋台やきそばをお父さんがちゃちゃって作って喰ってたよ。写真撮ろうと思ったら今日の坊津の写真で電池切れだったんだって。だから、今夜の家めしのアップはないよ。ゴメンね。詩音も帰って050724_020きたらバタンキューzzzzz。
 おやすみなさい。
 いい夢見て明日からもお仕事にお勉強に遊びにがんばろーねー。それじゃーまた、バイバイ♪

【アート】TOIRO展@市立美術館

050723_004   鹿児島の若手アーティスト10人が集まって様々な手法でそれぞれの感性を表現する独立展、TOIRO展が鹿児島市立美術館で行われています。以前、ボクのお友達のKoiawaちゃんにバスドラムのヘッド(タイコの皮)に薩摩の十文字と桜の絵ぇ描いてもらったんだけど、それがえらいきれいで大評判。で、今回のTOIRO展で彼女自身から「前作が桜で春だったので、薩摩の四季を全部、タイコに表現させて欲しい」との申し出にのり、追加で夏、秋、冬、書いてもらった。
 作者自身による詳しい解説は彼女のブログ、ココで確認してね。TOIRO展は明日まで。
 8月20日(土)はコロネットにてRMOのライブがあるけど、そのときは「夏」バージョン(島津斉彬公が愛でた朝顔)でスィングするから、是非皆さんお越しください。

 それとTOIRO展で面白かったのはオレンジ透明人間。オレンジのスーツに身を包み、オレンジにゃーう、050723_017 オレンジにゃーう、オレンジにゃーう、と意味不明な唄をうたいながら踊り狂うかと思うと、オレンジな女のコたちと共にテレビショッピングを思わせるコントを行ったり、奇想天外なアイディアは面白かったが、パフォーマンスへの入れ込み具合が中途半端な感じがしたのは否めない。要はおとなしいのだ。この手のアートパフォーミングには、周囲を寄せ付けがたい痛いほどの緊張感が必要だ。客から「こんにちは」と挨拶されて「こんにちは」と返しているようでは緊張感は生まれない。「こんにちは」と挨拶されること自体、緊張感が客に感じられないわけだが、万が一挨拶されたら、その場で泣き崩れるとか、お客の靴にほおずりするとかすると一気に形勢が逆転するのだろうが。どうだろう?作主演は、昔ボクがショクナイご一緒させてもらった某有名シャンソン歌手のご子息。明日までがんばってほしいところ。

【食】坦々麺@桃園酒家

050723_002  馴染みの歯医者で歯石除去工事しに行ったら院長不在のお詫びかとてつもないVIP待遇。そこの看護婦(歯科衛生士?)さん、口元へのタッチぶりが絶妙で、特に仕上げのブラッシングときたら、完全に彼女の膝枕で耳掻き状態勘違いモードにどっぷり浸かってしまうぐらいの心地よさ。口腔内がサッパリしたところで、靴やらシャツやら買込んで、久しぶりに外でランチ。お口掃除したばっかりなのになぜか桃園酒家でビールと坦々麺スペシャル。

 ニラもやしとひき肉、唐辛子が香ばしく炒めてあり、たっぷりゴマがすりこまれた坦々スープ、ビールと合う合う。ビール飲んだ後、坦々の味を収めるにご飯が欲しくなり小さいご飯も喰ってしまった。猛暑の休日に心地よい爽快満腹感。食後にしばし読書。ごちそうさまでした!

