« 【ライブ】RMOサンデーダブルヘッダーライブ | トップページ | 【国家プロジェクト】愛知万博 »

【本】さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

saodake  月に1冊はビジネス書、読もうとしているがなかなか実行できず、おまけに今月は今日からの愛知万博行きで読む活字といえば、仕事以外では万博ガイドばっかりで読書がさっぱりすすまずにいたところ。この「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」は、先月福岡でお会いした逆転バカ社長栢野さんのブログで知り、自分の今年の目標計画にあげていた「決算書を読む」がなんら実行されず、ますます数字への苦手意識、恐怖感、不安感が募る中、ま、買ってみっか、てな軽い気持ちで買ったまま、あ、コレ読まなきゃ、と思ったまま、今月はじめからカバンに入れたまま、そのまんま。万博ガイド読みふける日々。いよいよ今日から3連休で万博行きの日、荷造り準備開始時刻は11:00.ただ今08:30.万博ガイド調査続けるか、映画でも見るか、いや、読書しよう。というわけで「会計」「数字」という苦手意識を乗り越え、この本を手に。すると、なんとなんと、あらら不思議発見。本題のとおり、なぜさおだけやは売れてるとこ見たこと無いのにつぶれないのかにはじまり、なぜか団地にある全然お客の入らない高級フランス料理店の謎などでつかませ、終章の数字に対する対極の見方(木を見て森を予測する)や単位あたりの比較の意味といった実践的な話まで、何の抵抗も無く、あんなに読書スピード遅いボクでも2時間で一気に読了してしまった。この著者、山田真哉会計士(公式サイトのイラストは女子大生会計士!)の会計本、続けて買ってしまいそうな。来週からちっとは仕事に数字、活かせるかな?さて、万博旅行に本は何もって行こうか、思案中。

« 【ライブ】RMOサンデーダブルヘッダーライブ | トップページ | 【国家プロジェクト】愛知万博 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
この本、立ち読みしちゃいました。
紀伊国屋さん、ごめんなさい。

これは、企画や販促の本としても使えます。

また、会計の本は、今手元にないのですが、
京セラの会長の本が面白かった。
経営者の会計感覚を覚える意味で、お勧め
です。事務所の本箱の中にどっかあると思うので、
ちゃんと今度紹介させてください。

この本が面白かったので「世界一感動する会計の本です」も読みました。山田真哉氏のたとえは理解しやすく面白いですね!
わたしも「女子大生シリーズ」をおいおい読んでみようと思ってるところ。数字コンプレックスを克服したい~!

この本、近い知り合いの本棚にも
こっそり潜んでいるのを発見しました。
まだ、彼は読んでいないようですが、
mojazzさんと、同じ本を購入していると知ると、
ちょっとウハウハして、
なぜこの本を選んだかを講釈しはじめる
自慢げな顔が想像できます。
そろそろカナダのM谷君が帰国するので、
近いうちに召集令状を送ります。
そのときにでも、熱く語ってください。
私もこっそり読んでみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】さおだけ屋はなぜ潰れないのか?:

» ちょい立ち読み さおだけ屋はなぜ潰れないのか? [起業家ブログ]
またまたバイトに早く着いたので本屋に行ってみる。今回はさおだけ屋はなぜ潰れないのか?を見つけた。堀江社長もオススメって本だし、かなり簡単に会計の基礎が理解できると聞いているので期待して読んでみる。 会計の知識は少しあるので会計としての学びはそれほどなかっ... [続きを読む]

» さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 レビュー [手当りレビュー]
今日からお盆休み。色々やりたい事があるぞっと。(仕事の転送メールはガンガン入っているのだけどね・・・休めよ顧客)先週の出張帰宅時、疲れていた事もあって、なるべくやわらかい題材で選んだ『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学』をレビュー致します。オ... [続きを読む]

« 【ライブ】RMOサンデーダブルヘッダーライブ | トップページ | 【国家プロジェクト】愛知万博 »

無料ブログはココログ

amazon

  • 読書と音楽と映画で知の旅を