【ライブ】スィングタイム@霧島妙見台

050717_006 ジャズドラマーmojazzが参加する新バンド「スィングタイム」(裏バンド名「桃尻天国一座」)の初ライブが、一昨日の日曜日、霧島妙見台の山懐深いロイヤルシティーガーデンで炎天下の中繰り広げられた。
 桃尻天国一座は、地底芸能界向けのmojazzによる新たな過激コンセプト楽団なんだが、まだその過激コンセプトによる楽曲の用意ができていないのと、今回のライブのシチュエーションが思いっきりアウトドアーでゆーったりスローライフがテーマだったため、バンド名も普通に「スィングタイム」として知ってる系とジャズのスタンダードナンバーから明るくキレイな曲を選曲して演奏。
 一応、本番前日からリハーサルを重ね、宴会してジャムセッションして合宿して温泉入ってというバンドに欠かせない一連の行事を済ませて本番に臨んだわけ。
 会場に着くと朝10時にも関わらず超炎天下、すでに気温30度超。しかし、よしずの下に入ると風が心地よい。会場の周囲は森。その森林の中の芋畑で採った芋で自分専用の焼酎をつくるクラブがあるらしく、そのできた焼酎は「自己酎(ジコチュー)」っていうんだな。
 お客様はお子様からお年寄りまでが、屋台のうどん、やきそば、たこ焼き、串焼き喰ったりビール飲んだり焼酎飲んだりしながら音楽を楽しんでくれましたよ。スィングタイムの他にハワインアンを演奏するバンド(写真)が出ててイイ感じでした。ハーモニカのじいちゃんも良かった。演奏の合間にビールが焼酎がすすむ君。相当、気分が良かったです。ハイ。
 演奏が終わって片付け終わったあとはもちろん、これまたライブには欠かせないウチアゲですな。しかしもうすでにこの時点で酩酊状態。運転手でラッパのもーりんクン、ご苦労さん。
 カブトムシ、クワガタムシ、金魚、いろいろお土産もらってヘロヘロで帰り着いたけど、そのままバタンキューで久しぶりの長時間睡眠。おかげで月曜朝から快調に仕事飛ばせましたですよ。やはりライブは楽しくて、こればかりはやめられんですな。

【料理】土曜のお昼は具だくさんソーメン

050716-2 普通に冷やしソーメンこしらえてもつまんないので、ここはオリジナルにこだわりたいところ。
 ソーメンは普通に固めにゆがいて冷水でしめて、氷入れて水を軽く張った器にこれも普通に盛り付けね。真ん中に梅干置くと日の丸みたいできれいだね。お水たくさん張るとつゆが薄くなるから氷が軽く浸かる程度にね。つゆも普通の唐仙峡のつゆ。
 オリジナルは具だよ。具。オオバにネギ、しょうがは普通だけど、炒りタマゴ、サイコロに切って素揚げしたナス、あとはゴマにきざみ海苔ね、これらを全てつゆを入れた器にドボドボと好みで投入。冷やしソーメンはあっさりだけど、この炒りタマゴと素揚げナスが絶妙なるコクとまろやかさをソーメンに加え、ネギとオオバとしょうがの香りが渾然一体となって口腔内に充満、そしてゴマのプチプチ感と海苔のまとわりつく感覚が、冷やしソーメンをしてそれを喰う人を食宇宙の未体験ゾーンへのいざなうこと必至。是非お試しを!

【本】日本の政治宗教@宮田光雄

050716_027   30年前に書かれた靖国反対本。30年前といえば、今年は戦後60年。だから歴史時間軸的にちょうど中間地点で今、小泉政権の大いなる論点でもある靖国問題についてその当時の状況を知る資料なんだな。
 面白いのは、小林よしのりが「左翼」を「サヨク」と表現するがごとく、この宮田っつー当時東北大学法学部の教授は、「靖国」を「ヤスクニ」って書くんだな。この時点でこの本がどっち側の思想を体系づけているかわかるな。
 しかしまー、なんとなく言いたいことはわかるが、正直、表現が難しすぎるわい。でもなぜ歴代首相(自民党総裁)が靖国公式参拝を目指すのか、それは宗教法人靖国神社が自民党の支持基盤、大いなる票田であるから、など結構、納得できる部分も多く、さらに後半では公明党の奇奇怪怪なる政教一致体制批判にも声を荒げるなど、政治と宗教の知的な思想関係を垣間見るにはちょっとはためになった感じ。
 次回、東京出張の折には、まだ未体験ゾーンの靖国神社、行ってみるかな。

【本】インモラル@杉本彩

050716_001  昨年、映画「花と蛇」をこっそり観て衝撃を受けたのはもちろん、DVDのオマケ映像で杉本彩へのインタビューがあったんだが、そこで語られる彼女の反骨精神というか、反体制思想というか、その彼女のカウンター精神に興味を持った。できれば彼女に一度お会いしてお話したいと思ったわけだが、こちらも忙しくてなかなかお会いする機会が無く今に至って、この本「インモラル」を読んでみたりした。
 はっきり言ってエロ小説なんだが、その内容の希薄さにげんなり。主人公の女優、森野美咲の色恋沙汰から紡がれる激しい性描写について、森野美咲自身が小説の中でまた自身をモデルにしたと読者を惑わせる小説を書いてみたりと、とにかく主人公森野美咲を杉本彩に見立てようとする著者の意図か編集者の意図かが見え見えで、ちょっと、ひいてしまいながらも全部読むんだけどね。
 でもま、これで「花と蛇2」は観ないな。きっと。いや、見るかな。

【料理】今夜の家めしは夏野菜居酒屋料理

050710_027 今夜は夏野菜のにがごい(=ニガウリ・ゴーヤ・レイシ)とナスを使ったエスニック居酒屋メニュー3種。

1.「鯛のエイジアンカルパッチョ」

 ちぎりレタスのうえに鯛のお刺身とカイワレをならべ、タレ(濃口醤油3、ごま油4、米酢2、酒0.5、味醂0.5、すりゴマ)をまわしかけ、カシュナッツを粉砕したのと餃子の皮を刻んで揚げたチップスを載せて喰います。高級中国料理店の味です!

2.「厚切りにがごいの炒り豆腐」

 巷ではゴーヤチャンプルーとかいう料理名らしいですが、薩摩では昔からにがごいの炒り豆腐です。ブロックベーコンとにがごいを厚切りにして炒め、ココで塩コショウして豆腐を炒り炒り、オイスターソース、酒少々投入し、火が通ったら溶き卵をまわしかけさらに火を通します。仕上げにゴマ油で味を引き締めます。薩摩料理とかいいながら、しっかり沖縄のコーレーグス(赤唐辛子の泡盛漬け)をふりかけながら喰います。泡盛飲みてぇ~。焼酎だろ!

3.今夜の新作料理「揚げナスの海鮮あんかけ」

 夏野菜の代表選手、ナスは油と相性が良いので揚げて喰いたい。でも普通に生姜醤油や天つゆ、塩で喰うのも普通過ぎる、ってことでしばし思案。よし、海鮮のあんで喰おう!片栗まぶしてナスを揚げる。あんは、お水に火を入れ、鶏がらスープのもと少々、お塩少々、ここに歯ごたえ感のため、しめじを投入し、かにもどきかまぼこ、しゃけフレーク投入。お味を見て、水溶き片栗粉でとろみをつけてあんができあがり。かにもどきかまぼこと、しゃけフレークの塩味があるので、塩はほんの気持ち程度入れるのがコツ。で、揚げたナスに熱々のあんをかけて喰う。これは美味かった!アドリブ料理で大成功、大満足。しかし、ナスは片栗つけずに素揚げが正解かも。

 全体評は、Rちゃんが仕事が遅くて食卓不在でちょっと緊張感に欠けたため、エイジアンカルパッチョの盛り付け、カイワレ最後にすべきを間違ったり、にがごいの炒り豆腐では豆腐の分量がちょっと多かったり、いつもの勘がちょっと鈍った感は否めないな。味は最高だったけどね。

 でも、子供たちもおばあちゃんもみんな、美味しいね、美味しいね、って喰ってくれた。うれしいねー。

【生活】詩音お散歩日記7月その2

050710_010 みなさーん、こんばんわ!M家のおてんば娘、詩音(しおん)ちゃんでーす。相変わらずお天気ハッキリしないですねー。今週は2回ぐらい、朝のお散歩、雨で中止になっちゃってさー。つまんないのなんのって。世の中はロンドンでテロがあったり、野球がオリンピックから無くなったり、大変だけど、詩音はめげずにがんばるよ!

 あ、みなさん、聞いて、聞いて。お父さんが書いた愛知万博ガイドね、日本一の経営者向けメルマガ「がんばれ社長」に掲載されたんだよ。すごいよねー。

 で、話飛ぶけど、今週末さー、お父さんはね、詩音連れてお兄ちゃんたちと海水浴行きたかったんだけど、お兄ちゃんたちが「バットマンビギンズ」観たいって言って、今日行ってきたんだと。話にすごくリアリティがあって、今までのバットマンの中でイチバン面白かったらしいよ。でね、ラーメンおじちゃんこと元レコード屋のイコマのおじちゃんがやってる南香ラーメンでラーメン喰って、ジャングルパークっていう鹿児島では老舗の遊園地が明日で閉園になるってんで、最後の思い出に行ってきたんだって。詩音も行きたかったなー。

 写真は今朝のお散歩の後、お父さんが本読んでる横でなでなでしてもらって気持ちいい、ってしてるとこ。

 お兄ちゃんたちはもうすぐ夏休み。なんかいいことあるかなー?

【生活】ホームシアター改造完成

home_theatre_001  ここ1ヶ月ぐらいの週末懸案事項であったホームシアター改造工事、もともとCDとレコードを聴くピュアオーディオ群だったのが、2年前にプロジェクターとDVDプレーヤ、5.1chサラウンドシステムを購入してホームシアターに。しかし今年はじめ某有名企業社長からのおさがりでONKYOの6.1chAVアンプをいただいて欲が出たか、YAMAHAの最新モデルAVスピーカー群を購入、レコード、CDのピュアオーディオ群もこのAVアンプ+YAMAHAのAVスピーカーに統合、某画家の先生からいただいたパイオニアの年代ものアナログスピーカーと、プリメインアンプの名機DENON_PMA390をラインから抜いてスピーカーは片付け、5.1サラウンドシステムはリビングに引越しさせた。

 しかし、このいただきもののAVアンプがクセモノで光入力は光出力、D端子入力はD端子出力、S端子入力はS端子出力、アナログ入力はアナログ出力という、入力と出力が同じ仕様で無いと音も映像も出ないという代物で(<もらっておきながらナニを言う!)ケーブルがやたらと多くワイヤリングがグチャグチャに、しかもステレオ音声をサラウンドに自動変換するドルビープログレッシブが旧バージョンということで、CDの音の拡がりがイマイチ。レコードの音もなんか味気ない。(今思えばワイヤリングの悪さのせいだったかも・・・)映像も、古いVHS見るときはアナログ出力しかないんでプロジェクターへの出力にDVD用のSケーブルとアナログケーブルと2本の映像ケーブルが天井を張ってるの図でセッティング的にもなんかしっくりこない。

 そんなしてたら、このもらいものAVアンプが突然壊れやがった。嬉々としながらベスト電器に走り、予算の範囲内で手ごろだったDENONのAVC-1590AVサラウンドアンプ7.1chをRちゃんに内緒で購入。YAMAHAのスピーカー群をセンター、フロント左右、サブウーファー、バックサラウンド左右に配置し、ドラム練習用のモニター用に使っていたTANNOYの小型スピーカーをサイドサラウンドに配置してこれで映画館並みの7.1chサラウンド環境が出来るぞ!と思いきや、ここんとお週末の度に忙しくてなかなか工事できず、ちまちまとセッティング、スピーカー設置、配線工事やって、ようやく今朝終わった!home_theatre_002

 今回の改造のポイントはレコード、CDなどのピュアオーディオ群とDVD、VHSなどの映像群とはアンプ、スピーカー系統を分けたこと。これが大正解!ピュアオーディオ群はもともとのDENONのプリアンプとパイオニアの2本の年代物スピーカーに、映像群は同じくDENONのAVC-1590AVサラウンドアンプ7.1chと8本からなるYAMAHAとTANNOYの混声7.1chスピーカー群につないだ。なんと3坪の部屋に10本のスピーカー!ワイヤリングもきれいに整理してほんと、音も映像も格段によくなった。特にレコードの音はやはり昔ながらのプリメインアンプに2本のスピーカーで鳴らすに限る。しかし意外にもCDは、デジタルソースだからか知んないけど、プリアンプでステレオで鳴らすより、DVDプレーヤに突っ込んで、ドルビープログレッシブIIで7.1chサラウンドにして鳴らしたほうが、音に深みと拡がりが増し、特にライブ盤の臨場感は断然このAVアンプで鳴らすほうが楽しい。

 左の写真が視聴位置前方のアンプ、プレーヤ群とスクリーンで右の写真が後方プロジェクターとサラウンドスピーカー群。両サイドのスピーカーの高さをそろえるのが残工事。

 さ、映画も音楽もどんどん観なきゃ、聴かなきゃ。

【料理】家めし夏はカレーだ!

0507032_002  お楽しみにしてくださってる方が多い家めしです。結局今週末海に行けなかったので今夜は外で魚介バーベキューしたかったんだけど雨もパラパラ降り始めそうな気配だったので、東京カリー番長に敬意を表して、夏カレーをテーマにした料理をば。

 前菜は定番得意技、白身魚のカルパッチョ。今日はカンパチで。エクストラバージンオイルとハーブソルト、パセリにレモン汁、仕上げにパルメザンチーズふりかけて喰います。ふだんあまりお刺身食わない子供たちも喰う喰う。

 メインは魚介のカレースープ。にんにくしょうがをオリーブオイルでソテーし、たまねぎのスライスぶち込んで茶色くなるまで炒り炒りして最近すっかり我家の主食となりつつある鯛のアラとイカ、しめじを投入、今夜飲む白ワインをあけてジャバッっとふりかけしばらく蒸し焼きしてコンソメスープ入れて塩コショウで味調え、カレーパウダーで極めます。味見。ん?なんかコクがない。しまった!魚に塩してしばらく冷蔵する塩蔵するの忘れてた!だから旨みがイマイチ引き出されてない。ここからいくら塩入れてもダメね。不覚にもこれ失敗。悔いが残る。

 しめはアサリとトマトのパエリア。にんにくをオリーブオイルで炒めてスペイン産パエリアライス洗わず投入し炒り炒り、コンソメスープ入れてサフラン、ターメリックで色づけしてさいの目のトマトとアサリを並びいれ弱火で水分を飛ばします。フタをしないことね。これはアサリのダシが効いてて良い出来でした。でももうちょっとパリっとした食感をだしたいなぁ。ま、でも全体的にバランスよくまとまったので白ワインが水のように入りました。

 わすれちゃならないのは魚の塩蔵ね。そんじゃまたねー。

【生活】週刊「詩音のお散歩日記」7月その1

050703_014 みなさーん、こんにちはー、詩音でーす。毎日蒸し暑いですけど、大丈夫ですか?詩音は昼間はお庭につながれてるんだけど木陰もあるし、日中はお家の陰になるんで結構すごしやすいんだ。それでね、きいてきいて。お父さん、2005年上半期終わったってことで、下半期の生活習慣改善で早起きをまた決めたみたいなのね。また、ってのはしばらく崩れてた朝6時起き、詩音とのお散歩、30分の読書ってのをちゃんと復活させようってことみたい。だから、朝のお散歩も早くなって、そんでお父さんがお庭のベンチで本読む時間も長くなったので詩音はウレシイな、っと。自分で決めたことはちゃんと続けなきゃね。ヘヘ。。

 でも、今週もお父さん飲み会続きだったみたい。月曜は夜の会議が終わっ050703_001てお家でお母さんと飲み、火曜は会社の人たちと開門どんぐり横丁卒業で飲み、水曜は会社の送別会、木曜は休肝日で万博の原稿書いて、金曜は平成私学校の1期生飲み、土曜はお家のすぐ裏の焼き鳥屋さんで小さいお兄ちゃんの幼稚園の時の先生の結婚おめでとう飲み会。 幼稚園の時のおともだちや先生、それにおともだちのお父さんお母さんたちも来て焼き鳥やもつ鍋喰ってお祝いしたんだってさー。大変だったねー。

  今日はお天気がよければお父さんとお兄ちゃんたちと一緒に坊津のY子ちゃんちに泳ぎに行く予定だったんだけど、お天気イマイチだし、お兄ちゃんたち宿題してないって理由で中止に。もう夏だし、毎週泳ぎに行きたいなー。来週に期待♪それじゃー7月もハリキッテいこー!

【愛知万博】も愛知万博記録アップ

 万博から帰ってきて3週間、なんとか万博の感動体験を記録に残しておかねばと、「も愛知万博記録」なるサイトをアップしました。写真整理編集3時間、サイト構成2時間、原稿書き書き8時間合計13時間で作り終えましたが、文章構成などほとんど考えずに3日間の行程を順を追って頭に浮かんだそのまんま流し込んでますんで、読みにくいですが、徐々に体裁を整えていきます。(そんな時間あるのか?)

 ま、万博、興味ある方には面白い読み物になってる気がしますが。。ま、ひまつぶしにでもどうぞ。

 「も愛知万博記録」

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を